2018年最新!おすすめクレカランキング→

「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

クレジットカードでマイルを貯めよう!と考えるものの誰もがぶつかる壁があります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

「一体どのクレジットカードが、自分がマイルを貯めるときに最適なんだ?」という問題です。

筆者自身も100種類はあるであろうクレジットカードの中で、どれを選んだらいいか悩んだものです。

今回は下記の2条件をもとに「ANAマイル」を貯めたい方にオススメのクレジットカードをご紹介します!

    1,普段の諸々の支払いでマイルを貯める
    2,年会費が安い(コスパがいい)

ではさっそく、普段の支払いでANAマイルを貯める際にオススメなカードを紹介していきます。

ANAマイルを貯めるなら「ANA VISA ワイドゴールドカード」が最強

ANAマイルを貯めるときにオススメしたいのが、この「ANA VISA ワイドゴールドカード」です!

実際に筆者も使っているカードです。

年会費は14,000円(ちょっとした手続きで10,000円以内になる)とやや高額ですが、還元率は最大で1.648%!

ANA VISA ワイドゴールドカードの魅力をご紹介をしていきます!

ANA VISA ワイドゴールドカードの基本情報

項目詳細
年会費14,000円(税抜)→9,500円に減額可能
国際ブランドVISA
ANAマイル還元率1.648%
海外旅行傷害保険5,000万円
国内航空傷害保険5,000万円
カードラウンジ利用可

ゴールドカードとして、海外旅行保険や空港ラウンジの使用など十分な特典があります。

しかし、ANA VISA ワイドゴールドカードのすごい点はなんと言っても「還元率」と「コストパフォーマンス」の2点です!

この年会費でここまでのマイル還元率を誇るカードはありません。

ANAマイル還元率は最大で1.648%!

ここが素敵!
マイル還元率は最大で1.648%はコスパ最強!

まず還元率の説明です。

通常のクレジットカードだとまずはポイントを貯めて、さらにそれをマイルに交換する必要があります。

還元率は高いカードでも1%ですが、そのポイントをマイルに変えるとポイント還元率が悪くなり、マイル還元率でいうと0.5%程になってしまいます。

ですので、ANA VISA ワイドゴールドカードの【マイル還元率=1.648%】の高さが伝わるかと思います。

ポイント!
実は、還元率1.648%以上のカードはあるにはあります。
しかし、「年会費が10万円以上」「ステータスが高すぎて一般人は審査に通らない」などの難点があります。

年間でどれくらいのマイルが貯まるの?

ちなみにクレジットカード決済をそれほどしないよ〜という方もいらっしゃります。

  • 食費(月3万円で年36万円)
  • 水道光熱費(月1万円で年12万円)
  • スマートフォンの利用料(月1万円で年12万)

上記のような項目をクレジットカード支払いすると、単身世帯でも年間150万円前後、家族なら年間200万円は簡単に決済可能です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

仮に年間200万円をカードで決済したとすると、

    ・楽天カード(マイル還元率0.5%):10,000マイル
    ・ANA VISA ワイドゴールドカード(マイル還元率最大1.648%):32,960マイル

よって、両カードで貯まるマイルの差は【22,960マイル】です。

東京〜沖縄間のレギュラーシーズンの必要マイル数が往復18,000マイルなので、還元率0.5%のクレジットカードを使っている場合は丸々往復分の損をしていることになります。

ポイント!
ちなみにこれを海外旅行で置き換えてみるとさらに差が出ます。
東京〜ハワイの往復が40,000マイルなので、0.5%の一般的なクレジットカードを使っているとハワイに行ける回数がかなり変わってきますね。

ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

ANA系カード<公式サイト>

ANA VISA年会費は14,000円(9,500円以内にする方法)

通常の年会費は、本カードが14,000円(税抜)で家族カードが4,000円です。

やや高い印象があるかと思いますが、実は年会費の割引制度があります(※税抜き価格)。

割引を受けるには今の2つの条件を満たすことが必要です!

ポイント!
  • 1,web明細
  • 2,マイ・ペイすリボに登録して年に1回以上のカード利用
  • この2つの条件を満たすだけで本人カードが4,500円割引で9,500円に、家族カードが1,500円割引で2,500円になります!

    web明細は郵送の明細を不要にする手続きで簡単に設定できます。

    マイ・ペイすリボの登録はANA VISA ワイドゴールドカードの還元率をあげるのに必須の項目ですが、注意点がありますので次の章でよく確認の上で手続きをしてください。

    ANA VISA ワイドゴールドカードで貯めたポイントを最大限マイルに還元する方法

    実は、クレジットカード決済で獲得したポイント(ワールドプレゼントのポイント)をそのままマイルに交換したりするだけでは最大還元率を実現できません。

    最大還元率を実現する方法についてご紹介します!

    普通にワールドプレゼントのポイントをマイルに交換すると還元率1%

    「ANA VISAワイド ゴールドカード」で決済をすると、1,000円利用ごとにワールドプレゼントが1ポイント付与されます。

    ワールドプレゼントのポイントは最大でも【1ワールドポイント=10マイル】なので、そのままだと【マイル還元率=1%】です。

    この状態だと還元率1.648%は実現できません。

    ですので、以下の手順でANA VISAワイド ゴールドカードのマイル還元率を1.648%にしましょう。

    • 1,ポイントの交換ルートの変更
    • 2,マイペイすリボの登録
    • 3,年間300万円以上の決済

    最後の条件は満たせない場合もありえます。

    ですが1と2でもクリアすれば、初年度から還元率1.45%までは上げられますよ。

    1,マイ・ペイすリボの利用をして還元率を30%アップさせよう!

    普通に、ANA VISAワイド ゴールドカードで1,000円決済したら、もらえるワールドプレゼントポイントは1ポイントです。

    スポンサードリンク

    ですが「マイ・ペイすリボ」を使っていると、加えて1ポイントを得ることができます(ボーナルポイント)。

    通常ポイント1ポイント=10マイルに対して、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルなので、マイ・ペイスリボを使っているだけで貯まるマイルが30%もアップします。

    ケロンくん

    ここまでですでに還元率1.3%だよ!

    マイ・ペイすリボの注意点

    注意!
    マイ・ペイすリボはリボ払いのこと!注意点をよく理解してから登録しよう!

    マイぺイスリボはリボ払いのことなので「利子がついて支払いが増える」とイメージしてしまいます。

    ですが毎月の支払額を自分の上限額にしておけば、毎月1回払いになるので手数料は発生しないようにもできます。

    とは言ったものの、マイペイスリボによるボーナスポイントはリボ払いによる手数料が発生していないともらうことができません。

    なので、最初の支払いを自分の使った額よりも少しだけ少なく設定しておき、最初の月に少しだけ(数十円ほど)利子を払い、ボーナスポイントの付与条件を満たしましょう。

    2,ポイントの交換ルートを工夫して還元率を10.5%アップさせよう!

    続いてポイントの交換ルートです。

    ワールドプレゼントのボーナスポイントは、直接マイルに移行すると通常で1ポイント=3マイルでしか交換できません(通常ポイントはANA VISAワイドゴールドカード保有で1ポイント=10マイル)

    ですが、ボーナスマイルは直接マイルに交換せずに、あるルートを通すことで1ポイントあたりの獲得マイル数を4.05マイル(+1.05マイル)に増やすことができる方法があります。

    そのルートは以下の通りです。

    • 1,ワールドプレゼントのポイント
    • 2,Gポイント
    • 3,LINEポイント
    • 4,メトロポイント
    • 5,ANAマイル
    ポイント!
    • 通常ポイント:1ポイント=10マイルで直接交換する
    • ボーナスポイント:1ポイント=4.05マイルの特別ルートで交換する

    ではボーナスポイントの交換ルートをみていきましょう!

    【ワールドプレゼントのポイント→Gポイント】

    出典:https://www.smbc-card.com/mem/wp/gpoint.jsp

    ワールドプレゼントのポイントは1ポイントにつき、Gポイントのポイントで5ポイントです。

    【Gポイント→LINEポイント】

    出典:https://www.gpoint.co.jp/pen/

    Gポイントのポイントが5ポイントにつき、LINEポイントで5ポイントになります。

    【LINEポイント→メトロポイント】

    出典:https://line.me/ja/

    LINEポイントのポイントが5ポイントにつき、メトロポイントで4.5ポイントになります。
    ※LINEポイントをメトロポイントに交換するのには最低300ポイントからです。

    【メトロポイント→ANAマイル】

    出典:https://kaiin.to-me-card.jp/fyio/contents/ws1001.jsp

    メトロポイントが4.5ポイントにつき、ANAマイルで4.05マイルになります。

    ケロンくん

    少し面倒ではあるけど、還元率を0.105%あげることが出来るからオススメだよ!

    筆者、自身も面倒と思いつつも、塵も積もれば山となると思ってこのルートを選択しています。

    (3)年間300万円以上の決済で還元率を24.3%アップさせよう!

    ANA VISAワイドゴールドカードには前年度の支払い額によるステージ制度があります。

    還元率を最大化するには年間300万円以上の決済が必要です。
    ※ムリに年間300万円の決済をする必要はありません。ここまででも還元率は1.405%とかなりいいです。

    年間300万円を超えると最高ステージになって、次の1年間は10万円ごとに60ポイントのボーナスポイントが獲得できるのです。

    先ほど「2」で確認した交換ルートを使えば、1ボーナスポイントは4.05マイルに変換できるので、10万円ごとに60ボーナスポイント×4.05=243マイルを獲得できます。

    ちなみにステージ制度のボーナスポイントは決済すると自動的についてくるポイントです。

    自分で手続きすることはとくにありませんよ。

    以上をまとめると

      ▼100,000円決済した場合

    • 通常ポイント100ポイント=10,000マイル
    • ボーナスポイント100ポイント=405マイル
    • ステージボーナスポイント60ポイント=243マイル
    • 合計1,648マイル、つまり還元率が1.648%になるわけです!

    いろいろと仮定はありますが、自分ができることをするだけでも還元率を少し上げることができます。

    無理せずに、還元率をあげていけるのがこのカードの魅力でもあります。

    ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

    ANA系カード<公式サイト>

    まとめ

    ANA VISA ワイドゴールドカード還元率を1%から1.648%にあげたり、年会費を14,000円から9,500円に下げるのには若干の手間と知識が必要となります。

    ですがANAマイルに特化してマイルを貯めるのには、これ以上ないほどのコスパがいいクレジットカードです!

    現段階で、ANAマイルに特化してマイルを貯めていく予定なら、本当にオススメで筆者自身もメインカードとして使っています。ぜひ手に入れてください。

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪