2018年最新!おすすめクレカランキング→

ANAマイルをもっと貯めたい!ANAマイラーが2枚目にもつべきカード3選!

世界地図と飛行機

ANAマイルを貯め始めてたとき、さらなるステップアップとしてオススメなのが「保有するクレジットカードを変えたり、幅を広げること」です。

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードと言っても、

  • 普段のクレジットカード支払いでのANAマイル還元率が高いカード
  • ANA航空券を購入するときのクレジットカード支払いでのANAマイル還元率が高いカード
  • ANAマイルも効率よく貯められるし、他のマイルへの交換もできる万能なカード

など、それぞれ特徴が違います。

なのでクレジットカードを増やすことは、さらにANAマイルを効率よく貯められるようになると言っても過言ではありません。

今回は、ANAマイルを貯めるためのクレジットカードとして、2枚目以降に持つとオススメなクレジットカードをご紹介していきます!

この記事の目次

【復習】クレジットカードで効率よくANAマイルを貯める方法

支払いの様子

まずはクレジットカードでのマイルの貯め方を復習していきましょう。

1,普段の支払いでANAマイルを貯める

まず普段の支払いでのマイルを貯める方法を確認しましょう。

楽天カードを使えば楽天ポイントが貯まるように、クレジットカードで支払いをすると各種カードのポイントが貯まります。

楽天ポイントはANAマイルではありませんが、ANAマイルに交換することができます。

このように、カードの種類によっては、ポイントをANAマイルに交換することが可能です。

つまり、クレジットカードで普段の支払いをすることが、そのままANAマイルを貯めることに繋がっているというわけなのです。

2,航空券の購入でANAマイルを貯める

飛行機に乗るときにフライトマイルというのが貯まります。

航空券の購入時に特定のクレジットカードを使用するだけで、多いと3倍のマイルを貯めることができます。

つまり、航空券を購入するときに使うクレジットカードの種類によっては、還元率がかなり変わってくるのです。

ポイント!
たとえば、ANAの航空券を買うときに10万円だったとしましょう。
還元率1.0%のクレジットカードで決済すると、クレジットカード決済によるマイルが100マイル貯まります。
ですが、カードによってはANAの航空券10万円分の決済で300マイル貯まったりします。

「ANAマイレージクラブ」について

細かい説明は割愛しますが、ANAマイレージクラブには搭乗数などに応じてステイタス(ランク)があります。


引用:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/status/

このステイタスを獲得すると、かなり充実した特典があります。

ちょっとだけご紹介しましょう。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

  • ANA LOUNGEが利用できる
  • 専用チェックインカウンターが利用できる
  • 優先保安検査場を優先的に通過できる
  • 預入手荷物の無料枠が+1個増加。(大荷物でも費用負担なし)
  • 手荷物優先受取ですばやく税関を通過できる
  • プレミアムエコノミークラスに無料アップグレードできる

これはプラチナ会員の特典なのですが、かなり充実しています!

このプラチナ会員に一度なると、SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行できます。

そのカードを保有していると上記の特典をほぼ受けることができるのです!
ポイント!
SFCは一度取得してしまえば、ずっとビジネスクラス並みの扱いを受けれます。
ANA陸マイラーは獲得したいと願うカードなのですが、このカードを取得するには、実費で飛行機に乗る必要があるのです。
このカードを獲得するために飛行機に乗りまくる人がいますが、そういう人のことをSFC修行僧と言います。

ANAマイラーが持つべきマイルを貯めるクレジットカード3選

クレジットカード

ではANAマイラーが持つべき「ANAマイルが貯まるクレジットカード」を3枚厳選してご紹介します。

今回紹介する3枚はそれぞれ特徴が違いますので、自分に合ってると思うカードをぜひ見つけてください。

1,還元率1.648%が魅力な「ANA VISA ワイドゴールドカード」

まずはじめにご紹介するのは「ANA VISA ワイドゴールドカード」です!

ここが素敵!
このクレジットカードの魅力はなんと言っても「ANAマイルへの還元率」と「年会費の安さ」にあります。

実際に、筆者はメインカードとしてANA VISA ワイドゴールドカードを使っています。

ANA VISA ワイドゴールドカードの基本情報

項目 詳細
年会費 14,000円(税抜)→9,500円に減額可能
国際ブランド VISA
ANAマイル還元率 1.0%→1.648%にアップ可能
海外旅行傷害保険 5,000万円
国内航空傷害保険 5,000万円
カードラウンジ 利用可

還元率1.648%が魅力的すぎる

通常のANAマイルへの還元率は1.0%で、他のANAカードと変わりません。

しかし、以下の条件をクリアすることで最大1.648%まで還元率を上げることが可能です。

    ▼還元率1.648%を実現するための条件
    ①ポイントの交換ルートの変更(還元率10.5%アップ)
    ②マイペイすリボの登録(還元率30%アップ)
    ③年間300万円以上の決済(還元率24.3%アップ)

①ポイント交換ルートを工夫しよう
①ですが、ANA VISA ワイドゴールドカードを使うことによって得られるポイントはワールドポイントであり、ANAマイルではありません。

このワールドポイントはそのまま直接マイルにすることができるのですが、少しポイントの交換ルートを変えるだけで還元率が10.5%もアップします。

ポイント!
  • 通常ルート:ワールドポイント→ANAマイル
  • 還元率アップルート:ワールドポイント→計3ヶ所のポイントサイト→ANAマイル
  • ②マイペイすりぼを利用してみよう
    ②ですがマイペイすリボの使用ですが「リボ払いは嫌だな〜」という方もいます。

    リボ払いは上手にコントロールできない場合、債務過多になってしまう危険性があります。

    しかし、しっかり計算した上でマイペイスリボを使えば月に少しだけ(数十円ほど)利子を払うだけで還元率が30%も変わりますよ!

    注意
    マイペイスリボによるボーナスポイントは、リボ払いによる手数料が発生していないともらうことができません。
    そのため、若干金額でも利子を払う必要があります。

    ③決済金額でポイント還元率を上げよう
    そして最後の条件の③ですが、これはその人によると思いますのでムリする必要はありません。

    もしも年間300万円の決済をするならラッキーぐらいの気持ちで大丈夫です。

    達成しなくても還元率1.405%を達成できますからね!

    このスペックで年会費は9,500円+税

    ANAマイルへの還元率がいいクレジットカードは、年会費が1万円越えることが多く高額なのが普通です。

    ここが素敵!
    ANA VISA ワイドゴールドカードはなんと年会費を9,500円にすることができます(通常は14,000円)

    年会費を下げる条件としては

      ▼年会費を下げる条件
      ①web明細
      ②マイペイすリボに登録して年に1回以上のカード利用

    なので、ほぼ誰でもクリアできます!

    普段のクレジットカード決済でANAマイルを貯めるならANA VISA ワイドゴールドカードで決まり!

    ANAマイルを普段のクレジットカード決済で貯める場合には、ANA VISA ワイドゴールドカードが一番オススメです!

    年会費の9,500円や、還元率を上げる各条件のハードルはありますが、これだけの還元率を年会費10,000円以下で実現できるクレジットカードは他にはありません。

    なのでサクサクと効率的にANAマイルを貯めたい場合は、ANA VISA ワイドゴールドカードを保有しましょう!

    ケロンくん

    ANAマイルを普段の支払いで効率的にたくさん貯めたい人向きだよ!

    ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

    ANA系カード<公式サイト>

    ▼ANA VISA ワイドゴールドカードについてさらに詳しい情報はこちら

    「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

    (2)ANA アメックスゴールドカード

    anaカード

    スポンサードリンク

    飛行機に乗るときのフライトマイルを貯めるのにとくにオススメなクレジットカードなのがANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、ANAアメックスゴールド)です。

    ANAアメックスゴールドカードの基本情報

    項目 詳細
    年会費 31,000円(税抜)
    国際ブランド AMEX
    ANAマイル還元率 1.0%(航空券購入時:最大3%)
    海外旅行傷害保険 最高1億円
    国内航空傷害保険 最高5,000万円
    カードラウンジ 利用可

    航空券を購入するときの決済によるマイル還元率が最大3%に!

    ここが素敵!
    ANAの航空券を購入すると獲得できるポイントが通常の2倍になります(100円=2ポイント獲得)

    さらにANAの航空券は「ANAカードマイルプラス」対象商品なので100円につき1マイル獲得できます。

    ANAグループの航空券を購入すると還元率が3%になるのです!

    フライトマイルも25%増しで獲得できる!

    実費(マイル以外)で飛行機に乗ると、搭乗する飛行機の移動距離・クラス・プランなどにより「フライトマイル」というマイルを獲得することができます。

    ANA公式サイトをご覧いただけたらわかるのですが、かなり細かく計算して獲得できるフライトマイルを算出します。

    そのフライトマイルがANAアメックスゴールドを保有していると25%増しで貯めることができるのです!

    将来的にSFCを目指している方にもオススメできるカードです。

    マイル精算率
    引用:マイルの積算条件 [ANA国際線]

    ANA系の飛行機に実費で乗るならANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード!

    マイルを使わずに実費でANAの飛行機に乗るときは、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがダントツでオススメです!

    フライトマイルがたくさん貯まりますよ。

    ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

    <公式サイト>
    カード評価
    マイル還元率
    (4.5)
    特典・ステータス
    (4.5)
    ANAとの相性
    (5.0)
    総合評価
    (4.5)
    やや年会費は高めですが、国内外問わず頻繁に旅行をする方に向けて作られたハイステータスなトラベラーズ・カードといえるでしょう。

    ANAアメックス・ゴールドカード<公式サイト>

    (3)SPGアメックスカード

    SPGアメックスカードは実はANAマイルだけではなく、30以上の航空会社のマイルに交換できるほどの万能なクレジットカードです!

    SPGアメックスカードの基本情報

    項目 詳細
    年会費 31,000円(税抜)
    国際ブランド AMEX
    ANAマイル還元率 1.0%(最大1.25%)
    海外旅行傷害保険 最高1億円
    国内航空傷害保険 最高5,000万円
    カードラウンジ 利用可

    SPGで貯まったポイントを30以上の航空会社のマイルに交換できる

    ここが素敵!
    交換できる提携航空会社がとにかく多い(30以上)!

    今回は「ANAマイルをもっと貯めたい」というテーマでのクレジットカード紹介ですが「ANAマイル以外にも使い道があると嬉しい…!」と思う方は少なくありません。

    そんなときにSPGアメックスカードの出番です。

    SPGで獲得したポイント(スターポイント)はANAマイルだけではなく、JALマイルなどにも交換することができるのです。

    ▼交換できる航空会社と移行比率

    マイレージプログラム 移行比率(スターポイント:マイル)
    エーゲ航空 1:1
    アエロメヒコ航空クラブプレミア 1:1
    アエロプラン/エアカナダ航空 1:1
    中国国際航空コンパニオン 1:1
    ニュージーランド航空エアポインツ 65:1
    アラスカ航空マイレージプラン 1:1
    アリタリア航空ミッレミリア 1:1
    ANAマイレージクラブ(全日空) 1:1
    アメリカン航空AAdvantage 1:1
    アジア・マイル 1:1
    アシアナ航空 1:1
    ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブクラブ 1:1
    中国東方航空 1:1
    デルタ航空スカイマイル 1:1
    エミレーツ・スカイワーズ 1:1
    エティハド航空 1:1
    フライング・ブルー 1:1
    ゴル航空スマイルズ 2:1
    海南航空 1:1
    ハワイアン航空 1:1
    イベリアプラス 1:1
    日本航空(JAL)マイレージバンク 1:1
    ジェットエアウェイズ 1:1
    大韓航空 1:1
    ラタム航空ラタムパス 1:1.5
    アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル) 1:1
    マイルズ&モア 1:1
    カタール航空 1:1
    サウジアラビア航空 1:1
    シンガポール航空クリスフライヤー 1:1
    タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 1:1
    トップボーナスロイヤルティー 1:1
    ユナイテッド航空マイレージプラス 2:1
    ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 1:1
    ヴァージンオーストラリア 1:1

    参考:SPG公式サイト「エアマイルの移行」

    還元率は最大で1.25%とかなり高い!

    最初にご紹介したANA VISAワイドゴールドカードには及ばないものの、最大でANAマイル(JALマイルも)への還元率を1.0%から1.25%を実現できます

    1.0%から1.25%にする方法は非常にシンプル。

    SPGアメックスカードを使って貯めたスターポイントを交換するときに20,000ポイント単位で交換するだけです。

    ここが素敵!
    スターポイントは20,000ポイント単位で交換すると5,000ポイントボーナスがつく

    交換単位に気を配るだけで、自然と還元率1.25%を達成できるわけです!

    SPGアメックスカードのさらなる魅力

    上記の基本情報にあるように、SPGアメックスカードは年会費が3万円と非常に高いです。

    しかし、マイル還元率が高いだけでなく、ホテルでVIP待遇が受けれるなどの特典もあります。

    詳しくは下記記事をご覧ください。

    SPGアメックスカード:マイル高還元率・高級ホテルへの無料宿泊など豪華特典・キャンペーンで、年会費の分は余裕で回収できる!?【2018年 徹底解説】

    SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

    SPGアメックス<公式サイト>

    まとめ

    ANAマイルを貯めやすいクレジットカードと言っても、人それぞれで持つべきクレジットカードが変わってきます。

    より効率的に、たくさんANAマイルを貯めたいという方は持つべきクレジットカードをしっかり吟味するようにしましょう!

    筆者自身も最初は年会費無料のカードを使っていましたが、あるタイミングでたくさんマイルを貯めたいと思って年会費9,500円のANA VISA ワイドゴールドを保有し始めました。

    ぜひとも自分にあった、ANAマイルを効率よくサクサクと貯められるクレジットカードを保有してください。

    ▼【復習】今回ご紹介した3枚でもそれぞれ特徴の違い

    • 普段の支払いで効率的にマイルを獲得したい→ANA VISA ワイドゴールド
    • 実費で飛行機によく乗る人→ANA アメックスゴールドカード
    • ANAマイル以外の道も残しつつ効率的にマイルを貯めたい人→SPGアメックスカード

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪