2018年最新!おすすめクレカランキング→

ユナイテッド航空のマイルを貯めるならマイレージプラスカード(MileagePlusセゾンカード)がお得!3種類のカードを徹底比較

ユナイテッドマイル
出典:https://www.united.com/ual/en/us/

ニューヨーク、ワシントン D.Cなどのハブ空港から世界各地に行くことができる「ユナイテッド航空」

またユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスなので、外資の航空会社の中では利用したことがある方が多い航空会社です。

当記事では、「ユナイテッド航空のマイルプログラム」を紹介します。

後半では、「ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにオススメのクレジットカード」などもご紹介していきますね!

MileagePlusセゾンカード<公式サイト>

ユナイテッド航空について

ユナイテッド機体
出典:https://www.staralliance.com/ja/web/staralliance/home

ユナイテッド航空はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本部がある航空会社。

アライアンスはANAと同じスターアライアンスです。

スターアライアンスなのでユナイテッド航空のマイルでANAなどの飛行機にも乗れる!

スターアライアンスロゴ
出典:https://www.staralliance.com/ja/web/staralliance/home

まず「アライアンスって何?」というところをサクッと解説します。

アライアンスとは、複数の航空会社でマイレージサービス・ラウンジなどの共有等を行うチームのことです。

ほとんどの航空会社は大きく、以下の3つのアライアンスに属しています。

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

ちなみに日本の航空会社だと、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドです。

このアライアンス内ではマイルを使いあったり出来ます。

よって、ANAマイルを使ってユナイテッド航空の飛行機に乗ったりすることができます!

また、ユナイテッド航空の飛行機に乗った時にもらえるマイルをANAマイルでもらうことが可能です。

アライアンス内でのマイル取り扱いにつての注意

注意!
同じアライアンスだったとしても、マイルを合算することはできません。

ANAマイルでユナイテッド航空の航空券を発券する場合は、全部ANAマイルである必要があります。

たとえば、マイルを使ってハワイに行くとします(必要マイル40,000マイルほど)

ANAマイルが50,000マイルやユナイテッド航空で、50,000マイルあればハワイにマイルで行くことができます。

しかしANAマイルが30,000マイル、ユナイテッド航空のマイルが20,000マイルあった場合、往復で40,000マイルほど必要なハワイに行くことができません。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

このことからわかるように、どのアライアンスでマイルを貯めるのか、どこの航空会社でマイルを貯めるのか、というのはかなり重要なのです!

▼アライアンスについて詳しくはこちら
>>マイルのことをゼロからわかりやすく解説。貯め方から使い方まで総まとめ

マイルプログラムは「マイレージ・プラス」


出典:https://www.united.com/ual/ja/JP/account/enroll/default

ユナイテッド航空のマイルプログラムは「マイレージ・プラス」です。

マイレージ・プラスに無料会員登録することでユナイテッド航空のマイルを貯められるようになります。

ちなみにANAだと「ANAマイレージクラブ」、JALだと「JALマイレージバンク」というマイルプログラムです。

航空会社によってマイルプログラムの名称が違うため、ややこしくなっていますのでご注意ください。

マイレージ・プラスへの無料会員登録はこちらから
>>https://www.united.com/ual/ja/JP/account/enroll/default

ユナイテッド航空のマイルが貯まりやすいマイレージプラスカードの3種類を徹底比較

マイルとカード

ここからは、「ユナイテッド航空のマイルが貯まりやすいクレジットカード」を3種類厳選して比較していきます!

今回比較するのは以下の3枚のクレジットカードです。

  • MileagePlusセゾンカード
  • MileagePlusセゾンゴールドカード
  • MileagePlusセゾンプラチナカード

Mileageplusカードは年会費が1,500円〜とかなり安い部類にも関わらず、なんとマイル還元率が最大で1.5%になる優れたクレジットカードです!

また、MileagePlusカードを1年半の間に1回使えば、保有している全マイルの有効期限が延びるので、有効期限を実質的に無期限にすることも可能

ではさっそくMileagePlusカードを比較していきます。

(1)MileagePlusセゾンカード

まずは「MileagePlusセゾンカード」

MileagePlusセゾンカードは通常のマイル還元率が0.5%で、年会費が1,500円なのです。

そこに、追加年会費5,000円のマイルアップメンバーズを利用することでマイル還元率が1.5%と高還元率を実現できるクレジットカードなのです!

また、コスモ石油では還元率が2%に上がりますので、車をよく使う方はさらに高還元率でマイルを貯めることができます。

注意
年間30,000マイル(約200万円の利用)を超えると、マイル還元率が0.5%に戻ってしまうので注意が必要です。

マイルの有効期限が実質無期限になる!

先ほどもお伝えした通り、クレジットカードを最後に使った時から1年半以内に使うことでマイルの有効期限が延期となります。

よって、実質的にマイル有効期限は無期限です。

マイル初心者の方は、航空券発券するまでマイルを貯められなかったり、マイルは貯まったものの休みに合わなくて失効してしまうこともあり得ます。

スポンサードリンク

ケロンくん

マイル有効期限を延長し続けられるのもMileagePlusセゾンカードの強みだね!

一般カードなのに高還元率

ゴールドカードやプラチナカードなどではない一般カードで、マイル還元率1.5%を実現できるのはかなり優秀です。

たとえば、ANAマイル還元率が2.0%であるANAダイナースプレミアムカードは年会費が150,000円しますからね…。

これからMileagePlusセゾンカードの上位互換である、MileagePlusセゾンゴールドカードやMileagePlusセゾンプラチナカードについても解説します。

しかし「これからユナイテッド航空のマイルを貯め始める!」という方はマイル還元率1.5%にも関わらず年会費が6,500円と超コスパのいいMileagePlusセゾンカードから始めてOK

これが年間10万マイル以上貯める筆者の考えです。

MileagePlusセゾンカード<公式サイト>

(2)MileagePlusセゾンゴールドカード

では続いて「MileagePlusセゾンゴールドカード」

先ほど解説したMileagePlusセゾンカードのゴールドカードバージョンです。

MileagePlusセゾンゴールドカードは、マイル還元率が最初から1.5%とかなり高還元率を誇ります。
※1年間に獲得できるマイルに上限あり(年間75,000マイルまで)

ですが年会費が15,000円と、一般カードであるMileagePlusセゾンカードに比べてグッと高くなってしまうのが難点。

このカードよりは「ANA VISA ワイドゴールドカード」の方がお得かも

ここは少し上級者向けのテクニックですが…

もしもユナイテッド航空の特典航空券が欲しい場合でも、ANAマイルを貯めてからユナイテッド航空の航空券を発券するほうがお得でしょう

というのも「ANA VISA ワイドゴールドカード」というクレジットカードがすごいからです。

還元率最大1.648%、年会費も9,500円(割引後)で、MileagePlusセゾンゴールドカードに比べてかなり高コスパです!

ユナイテッド航空の飛行機にマイルを使って乗りたい場合は、何もユナイテッド航空のマイルが必須というわけではありません。

ですので、もしもMileagePlusセゾンゴールドカードを発行するなら、ANA VISA ワイドゴールドカードがオススメ!

ちなみに著者のメインカードはANA VISAワイドゴールドカードです。

▼「ANA VISAワイドゴールドカード」について詳しくはこちら

「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

ANA系カード<公式サイト>

ポイント!
とはいえ、「ANAマイルを使ってユナイテッド航空の飛行機を取るのは面倒手間」という方もいらっしゃると思います。
そういう場合はMileagePlusセゾンゴールドカードでもOKです。
ANA VISAワイドゴールドカードには劣りますが、還元率1.5%は魅力ですからね!

MileagePlusセゾンゴールドカード<公式サイト>

(3)MileagePlusセゾンプラチナカード

最後に「MileagePlusセゾンプラチナカード」です。

先ほど解説したMileagePlusセゾンカードのプラチナカードバージョンです。

MileagePlusセゾンプラチナカードはマイル還元率1.5%

マイルの年間上限もないため、ひたすらにマイルを貯めることができます。

さらに継続ボーナス5,000マイルつきます。

その他の特典も充実している

ここまでだとMileagePlusセゾンゴールドカードと対して変わらないように見えるかもしれませんが、やはりプラチナカード。

そのほかの特典がかなり充実しているのでご紹介します!

とくに魅力的なのが「保険面」と「VISAプラチナ特典」です。

「保険について」
国内(利用付帯)・海外(自動付帯)旅行保険、最大1億円まで補償してくれます。

さらにショッピング安心保険もあります。

「VISAプラチナ特典」
さらに、MileagePlusセゾンプラチナカードの国際ブランドはVISAです。

VISAのプラチナカードなのでVISAプラチナ特典を受けることができます。
>>VISAプラチナカード特典の詳細はこちら

たとえば旅行に関する特典だと、大手旅行会社の国内旅行や海外旅行を優待価格で利用可能です。

旅行時の手荷物を航空宅配(こちらも優待価格)で送ることができます。

さらに旅行の計画、ホテル・レストラン・などの予約、その他リクエストに、なんと年中無休24時間体制でコンシェルジュが対応してくれます!

ポイント!
MileagePlusセゾンプラチナカードの気になる年会費は36,000円と、他のプラチナカードの中では比較的安いです。
(それでもMileagePlusセゾンゴールドカードの2倍ほどです)
マイルを貯めることだけ考えるのであれば、MileagePlusセゾンゴールドカードでもOKという印象です。

MileagePlusセゾンプラチナカード<公式サイト>

まとめ

以上、ユナイテッド航空のマイルが貯まる「MileagePlus」3種類のクレジットカードの比較でした!

  • 年会費を抑えてユナイテッド航空のマイルを貯めるなら「MileagePlusセゾンカード」
  • 年間200万円以上の決済分のマイルも取りこぼしたくないなら「MileagePlusセゾンゴールドカード」
  • ステイタスやその他特典も充実したものがいいならMileagePlusセゾンプラチナカード」

というように、人によって持つべきカードが変わります

ぜひ自分に合ったクレジットカードを見つけて発行してみてください。

クレジットカードがあればその日からマイルを貯めることができるので、早くゲットするに越したことないですからね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪