2018年最新!おすすめクレカランキング→

セゾン カードの種類一覧!それぞれの特徴まで

セゾン カードの種類一覧!それぞれの特徴まで

セゾンカードを選ぶ上で、セゾンカードの種類は4つを覚えておきましょう。一般カードとビジネスカード、そしてゴールドカードとプラチナカード、どんなセゾンカードでもこの4つの種類のどれかに該当します。また、国際ブランドについても同じく4種類あり、その上で各種カードの特徴が変わってきます。非常に多くの種類が用意されているので、まずはカードの種類や国際ブランドを見ながらセゾンカードを選んでいきましょう。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

一般カード

セゾンカードの中でも最も種類が豊富なのは一般カードです。一般カードというのはステータスが一般的であり、利用枠などカードの内容として大きな特徴がそれほどないカードです。年会費が無料なカードが多数揃っていることからも、多くの人は一般カードからセゾンカードを選ぶことが多いです。基本的に上位のセゾンカードは審査を含めて誰もが簡単に所持できるわけではありません。人によってはセゾンカードを選ぶ際に一般カードしか選択肢がないこともあります。万人向けのカード、それが一般カードなので知識として覚えておきましょう。

ビジネスカード

ビジネスカードというのは法人カードと呼ばれることが多いです。個人が仕事のために持つカードというよりは、会社としてビジネスカードを所持することが多いです。セゾンカードにもビジネスカードがありますが、これは一般的にはほとんど注目されません。やはり、会社を経営していて経費を簡単に管理したいなど、特別な目的を持っている人しかメリットがないカードとなります。ビジネスカードを求めている人にとっては、セゾンカードのビジネスカードにはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードという最高峰のステータスが備わっているカードがあるので、一つの魅力となるのは間違いないでしょう。

ゴールドカード

ゴールドカードは中流階級から上流階級向けのカードであり、一般カードの上位クラスのカードとなります。セゾンカードのゴールドカードは特徴的なカードが多いです。例えば、早稲田ゴールドセゾンカードは早稲田の卒業性や校友会向けのカードとなっています。また、MileagePlusセゾンゴールドカードならマイレージを貯めやすいカードになっています。最もスタンダードなセゾンゴールドカードは、ゴールドカードセゾンという名称のカードがあります。これはクレジットカードで良くあるステータスのゴールドカードであり、まさに一般カードが進化した上位クラスの代名詞とも呼べる内容です。保険が付帯されていることから安心を手にすることができ、一般カードよりも利用枠が高くなっています。また、特典は各種サービスにおいて優待価格が実施されており、ポイント還元率は常時2倍という魅力だらけのカードです。

プラチナカード

クレジットカードにおいてプラチナカードというのは、ランク的に見るとゴールドカードの上位版です。一般カードが最も身近なカードであり、その次にゴールドカード、さらにその上がプラチナカードというランク付けが一般的です。セゾンカードの場合はプラチナカードはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが代表格であり、プラチナカードの種類は少ないです。このカードは法人だけではなく個人事業主でも申し込むことができます。メリットは何かというと、基本的にビジネスとして活用目的を持っており、その上でゴールドカードのように多彩な特典を得たいという人に向いているカードです。単純に特典の魅力を得たいというなら、これはゴールドカードでも十分に特典を得ることが出来ます。

スポンサードリンク

国際ブランドは4種類

セゾンカードは国際ブランドが4つ用意されています。Visa、MasterCard、JCB、AmericanExpressの4つです。どの国際ブランドを選ぶのかによって、各種ブランドにおけるサービスが変わってきます。セゾンカードを選ぶ際に自分のシーンに最適な国際ブランドを見つけられることは嬉しいポイントです。世界的に有名な国際ブランドばかりなので、活用しやすいセゾンカードを見つけやすいです。

提携先に特化したセゾンカードは選びやすい

さて、セゾンカードには様々なカードがありますが、提携先に特化しているセゾンカードは選びやすいです。特に特徴がないセゾンカードよりも、目的がはっきりとしているセゾンカードは用途によって確実に活躍します。その代表例となるのがシネマイレージカードです。映画を見るほどポイントが貯まることからも、映画鑑賞が趣味なら持っておきたいセゾンカードです。カード選びをする際にしっかりと目的を考えながらセゾンカードを探すことは大事です。そうすることで、無駄に意味のないカードを所持することなく、カードをしっかりと活かせるようになります。

求めている特徴が分からないなら年会費無料でOK

人によってはセゾンカードを作りたくても、特に目的がないというケースがあります。そんな時は基本的に年会費を見ておきましょう。年会費が無料のセゾンカードはとても種類が多いです。どうして年会費が無料のカードを見ておく方が良いのかと言うと、年会費が無料というのはそれだけで大きな魅力となるからです。実際にセゾンカードを所持してから、どのくらいクレジットカードを活用するのか分からないという場合、年会費を無駄に支払いたくありませんね?年会費が無料だからと言ってカードの機能性が悪いということはありません。例えば、シネマイレージカードなら年会費が300円、条件付きで翌年度は無料となっていますが、使い方によってはかなり大きなメリットを得られます。セゾンカードを選ぶ際に迷った時は年会費が無料という点をベースにしておきましょう。

セゾンカードの種類一覧を比較する方法は?

セゾンカードは種類がとても多く、これは選択肢が多いというメリットがあると共にカードを比較しずらいというデメリットもあります。セゾンカードを一覧として徹底的に比較しておきたいなら、その際に便利となるのがセゾンの公式サイトです。セゾンの公式サイトではリリースされているセゾンカードを一覧からチェックしていくことが出来ます。また、一般カードやゴールドカードなど、カードのクラスからリサーチすることが出来ますし、年会費無料など条件を指定して検索することも出来ます。

基本的にはセゾンカードの種類を一覧から探すなら、セゾンの公式サイトを活用しておきましょう。また、公式サイトを活用する上で公式サイトでは見つからないセゾンカードも稀にあることを覚えておいて下さい。例えば、クラブオン・ミレニアム・セゾンカードは公式サイトでは見つけることができず、これはクラブオン・ミレニアムの公式サイトで見つけることが出来ます。こうした例外は主にセゾンカードの提携先のサービスを調べると見つけることが出来るので、目的のサービスがある場合はそちらの公式をチェックしておくことも一つの方法となります。

まとめ

最適なセゾンカードを見つけるためにも種類一覧をチェックしておき、各種カードにおける特徴を見ておきましょう。また、セゾンカードを選ぶ上では何を重視するのか?どんなシーンでクレジットカードを使いたいのか?こうした部分を考えておくことも大事です。せっかくセゾンカードを作るのですから、活躍に期待が持てるセゾンカードを選んでおきたいところです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード