2018年最新!おすすめクレカランキング→

セゾンカードでキャッシングする時の注意点

セゾンカードでキャッシングする時の注意点

セゾンカードはキャッシングの付帯を選択することが出来ます。キャッシングを付帯させることでセゾンカードの使い道は幅広くなります。キャッシングがなければカード払い専用のクレジットカードとなりますが、キャッシングを付帯することで現金を借入するという選択肢も出てきます。お金が必要な状況において、カード払いとキャッシングを使い分けることが出来るので便利です。セゾンカードでキャッシングする時はいくつかの注意点を覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

キャッシングとカード払いの違い

セゾンカードでキャッシングを使う前にキャッシングとカード払いの違いを明確に把握しておきましょう。セゾンカードでカード払いをする時、これは店頭や通販サイトでカードを使います。カード払いには利用枠が設定されており、その金額の範囲においてカードで買い物をすることが出来ます。キャッシングとの違いは現金を直接借りられないことです。キャッシングは現金を直接借入することができます。シチュエーションとしては、例えばショップへ洋服を買いに行った際にそのお店ではセゾンカードでカード払いができないことがあります。そんな時にセゾンカードにキャッシング機能が付いていると、現金を借入することができるので目的の商品を無事に購入することが出来ます。カード払いは現金借入不可、キャッシングは現金借入のみ、このようにそれぞれの機能性を明確に覚えておきましょう。

キャッシングは利息が掛かる

キャッシングとカード払いの違いにおいて、利息についても覚えておかなければなりません。セゾンカードを作る時にキャッシングを付帯させると、ショッピング枠とキャッシング枠を持つことが出来ます。金利と限度額はショッピング枠とキャッシング枠が同じではなく、それぞれが独立する形となります。カード払いの場合はショッピング枠の金利が利息が決まりますが、一括払いや2回払いで支払いをする場合は利息が掛からないケースが多いです。これは各種セゾンカードの返済方法に寄りますが、大抵は一括払いと2回払いは利息が無料です。一方、キャッシングの場合は無利息がありません。セゾンが無利息キャンペーンを開催しない限り、返済方法や返済回数によって利息が無料になることはありません。基本的にキャッシングでお金を借入したら必ず利息が発生すると覚えておきましょう。

利息は金利で決まる

セゾンカードのキャッシングを利用すると利息が発生するわけですが、利息というのは基本的に金利で決まります。セゾンカードの金利を見る時はショッピング枠の金利とキャッシング枠の金利を別々で確認しておかなければなりません。また、セゾンカードの種類によってもショッピング枠とキャッシング枠の金利が異なるので、セゾンカードの金利は一律ではないことを覚えておきましょう。どの種類のセゾンカードでもキャッシングを利用すると利息が発生するわけですが、やっぱり利息は安い方がお得ですね?お金を借りることを想定して利息を抑えたいというなら、セゾンカードを選ぶ時に各種カードにおけるキャッシング金利を比較しておくことが大切です。セゾンカードのキャッシング金利は18%が水準なので、18%以下の金利が設定されているセゾンカードはお得にキャッシングを利用しやすいと言えます。

スポンサードリンク

利息の算出方法

キャッシングの利息は金利が低いと安くなりますが、金利が高い設定でも借入額を減らしたり借入日数を短くすることで利息を安くすることも可能です。その理由は利息の算出方法を見ると良く分かります。セゾンカードのキャッシングの利息は借入額×金利÷365日×借入日数で計算されます。この計算方式を見ると借入額が小さいほど利息が安くなることが分かりますね?また、借入日数が短いほど利息が安くなります。セゾンカードのキャッシングは18%の金利水準が多いため、低金利からキャッシングを利用することが出来ない場合は借入額や借入日数から利息を抑えましょう。小さなお金を借りれば金利が高くても利息が安くなり、キャッシングを使ったら早期に返済をする、この2つを抑えておくだけでお得にキャッシングを使いこなせるようになります。

金利は限度額と大きな関係がある

金利を考慮してセゾンカードのキャッシングを利用する場合、キャッシングの金利と限度額の関係性を知っておきたいところです。キャッシングの金利というのは限度額から決定するようになっています。10万円の限度額なら18%など、限度額に応じて金利が決まります。これを理解しておきますと、高額な限度額を狙って金利を下げるというテクニックを使えます。例を見ながら考察してみましょう。セゾンインターナショナルはキャッシングを付帯できるセゾンカードです。キャッシングを付帯した場合、限度額が50万円で金利が12%から18%という内容になっています。公に公表されているこれらの情報から推測すると、基本的に金利が12%から18%となっていも18%の金利になる可能性がかなり高いです。どうすれば12%の金利を採用してもらえるのか?

これはセゾンインターナショナルを所持してから、キャッシング枠を増額して限度額を増やすことで12%を狙うことが出来ます。どの種類のセゾンカードでも、限度額を高くすることで金利を下げられることを覚えておいて下さい。ちょっとした金額を借りるためにキャッシングを付帯する場合でも、本当にお得にお金を借りるなら高い限度額を持つ方が遥かにお得となります。

遅延損害金には注意が必要

セゾンカードのキャッシングを利用する時に絶対に注意をしておかなければならないのが遅延損害金です。キャッシングを利用すると利息が掛かりますが、これは通常金利から利息が計算されています。遅延損害金の場合は通常金利ではなく、遅延利率から利息が計算されることになります。要するに返済が遅れてしまうことでいつもよりも高い利息を支払うことになるわけです。セゾンカードのキャッシング金利は18%が主流ですが、遅延損害金については20%が多いです。いつもなら18%の金利で利息を支払うところを2%アップで遅延損害金を支払うことになります。少しくらい返済が遅れても良いというスタンスでは、大損してしまう可能性があるので注意をしておきましょう。

遅延行為の対処方法とデメリット

セゾンカードのキャッシングで遅延行為をしたら真っ先にセゾンコールセンターへ電話をして下さい。コールセンターへ電話をすると遅延損害金の支払い方法を教えてくれます。遅延行為をした時点から遅延金を支払うまで、ずっと遅延損害金を支払い続けることになります。また、利息が高くなるというデメリット以外にも信用にキズが付くというデメリットもあります。速やかに遅延金を支払うことが何よりも大切です。

まとめ

セゾンカードのキャッシングを利用するなら、金利や利息など基本的な仕組みは理解しておくことが大切です。また、遅延行為をしてしまうことで利息が高くなったり信用を落としてしまうことになります。基本情報や注意点をしっかりと抑えておき、上手にキャッシングを使いこなしましょう。上手にキャッシングを利用することが出来ると、セゾンカードを活用する上で用途の幅が広くなることは大きなメリットとなります。ショッピング枠とキャッシング枠をうまく使い分けながら、セゾンカードをフル活用して下さい。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード