今すぐクレカが必要な方は→

外国人や留学生でもクレジットカードは作れます。日本国籍がなくても大丈夫!作れるカードはコレ

日本

日本に長期滞在する外国人や留学生ならば、日本で利用できるクレジットカードを作成すると便利です。

ところで、外国人や留学生は、日本国籍を持っていなくても、日本でクレジットカードを作れるのでしょうか?

今回は、外国人や留学生が日本でカードを作成する方法や、オススメのカードについてご紹介します。

ケロンくん

外国人や留学生もカードを作れるよ!

この記事の目次

外国人や留学生も日本でカードが作れるって本当?

留学

実は、外国人や留学生も日本でカードを作ることができます。

日本国籍の有無は関係ありません。

留学や仕事で日本に中長期滞在しているのであれば、ほとんどのクレジットカードを作成可能です。

▼作成できるかどうかのポイント

  • 日本に中長期滞在している
  • 日本の銀行口座を保有している(もしくは作ることができる)
  • 日本に住所がある

これらを満たしていれば、日本でも比較的簡単にクレジットカードを作れますよ。

日本での生活をより快適にするために、必要に応じてカードを作成するといいでしょう。

外国人・留学生がカードに申し込む際の必要書類

世界地図と飛行機

カードに申し込む際は、本人確認書類や引き落とし口座など必要なものがあります。

外国人・留学生が申込時に用意するものは以下の通りです。

カード作成前に揃えておきましょう。

▼クレジットカード申込時に必要なもの

  • 本人確認書類:在留カード、特別永住者証明書、学生証(コピー)など
  • 引き落とし口座
  • 印鑑、銀行印

本人確認書類は在留カードや特別永住者証明書がオススメ

カード作成の際には、一般的に本人確認書類を以下のいずれかの方法で提示する必要があります。

  • 申込の際に本人確認書類を郵送する
  • 申込の際に本人確認書類の画像データを送信する
  • カード到着時に配達員へ本人確認書類を提示する

パスポートや運転免許証などを本人確認書類にすることも可能ですが、外国人・留学生は、なるべく在留カード・特別永住者証明書を用意してください。

在留カードや特別永住者証明書により、長期的に日本に滞在する権利があることがカード会社に伝わるからです。

在留カードには在留資格や在留期間が記されていますし、在留カードと特別永住者証明書の裏面には住所も記載されています。

クレジットカードの審査を有利に進めるには、「在留カード」「特別永住者証明書」を身分証明書として提出するのがオススメです。

ポイント!
留学生が学生専用カードを作る際は、学生証の提示もあわせて求められます。

口座の開設もお忘れなく

通帳

クレジットカードの引き落とし口座は本人名義のものが必要です。

あらかじめ金融機関で口座開設しておきましょう。

なお、口座開設には在留カードや特別永住者証明書など、中長期滞在者であることを証明する書類が必要です。

三井住友銀行を例にすると、銀行口座の開設条件として以下の記載があります。

外国籍の方は在留カードもしくは特別永住者証明書をご用意ください。

引用:三井住友銀行(公式サイト)

在留カードもしくは特別永住者証明書が必要ということは、中長期滞在者でないと口座開設の申込ができないということです。

「中長期滞在者でないと口座開設の申込ができない」というのは、ほかの金融機関も同様です。

ポイント!
口座開設時に登録した銀行印や印鑑は、カード申込には不要なケースも増えてきましたが、念の為手元に置いておくといいです。

審査に通りやすくするためのポイント

PCとカード

カード作成には審査があります。

申し込む際は、提出する本人確認書類が在留カードや特別永住者証明書になるだけで、そのほかは日本人とほとんど変わりません。

外国人や留学生だからといって審査が厳しくなるということもなく、返済能力があり、申込から帰国までの期間が十分にあれば外国人や留学生でもカードを作成できます。

ここからは、より審査に通りやすくするための方法をご説明します。

通称ではなく本名で申し込む

外国人のなかには日本で使用している「通称」がある方がいて、日々使い慣れている通称でカードに申し込む方もいるでしょう。

しかし、本人確認書類には基本的に本名が記載されているため、名前が一致せずに審査落ちしてしまうことがあります。

カードに申し込む際には、本名を記載するようにしましょう。

ポイント!
もし、本名ではなく通称でカードを作成したい場合には、本名の他に通称も記載されている本人確認書類を用意して提出すると、作成できることがあります。

日本での滞在期間が長め

カードの審査では、日本での滞在期間について確認をします。

短期間しか滞在できない方の場合には、カードを作成できない可能性が高いです。

6ヶ月以上日本に滞在できる長期ビザや、日本での永住権がある人はより有利だと言えます。

ビザ切れが近い場合は作成するのを止め、滞在期間の長いビザを取得してから再度、カードに申し込むといいでしょう。

短期滞在者はクレジットカードを作るのが難しい

短期滞在やホームスティなどでは、正確な住所地が登録されていないことがあります。

カードに申し込む際には住所が必要なので、短期滞在者がカードを作るのは難しいでしょう。

また、3ヶ月以下の短期滞在者は「在留カード」をもらえません。

クレジットカードを作るには銀行口座が必要ですが、銀行口座を作る際には在留カードや住民票など中長期滞在者であることを証明する書類が必要です。

そのため、結果的に3ヶ月以下の短期滞在者はクレジットカードを作れないということになります。

ポイント!
短期滞在者がクレジットカードで24回払いなどの長期分割払いで品物を購入したとしましょう。
その人が支払いの途中で帰国してしまった場合、カード会社はその後の支払いを受けられない可能性が高いため、カード会社は短期滞在者にカードをあまり発行したがりません。

キャッシング枠を0にして申し込むと審査に通りやすくなる

クレジットカードを申し込む際にはキャッシング枠を0円にして申し込んだ方が審査に通りやすくなります。

またクレジットカードのショッピング枠も最低限の枠で申し込むと審査難易度がさらに下がります。

ケロンくん

ショッピング枠、キャッシング枠とも、カードが発行されてから枠を増やすことができるので、まずはクレジットカードを手に入れるところから始めるのがオススメだよ♪

延滞したことがあれば、延滞解消から半年後に申し込む

日本でクレジットカードの支払いや携帯電話の端末割賦払いを滞納している場合、信用情報機関でその延滞情報が共有されるため、審査に通りにくくなります。

信用情報機関の延滞情報は、延滞解消から半年で削除されるので、もし延滞したことがあれば延滞情報が消えてから申し込むのがオススメです。

複数のカードに審査落ちしたら期間を空けて申し込む

カード審査やカード利用の記録はクレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれ、数年間保存されています。

これは日本人にも共通しますが、短期間で複数のカードに審査落ちしていると、「この人は何か問題があるのでは?」とカード会社に思われ、一定期間カードを作りにくくなってしまいます。

もしビザ切れや書類不備などで審査落ちしてしまったら、6ヶ月程度の期間を空けてから申し込むことをオススメします。

クレジットカードの外国人申込に関する留意事項

本

外国人や留学生がクレジットカードの申込をする際に注意すべきことを見ていきましょう。

在留カードや特別永住者証明書は両面コピーする

本人確認書類として在留カードや特別永住者証明書を提出する際は、表と裏の両面をコピーして提出するようにしてください。

また、本人確認書類に記載されている住所と、申込書に記載した住所が異なる場合は以下の補完書類いずれか1点(本人名義)を提出しましょう。

▼補完書類

  • 公共料金の領収書(電力、都市ガス、水道、NHK、固定電話のいずれか1点)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書または納税証明書
注意
なお、入会後に初めて送られてくるクレジットカードは、一般的に本人確認書類(または補完書類)に記載されている現住所以外へは発送できないため注意してください。

一部、日本国籍がないと申し込めないクレジットカードがある

一部のクレジットカードは「日本国籍を有すること」が申込条件になっているものがあるので注意が必要です。

外国人や留学生が申し込めるクレジットカードについては、この記事の最後の方で紹介しているので参考にしてみてください。

Q&A

Q&A

外国人・留学生がクレジットカードを作る際に疑問に思いがちなことを、Q&A形式で紹介していきます。

Q.ミドルネームがある場合はどうすればいいの?

A.「姓」か「名」のどちらかにミドルネームを入れます。

その際には、姓・名とミドルネームの間にスペースを1つ空けてください。

たとえばJCBの場合、「姓 ミドルネーム」「名」というように入力しましょう。

もし文字数が多くて入りきらない場合は、入るところまで入力して「名」を省略して申し込んでください。

改めて担当者から確認の電話が行きます。
出典:JCBの電話回答

Q.日本語が読めなくても申し込める?

A.日本語がまったく読めないとクレジットカードの申込は難しい可能性があります。

申込フォームは日本語で記入することになります。

また申込の際にはカード会社の会員規約を理解して同意する必要がありますが、(多くのカード会社には)日本語版以外の会員規約の用意がありません。

このような点から、日本語がまったく読めないとクレジットカードの申込は難しいかもしれません。
出典:三井住友カード お客様サポートの回答

ポイント!
日本語がわかる方と一緒に申し込むことをオススメします。

Q.帰国するときはどうすればいいの?

A.カード自体は海外でも使えるので、日本の支払い口座に入金できる状態ならそのまま保有することも可能です。

ただし、日本の支払い口座に入金が難しいのであれば、帰国前に解約し、日本に来るときに再度申込してください。
出典:JCBの電話回答

Q.外国籍の配偶者に持たせる目的で家族カードを申し込みたいが、本人確認書類の提出は必要?

A.家族カードの申込では本人確認書類の提出は不要です。

ただしカード発行の際は審査があります。
出典:三井住友カード(公式サイト)

外国人にオススメのカード

マイルとカード

クレジットカードは多くの種類があり、発行しやすい一般カードから、一定のステータスが必要なグレードの高いカードまでさまざまです。

その中で、外国人でも作成しやすいオススメのカードを3点ご紹介します。

楽天カード

楽天カードnew

楽天カードは、楽天が発行している年会費無料のカードです。

通常は1.0%還元で、楽天市場では3%還元以上になります。

楽天市場ユーザーは作成すると便利です。

また、日本で口座を持っていない人は、楽天銀行で口座開設してから楽天カードを作るとスムーズに手続きが進みますよ。

申込資格は以下の通りです。

カードのお申し込みは18歳以上の方が対象となります。

引用:楽天カード(公式サイト)

▼「楽天カードの」についての詳しい記事はこちら

楽天カードの全てを解説!圧倒的人気No. 1でおいて損はない!券種・ポイント・特典・審査・投信・楽天payの徹底まとめ・楽天カードマンの正体は?【2019年最新版】

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

JCB CARD W

JCB_w

JCB-Wは、ネット申込専用、18歳〜39歳限定で作成できるJCBカードです。

通常のJCBカードに比べてポイント還元率が2倍なので、他のJCBカードよりも早くポイントを貯めることができます。

JCB-Wは本人確認書類が不要です。

このカードは銀行口座をオンラインで登録することが必須条件であり、銀行口座作成時点で本人確認ができていると見なしているので、本人確認不要になっています。
※JCBに電話確認済み

在留カードなどを用意する必要が省けて便利ですね。

申込資格は以下の通りです。

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

引用:JCB(公式サイト)

▼「JCB CARD W」についての詳しい記事はこちら

「JCB CARD W」ならWeb入会限定で今ならポイント最大10倍!【ポイント・還元率・キャンペーン】

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

JCB CARD W
カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

留学生にオススメのカード

大学生

次に、留学生にオススメのカードを3点ご紹介します。

学生は収入こそありませんが、万が一の際は親御さんが補填してくれるという期待感があります。

そのため、学生専用カードとして学生でも作りやすいカードが用意されています。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友カードデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳〜25歳限定で作成できるカードです。

学生でも作成でき、卒業後も使い続けるとワンランク上のカードにグレードアップできる可能性もあります。

日本に滞在し続けるならばぜひ作成していただきたい一枚です。

なお、三井住友カードはインターネット申込で引き落とし口座の設定まで完結していれば、本人確認書類の提出が不要です。
※20歳以上の方。(三井住友カード お客様センターによる回答)

申込資格は以下の通りです。

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)
または満18歳~25歳までの学生の方(高校生は除く)

※研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としてはお申し込みになれません。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

引用:三井住友カード(公式サイト)

▼「三井住友VISAデビュープラスカード」についての詳しい記事はこちら

三井住友デビュープラスカードの限度額は?学生で上げられるのは30万円まで!上げられた事例・上げられない事例まとめ

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
安全性・セキュリティの強さ
(4.5)
ブランド・ステータス
(4.5)
初めての1枚へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

三井住友VISAカード<公式サイト>

JALカードnavi

JALカード naviは、高校生を除く18歳〜29歳の学生が作成できる学生専用JALカードです。

カードを利用するとJALマイルが貯まり、海外や国内のフライトに利用することが可能です。

在学期間中はマイルの有効期限が無期限になるため、学生の間はマイルを有利に貯められます。

また、JALが指定する語学検定に合格するとマイルがもらえる「語学検定ボーナスマイル」などおもしろい特典もあります。

ポイント!
留学生で母国との往復にJALもしくはワンワールド系列の航空会社を使っている場合は、マイルが貯めれてとてもお得ですよ。

申込資格は以下の通りです。

18歳以上30歳未満の学生の方

引用:JAL(公式サイト)

▼「JALカードnavi」についての詳しい記事はこちら

【学生専用】JALカードnaviは年会費無料でマイルがザクザク貯まる!その他特典は?卒業後はどうなる?

JALカードnavi(学生用)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
JAL・JALマイルとの相性
(5.0)
学生カードとしての評価
(4.5)

JALカードnavi<公式サイト>

海外でも使える国際ブランドがオススメ!

クレジットカードを持つ手

クレジットカードには、VISAやMaster、JCB、アメックスなどの国際ブランドというものがあります。

どのカードにもこの国際ブランドのロゴが右下についており、そのロゴの加盟店でしか使用できないという性質があります。

たとえば、VISAカードを複数枚持っていても、カードを使用したい店舗がMasterカードの加盟店であれば使用できません。

日本では、VISA、Master、JCBの加盟店が多くて使いやすいですよ

▼「国際ブランド」についての詳しい記事はこちら

【JCB,VISA,MasterCard】国際ブランドはどれがいい?国内シェアは?海外旅行に行くなら?国際クレジットカードとは?

ポイント!
カードをブランドごとに作成し、複数のカードブランドに対応できるようにしておくといいでしょう。

クレカを作って日本での生活をさらに楽しもう!

外国人や留学生は、仕事や留学で日本に中長期滞在しているのであれば、ほとんどのクレジットカードを作成可能です。

▼作成できるかどうかのポイント

  • 日本に中長期滞在している
  • 日本の銀行口座を保有している(もしくは作ることができる)
  • 日本に住所がある

これらを満たしていれば、日本でも比較的簡単にクレジットカードを作れますよ。

クレジットカードは現金代わりに利用でき、利用金額に応じてポイントも貯まる便利なツールです。

より使いやすそうなカードを作成して、日本での生活をより快適にしてくださいね。