JCBカードを持っていることによって受けられる特別な割引とは

JCBカードを持っていることによって受けられる特別な割引とは

jcbカードを持っていると特別な割引を受けることができます。ゴールドカードやプラチナカードなど、上位カードになると優待特典が豊富なことは常識ですが、jcbカードは一般カードでも割引が多数揃っています。

スポンサードリンク

【PR】最大10,000円キャッシュバック中の三井住友VISAカード!←Check!

特別な割引は対象店舗を見つけることがポイント

jcbカードを持っていると特別な割引を受けられることは間違いありませんが、実際に割引を活用するためには対象店舗を把握しなければなりません。どうやって割引の対象店舗を見つけるのか?ここが重要となります。

①普通にjcbカードを使うだけでは発見できない

すでにjcbカードを持っている人でも、実は割引が使えることを知らない人は多いと思います。普通にjcbカードを使っているだけでは、どんな対象店舗でいくらの割引を受けられるのか?それを知る機会がほとんどありません。簡単に言うと、jcbカードの割引をフル活用するためには対象店舗を探す努力が必要となります。

②どうやって対象店舗を見つけるの?

jcbカードの特別な割引を見つける方法はいくつかありますが、おすすめなのは「jcb優待ガイド」を活用する方法です。これを利用すると、各地域においてjcbカードで割引を受けられる対象店舗をリサーチすることができます。食事へ出かける前にjcb優待ガイドからお店を調べておけば、お得な価格で食事を楽しめるようになります。

③どんなお店が対象なの?

jcb優待ガイドでは、飲食店における割引を探せます。対象店舗の数は全国において和食で「632店舗」、洋食で「429店舗」、中華で「266店舗」、焼肉店で「223店舗」となっています。これはjcbとの提携の兼ね合いで時期によって多少は変動するものですが、全体数が極端に下がることはないでしょう。そこはjcbというブランドの力の見せ所であり、対象店舗が減るよりは今後において増える可能性の方が高いです。

④20%OFFクーポンは魅力的

対象店舗によって割引率には違いがありますが、jcb優待ガイドでは20%OFFなど高い割引率が設定されているクーポンが多数用意されています。1000円の食事をする場合の20%OFFは200円となるので、800円で食事ができることになります。割引率が5%など、低い割引率になっているとしても毎回割引を活用するとかなり飲食代が節約できるのでお得です。jcbカードを発行したらしっかりと優待ガイドを活用してください。

⑤jcbのマークが付いていればすべてのカードが対象である

jcbカードは非常にカードの種類が多いですが、優待ガイドに掲載されている割引というのは「jcbマークが付いているすべてのカード」が対象カードになっています。要するにゴールドカードやプラチナカードなど上位カードを所持しなければ使えないというわけではなく、年会費が無料のjcbカードでも割引を活用できるということです。

⑥常設割引以外にも期間限定割引もある

jcbカードの割引は常設されている割引が多いですが、それ以外には期間限定として配信されている割引もあります。飲食店だけではなく、ディズニーランドや海外旅行などいろんなジャンルにおいてもお得情報を見つけることができます。

jcb優待ガイドはお気に入りへ追加すべし!

jcbカードを持っている、あるいはこれから作るというなら「jcb優待ガイド」はお気に入りへ追加しておきましょう。割引の対象店舗や期間限定キャンペーンを探す以外にも、色々とjcbカードのお得さを調べることができるようになっています。このサイトを抑えておけばjcbカードのメリットを最大に引き出すことができるようになるため、お気に入り追加は必須です。

スポンサードリンク

jcbカードの海外優待はアプリを活用!

jcbカードで海外における優待サービスを探すなら、これはアプリを活用しておくのが便利です。アプリを起動すれば優待を受けられるお店を簡単にリサーチできるようになるため、海外旅行へ出かける前にアプリをダウンロードしておきましょう。このアプリの機能性はなかなか優秀です。チップ計算ができたり、画像やコメントを付けてメモを保存できたり、言語におけるフレーズ集が付録されているなど、海外旅行で普通に使えます。現在は3種のアプリがあり、総合アプリとして「jcb海外優待たびらば」、ハワイ向けの「jcbハワイガイド」、韓国向けの「jcb韓国ガイド」があります。

さらにお得さを求めるなら上位カード

上記で紹介した割引の数々はjcbの一般カードでも使える内容ですが、さらにお得さを求めるなら上位カードを選びましょう。

①ゴールドベーシックサービス

ゴールカードを発行しますと、ゴールド会員に向けたゴールドベーシックというサービスからも優待を受けられるようになります。単純に上記のjcb優待ガイドにプラスしてゴールドベーシックサービスからも優待を受けられるようになるので、お得さのボリュームが分厚くなることは間違いありません。

②jcbゴールドザ・プレミア

ゴールドベーシックの上を行くのがjcbゴールドザ・プレミアです。これは招待を受けた人が加入することができるカード&サービスになっているので、ゴールドカードの上位互換という認識を持っておくと分かりやすいです。特典についてはゴールドベーシック以上の内容となっています。

③最高峰はjcbザ・クラス

jcbゴールドザ・プレミアのさらに上を行くのがjcbザ・クラスとなります。これも招待制となっているカード&サービスですが、jcbゴールドザ・プレミアよりも加入するのが難しいです。jcbカードの中でもトップに君臨しているカードであり、このカードを取得するのはかなり難しいと言われています。超高所得者の上流階級向け、こうした表現が似合うカードです。jcbザ・クラスを取得するためには超高額にカードを使うことが必須となるため、単純に上位カードを長年保有しているだけでは招待を受けることができません。

年会費が重くないなら上位カードがおすすめ

ゴールドカード以上のクラスになると、一般カードに比べて年会費の負担が重くなってきます。収入に余裕があって年会費が重くないなら上位カードはかなりおすすめです。一般カード以上に様々なサービスにおいて優待特典を活用できるようになります。上位カードは年会費だけではなく、審査についても多少は考慮しておく必要があります。審査基準が高くなっていることから、返済能力をしっかりとチェックされることになります。年会費を問題なく支払うことが出来ても、それ以外の基準を満たせなければ合格が難しいです。

まとめ

jcbカードは日頃の生活においても特別な割引を活用することができます。jcb優待ガイドをチェックすると、自分の住んでいる地域において割引が使えるお店を見つけられることを覚えておいて下さい。割引を受けるためには予約が必須ではありません。対象店舗のお店で支払いをする時にjcbカードで支払いをすれば良いだけなので、割引きの活用方法はとても簡単です。割引というのは一回の割引が少額でも、長い目線で見ると大きな金額を節約できるようになるため、積極的に割引を活用する方がお得となります。ちょっとした食事に出かける場合でも割引きが使える対象店舗を利用するようにしましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【2位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500

関連記事

関連するキーワード