2018年最新!おすすめクレカランキング→

オリコカードのメリット・デメリットについて

オリコカードのメリット・デメリットについて

オリコカードを検討しているならカードの種類に困惑すると思います。そこで、オリコカードのメリットとデメリットを参考にしながらカードを選びを進めてみて下さい。ここではオリコカードのすべてのカードを対象にして、トータル的に見た場合のメリットやデメリットを紹介していきます。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

オリコカードのメリット5選

さて、最初はオリコカードのメリットから見ていきましょう。オリコカードの特徴的なメリットを5つピックアップしておきます。オリコカードへの申し込みの参考になると思うので、じっくりと目を通しておいて下さい。

30種という選択肢は嬉しい

オリコカードは公式で発表されているカードが30種類あります。これは利用者にとって30種の選択肢を持つことが出来るので、30種もあれば何かしら気になるオリコカードを見つけられると思います。やはり、選べるカードの種類が多いと使い勝手の良いカードを見つけやすくなりますね。かなり細かい部分まで比較をしながらカード選びが出来るので、カードの種類が多いというのはメリットです。人によってはカードの種類が多いことから、逆にどれを選べば良いのか決めずらいという人もいると思います。しかし、それは贅沢な悩みとも言えますね。また、オリコカードは公式で条件検索からカードを探せるので、種類が多くても好ましいカードを見つけやすいことは嬉しい点です。

庶民向けのカードが多い

たくさんの種類が用意されているオリコカードですが、全体として見ても庶民向けのクレジットカードが多いことは一つの特徴です。庶民向けのクレジットカードというのは利用枠が小さいです。ゴールドカードになると高額なショッピング枠を持つことが出来ますが、庶民向けのクレジットカードの場合は最大で100万円など小口枠となっています。オリコカードの場合もこのような傾向が当てはまり、ほとんどのオリコカードは利用枠が10万円から100万円となっています。利用枠が小さいと求められる返済能力の基準も低くなるので、庶民にとっては審査に合格しやすいメリットが出てきます。必ずしも高所得者でないとオリコカードを作れないというわけではないので、この点は利用者にとってカードを作りやすいポイントですね。

ポイントを貯めやすい

クレジットカードはカードを使うほどポイントが貯まります。効率良くポイントを貯められるかどうかで、クレジットカードのメリットが変わることも多いです。オリコカードの場合はカードによってポイントの還元率が異なりますが、オリコモールを使えると2倍や3倍でポイントを貯められるようになります。オリコモールというのはオリコ社が提供するネット上のショッピングモールのことです。楽天など有名なお店が参加しているので、好きなお店を見つけて買い物しやすくなっています。無理にカードを使わなくても買い物をしたい時にオリコモールからお店を選んで買い物をすれば、ポイントがザクザク貯まるようになります。

オリコカードを使えるお店が多い

クレジットカードは使えるお店が多いほど便利です。せっかく作ったクレジットカードが一部のお店でなければ利用できないという状況だとかなり不便です。オリコカードの場合はその点は心配ありません。信販会社として有名であり、いろんなお店でオリコカードを使うことが出来ます。国際ブランドであるマスターカードやビザカードを選択することも出来るので、国内だけではなく海外でも利用することが出来ます。仕事や私生活で海外へ出かけることが多い人にとっても、一般カードとゴールドカードの両方において海外対応のカードを見つけることが出来ます。使い勝手という意味では、自分にとって目的に合っているカードを見つけやすいと思います。

スポンサードリンク

ETCカードを追加できる

オリコカードはETCカードを追加することが出来ます。オリコカードにETCカードを追加しますと、高速道路の支払いが楽になります。また、単に料金所の支払いが楽になるだけではなくポイントを貯めて高速道路を無料で走ることも可能となります。ETCカードを追加するのは完全に無料なので、クレジットカードと同時にETCカードも検討しているというなら両方を同時に作成しておくと便利です。特にETCカードは高速道路を頻繁に利用するならかなりお得な内容となっています。オリコカードにETCを追加して支払い時にカードを利用するだけで、高速道路を利用する度にポイントがコツコツ貯まるようになります。長期で見ると高速料金が割安となります。

オリコカードのデメリット4選

オリコカードのデメリットを4つ紹介します。どの項目も本当に残念な点です。4つのデメリットが解消されるとかなり魅力的なクレジットカードになると思います。

スマイルはほとんど貯まらない

オリコカードの一つの売りはポイントです。家賃や光熱費など、生活費をカード払いすることでお得にスマイルを貯めようというのが大々的な宣伝です。しかし、実際は相当カードを使わなければスマイルが貯まりません。1000円分カードを使って1スマイルであり、5スマイル貯めることで1オリコポイントへ交換できる仕組みです。最低で200スマイルからの交換となっているので、通常の還元率で計算すると20万円分カードを使ってようやく200スマイルとなります。また、スマイルとオリコポイントの2種が存在するのもあまり意味がありません。

金利が低いとは言えない

オリコカードのショッピング枠とキャッシング枠の両方において、基本的に低金利には期待を持てません。ショッピングに関しては一括払いなどから無利息で支払うことが可能なので、返済を工夫すれば利息は何とかなります。しかし、キャッシングの場合はメリットよりもデメリットの方が大きいです。オリコにはカードローンがありますが、オリコカードにキャッシングを付帯させるよりもカードローンを利用する方が低金利を狙えます。金利を重視してオリコカードを使いたいという人にとっては、ほとんど魅力を感じないと思います。唯一金利が魅力的なのはゴールドカードなので、庶民にとって利息を抑えられるオリコカードはなかなか見つかりません。

利用枠が小さい

オリコカードの利用枠は基本的に少額です。ゴールドカードになると極度額が高くなっていますが、一般カードの多くは最大で100万円の利用枠です。利用枠はもっと選択肢があっても良いと感じます。利用者にとって自由に利用枠を選択出来れば、高額を希望する人でもオリコカードを使いやすくなります。現状としては高額希望者はゴールドカード一択となっています。また、ゴールドカードにしても他社のクレジットカードに比べるとそこまで最大極度額が高いわけでもありません。極度額が少額というのは致命的であり、基本は少額の利用枠でもせめて増額という選択肢は用意して欲しいところです。

特徴のないカードが多い

オリコカードは全体として見ても、特徴に乏しいカードが多いです。高還元率が売りのカードや海外旅行に強いカードなど、ちらほらと特徴が見られるオリコカードがあります。しかし、そうした特徴的なカードですら何かに欠けると感じてしまいます。特にどんな性能のクレジットカードを求めているのか決まっていない人にとっては、オリコカードを選びやすいです。逆に目的がはっきりとしている人にとってはオリコカードの種類が多いとは言え、これだと感じるカードは見つけずらいです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード