2018年最新!おすすめクレカランキング→

セゾンカードの優待まとめ

セゾンカードの優待まとめ

セゾンカードを選ぶ時は優待によるお得さも見ておきましょう。基本は利用枠や金利などクレジットカードとしてのスタータスを見ておくことになりますが、お得という意味では優待は欠かせないポイントとなります。セゾンカードの種類を分類すると、一般カードと上位カードに分けることが出来ます。優待と言えば、特別なカードである上位カードでなければ得られないサービスというニュアンスがあると思いますが、セゾンカードの場合は一般カードでも様々な優待を得ることが出来ます。高所得者でなければセゾンカードで優待を得ることが出来ないというわけではないため、自分にとって恩恵の高い優待を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

永久不滅ポイントの内容とメリット

セゾンカードの優待をチェックする前に永久不滅ポイントについて覚えておいて下さい。セゾンカードには永久不滅ポイントがあり、カードを使えば永久不滅ポイントを貯めることが出来ます。この永久不滅ポイントというのは一般カードでも上位カードでも貯めることが出来るポイントシステムです。基本的にセゾンカードを所持する上で、いかに永久不滅ポイントを上手に貯められるのか?これによってセゾンカードのメリットが変わります。セゾンカードは非常に多くのカードの種類があり、その大半のカードには永久不滅ポイントが搭載されています。しかし、一部のカードには永久不滅ポイントが導入されていないので、優待を重視しながらセゾンカードを選ぶ際にしっかりと永久不滅ポイントの有無を確認しておきましょう。

永久不滅ポイントがないとダメ?

セゾンカードの種類によっては永久不滅ポイントがありません。永久不滅ポイントが導入されていないとメリットがないのでは?と思いますね。永久不滅ポイントが搭載されていないカードはそれぞれのカードにおけるポイントシステムがあるので、その点においてメリットを見出すことができます。例えば、タカシマヤセゾンカードの場合なら永久不滅不滅ポイントはありませんが、タカシマヤポイントを貯めることが出来ます。このように永久不滅ポイントがないとダメというわけではなく、それに代わるポイントシステムが搭載されているので確認しておきましょう。

一般カードの優待は割引サービスが主流

セゾンカードの優待は各種カードによって内容が大きく異なりますが、全体としての優待の特徴は割引サービスが主流となっています。どうしてカードの種類によって優待内容が異なるのかと言うと、これは各種セゾンカードによって提携先の会社が違うからですね。タカシマヤセゾンカードの場合はタカシマヤが提携先となり、タカシマヤで美術展などの有料催で50%OFFの割引を受けられるなど優待が充実しています。セゾンカードを選ぶ時にどんな会社が提携先になっているのかを見ておくことがポイントです。セゾンカードの名称としても○○セゾンカードとなっていることが多いので、各種セゾンカードの提携先は簡単に把握することが出来ます。提携先を確認したら、どんなお店で何を対象として割引を受けられるのかを確認しておくと良いですね。

上位カードの優待はレベルが違う

セゾンカードの優待は主に割引サービスとなりますが、上位カードになると優待のレベルがかなり高くなります。一般カードの場合は提携先において商品の割引優待を受けられますが、上位カードの場合は割引の対象となるお店がとても多くなります。ゴールドカードセゾンなら、国内のホテル宿泊で割引があります。プリンスホテルズ&リゾーツでホテルやゴルフ場の優待を受けることも出来ます。空港宅配では優待価格から荷物を宅配してもらうことが出来ますし、セキュリティ会社として有名なアルソックで優待価格からセキュリティを高めることも出来ます。このように上位カードは一般カードに比べて優待のレベルがとても高くなっているので、よりお得なセゾンカードを求めるなら上位カードは必見です。

スポンサードリンク

セゾンカードの上位カード

優待が魅力的なセゾンカードを探す上で、上位カードはしっかりとチェックしておきたいところです。セゾンカードにはいくつかの上位カードがあり、どれも至極の一枚となることに変わりはありません。しかし、同じ上位クラスでも各種カードによって優待の内容は異なるため、優待内容を比較しながらカード選びを進めるのが理想です。セゾンカードの上位カードでスタンダードなのは2つです。ゴールドカードセゾンとその上位版のセゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードです。

この2つのカードは空港ラウンジやホテルやゴルフなど、上位クラスのゴールドカードで良く見かける優待が用意されています。一方、特殊なステータスを持っているセゾンの上位カードとしては4つを覚えておいて下さい。SEIBU・PRINCE・CLUBカードセゾンゴールドとMileagePlusセゾンゴールドカード、そしてマツダm’z PLUSカードセゾンゴールドと早稲田ゴールドカードセゾンです。この4つは名前からも分かる通り、それぞれ大きな特徴を持っている上位カードとなります。目的に合わせて好みの優待が用意されているセゾンの上位カードを選んでください。

優待を追求するなら上位カード以外に選択肢はない?

優待の幅広さを追求しながらセゾンカードを選ぶなら、言わずもがなとなりますが上位カード以外に選択肢はありません。一般カードは各種カードにおいて何かしらの優待メリットを持っていますが、上位カードと比較すると優待の幅はどうしても狭くなります。とにかくセゾンカードを所持したら優待で様々な恩恵を受けたいという人は、上位カードを優先して比較しておきましょう。セゾンの上位カードを比較検討する場合、年会費がネックになると思います。セゾンの定番の上位カードであるゴールドセゾン、このカードの年会費は1万円です。一般カードの場合は年会費を無料として所持できるカードが多く、年会費が必要でも2000円や3000円ほどです。

上位カードは優待が幅広いだけあって年会費も高く設定されています。年会費の支払いを考慮しながらも魅力的な優待を探していく必要があります。また、上位カードへ申し込む上で審査も少しは気にしておく必要がありますね。一般カードよりも上位カードの方が審査が難しくなることは間違いありません。人によっては簡単に合格を目指すことが出来ないため、自分の年収や他社借入などの状況を考えながら身の丈に合ったステータスのカードを選ぶことも必要です。

まとめ

セゾンカードの優待が充実しているのはゴールドカードやプラチナカードとなります。上位カードは国内だけではなく海外に関するホテルやレストランの割引優待もあるので、魅力はかなり高いです。一般カードは上位カードには劣るものの、提携先に関しては割引サービスでお得に買い物が出来ますしポイントを貯めることも出来ます。優待を追求しながらセゾンカードを選ぶ時は上位カードが真っ先に候補となりますが、目的によっては一般カードでもお得な優待を受けられるので用途に応じてセゾンカードを選んでください。また、優待だけではなくポイントシステムについても注目しておきましょう。カードを使う頻度が高くなるのでポイントをたくさん貯められることからも、優待以上にメリットとなるケースもあります。優待やポイントなど、視野を広く持ってトータル的にセゾンカードを比較検討してみて下さい。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード