今すぐクレカが必要な方は→

ラグジュアリーカードの好評判な特典:コンシェルジュ・リムジンはこう使え!依頼メールも公開します。

ラグジュアリーカード

突然ですが、

  • 飲み会の幹事、飲食店の手配めんどくさいな…
  • 飲食店は17時-22時しか電話がつながらないし、つながっても予約いっぱいだと心折れる…
  • 大切な取引先の方の誕生日プレゼント、毎回選ぶの大変だし、誕生日覚えておくだけで大変なんだよな…
  • 海外旅行の準備大変!本当は現地の旬なレストランに行きたいけど、疲れたし現地で見つければいいか…
  • そもそも旅行プラン立てるの苦手なんだよね!
  • あ~もう、出張多すぎ!チケット手配からホテル予約・会食セッティングまで一括でやってくれるところないの!?

なんて思ったことありませんか?

どれか1つは、痛烈に感じたことがある方もいるかと思います。

実は上記の悩みは、すべて「ラグジュアリーカードのコンシェルジュに頼めば朝飯前」のオーダーです。全部なめらかに手配してくれます。

ラグジュアリーカードのチタンカードは年会費5万円。これだけ見ると、(うっ…ちょっと高いな)と感じるかもしれませんが

月額に換算すると4,000円ちょっとでコンシェルジュサービスが使えるわけです。これで浮く時間でできることまで考えたら、コンシェルジュだけで年会費を回収できるメリットがあります。

私はこのコンシェルジュサービスが大変気に入っており、そのためだけにラグジュアリーカードホルダーをやっているといっても過言ではありません!

注意
2018年12月1日(土)から、TitaniumCard会員はコンシェルジュへの新規依頼が「電話依頼のみ」となりました。
ただし、従前どおり、コンシェルジュからの回答は「電話」、「メール」から選ぶことができます。

–前置きはこのへんにしておいて–

今回は、「ラグジュアリーカード」のコンシェルジュサービスを使ったのでその体験談をレポートします。

コンシェルジュサービスを通して以下の2点をお願いしてみました。

▼コンシェルジュサービスでお願いしたこと

    1,レストランのピックアップと予約
    2,レストランまでのリムジンサービスの手配

ここからはコンシェルジュサービスの使い方や使い心地、意外と迷う依頼メールの書き方などをご紹介していきます。

カード名の通り、まさにラグジュアリーなひと時を過ごすことができました。

この記事の目次

Titanium Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。

TITANIUM CARD<公式サイト>

「ラグジュアリーカード」は金属製のクレジットカード

ラグジュアリーカード

「Luxury Card」(ラグジュアリーカード)最大の特徴は何といってもカードの「見た目」「素材」

カードフェイスは非常にシンプルなデザインでシーンを選ばず使用できます。

そして、すべてのカードが金属でできおり、重さは21gとです。

ポイント!
なんと最上位のゴールドカードにいたっては実際に表面が24金で加工されています。
今までにない豪華なカードフェイスです。

素材だけでなくカードフェイスにもこだわりがいっぱい

ラグジュアリーカード裏面

最近のクレジットカードは、通常クラスのカードも黒色のカードフェイスが多いですよね。

ラグジュアリーカードのブラックカードはこれらの黒色とは少し違います。

Mastercardロゴを含め、名前やカード番号などすべてがレーザーによる削り出し加工です。

よって、券面に凹凸がなくフラット

黒色自体も光沢があるものではなく「マットな質感」です。

最新のICチップも搭載、セキュリティ対策も万全のシンプルながらカードそのものが作りこまれています。

今回使ったのは「ブラックカード」

ブラックカード

今回は3種類の中から真ん中のグレードである「ブラックカード」のコンシェルジュサービスを利用しました。

項目詳細
年会費108,000円(税込)
国際ブランドMastercard
還元率国内外ともに1.25%※
マイル1ポイント=3マイル(JAL/ANA)
付帯保険旅行保険(国内・海外)
航空機遅延保険
※2019年4月からポイントプログラムが改善され、Black Cardのポイントは国内外ともに1.25%になります。

年会費は非常に高額ですが、月額換算すると9,000円です。

1万円を切っているため意外と安く感じますよね、また1万円以上の特典が付帯しているためお得感が非常に大きいと思います。

とくにコンシェルジュサービスは非常に使い勝手がいいです。

多くのカードでは、コンシェルの受付は電話のみですが、ラグジュアリーカードはメール対応OKとなっています!

注意
2018年12月1日(土)から、TitaniumCard会員はコンシェルジュへの新規依頼が「電話依頼のみ」となりました。
ただし、従前どおり、コンシェルジュからの回答は「電話」、「メール」から選ぶことができます。

コンシェルジュサービスの詳細については下記でご紹介しますね。

▼「ラグジュアリーカード」の詳細はこちら

ラグジュアリーカード(チタン・ブラック・ゴールド)徹底解説。高額な年会費を払ってでも持つメリットは「○○」【2019年最新版】

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>

コンシェルジュサービスを利用してみよう!

コンシェルジュ

編集部で食事に行くということで、お店選びをお願いされていた筆者。

実は、筆者は非常にお店選びが苦手&下手です。

お店選びは、お店の評判だけでなく、食の好みや各人の使用している沿線の配慮までしなければいけません。

そこで筆者は、はじめてコンシェルジュサービスを利用してみることにしました。

ラグジュアリーカードは電話嫌いにこそオススメ!メールでコンシェルジュサービスを利用できる

スマホ

便利なコンシェルジュサービスですが、多くのカードは「電話利用」が原則です。

電話は周りの環境に気を使いますし、何より「いつ」折り返しの電話が来るかわからないなど制約が多いです。

しかし、前述の通り「ラグジュアリーカード」のコンシェルジュサービスサービスはメールでも利用できます!

▼メールでのコンシェルジュサービス利用方法

  1. 本人確認(初回のみ)
  2. コンシェルジュ宛てへメール(2回目以降の利用はここから)
  3. コンシェルジュから返信メールが来る
  4. 予約の有無を回答する
  5. 予約まで依頼した場合は予約結果のメールが来る

1度目は本人確認が必要なためやや時間がかかりますが、2回目からはすぐに依頼ができます。

ポイント!
本人確認が済んでからは、メール本文に「カード番号」や「会員名」を書く必要もありません。
いきなり用件に入ることができます。

コンシェルジュ宛てへのメールはこんな文面が理想

PC

コンシェルジュ宛てのメールについて、明確なひな型はありません。

どのような文面で送ればいいか迷ったことがある方も多いと思います。

いくら素晴らしいコンシェルジュでも最低限の情報は必要です。

「コンシェルジュサービスを使ってみたいけど何て言えばいいかわからない」

「どうやって希望の条件を伝えればいいかわかならい」

そんな方は、ぜひ下記内容を参考にしてみてください!

コンシェルジュ宛てメールに記載すべき内容(レストランが決まっていないとき)

  • 依頼したい内容は文頭に書く
  • 日時
  • 場所(地域名、〇〇から車で〇分以内、〇〇沿線など)
  • 人数
  • 料理ジャンルや食事内容へのリクエスト
  • 予算(上限なしの場合は記載なしでOKです)
  • 個室の要否
  • 紹介してほしいレストランの軒数(3~4軒が一般的)
  • ※明確にレストランが決まっているときは、コンシェルジュさんにレストラン名を伝えましょう。

ここまで記載すれば、かなり希望に沿ったレストランを紹介してもらえるはずです。

ラグジュアリーカードの場合は、これに加えて「リムジンサービス」を使用するかも併せて記載しておきましょう。

ポイント!
ラグジュアリーカード(ブラック)では、指定場所から飲食店への「往路」でリムジン送迎サービスをつけることができます。
※チタニウムはリムジンサービスなし
※ゴールドは往復どちらかを選んで利用可

ケロンくん

今回、ツクレカではせっかくなので「リムジンサービス」もお願いしたよ!

※リムジンは2018年10月時点では東京23区・大阪エリアを中心にご提供されているようです。

コンシェルジュからの返事

コンシェルジュからはすぐにメール受信の連絡メールが届き、その後お店の紹介メールが届きます。

お店は「いくつかご紹介願います」という書き方をしたところ「3ヶ所」紹介して頂けました。
※「いくつか」だとあいまいなので、できれば具体的な軒数を書くといいです。

紹介して頂いたお店はどこも希望通りの条件でした。

また、どのお店も口コミ評価が高いお店で「さすがコンシェルジュ!」と思わせる提案です。

レストランを選んで予約へ

その中から、1軒を選びそのまま予約へ。

コンシェルジュに依頼すれば、お店のピックアップから予約までしてくれます。

お店のピックアップは当然大変ですが、意外と予約電話も面倒なものです…。

お店の開いている時間帯(17時以降など)に予約するのは、非常に困難なんですよね…。

その点、今回は折り返しのメールを返信するだけで予約が済んで大変楽でした。

ポイント!
コンシェルジュが紹介してくれるお店は人気店であることが多いです。
「ここにする!」と決めた場合は、すぐに予約する旨を伝えましょう。

利用日直前にはアラートメールも送ってくれます

その後、利用日が迫ったら丁寧にアラートメール(予約確認メールとリムジン案内メール)を送ってくれます。

▼送迎直前の車両情報についてのメール(実際のメール)
メール

当日の車種や担当ドライバーの携帯番号まで記載されているので、ドライバーとの合流も安心です。

よく「秘書を雇うほどの規模ではない個人事業主はカードコンシェルジュを利用しよう!」と言いますが、まさにその通りです。

レストラン探しから、予約、スケジュールの管理まで秘書のようにきめ細やかに仕事して頂けます。

ラグジュアリーカードからのメール

レストランの予約から前日のアラートまで、コンシェルジュサービスからは全6通のメールが来ました。

▼メールの流れ

  1. 依頼受信の最初のメール
  2. レストランの紹介メール
  3. レストラン予約完了メール
  4. リムジン手配完了メール
  5. 予約確認メール
  6. 送迎直前の車両情報

Titanium Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。

TITANIUM CARD<公式サイト>

オフィスにベンツがやってきた

ベンツS550
出典:メルセデスベンツ日本(公式サイト)
※写真はS660です。実際に来たのはS550です。

ツクレカでは「リムジンサービス」を「往路」で使用しました。

指定場所に黒塗りのベンツが……!

ただならぬオーラを放っています!

今回は日の丸リムジンより「メルセデスベンツ S550」でのお迎えでした。

ベンツのSクラスは中古市場でも1,000万近くします。

日の丸リムジンはベンツのSクラスだけでなく、テスラやBMWなどの高級車を持っています。
詳細:日の丸リムジングループ(公式サイト)

ポイント!
日の丸リムジンは訪日外国人向け送迎サービスも行うなどレベルの高いサービスが特徴です。
今回迎えに来てくださったドライバーさんも外国人観光客のご案内をすることもあると仰っていました。

お迎えのリムジンに乗って出発!

当然ですが、筆者はベンツ初乗車です。

リムジンサービスですので、運転手の方が扉を開けてくれます。
※普段、筆者は満員電車に押し込まれてるのでそれだけでも感動。

今回の車種は真ん中にドリンクホルダー等があるため、片側から一気に乗り込まず、1人ずつ左右の扉に分かれて乗りました。

この経験自体はじめてなので、出発前から驚きでいっぱいでした。

ちなみに、車内は乗用車ですが足元が大変広く、ドリンクホルダーにはお水がすでにセットされています。

車内

リムジンサービスのいいところ

ここが素敵!
プロにすべてお任せできるので、移動中はゆっくりくつろげる!

リムジンサービスの最大の利点は「プロが送迎してくれる」点です。

目的地まで単に移動するならタクシーでも一緒ですが、やはりリムジンサービスは比べ物にならないくらいいいです。

  • 道の説明は不要
  • タクシーのように遠回りされることを心配する必要もなし
  • 車内が広くくつろげる

とくに「道」に関しては、誰にとっても助かるサービスかと思います。

小さなレストラン等に行くときは、店名を言っても伝わらないことがほとんどです。

今回のリムジンサービスならあらかじめ運転手は行先を知っているので、移動時間も快適に過ごせます。

予約したレストランへ

コンシェルジュさんから提案のあった3軒から、今回は和食の「寛幸」さんを選んでみました。

カウンターのみで座席は6席程度なため予約があった方がいいと思います。

お料理は某口コミサイトに掲載されていた「家庭料理が高級創作和食に」という言葉がぴったりでした。

料理

料理

往路のリムジンサービスに上質な料理、非常に素敵な時間を過ごすことができました。

ラグジュアリーカードがあれば会食・接待もどんとこい!

今回は内輪での会食で利用しましたが、社外の方との会食や接待でもコンシェルジュサービスは大活躍してくれること間違いなしです。

希望の条件を出せば、レストランなどを紹介してもらえることでしょう。

Gold Cardなら海外でもリムジンサービスが使える

2019年1月からGold Card会員限定で、海外でもリムジンサービスが使えるようになりました。

指定エリア内からレストランまでの片道送迎をしてくれます。

利用方法は国内での使い方と同じで、コンシェルジュ経由で予約してください。

対象は、アメリカ(ハワイ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク)シンガポール上海の14のレストランです。

日本人に人気の旅行先であるハワイ(ワイキキ)のレストランも該当しています。

ハワイ
出典:ラグジュアリー リムジン(公式サイト)

>>ラグジュアリーリムジンの詳細はこちら

▼「ラグジュアリーカード」の詳細はこちら

ラグジュアリーカード(チタン・ブラック・ゴールド)徹底解説。高額な年会費を払ってでも持つメリットは「○○」【2019年最新版】

上質なコンシェルジュサービスを受けるならラグジュアリーカードがオススメ

コンシェルジュサービスがついた上位カードは多くありますが、「リムジンサービス」があるカードはとても珍しいです。

また、そのこだわりぬかれた金属製のカードフェイスは唯一無二です。

上質なコンシェルジュサービスやリムジンサービスを受けたい方は「ラグジュアリーカード」がオススメ!

年会費以上に価値はすぐに実感できるはずです。

私のケースですと、コンシェルジュには、7割レストラン探しや予約の依頼・他は出張のチケット手配やホテル予約をお願いすることが多いです。旅行先の旬なレストランを教えてもらうことも。

(食事に関しては、時と場合に応じて、昔からの友人と6人で、客単3,000~4,000円程度の飲み屋を探して予約してもらうこともあれば、客単数万円の予約困難店をおさえてもらうこともあります。どちらも快く対応してくれますし依頼にハードルはないです。)

●●についてリストアップしてほしい、と依頼したことがありますが、5回程度検索して集められるような情報であれば自分でやってしまった方が速いかな、という印象でしたね。

やはり予約など、相手先の応答時間や在庫の問題が絡んでくるシーンで絶大な効果を発揮する!という感じです。

依頼側のメールのうまさも問われますね。メールを書くのが苦手な方には電話をオススメします^^

参考になれば幸いです!

ラグジュアリーカード紹介プログラム

ラグジュアリーカード
出典:ラグジュアリーカード(公式サイト)

2019年8月1日(木)~2019年12月31日(火)までラグジュアリーカードでは「紹介者プログラム」を行っています。

プログラム期間中にカード保有者の紹介で入会すると、紹介者・新規入会者の双方にポイントが付与されます。
※所定の条件を満たす必要があります。

▼ポイント獲得条件

  • 新規入会者:カードへの入会(入会ポイントが付与される。ポイント数はカードランクによって異なる)
  • 紹介者:カード利用30万円(税込)ごとに入会ポイントと同額の紹介ポイントが付与される

※「紹介ポイント」は、紹介した入会者の入会日順(同一の場合は入会ポイントの大きい方)に累計されたものとなる。

家族や友人に紹介できるカードは自分と同等ランクのカードor下位ランクのカードとなります。
※チタンカードの人はブラックやゴールドカードを紹介することはできません。

<紹介ポイントの獲得例>

ご紹介者様が
1.プログラム期間中に、5名の新規会員をご紹介
ご入会順:① ゴールド、② ゴールド、③ ブラック、④ ブラック、⑤ ゴールド

2.プログラム期間中に合計130万円(税込)のカードショッピングをご利用

ご利用金額が130万円(税込)のため、30万円(税込)ごとに1名分の「紹介ポイント」を獲得できることから

130÷30=4.3 ⇒  4名分の「紹介ポイント」を獲得できます。
※5名紹介していますが、1名分はご利用額不足で獲得できません。

引用:ラグジュアリーカード(公式サイト)

>>紹介プログラムの詳細はこちらから

ケロンくん

少しややこしいプログラムだから事前によく仕組みを確認してね!

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>