2018年最新!おすすめクレカランキング→

ANA陸マイラーには絶対オススメ!「ANAのふるさと納税」でお得にマイルを貯めよう。


出典:https://furusato.ana.co.jp/

2016年からANAのふるさと納税サービス「ANAのふるさと納税」がはじめまりました!

100円で最大2.5マイルも貯まる自治体があるなど、ANAマイルを貯めている人にとってはかなり嬉しい特典が盛りだくさんです!

そんなANA ふるさと納税について説明していきます。

ケロンくん

ふるさと納税は個人事業主などの方だけではなく、会社にお勤めしていても利用できるよ!

ANA ふるさと納税とは?

ふるさと納税
出典:https://furusato.ana.co.jp/

まずはANAふるさと納税の説明をします。

その前に、まずサクッとふるさと納税のことを紹介します。

ふるさと納税とは?

納税」という言葉がついているふるさと納税
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。 一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。
ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用:総務省|ふるさと納税

仮に地方出身で、東京在住だったとしましょう。

税金は今自分が住んでいる自治体(東京都)に払うことになるため、自分が生まれ育った故郷の自治体には税金を納めることがありません。

そんな中「いくらかでもふるさとに納税できる制度があってもいいのではないか」ということでできたのがふるさと納税です。

ポイント!
ふるさと納税という名前ですが、どこに収めるかは任意です。
思い入れのある地域や災害などでダメージを受けた地域などに、自分の考えで納税することができます。

ANAふるさと納税について

ではANAふるさと納税とは何のか?という部分です。

ANAふるさと納税
ANAふるさと納税では、寄附の御礼としてANAより「寄附金額100円につき1マイルをプレゼント」しております。
人気のお肉やお米、カニやおせちなどの食べ物や、ビールや日本酒といった飲み物まで、オススメの返礼品を寄附金額やジャンルから探すことができます。

引用:https://furusato.ana.co.jp/

ふるさと納税では、納税金額などに応じて、その土地の特産品などの特典をもらうことができるとお伝えしました。

自治体と、納税する人がつながる場所がさまざまなサイトなのですが、その一つがANAふるさと納税です。

ANAふるさと納税だと、100円で2.5マイルも貯まる自治体があったり、特典にスカイコインがあったりと、ANAマイルを貯めている人にとって嬉しい特典があります。

ANAのふるさと納税(ワンストップ納税)は以下のように進みます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

    1,自治体・返礼品を選ぶ-自治体・返礼品を選ぶ寄附を申込む

    2,寄附や返礼品配送に必要な情報をご入力いただく際-寄附金税額控除に関わる申告特例申請書を希望する」にチェックを入れる。

    3,返礼品が届く-お申し込みから最短1週間程度で配送いたします。

    4,ワンストップ特例申請書の送付- ワンストップ特例申請書に必要事項を記載し、ふるさと納税先の自治体に送付してください。

    5,住民税からの控除-寄附をした翌年度分の住民税が減額される形で、寄附された方の状況に応じた金額が控除されます。

ポイント!
ふるさと納税にはワンストップ納税という制度ができました。
この制度ができてからは、申請書に必要事項を書き込むだけで簡単に減税を受けることができるようになりました。

ANAふるさと納税を使うメリット・デメリット

ふるさと納税

ではANAふるさと納税を使うメリット・デメリットについて、他のサイトと比較しつつ説明します!

たとえば、ふるさと納税サイト利用率No.1なのがふるさとチョイスというサイトです。
>>ふるさとチョイス

このサイトの利用率が高い理由の一つに納税先が多いのが挙げられます!

その分、お礼の品が幅広くあり、自分がより欲しいものがもらえるということで人気なのでしょう。


出典:https://www.furusato-tax.jp/product?header

このように納税サイトによってメリット・デメリットがあります。

ANAのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット①「100円ごとに1マイル貯まる自治体がある(還元率1%)」

ANAふるさと納税
出典:https://furusato.ana.co.jp/about_tax/

ANAふるさと納税を利用する最大のメリットは100円ごとに1マイル自治体があることでしょう!

これは筆者を含めてマイルを集める人にとってはかなり嬉しい特典です。

さらにすごいのが、この納税をクレジットカードでできる点。

ANAのふるさと納税3
出典:https://furusato.ana.co.jp/about_tax/

つまり、100円決済ごとに1マイル貯まるようなクレジットカードを使うことで、ふるさと納税100円ごとに2マイルも貯まるのです!

実際どれくらいマイルが貯まるの?


出典:https://furusato.ana.co.jp/about_tax/

上記の画像の通り、ANA VISAワイドゴールドカードは通常還元率1.0%なので、ふるさと納税の特典とあわせれば100円ごとに2マイルを貯められます。

100円で2マイル貯められるのはかなり魅力です。

通常還元率が100円ごとに2マイル貯まるクレジットカードの一例でいうと、ANAダイナースプレミアムカード。

年会費はなんと155,000円(税抜)です!

これだけの年会費を払って、ようやく100円で2マイルです。

この還元率(マイルへの還元率2%)を納税するだけで実現できるのです。

ケロンくん

ANAマイルを貯めている人にとっては、この特典がかなり魅力的だよ!

メリット②「特典にANAスカイコインがある【2017/12/18終了→また復活するかも】」

ANAふるさと納税をするメリットはスカイコインがもらえる点です。
※2018年8月現在、ANAスカイコインは特典としてありません

まず「そもそもANAスカイコインって何?」というところをサクッと説明します。

ANAスカイコインは簡単にいうと、楽天Point Clubの楽天ポイントのようなもので、航空券の購入時などに使えることができるポイントです。

航空券と旅行商品のお支払いに10円単位〜利用できます。
空席がある限り予約が可能なため、マイルからの特典航空券では取りづらい人気路線や大型連休時のご利用がオススメです。

引用:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/skycoin/compare_coin_and_mile.html

※有効期限は積算月から数えて12ヵ月後の月末まで。各種キャンペーンのご利用による「特典(プレゼント)ANA SKY コイン」は有効期限が異なる場合がある。

たとえば、ハワイに行くときにマイルを貯めて航空券を取る場合と、現金で航空券を取る場合があります。

マイルで行く場合だと40,000マイルほど必要なのですが、きっちり40,000マイルないと航空券を取ることができません。

スポンサードリンク

現金で航空券を取る場合に、その支払いをANAスカイコインですることができるのです。

この場合だと10万円の航空券を買うのに現金5万円、ANAスカイコイン5万円分という感じで航空券を取ることができます。

ANAスカイコインが特典にあったときの例

ちなみに、2017年12月18日まであったANAスカイコインが特典になっていたときは、以下の通りに特典としてANAスカイコインをもらうことができました。

  • 40,000円納税:10,000コイン
  • 70,000円納税:20,000コイン
  • 100,000円納税:30,000コイン
  • 350,000円納税:100,000コイン
  • 650,000円納税:200,000コイン
  • 1,250,000円納税:400,000コイン
メリットまとめ!
  • 100円で最大2.5マイルも貯まる自治体がある
  • お礼の品にスカイコインがあった
  • デメリット①「まだ参加している自治体が少ない」

    ANAマイルやANAスカイコインを目的としていない場合だと、ふるさとチョイスなどの他人気ふるさと納税サイトに自治体数が劣っています。

    自治体数が少ないということは、納税したい自治体自体がなかったり、もらいたいお礼の品が見つからない可能性があります。

    なので、ANAマイルやANAスカイコインを目的としていない場合はそれほどオススメということができません。

    デメリット②「受領領収書の発送が通常よりも遅くなる」

    ANAふるさと納税はクレジットカード支払い限定なのですが、それにより、自治体への入金日が翌月や翌々月となる可能性があります。

    確定申告で必要となる「受領領収書」の発送は入金日ベースで発行されることもあり、場合によっては受領領収書の発送が遅くなります。

    もしも2018年12月にふるさと納税を納めても(クレジットカード決済しても)自治体への入金が2019年1月に食い込んでしまうと、間に合わない可能性が出てきます。

    デメリットまとめ
  • まだまだ参加自治体が少ない
  • 受領領収書の発送が通常よりも遅い
  • ANAマイルを貯めるのに適したカード

    空港ラウンジ

    ANAふるさと納税はクレジットカード限定です。

    なので、このふるさと納税をきっかけにANAマイルを貯めるのに適したカードを作りましょう。

    1番のオススメは「ANA VISAワイドゴールドカード」

    1番のオススメはANA VISAワイドゴールドカードです。

    ANAふるさと納税の公式サイトでもピックアップされていましたね。

    ANA VISAワイドゴールドカードは1,000円決済ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

    さらに、ゴールドカード特典でワールドプレゼントポイント1ポイントを10マイルに交換可能です。

    よって、最終的にANA VISAワイドゴールドカードを使えば100円で1マイルもらえるというわけです。

    ケロンくん

    だからANAふるさと納税をすると、100円決済でマイルプレゼント1マイル、クレジットカード決済分1マイルの合計2マイルももらえるんだよ!

    ANA VISAワイドゴールドカードにはボーナスポイントもある!


    出典:https://www.smbc-card.com/mem/wp/bonuspoint.jsp

    このボーナスマイルも1ポイント=3マイルに交換することができます。

    ANA VISAワイドゴールドカードを使うことで還元率1.648%を実現しています。

    そう考えると、ANAふるさと納税でも100円ごとに2.648%を実現できるので、かなりオススメです!

    ポイント!
    ANAダイナースプレミアムカードは還元率が2%ですが年会費は155,000円です。
    ANA VISAワイドゴールドカードの還元率最大1.648%で年会費が最低9,500円の方が、圧倒的にコスパが高いですよね。

    ▼「ANA VISAワイドゴールドカード」について詳しくはこちら

    「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

    ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

    ANA系カード<公式サイト>

    マイルの有効期限を気にしたくないなら「スカイトラベラーカード」

    アメックススカイ

    スカイトラベラーカードはマイル還元率が1.0%とANA VISAワイドゴールドカード と同じで、年会費もだいたい同じな10,000円です。

    スカイ・トラベラー・カードで貯まるポイントは「アメックスのメンバーシップリワードポイント」。

    こちらには、ポイントの有効期限がありません。

    よって、各種航空会社のマイルに移行せずにそのまま保有し続ける限りポイントは失効しません!

    ですので、ANA VISAワイドゴールドカードよりも気軽にマイルをためることができます。

    さらに貯めたポイントはANA以外にも15の航空会社のマイルに交換可能できるめ、かなりメリットの多いクレジットカードです。

    注意
    これだけ聞くと「スカイ・トラベラー・カードの方がいいじゃん!」となりますが、マイルへの交換手数料がかかってきます。
    たとえばANAマイルだと年間8,000円です。

    ▼「スカイトラベラーカード」について詳しくはこちら

    アメックス「スカイ・トラベラー」はマイル還元率最大3%で有効期限がない陸マイラーにオススメのサブカード!

    アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの申し込みは、こちらから。

    カード評価
    特典
    (4.5)
    マイル還元率
    (5.0)
    旅行・出張時のカード利便性と威力
    (5.0)
    総合評価
    (5.0)

    アメックス・スカイ・トラベラー・カード<公式サイト>

    より安く済ませるなら「ソラチカカード」

    ソラチカカード

    ANAマイルを貯めたいなら、やはりANAカードでANAマイルを貯めましょう。

    その中でも年会費を安く済ませたいなら、ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)がオススメです!

    年会費は2,000円かかりますが、初年度は無料です。

    また、継続すると1,000マイルがプレゼントされます。

    ソラチカカードだとマイル還元率が0.5%なので、ANAふるさと納税を使った場合だと100円の納税ごとに1.5マイル貯まる計算になります。

    ちなみにソラチカカードは年間で5,400円支払うと、ANAマイル還元率を0.5%から1.0%にすることができるので、後々「やっぱり還元率をよくしたい!」と思っても安心です。

    ▼「ソラチカカード」について詳しくはこちら

    ANAマイルを爆発的に貯める鍵となるソラチカカードとソラチカルートを徹底解説!陸マイラー必携。

    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の申し込みは、こちらから。

    ソラチカカード<公式サイト>

    まとめ

    ANAふるさと納税はANAマイルを貯めている人にとって、やらない理由がないほどオススメのサービスです。

    もともと支払う税金をANAふるさと納税サイト経由で違う自治体に支払うだけで、100円ごとに1.5~2マイルももらうことができます!

    せっかくなので還元率が高いクレジットカードを保有して、コツコツとマイルを貯めて行きましょう!

    ▼ANAふるさと納税にオススメのクレジットカードまとめ

    • 1番オススメ
      →ANA VISAワイドゴールドカード
    • 有効期限をなるべく気にしたくない
      →スカイトラベラーカード
    • 年会費を安く済ませたい
      →ソラチカカード

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪