2018年最新!おすすめクレカランキング→

ANAマイルを爆発的に貯める鍵となるソラチカカードとソラチカルートを徹底解説!陸マイラー必携。

hikouki

ANAマイルを貯めるのにはさまざまなオススメのクレジットカードがあります。

ですが「ANAマイルを貯めるなら、これは絶対に保有しておくべき!」というクレジットカードがあります。

それは「ソラチカカード」

このカードで決済はクレジットカードとして使うのではなく、ポイント交換ルートとして使うものです。

たとえば、」ANA VISAワイドゴールドカードで貯めたポイントをANAマイルに移行するときに「中継」として使うのがソラチカカードのメトロポイント。

つまり、絶対に持つべきと言える、陸マイラー必携のクレジットカードなのです!

今回はそんなソラチカカードについて、お得な申し込み方法からカード概要まで解説します!

この記事の目次

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の概要

ソラチカカード

陸マイラーにとって、必須クレジットカードである「ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)」の概要等を説明します!

ANAカードと東京メトロToMeカードの合体版クレジットカードで、さに空(ソラ)と地下(チカ)なのでソラチカカードと呼ばれます。

年会費は2,000円+税(初年度無料)

年会費は2,000円かかりますが、このカードがあればマイルの交換比率が格段にあがるので年会費分は簡単に回収できます。

ANA VISAワイドゴールドカードのポイントも、ハピタスのポイントもソラチカカードがなければ還元率が10%ダウンしてしまいます。

たとえば筆者は年間10万マイルほど貯めているのですが、10%ダウンすると1万マイル損してしまうわけです。

国際ブランドはJCB

クレジットカードの国際ブランドと言えばVISAやMasterが有名ですが、ソラチカカードはJCBです。

JCBは日本やハワイではわりと使えるのですが、海外では使えないので不便です。

ですが、あくまでソラチカカードは中継点として利用するだけなので、とくに気にしなくてもいいですよ。

ソラチカカードの注意点(ANAマイルを貯めるにあたって)

ソラチカカードは陸マイラーがANAマイルを貯めるためには必須のクレジットカードなのですが、注意点があります。

注意
  • ポイント交換の上限がある
  • 家族カードは作っても仕方がない
  • 以上の2つです。

    LINEでも相談受付中

    公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

    ケロンくん

    時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

    スポンサードリンク

    ポイント交換の上限がある

    それは1ヶ月にメトロポイントを20,000ポイント分しかANAマイルに交換できないという点です。

    ポイント!
    メトロポイント(20,000ポイント)→還元率80%→ANAマイル(18,000マイル)

    たくさんのポイントを獲得したとしても毎月20,000ポイントしか交換できません。

    ソラチカカードを使ってANAマイルを獲得するのは最大でも年間で216,000マイルに限られます。

    ケロンくん

    20万マイルもあったら、ファーストクラスにも乗れるレベルだから十分な量だよ!

    家族カードは作っても仕方がない

    たとえば、自分と奥さん2人でANA VISAワイドゴールドカードやハピタスでポイントを貯めたとします。

    そのポイントをソラチカカードを使ったルートで交換しようにも、家族カードは効力を発揮できません。

    なぜなら、本会員と家族会員で合わせて20,000ポイントしかポイント交換ができないからです。

    注意
    2人以上でANAマイルを貯めようとする場合は全員がソラチカカードの本会員である必要があります。

    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の申し込みは、こちらから。

    ソラチカカード<公式サイト>

    ソラチカカードがANAマイルを貯めるのに必須な理由

    金利

    さっそくですが、なぜこのカードが「陸マイラー(飛行機に乗ることなくマイルを貯める人たち)」(※)にとって必要不可欠なのかを書いていきますね。

    陸マイラーはソラチカカード必携

    ポイント!
    貯めたポイントをより高還元率でマイルに変えるためにソラチカカードは必要不可欠なカード!

    陸マイラーは飛行機に乗って直接マイルを獲得する空マイラーとは違います。

    基本的に、何かしらのポイントを獲得して、そのポイントをマイルに交換することでマイルを獲得します。
    (例:楽天カードを使って楽天ポイントを獲得し、それをマイルに交換する、など)

    貯めたポイントが直接マイルに交換できるパターン

    獲得するポイントをマイルに直接交換できる場合もあります。

    たとえば筆者がメインカードとして使っているANA VISA ワイドゴールドカードは、使うたびにワールドポイントというポイントが貯まります。

    このワールドポイントは、直接マイルに交換可能です。


    引用:https://www.smbc-card.com/mem/index.jsp

    ANA VISAワイドゴールドカードで獲得できるワールドポイントはご覧の通り、直接マイルにすることができます。
    ※実際は直接交換せずに、他のポイントを経由した方がマイルが増える

    貯めたポイントを直接マイルに交換できないパターン

    ですが、上記のパターンと異なり、獲得したポイントを直接マイルに交換できない場合もあります。

    量としては、直接マイルに交換できないポイント制度の方が多いです。

    たとえばマイルを大量に貯めるために筆者が使っているハピタスでは、獲得したハピタスポイントを直接マイルに交換することができません。


    引用:https://hapitas.jp/

    ご覧の通り、ハピタスでは交換対象に「マイル」が入っていません。

    このような時は、ハピタスポイントを別のポイントに変えて、そのポイントをマイルにする、というように中継してマイルに交換します。

    この時に、ほぼ必要になるのが【メトロポイント】であり、そのポイントを保有するには【ソラチカカード】が必要なのです!

    ケロンくん

    実際にどのようにメトロポイントを使うか例を紹介するよ!

    「ANA VISA ワイドゴールドカード」のポイントをANAマイルに交換するルート

    今回はANAマイルを貯めるのにオススメな「ANA VISA ワイドゴールドカード」を例に解説していきます。

    ANA VISA ワイドゴールドカード獲得できるワールドポイントは、直接ANAマイルに交換することができます。

    ですが、直接交換してしまうと還元率が1.0%になってしまいます。

    ですが、以下のルートで交換すれば10%増しでANAマイルに交換できるのです!

      ▼マイル還元率を最大にする交換ルート
      1,ワールドプレゼントのポイント

      2,Gポイント

      3,LINEポイント

      4,メトロポイント

      5,ANAマイル

    【1,ワールドプレゼントのポイント→Gポイント】

    出典:https://www.smbc-card.com/mem/wp/gpoint.jsp

    ワールドプレゼントのポイントは1ポイントにつき、Gポイントのポイントで5ポイントです。

    【2,Gポイント→LINEポイント】

    出典:https://www.gpoint.co.jp/pen/

    Gポイントのポイントが5ポイントにつき、LINEポイントで5ポイントになります。

    【3,LINEポイント→メトロポイント】

    出典:https://line.me/ja/

    LINEポイントのポイントが5ポイントにつき、メトロポイントで4.5ポイントになります。
    ※LINEポイントをメトロポイントに交換するのには最低300ポイントからです。

    【4,メトロポイント→ANAマイル】

    出典:https://kaiin.to-me-card.jp/fyio/contents/ws1001.jsp

    中継としてソラチカカードのメトロポイントが登場します。

    スポンサードリンク

    このメトロポイントがあるからこそ、ANA VISA ワイドゴールドカードの還元率を10%も上げることができるのです。

    ポイント!
    他の中継のポイントは無料会員登録できます。
    手続き時間もかからず、すぐポイントを保有できますよ。

    ▼「ANA VISA ワイドゴールドカード」についてさらに詳しい情報はこちら

    「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

    ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

    ANA系カード<公式サイト>

    「ハピタス」のポイントをANAマイルに交換するルート

    ハピタス

    続いて、筆者が年間で10万マイル以上貯めための鍵となっている「ハピタス」で獲得したポイントをANAマイルに交換するルートです。

      ▼マイル還元率を最大にする交換ルート
      1,ハピタス

      2,PeX


      3,ワールドプレゼント


      4,Gポイント


      5,LINEポイント


      6,メトロポイント


      7,ANAマイル(交換率は最大81%)

    一見すると大変そうですが、このルートを使えばハピタスで獲得したポイントの約80%をANAマイルにすることができます

    注意!
    他にもANAマイルにするルートはあるのですが、交換率70%や60%になってしまうので上記のルートをオススメです。

    【1,ハピタスのポイント→PeXのポイント】

    出典:https://hapitas.jp/exchange/

    ハピタスのポイントは1ポイントにつき、Pexポイント10ポイントになります。

    【2,PeXのポイント→ワールドプレゼントのポイント】

    出典:https://pex.jp/exchange/worldpresent/show

    PeXのポイント50ポイントにつき、ワールドプレゼントのポイントで1ポイントになります。

    【3,ワールドプレゼントのポイント→Gポイント】

    出典:https://www.smbc-card.com/mem/wp/gpoint.jsp

    ワールドプレゼントのポイントは1ポイントにつき、Gポイントのポイントで5ポイントになります。

    【4,Gポイント→LINEポイント】

    出典:https://www.gpoint.co.jp/pen/

    Gポイントのポイントが1ポイントにつき、LINEポイントで1ポイントになります。

    【5,LINEポイント→メトロポイント】

    出典:https://line.me/ja/

    LINEポイントのポイントが300ポイントにつき、メトロポイントで270ポイントになります。
    ※LINEポイントをメトロポイントに交換するのには最低300ポイントからです。

    【6,メトロポイント→ANAマイル】

    出典:https://kaiin.to-me-card.jp/fyio/contents/ws1001.jsp

    メトロポイントが100ポイントにつき、ANAマイルで90マイルになります。

    ハピタスでも中継としてソラチカカードのメトロポイントが登場します!

    ケロンくん

    色々なところで獲得したポイントをマイルにする過程で必須、というわけだよ!

    ▼「ハピタス」についてさらに詳しい情報はこちら

    ポイントサイトでマイルを貯めよう!賢く節約しつつ、航空券をタダにする方法をわかりやすく解説。

    ハピタス<公式サイト>

    ソラチカカードをお得に申し込む方法【最大で25,750マイル相当もらえる(2018年7月現在)】

    ソラチカカード

    陸マイラー必携のソラチカカードのお得な申し込み方法を最後に説明します!

    ケロンくん

    ソラチカカードを申し込めば最大で東京〜那覇往復分以上の16,500マイル獲得できるよ!

    只今、キャンペーン中です!(2018年5月1日(火)~2018年7月31日(火) ※2018年8月31日カード発行分まで)

    ソラチカカードのキャンペーン内容

    • 新規入会ボーナスマイル
    • ソラチカカードのご利用で最大16,500マイル相当プレゼント

    ではひとつずつ解説します。

    新規入会ボーナスマイル

    ここが素敵!
    新規入会だけで1,000マイルがもらえる!

    これh、ソラチカカードを発行するだけでももらえるポイントです。

    ソラチカカードのご利用で最大16,500マイル相当プレゼント

    ここが素敵!
    条件をクリアすれば全部で16,500マイル(東京~那覇往復分 程度)がもらえる!

    期間中(2018年5月1日~10月31日)に30万円以上ソラチカカードで決済すると3,000マイル相当のポイントが付与されます。

    さらに、60万円以上で16,500マイル相当のポイントがもらえます。

    特典が付与されるのは2018年11月下旬です。

    • ショッピング利用30万円以上でOki Doki1,000ポイント(3,000マイル相当)
    • ショッピング利用60万円以上でOki Doki5,500ポイント(16,500マイル相当)
    注意
    ちなみに、ここでもらえるポイントはOki Dokiポイント(1Oki Dokiポイント=3マイルでANAマイルに移行)というポイントですのでご注意ください!

    Oki Dokiポイントの交換ルートも工夫するともらえるマイル数が増える!

    ショッピング利用60万円以上によって得られるOki Dokiポイントは、合計で最大5,500ポイントです。

    このOki Dokiポイントですが、このポイントすら交換ルートを変えるだけでかなりもらえるマイル数に差が出てきます!

    そのルートも実はソラチカカード(メトロポイント)を経由したルートなのです!

      ▼マイル還元率を最大にする交換ルート
      Oki Dokiポイント→メトロポイント→ANAマイル

    もしも普通にマイルに交換したら、Oki Dokiポイントが1ポイントにつき3マイルの交換比率です。

    つまり、【Oki Dokiポイント5,500ポイント→ANAマイル16,500マイル】となります。

    しかし、上記のルートにするとOki Dokiポイントが1ポイントにつき、4.5マイルになります。

    結果として、【Oki Dokiポイント5,500ポイントがANAマイル24,750マイル】になります!

    その差、8,250マイル!

    8,250マイルは1マイル=3円と考えると25,000円ほどとなるので、この交換ルートはぜひ覚えておいてください。

    ▼マイルの価値は変動します。マイルの価値について詳しく知りたい方はこの記事がオススメ

    マイルのことをゼロからわかりやすく解説。貯め方から使い方まで総まとめ

    ポイント!
    通常だと1Oki Dokiポイント=3マイルですが、一度メトロポイントに移行してからANAマイルにすると4.5マイルにすることが可能です!

    ソラチカカードを発行したら、10月末まではソラチカカードでの支払いに集中させましょう。

    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の申し込みは、こちらから。

    ソラチカカード<公式サイト>

    まとめ

    以上、陸マイラーに必携のクレジットカードであるソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のご紹介でした!

    獲得したポイントをANAマイルに交換するときのもらえるマイルの量にかなり差が出てくるので、もしもクレジットカード やポイントサイトを使ってマイルを獲得する場合には絶対に保有しましょう。

    また、2018年10月末までのキャンペーンではありますが、今申し込むと最大で25,750マイルものANAマイルを獲得できるチャンスです!!

    こんなチャンスはほとんどないので、この機に作って25,750マイルを獲得してください。

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪