2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンJMBカードを徹底解説

イオンJMBカードとは?1-3

イオンJMBカードはイオンカードと、日本航空(JAL)グループのJMB(JALマイレージバンク)との提携によって誕生したクレジットカードです。大手流通企業、イオンのイオンカードでは、クレジットカードの利用金額に応じて電子マネーWAON(ワオン)が貯まりますが、イオンJMBカードではJALマイルが貯まります。旅行や出張でJALの航空機を利用する機会が多い人にとって評判です。イオンJMBカードは年会費が永年無料のカードで、カードを作って仮に未使用のままでもお金は一切かかりません。しかも、イオンJMBカードは、年会費無料なのが信じられないほど、カードを使う人にとってメリットが多いカードです。年会費を多少払っても余裕で元が取れるのではと思わせるような特典もたくさんあります。

JALマイルについて

1-4

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

JALマイルは本当にお得なのでしょうか。まずはJALマイルの特徴から解説します。
通常ショッピングはイオンJMBカードを利用すると200円につき1マイル貯まります。これはクレジットカードにポイントが貯まる他社のカードと比べてもよくある還元率の0.5%に見えます。JALマイルは他社のクレジットカードのポイントとは違い、1マイルは約2円の価値とされているので、還元率は1%と見ていいでしょう。ポイント付与の面でイオンJMBカードは優れています。
さらにJALマイルは10,000マイルを11,000円相当のWAONに交換できるのです。本家のJALカードでも200円につき1マイルで、年会費が2,000円(初年度無料)かかるのに比べ、イオンJMBカードは年会費が永年無料のカードでお得です。また、イオンJMBカードには無料でカード盗難保障が付帯し、イオンでの優待が充実していて何かと便利です。

イオンJMBカードのポイント制度について

2-7

イオンJMBカードでは、利用金額200円につき1マイルが貯まりますが、イオンやミニストップでのショッピングに使える電子マネー「WAON」を使うとマイル付与の対象となり、こちらでも200円ごとに1マイルがもらえます。イオン利用者にとって評判の「お客さまわくわくデー」(毎月5日・15日・25日)では、ポイント還元率が2倍となり、200円ごとに2マイルが貯まります。JALマイルは、使わなくて貯めたマイルを、10,000マイルから11,000円相当のWAONに交換することも可能です。イオンJMBカードにしてもポイントを損することはありませんが、ポイント還元率の面では、通常のイオンカード(WAON一体型)や、人気の高いイオンカードセレクトに劣ります。あくまでもJALマイルを貯めたい場合に選ぶカードとして活用することをおすすめします。

スポンサードリンク

イオンJMBカードを発行する際の注意点

イオンJMBカードは18歳以上の方を対象としていますので、18歳未満の中学生や高校生では、イオンJMBカードの審査に落ちてしまうことになります。18歳以上の方ならば、基本的に誰でも持つことが可能です。また、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードに申し込みをする場合には、親の承諾が必要です。仮に未成年者が申し込みをして、親の承諾が得られない場合には、イオンJMBカードを発行することができません。
イオンJMBカードと提携する国際ブランドは、『VISA』『JCB』『MasterCard』で、大手3ブランドがもれなく選べます。また、家族カードは3枚まで年会費無料、さらにETCカードも無料で申し込めます。

イオンJMBカードでJALマイルの貯めかたについて

イオンJMBカードではカード利用で直接マイルが貯まるので、貯まったポイントをマイルに交換したりする必要がなくて便利です。
JALマイルをイオンの電子マネーWAONを利用して貯めることができますが、イオンカードではNTTドコモの電子マネー「iD」も利用できるのです。ドコモの携帯でiDをよく使っていて、マイルを貯めたい方にはうってつけのカードです。イオンカードで支払うため、事前のチャージも不要なiDはWAON同様、JALが貯まります。おサイフケータイのiDでJALマイルが貯まるのは、実はこのイオンJMBカードだけなのです。利用全てがJALマイルに集約されるカードといえます。ただ、残念ながらイオンJMBカードでもWAONへのクレジットチャージやオートチャージができますが、チャージ分はJALマイル付与対象外となっています。WAONオートチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトという別のカードになってしまうので、注意しましょう。

イオンJMBカードで貯まったJALマイルの使いかたについて

JALマイルが貯まれば、無料で国内・海外旅行に行けるので、旅費の節約になりますよね。片道7,000マイルから日本航空の国内・国際線で使えます。他にも、席をエコノミーからアップグレードできたり、商品と交換できたりもします。やっぱりマイルは使わないなら、WAONに交換できるからお得なカードですね。ただ、交換率は半減しますので注意しましょう。通常は10,000マイルを10,000WAON に交換できますが、1000WAONを期間限定で上乗せするキャンペーンもよく行われているようです。

イオンJMBカードの特典について

イオンJMBカードはイオンカードなので、その特典もあります。お客様感謝デーの毎月20日・30日は、クレジットまたはWAON利用でイオンの商品が5%オフとお得です。対象店舗は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなど、イオングループでどこでも使えます。この5%割引は、イオン節約術の代名詞です。連休をはさんで実施されることもあります。イオンJMBカードをフル活用できますね。ほかにもイオンシネマで映画料金が安く見られます。映画館のあるイオンのお店は相当大型店に絞られますが、通常料金が1,800円のところ最安値だと1,100円になります。これもお得ですね。イオンシネマでは映画料金が安くなる日が設定されていて、以前はレディースデーなどもありましたが、今は男女関係なく適用されます。
まず、ハッピーファースト(1日)ですね。毎月1日は映画の日なので、いつでも誰でも1,100円。土日祝日でも適用されます。ハッピーマンデーの毎週月曜日は、いつでも誰でも1,100円。祝日でも適用されます。ハッピー55(G.G)というものもあり、55歳以上の方は、いつでも誰でも1,100円です。イオンはシニア向けに特典がたくさんありますが、これもそうですね。超お得です。そのほか、平日のみ朝1回目の上映のハッピーモーニング、毎夜8時以降の上映のハッピーナイトは1,300円になるので、時間帯に余裕があれば、朝晩に出かけても大丈夫です。ハッピーナイトは土日祝日も対象なので、レイトショーといえるお得な価格設定ですね。

いかがでしたでしょうか?イオンJMBカードを提示するだけで、イオンで優待を受けられ、WAONやiDが利用できて提携している店舗数も多くあります。よくイオンでお買い物をするなら、マイルやイオンカードの使い勝手を確かめるのもいいかもしれませんね。カード取得の際にはイオンJMBカードを検討してみるとお得な選択といえるでしょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード