2018年最新!おすすめクレカランキング→

セゾンカードの審査情報!多重持ちはNG?審査は通りやすい?

セゾンカードの審査情報!多重持ちはNG?審査は通りやすい?

セゾンカードの審査情報として、審査に通りやすいかどうかは各種カードによってかなり変わってくると言えます。セゾンカードには大まかに3つのタイプのカードがあります。一般カードとゴールドカード、そしてプラチナカードです。最も審査が簡単なのは一般カードであり、ゴールドカードとプラチナカードは基本的に審査基準が高くなります。また、一般カードのセゾンカードは審査に合格しやすいですが、希望する利用枠やキャッシング付帯、申込者の多重持ちや信用情報など、各項目から審査の通りやすさが大きく変わることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

絶対に抑えておくべきは申込条件!

どんなセゾンカードへ申し込むにしても、多少は審査の合否が気になりますね。審査というのは本当にいろんな項目から合否が決定されるので、申し込みをしてみなければ分からない面が多々あります。しかしながら、合格率を高める工夫をしておくことは大切です。そこで、まずは凡ミスを避けましょう。各種セゾンカードには申込条件が定められていますが、申込条件をクリア出来ていない場合は審査に通ることが出来ません。ここを見落としてしまうと、どれだけ審査合格に向けて工夫や準備をしても台無しとなります。

凡ミスを避けるためには必ず申込条件を良く確認しておき、自分が申込の対象となっているかどうかをチェックしておいて下さい。申込条件で良くある内容は年齢制限です。18歳以上や20歳以上など、各種セゾンカードによって様々な年齢宣言が設けられています。気を付けておきたい年齢としては18歳と20歳です。未成年は申込不可が多いですし、成人を対象としているカードは20歳以上が多いです。また、25歳や30歳など年収を考慮した年齢制限となっているケースは上位カードに良くあるので覚えておきましょう。

多重持ちは基本的に審査で不利!

多重持ちというのはクレジットカードをたくさん持っていたり、キャッシングなどから借金をたくさん持っていることを指します。多重持ちは基本的にセゾンカードの審査で不利となります。どうして多重持ちは審査で不利となるのか?セゾンカードの審査では各種カードにおいて必ず返済能力は確認されますね。返済能力というのは主に年収を元に判断されます。年収が高い方が審査に通りやすくなります。年収が高いとショッピング枠やキャッシング枠の返済に安定感が出ることは間違いありません。しかし、ここでポイントになるのが多重持ちです。

借金を持っていると年収が高くても返済能力は低くなりますね?例えば、年収が500万でも借金がない人なら500万という年収から返済能力が評価されますが、借金を250万円持っているなら500万から返済能力が評価されるわけではありません。利息を含めて250万円を返済することが考慮されるわけです。同じ年収でも、多重持ちかどうかによって返済能力が変わってくることを覚えておく必要があります。

多重持ちでも審査合格を目指すことは可能!

どのくらいの借金を抱えているのかにも寄りますが、多重持ちでも審査合格を目指すことは可能です。その方法として2つを覚えておいて下さい。まず、1つ目の方法は債務を減らすことです。100万円の債務があるなら90万や80万と債務を少しでも減らしておく方が良いです。そうすることで確実に合格率が高くなります。債務ゼロを目指しておくのが理想ですが、セゾンカードへ申し込むまでに債務をゼロにすることが難しくても、極力債務を減らしておきましょう。2つ目の方法は申込時に希望枠を少額にすることです。200万円の利用枠を希望するよりも10万円の利用枠で申し込む方が合格しやすいです。これも理由は簡単に推測できますね?200万円の利用枠を最大に借りた場合と10万円の利用枠を最大に借りた場合では、やはり後者の方が低い返済能力でもしっかりと完済を目指せるわけです。

スポンサードリンク

雇用形態はあまり気にしなくても良い!

正社員やアルバイト、派遣やパートなど、雇用形態によって返済能力が変わってきます。その理由は固定給か時給か、給料の仕組みによって収入の安定性が変わってくるからです。上位クラスのセゾンカードを始めとして、申込条件で「安定した収入がある人」という言葉を見かけることがあると思います。これは基本的に固定給から決まった稼ぎを持っている人のことを指しています。しかし、だからと言って正社員でなければ合格出来ないのかと言うとそうでもありません。アルバイトなど非正規雇用で稼いでいる人でも、月によって収入に変動があることは否めませんが、大きな稼ぎを持っている人もいますね?年収として見た場合に正社員よりも年収が高いアルバイトの人もいます。安定性という点では不利になりますが、非正規雇用の人でも年収次第では上位クラスのセゾンカードで合格することも十分に可能です。

セゾンカード審査情報~まとめ~

相当な多重持ちは基本的にNGと認識しておきましょう。申し込むことが出来ても借金で大きく不利になるため、債務を減らしておくのが賢明です。ちょっとした多重持ちなら一般カードでも上位カードでも、年収や希望枠によって十分に合格を目指せます。また、雇用形態は基本的に関係ないと認識しておき、結局は年収による返済能力が重要となります。さて、いくらの年収があれば良いのか?これはセゾンしか答えを知りません。目安となるのは総量規制しかなく、借りたい金額の3倍の年収です。しかし、総量規制外であることを考えると必ずしも希望枠の3倍の年収が必要というわけでもないので、本当にこれだけは判断することが難しいです。最も合格を目指しやすいのは一般カードのセゾンカードであり、利用枠を減らして債務を持たずに申し込めば合格できる可能性は極端に高くなります。

信用を得られることが前提!

セゾンカードの審査に合格できるかどうか?これを色々と考察してきましたが、どんな内容の話であっても信用を得られることが前提となります。信用というのは信用情報機関に登録されている記録を元に判断されるので、セゾンが独断で申込者の信用を判断するわけではありません。金融事故という言葉を聞いたことがあると思いますが、返済で遅延行為を繰り返したり債務整理をすると事故扱いとなります。その情報は信用情報機関にしっかりと残ります。セゾンカードへ申し込みをして審査を受けた時に事故情報が確認されると、その時点で不合格となるケースが多々あります。そのため、セゾンカードへ申し込みをするなら信用を失わないことが重要です。すでに契約をしている金融会社を持っているなら、返済については十分に気を付けておきましょう。

セゾンカードの同時申込と嘘の申込こそNG!

信用に関して2つの注意点を覚えておいて下さい。まず、セゾンカードは様々な種類のカードがありますが、複数のカードへ同時申込をしてはいけません。また、これはセゾンカードと他社のカードへ申し込む場合も同じです。セゾンにおいて2枚や3枚のカードへ同時に申し込むのは、年収等によっては全く影響が出ないケースもあります。しかし、その反面としては1枚のカードなら合格出来るのに複数のカードへ申し込むことで高い基準が設定され、全てのカードで不合格になることがあり得ます。また、セゾンカード全種へ同時申込をする、あるいは他社のカードと同時に申し込むことで信用を失う可能性もあります。嘘の内容から申し込む場合も同様に信用を失ってしまう可能性が極めて高いです。審査に関する基本情報として覚えておいて下さい。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード