2018年最新!おすすめクレカランキング→

【法人カード総まとめ!】法人(会社)にオススメのクレジットカードはこれ!新設法人の1年目・個人事業主の方、特に必見。気になる審査ポイントなども解説。

【法人カード総まとめ!】法人(会社)にオススメのクレジットカードはこれ!新設法人の1年目・個人事業主の方、特に必見。気になる審査ポイントなども解説。

法人を設立した経営者の方、個人事業主の方が皆さんそろって最初に悩むことのひとつが、法人クレジットカードです。

持っていれば便利なのは分かっているものの、法人を設立したばかりで発行する事が難しかったり、個人から法人に組織変更したばかりで新しいカードが作れなかったり、面倒だったり…。

後回しにしてきた方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、どの法人クレジットカードが自社に合うかを考えず、ただ簡単に作れるからという理由だけで選んでしまうと、いつか後悔することになってしまいます。

この記事では事業をはじめる人にとって必須の「法人用(個人事業主用)クレジットカード」について、その基本的な情報や使い方、便利な特典の、そして設立1年目でも作れるジャンル別のオススメカードなどすべてを解説します。

※注意※とても長い記事になっております。目次から、必要なコンテンツまで飛んでいただければ幸いです^^

この記事の目次

【お忙しい方へ】当サイトおすすめ法人カードは下記です。

オススメの法人カードはコレ!

※上記全カード、個人事業主もOK!

この記事をさいごまで読み終われば、法人クレジットカードの選び方・使い方で迷うことはなくなることでしょう。

法人クレジットカードに関する情報をすみずみまで徹底解説していきます。もし足りない情報があれば、公式LINE@のリンクから気軽にご相談ください^^

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?お気軽にどうぞ。

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

そもそも「法人クレジットカード」とは?

法人カードの基礎知識

そもそも「法人クレジットカード」とは何でしょうか?個人のクレジットカードとは何が違うのでしょうか?

法人・個人事業主を契約主とするカードである

個人のクレジットカードが個人に対して契約するのに対し、法人クレジットカードは、「法人」や「個人事業主」が契約主として契約するクレジットカードです。

個人のクレジットカードとは違い事業用の決済に使われるのが前提であるため、限度額や特典も一般的な個人用カードと比べると1段も2段もスケールアップしています。

決済権をもつ社員に追加カードを発行する事により、経理処理の手間が省ける

法人クレジットカードは社員に対しても追加発行する事ができます。決裁権をもつ社員に追加カードを発行することにより、経理処理の手間が省け、事務処理をスムーズにこなすことができます。

ポイント!
※追加カード:コーポレートカードとも呼び、年会費無料で発行できるもの・有料のものにわかれます。

法人にとって嬉しい特典があるカードが多い

飛行機や車での移動や接待のセッティングや福利厚生施設の利用など、個人では必要でなくとも事業をしていると嬉しい特典があるカードも多いです。

必要なものに対するさまざまなサポートや特典、割引などのメリットが法人クレジットカードには備わっています。

このように法人クレジットカードは、法人や個人事業主が事業を行う上で必要だと思われるさまざまなシーンをサポートするために、独自の特徴と特典を備えています。

次章ではどのような特典があるのかを、もう少し具体的に踏み込んで見てみましょう。

法人クレジットカードであると便利な特典や強み

法人カードの便利な特典

それでは、法人クレジットカードを持っていると便利な特典や強みをもう少し掘り下げてみましょう。

ここではまず、法人クレジットカードに共通する一般的な特典や強みについてのご紹介のみにとどめますが、記事後半部分ではしっかりとケース別のオススメクレジットカードを具体名を挙げてご紹介しますのでご安心ください。

ほとんどの会社さん、社長さんにとって嬉しい法人クレジットカードならではの特徴

最初にご紹介するのは、会社を経営されるほとんどの社長さんにとって嬉しい法人クレジットカードならではの特典です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

  • 事業での決済に使えるように、個人のクレジットカードと比べて限度額が圧倒的に大きい
  • キャッシュフロー(=支払いサイト)に余裕が生まれる→「オリコEx Gold for Biz」なら最長57日後!(記事後半で詳しくご紹介します!)
  • ポイントの還元率が高い
  • 社員用の追加カードを発行できる。※無料(もしくは格安)で何枚も発行できるカードも。
このような特典は個人のクレジットカードでは難しいものが多いのですが、法人クレジットカードでは可能となります。どの特徴をとっても法人の経営には嬉しいものばかり。

法人クレジットカードは、事業での決済やその周辺のサービスに対応するために特化されたクレジットカードであるため、ほとんどの会社さん、社長さんから支持され、利用されています。

ポイント!
法人クレジットカードに年会費がかかるものばかりですが、年会費分、充分に元がとれるだけのメリットがたくさんあります

飛行機での移動や出張が多い会社さん、社長さんにはこんなことも!!

飛行機での出張回数が多い会社さん、社長さんは、法人クレジットカードさえあればこんな事ができます。

  • 個人と比べて法人は決済額が多いため、マイルの貯まり方がものすごいカードも!
  • 国内の空港ラウンジが無料で使えるカードが多い!
  • プライオリティパスがもらえるカードなら、世界中の空港ラウンジが無料で使い放題!
  • 旅行保険の補償がとても手厚い!
飛行機での出張は新幹線とは違い、待ち時間は長く空港内の移動距離も多いため、慣れている人でもかなり疲れます。

疲れた体で仕事を続けても、パフォーマンスは決して上がりません。そんな時に空港のラウンジが使えれば、仕事の疲れを癒し、しっかりとリフレッシュして仕事に取り組むことができますよね。

ケロンくん

カードを使うほどマイルがたまり、マイルがたまるから旅費交通費が浮くし、旅費交通費が浮くから会社の経費が節約出来るなんて凄いループだね!!

社用車、車移動が多い会社さん、社長さんにはこんな特典

ガソリン代・ETC割引も!

いっぽう社用車や車移動が多い会社さんや社長さんには、こんな特典が待っています。
  • ガソリンカード、給油時の割引やキャッシュバック特典
  • ETCカード、ETC利用による割引特典
近くのガソリンスタンドと契約し、ガソリンを末締めで請求してもらっている会社さん、社長さんもいらっしゃいますが、法人クレジットカード決済に切り替えると、ガソリン自体の割引や高速道路を利用時のETCカード割引が受けられます。

それ以外にも、さらにビジネスを加速する便利な特典が!

法人クレジットカードのコンシェルジュは、さまざまな場面で秘書代わりに使うことができます。

  • ホテルやチケット、飲食店などの予約
  • リムジンの手配
  • 四半期ごとの支出管理レポートの発行

それぞれ、軽く解説しましょう。

ホテルやチケット、飲食店などの予約

アメックスのコンシェルジュデスクはその有能さで大変有名で、リクエストには何でも応えてくれます。

またラグジュアリーカードのコンシェルジュは、インビテーションカード以外のコンシェルジュで唯一メール対応が可能なため、メールで回答を残しておきたい時などには大変便利です。

リムジンの手配

ラグジュアリーカードでは、飲食店手配とリムジン送迎手配をセットでやってくれます。接待などでリムジンを手配すれば、相手に与える印象もぐっと良くなります。

四半期ごとの支出管理レポートの発行

アメックスビジネスプラチナではこういった経営分析サービスを行ってくれます。

ポイント!
ちょっとした秘書業務であれば法人クレジットカード、コンシェルジュ機能で代用することができますし、カード会社によっては担当がつく場合もあります。

ケロンくん

創業したてで忙しい社長を、法人クレジットカードはサポートしてくれるんだね!!

法人クレジットカードの申し込みと審査について

法人カードの申込・審査

法人クレジットカードは個人のクレジットカードと比べると、審査するポイントが異なります。

「法人は設立3年以上で黒字決算2期連続でないとクレジットカードの発行は厳しい」などの噂もありますが、実際のところは設立直後の法人でも申込み可能・審査に通るカードはたくさんあります。

なぜなら、「法人代表者」を契約主体とするクレジットカードが多いからです。

※実際に筆者も、20代で大したクレヒスもない頃に法人カードの審査に一発合格しています。

法人クレジットカードの審査基準とチェックされるポイントについて

法人経営者の場合、法人クレジットカードであっても実質的なカードの契約者は法人経営者自身となります。

そのため、審査時には法人だけではなく法人経営者自身の信用情報も審査されると思ってください。

法人の審査内容について

法人クレジットカードは一般のクレジットカードとは異なり、役員はもちろん社員名義の発行も可能なため、その分だけ与信枠も一般のクレジットカードと比べるとはるかに大きくなります。

スタート時から100万円、200万円のものも。

一個人の消費金額と、一企業の経費の支払額はその規模が全く違うため、事業用の決済カードとして法人クレジットカードを使おうとすれば、それくらいの与信枠はどうしても必要だからです。

仕入れや広告費、接待交際費など、さまざまな経費でいろいろお金はかかってきますからね…。

いろいろと書きましたが、法人設立直後や赤字でも発行可能なクレジットカードもありますので、審査にはあまり神経質にならなくても大丈夫です。

注意
審査基準の厳しさから都市伝説のような話も聞きますが、実際はそこまで厳しくはありませんからご安心ください

設立直後(1年未満)、赤字決算でも申込みOKなカードはいくつもある

一部の特別なカードを除くと、法人カードの発行のためのハードルは想像よりも高くはありません。

カード会社の側から見ると、審査条件が決して優良でなかったとしても、利用可能枠、つまり限度額を低めに設定する事でリスクコントロールはできるわけです。

法人は規模が拡大すればするほど大きな決済を行ってくれる超優良顧客になる可能性があるので、実はカード会社も新設法人には積極的にカード発行をしたいのです。

なお、法人設立直後や赤字でも発行可能なクレジットカードなどのご紹介は、しっかりと次章で行いますが、たとえばこのようなクレジットカードがそういった条件に当てはまります。

クレジットカード名年会費限度額おもな特徴
三井住友ビジネスカードfor Owners1,250円(税別)10万円~80万円年会費が法人カードの中では最安クラスです
オリコEx Gold for Biz iD×QUICPay初年度無料・2年目から2,000円(税別)10万円~300万円年会費が安く限度額・還元率のバランスがとてもいいので1枚目にオススメです
セゾン プラチナ ビジネス アメックス カード20,000円(税別)・条件付きで半額に100万円~1,000万円最短3営業日発行が可能で、マイルが恐ろしいスピードで貯まります
アメックス ビジネス ゴールド カード31,000円(税別)一律の制限なし限度額・ステータスやさまざまな特典を求めるならこちら

このように審査の条件が悪くても通過する法人クレジットカードもたくさんありますので、どうぞご安心ください。

与信審査によって大きく左右されるのは「最初の限度額」

法人クレジットカードの場合、与信審査の影響はクレジットカードが作れるかどうかではなく、限度額がどれくらいに設定されるのかにあらわれてきます。

最初の限度額は少なくても、実績を積めばやがて大きくなっていきますし、あまり気にすることはありません。

※余談ですが、クレジットカード利用開始から半年後、一定の金額を使っていれば限度額の増額申請が通りやすいです。

設立3年以上かつ、直近2期以上黒字決算が連続している場合、一定のボーダーラインを超えていると思っていい

設立から3年以上が経ち、直近の決算が2期以上連続して黒字で、規模も成長しているのであれば…法人クレジットカードの中でもアメックスやダイナース、ラグジュアリーカードなど難易度の高いハイクラスのカードを狙っていく資格をすでに持っているといえるでしょう。

法人クレジットカードの審査をめぐっては、都市伝説のような話も聞きますが、たとえ不動産審査や融資審査であっても、これだけ高スペックであればさまざまな優遇を受ける可能性は高いです。

「最高峰のハイステータスカードに挑戦したい!」と思われている方は、ぜひ申し込んでみて下さい。

ケロンくん

記事後半でハイクラスカードの中でも特にオススメのカードをご紹介します。このスペックであればかなりの確率で審査を通過するはずですから、一段上を目指してぜひチャレンジしてみて下さい!!

では次に、一定のステータスあるカード・審査基準が厳しめの法人カードでは、どういったポイントが審査されるのかを具体的に見てみましょう。

法人の審査その1:法人設立3年以上が経過しているかどうか

「どうして3年?」と思われるかもしれませんが、これにはしっかりとした根拠があります。

経済産業省の「経済成長を実現する中小企業」によると設立後3年経って生き残っている会社は89パーセントと報告されています。

また、キャリアコンサルタント福井祐平氏は国税庁の2010年の調査をもとに設立3年以内の倒産率を35パーセントと述べています。

調査方法によって数字に誤差は生じているものの、起業しても最初の3年で経営基盤の弱い企業はある程度淘汰され、倒産してしまうのです。そのため、少なくとも設立して3年以上が経過していないと法人クレジットカード審査が通りにくくなるわけです。

法人の審査その2:継続して支払いが可能かどうか

実のところ、これを正確に審査することは出来ません。なぜなら法人クレジットカードの申し込み時に決算書や申告書類の写しを提出しないため、黒字なのか赤字なのか本当のところを知ることはクレジットカード会社には難しいからです。

ただし、年収については必ず記載項目があり、ここである程度判断しています。

たとえば赤字が続いていれば、社長の役員報酬が大幅に減額・もしくは未払いになることは十分にあり得ます。その結果社長個人のクレジットカードの支払いに遅延が発生する場合もあるため、社長個人のクレジットヒストリー・年収から法人の経営状況をある程度推定するのです。

ケロンくん

社長個人のクレヒスが悪化すれば、経営している会社の経営状態も悪化していると見られるわけだね、なるほど!

法人の審査その3:市外局番つきの(IP電話ではない)固定電話があるかどうか

今時固定電話などなくても全く困りませんが、固定電話がないと法人の事業規模や信用を怪しむ顧客がいるのも間違いありません。

仕事をしていく上で、固定電話を設置する程度の金額を支払って顧客が安心するのなら、当然固定電話を引きますよね。

逆に言うと、固定電話がないと、「固定電話のの料金も支払えないのか」とクレジットカード会社から思われる場合もありますし、携帯電話のみであれば事務所の移転や電話番号の変更が容易なため、計画倒産を狙う取り込み詐欺を疑われる場合もあります。(大げさな例ですけどね…)

一部大手(とくにJCB系列)の法人クレジットカードは、固定電話の有無を審査基準の上位に置いているようです。

ケロンくん

固定電話がないことが問題ではなく、どうしてないのかが問題になるわけだね!!

ただしもちろんですが、携帯電話しかないからと言ってそれだけで法人クレジットカードの審査が落ちる事はありません。

またこれら3点以外にも、以下のポイントが審査対象となる場合があります。

  • 従業員数
  • 株主構成
  • 業務内容
  • 金融機関からの借り入れ状況
  • 取引先情報
いずれにしてもこれらすべてをクリアしなければ法人クレジットカードが作れないわけではありませんので、参考程度に読み流しておいてください。

多少問題があっても審査の通るクレジットカード情報も、次章でバッチリご提供します。

法人経営者もしくは個人事業主本人の審査

これは通常のクレジットカード作成時の審査と同じです。具体的には、

  • 直近24ヶ月のクレジットカードの返済履歴
  • 他社もしくは金融機関からの借り入れ状況
  • 年収
  • 過去の返済事故
  • 持ち家があるかどうか
このあたりをチェックされます。この中でも重要なのが、過去の返済事故の有無です。

万が一近い過去に返済事故を起こしてしまっていたとしても、審査が通る場合もありますし、審査が通らなくても時間を待って再トライすれば審査は十分に通ります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?お気軽にどうぞ。

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

法人クレジットカードの申込時に必要な書類

必要書類は多い!?

個人のクレジットカード申込時に必要な書類があるように、法人クレジットカードの申込時にも必要な書類があります。カード会社によって多少の違いはありますが、大抵の場合下記の4つが必要となります。
  • 法人の登記簿謄本(「履歴事項全部証明書」)
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
  • 引き落としの為の銀行口座(法人の場合は法人口座、個人事業主は個人口座)
  • 固定回線の電話番号(一部カード会社では携帯電話やIP電話がNGのところがあります。申込時にご注意ください)
※なお個人事業主の方は、本人確認書類だけでOKな場合があります。

創業直後で法人の銀行口座開設に困った方へのアドバイス

銀行口座を開設しよう!

クレジットカードを作る前に、法人の銀行口座を作らなければなりません。当たり前のことですが、それが今は結構難しいのです。

銀行口座なんて銀行へ行けばその場で作ってもらえるだろうと思いがちですが、残念ながら今は違います。10年以上前は簡単でしたが、今は全く違います。

法人の銀行口座が作りにくくなっている…!

オレオレ詐欺やマネーロンダリング、特定の国への不正送金や暴力団関係者であるかどうかをまずチェックされます。そのため即日銀行口座開設はありませんし、銀行内で数日かけて厳しく審査します。

これらは「犯罪収益移転防止法」によるもので、証券口座なども同様に厳しい審査が入ります。

また定款の事業目的が分かりにくいものであれば、銀行の支店長と面会し事業の内容の説明を求められることもあります。

それから「ノマドワーカーだからオフィスはバーチャルオフィスで連絡先はメルアドとスマホのみ。社会保険に入りたかったから法人にしただけ」というような場合、銀行口座の開設を断られる可能性が高いです。

これは銀行自体が最新の労働形態について無知なためなのですが、金融庁の指導や銀行内のルールがそうなっている以上、しかたありません。

注意
個人と違って法人の口座開設は、そんなに簡単にはいきません。開設までに日数がかかるものと思っておいて下さい。本当に、早めに準備する必要があります!

法人の銀行口座が簡単に作れるオススメの銀行

そうは言っても銀行口座が作れなければ何もはじまりません。そこで、他行では断られた方でも比較的簡単に口座が開設できる銀行をご紹介します。

  • ジャパンネット銀行・・・固定電話がなくても携帯電話番号で審査に通ったという事例が多いです。またデビットカードを同時発行できるので、これをしばらくの間クレジットカード代わりとすることもできます。
  • 住信SBIネット銀行・・・固定電話がある場合はこちらをオススメします。ただしIP電話でも審査に通った例があります。
どちらも法人口座が持てるネットバンクとして手数料も安く、店頭に出向くことなくスムーズな審査で口座開設手続きが可能です。ただしこういったネットバンクにもデメリットがあります。

社会保険料の引き落としや税金の還付など、公的な料金(税金)の引き落とし・または還付にはネットバンクを指定する事ができないのです。

そのため、とりあえずネットバンクで口座を開設し、事業が軌道に乗った段階でネットバンク以外の銀行口座も開設するのをオススメします。

【重要】もしまだ独立前で企業に勤めている状況なら、与信があるうちに複数のクレジットカードを作っておくことをオススメします!

独立前に、カードを複数枚作っておくべし!

法人クレジットカードの審査は想像しているほど厳しくはありませんが、必ず通るわけでもありません。

法人用のクレジットカードがなければさまざまな不都合が生じ、また特典を使うことも出来なくなってしまいます。

個人のクレジットカードで法人の決済を行う「立て替え」

もしアナタがまだ独立前で企業に勤めている状況なら、与信があるうちに複数のクレジットカードを作っておくことを強くオススメします!

こうやってあらかじめ作っておいたクレジットカードのうちの1枚を、法人の決済専用に立て替え利用して、当面の間使用することができます。

注意
※法人用にしたカードで、個人の決済をすると会計処理がとても面倒です。法人専用としたカードでは個人用途で使わないこと!

税務署も設立1年目に法人クレジットカードが作りにくいのはよくわかっていますから、個人用のカードを法人決済の立て替えで使うこと自体は問題ありません。

ただし、決済の内容が個人的なものを含んでいると、どこからが経費でどこからが経費でないのかが分かりにくく、公私混同を疑われます。

税務調査でより厳しいチェックを受ける可能性もあり、デメリットでしかありません。

ですから個人のクレジットカードを立替利用する場合は必ず法人決済専用カードとして利用してください。

注意
税務署はクレジットカードが法人か個人かの形式上の問題以上に、実質的な使い方、その内容を確認するため、経費の公私混同は控えましょう!!

起業後は個人のステータス、与信がリセットされ、一気にクレジットカードの審査に通らなくなる可能性があります。個人用としても、法人用としても、与信があるうちに是非作っておいてください。

では起業前に作っておくべきオススメのクレジットカードは?

当然ですが、サブカードですので年会費が完全無料のクレジットカードがオススメ。起業するならば支出にはシビアにならければいけません。ですから狙うのは年会費が完全無料のクレジットカードです。

その中でもとくにオススメなのがこの3つのカードです。

  • JCB CARD W・・・39歳以下でないと申し込めませんが、基本還元率は1%(一般カードは0.5%)と高還元率カードです。
  • オリコカード・ザ・ポイント・・・年会費無料で還元率1%を達成。ANA、JALのマイルに交換も可能です。
  • 楽天カード・・・今一番勢いのあるカードです。全体的にバランスが良く、楽天での買い物に利用すると超高還元率も可能に。
この3つであれば法人の決済の立替利用にも向いてますし、なにしろ年会費が完全無料ですから解約せずに持ち続けていても何の問題もありません。

法人クレジットカードの審査のハードルは想像されるほど高くはありませんが、万が一に備えて事前に準備万端にしておきましょう。

起業後のスタートダッシュを加速させることができます。与信のあるうちにぜひ作ってみてくださいね。

ケロンくん

備えあれば憂いなし、です。事業を始める前にこういった準備をしっかりしておく事が大切ですね

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

オリコカード・ザ・ポイントの申し込みは、こちらから。

カード評価
入会特典
(4.5)
還元率
(5.0)
ポイントの使いやすさ
(4.5)
日々の買い物やメインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

オリコカード<公式サイト>

年会費無料・入会から6カ月は還元率2.0%のスペック、すごすぎます…。

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

「で、最強の法人カードは?」複数の軸でのおすすめカードをご紹介します!

最強法人カードの選び方

読んでくださった方みなさんに必ず満足いただけ、こちらも自信をもってオススメ出来るクレジットカードを、その利用目的や特典など複数の軸でご紹介します。

あのカードもこのカードも、と紹介することはしません。絞れるだけ絞って本当に使えるカードのみに厳選しました。ぜひご覧ください!

1. 創業直後などで、とにかく安く簡単に、はじめての法人カードを持ちたい!

とにかく安く、はじめてでの持ちやすい法人カードは?

創業直後はなるべく支出を控えたいものです。法人クレジットカードは持ちたいけれど、出来るだけ安くて簡単に作れるものがあったら良いのに・・・。

そんな方にピッタリのクレジットカードを2枚ご紹介します。

年会費の安さは業界最安値クラス!「三井住友ビジネスカードfor Owners」

三井住友ビジネスカードfor Owners
最初にご紹介するのは、とにかく年会費を安く抑えることを第一に選んだ「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

それでは基本スペックを見てみましょう。

カード名三井住友ビジネスカードfor Owners
カード会社三井住友カード
国際ブランドVISA
Mastercard
年会費1,250円(税別)
カード利用枠10~80万円
キャッシングリボ0~50万円
利率(実質年率)15.0%
旅行傷害保険海外旅行のみ
最高2,000万円
ショッピング補償年間100万円まで
海外での利用のみ対象
支払い方法1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
支払日15日締め翌月10日支払いまたは月末締め翌月26日支払い

基本スペックをご覧いただけばお分かりの通り、年会費が1,250円(税別)と驚異的な安さで業界最安値クラスです。初年度は年会費無料ですし、創業1年目でも審査の申込が出来ます。

できるだけ審査が簡単で年会費の安い法人クレジットカードをお求めに方にはピッタリです。

三井住友VISAビジネスfor owners<公式サイト>

また、法人の場合の決済口座が法人口座だけではなく、申し込み本人の個人名義口座でも可能です。法人の預金口座がまだ出来ていない人でも法人クレジットカードを作る事も出来ます。

2枚持ちたい人には、VISAとMastercardの2枚を発行するデュアル発行も可能で、その場合でも2枚合計の年会費は1,500円(税別)と格安です。国際ブランドはVISAとMastercardですから、世界中どこでも決済する事ができます。

それ以外の主な特徴は以下のとおりです。

  • ポイントの還元率は0.5%(「マイ・ペイすリボ」を利用し「リボ払い手数料」を最少額になるように設定しておくと還元率は1.0%)でポイントの有効期限は2年
  • 海外でのクレジットカードを利用して購入した商品が損壊した場合最高100万円の保障
  • 海外旅行傷害保険は最高2,000万円(利用付帯)
  • ハーツレンタカー優待サービス
  • Apple Payやスイカチャージが可能
  • 国内外約1,000ヵ所の宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドックや英会話学校などのサービスを割引料金で利用できる「ベネフィット・ステーション」が利用可能
  • JR東海エクスプレス予約を利用すると新幹線が安価に
ご覧の通りこの「三井住友ビジネスカード for Owners」は、必要最低限以上の様々な特典をしっかりと備えており、決して年会費が安いだけのカードではありません。

三井住友VISAビジネスfor owners<公式サイト>

年会費・限度額・還元率、すべてにおいて高バランスの「オリコEx Gold for Biz」

オリコEx Gold for Biz
創業直後の方にオススメの、もう1枚の法人クレジットカード枚が「オリコEx Gold for Biz」です。

こちらもまず、基本スペックを見てみましょう。

カード名オリコEx Gold for Biz
カード会社オリコ
国際ブランドVISAもしくはMastercard
年会費初年度無料
2年目以降は2,000円(税別)
カード利用枠10万円~300万円
旅行傷害保険海外:最大2,000万円補償(自動付帯)/国内:最大1,000万円補償(利用付帯)
ショッピング補償年間最高100万円
支払方法1回払い、分割払い、据置き一括払い、半年賦併用払い、リボルビング払い
支払日当月末日の利用分が翌月27日の支払い
ポイントプログラム1,000円につき1.2~2.2P

年会費は初年度無料で2年目から2,000円(税別)で、「三井住友ビジネスカード for Owners」に比べると少しだけ高いですが、カード利用枠の上限は最高300万円あり、旅行傷害保険の補償内容も大変充実しています。

またポイントの還元率も良く全体的に大変バランスのとれたクレジットカードです。

EX Gold for Biz<公式サイト>

年会費の安さとカードの作りやすさは「三井住友ビジネスカード for Owners」に一歩ゆずりますが、オリコは全体をグレードアップさせ、足りない所も付け加えたようなクレジットカードです。

スポンサードリンク

それ以外にもこんな特徴があります。

  • ビジネスゴールドカードなのに年会費は2,000円(税別)と業界最安値クラス
  • 国内外の契約宿泊施設やゴルフ場の予約・割引が受けられ、スポーツクラブを会員価格で利用できる
  • 国内213店舗・海外19店舗の高級レストランで所定のメニューを2名予約するとで1名分の食事が無料になる「ダイニングby招待日和」の利用可能(Mastercardのみ
  • 空港ラウンジサービス付帯!同伴者1名も無料 ※一部空港では例外です
  • 還元率は利用実績に応じて変動し、最高還元率は1.1%
  • ネットショップ「オリコモール」の利用で最大15%のオリコポイントが付与
  • Mastercard/Visa のコンタクトレス決済対応
ご覧の通り、法人クレジットカードに必要なものがバランスよくほぼすべて備わっています。

「とりあえずまず1枚作ってみたい」という方にはとくにオススメです。

ポイント!
国際ブランドは、接待で利用すると2名のうち1名分が無料となる「ダイニング日和by招待日和」が使えるMastercardがオススメです。

いずれにしても創業直後でこの2枚の法人クレジットカードを持っていれば、当分の間クレジットカードには困らないでしょう。

EX Gold for Biz<公式サイト>

2.マイルをガンガン貯めていきたい

マイルを貯めたい・飛行機移動が多い社長さんにオススメなカードは?

飛行機での出張が多い方、また、たまのプライベートな時間は海外で過ごしたい方にとって、マイルはお金と同じくらい大切なものです。

特典航空券に替えれば旅費交通費が節約できますし、プライベートでの旅行にも使えます。

ここでは、法人クレジットカードで決済すればするほどマイルがたまるクレジットカードの中から特別に厳選した2枚をご紹介します。

JALマイルをためたい方にオススメ!セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード

セゾンプラチナビジネス
まずはこのカードの基本スペックを見てみましょう。

カード名セゾン プラチナ ビジネス アメックス カード
カード会社セゾンカード
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費20,000円(税別)

ただし年間200万円以上の利用で、次年度年会費10,000円(税別)
カード利用枠審査により個別に決定
キャッシング~300万円
海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
ショッピング補償購入日から120日間、年間300万円まで補償(自己負担額なし)
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い(手数料3%)、
リボ払い(実質年率9.6~12.0%)、分割払い(実質年率9.0~11.2%)
支払日毎月10日締め、翌月4日払い
ポイントプログラムセゾンマイルクラブに加入する事で1,000円=11.25JALマイル

ゴールドカードよりも格上のプラチナカードで、しかも国際ブランドはアメックス。そのステータス性の高さを改めて申し上げる必要はないでしょう。

このカードで特筆すべきは、まず何といっても「アメックス」*「プラチナ」*「JALマイルがとても貯まる」のに、年会費が比較的安いことです。

初年度こそ20,000円(税別)ですが、年間200万円以上のショッピング決済で次年度の年会費は10,000円(税別)となります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメックスカード<公式サイト>

プラチナカードではありますが、インビテーション(招待状)なしでいきなり申し込むことができ、プラチナカードならではの特典も受けることが出来る上に実質年会費は10,000円(税別)で抑えることができます。

ちなみに同じアメックスのプロパーの法人ビジネスカードである「アメックス・ビジネス・プラチナ」は年会費が130,000円(税別)です。このセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードの年会費がいかに安いかがお分かりいただけるでしょう。

マイル還元率が1.125%になる無料の裏ワザ!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードには、「SAISON MILE CLUB」という制度があります。

その中の JALコース「ショッピングマイルプラン」に登録(プラチナ会員は年会費無料)することにより、最終的にはカード利用額1,000円あたり合計で11.25JALマイルを実現することが出来ます。

そのため一般加盟店での利用では、なんとJALカードのプラチナカードよりも高いJALマイル還元率となってしまいます…!

たとえばJALのビジネスクラスでハワイ往復をする場合、必要マイル数は約8万マイルですから約700万円ちょっとの決済をすると1往復できることになります。すごい!ハワイ行きたい!

ANAマイルはポイントサイトとの提携が進んでいるため、マイルは貯まりやすいけれど特典航空券に替えにくい傾向があります。JALはANAと比べると特典航空券に替えやすいため、せっかくためたマイルが航空券に替えられない心配はする必要がありません。

それ以外にもさまざまなメリットがありますが、主なものとしては下記が挙げられます。

  • 引き落とし口座は法人名義・個人名義のどちらでも選べる
  • 法人ビジネスカードには珍しくキャッシング機能がついているため、いざという時役に立つ(キャッシング自体はあまりオススメしませんが、万が一の場合で短期的なご利用であれば選択肢の一つに加えても良いと思います)
  • 24時間365日、プラチナ会員専用のコンシェルジュデスクが利用できる
  • セゾンマイルクラブに入会することで(通常年会費は4,000円(税別)ですがプラチナ会員は無料)JALマイルが1,000円の決済で11.25マイル貯まる
  • 西友・パルコ・ロフトが5%割引
  • 空港から自宅まで往復の手荷物空港宅配サービス
まだまだ特典はありますが、正直言って実質年会費が10,000円(税別)程度でここまでやれるのは驚異的と言って良いでしょう。逆に言えば、法人クレジットカードは決済額が多いので、そちらの利益が多いから年会費をこんな値段に抑えることができるのだと思います。

全法人クレジットカードの中でも最高クラスの内容で、かつ信じられないほどの年会費の安さです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード評価
審査・発行スピード
(5.0)
特典
(4.5)
JALマイルの貯まりやすさ
(5.0)
法人カード・特に新設企業やスタートアップでの申し込みやすさ・使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

セゾンプラチナ・アメックスカード<公式サイト>

※はじめての法人カードにもオススメ!

ANAマイルをためたい方にオススメ!!アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
JAL派ではなくANA派。ワンワールド派ではなくスターアライアンス派の方にオススメするのが「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」です

こちらもまずは基本スペックを見てみましょう。

カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費31,000円(税別)
ただし初年度年会費無料
カード利用枠審査により個別に決定
海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
ショッピング保険最高500万円
支払い方法1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、入会後6ヵ月以降に申請で利用可)
支払日利用者によって異なる
ポイントプログラムメンバーシップ・リワード
100円=1ポイント=1マイル

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードと比べると年会費が高い分見劣りしそうにも感じますが、内容を詳細に見ていくと決してそんなことはありません。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードは審査が厳しいアメックスのプロパーカードではありますが、設立初年度から審査通過が可能で、取得のしやすさ、そしてステータス性の高さが魅力の法人クレジットカードでもあります。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード<公式サイト>

ポイントの移行先はANAだけでなく、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア-イタリア航空、フィンランド航空、中国南方航空、エティハド航空、エミレーツ航空と幅広いです。

航空会社のアライアンスを超えてマイルを移行することが可能な数少ない法人クレジットカードです。

100円=1ポイント=1マイル(ANAの場合)の還元率で、ポイントの有効期限も実質的には無期限です。

また裏技としては、ブリティッシュ・エアウェイズにポイントを移行することにより、JALに搭乗することが出来ます。とくにJALの日本国内線への交換比率が良いことは有名ですから、国内線にマイルで乗りたい方はこのルートで航空券の予約をすることをオススメします。

それ以外の主な特徴は、以下の通りとなります。

  • 帝国ホテル本館5Fのミーティング・スクエア(アメリカン・エキスプレスのビジネス・カード会員専用のビジネスラウンジ)が使える
  • キャンセルプロテクション、オンラインプロテクションをはじめとする他のカードを圧倒する最高ランクの付帯サービスがついてくる
  • 空港ラウンジの利用はもちろん、手荷物無料宅配サービスやエアポート送迎サービスなど、旅を快適にするためのサービスがほぼすべて揃っている
  • ヒルトン・ワールドワイドやスターウッドホテル&リゾートなどにポイント移行ができるため、ホテルの宿泊にもポイントを利用する事ができる
  • 経営コンサルタントによるコンサルティングを受けることができる(ビジネス・コンサルティング・サービス)
※打ち合わせや商談をファミレスやカフェでやるビジネスパーソンもいますが、このカードを持っているあなたは帝国ホテルで行うことが出来ます。

アメックスのプロパーカードならではのさまざまな特典や各種サービス、保障など、どれをとってもすべてトップクラスの内容で、ポイントの移行先も自由自在です。

JAL一択ならセゾン プラチナ ビジネス アメックス カードを、ANAを中心にそれ以外の多種多様な選択肢をお求めの方にはアメックスビジネスゴールドカードをオススメします。

ポイント!
どちらか決められない場合は、応用範囲の広いアメックスビジネスゴールドカードがオススメですよ!年会費が高く見えるかもしれませんが、とことん使い込めばすぐに元がとれますよ!

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード<公式サイト>

法人カードでのマイルの貯め方については、こちらでも詳しく解説しています。

法人クレジットカードでもマイルが貯まる!オススメ3選をご紹介。ANAもJALも貯まるアメックスビジネスゴールドが最高。

3.キャッシュフロー(支払いサイト)に余裕があるカードを探している

法人であれ個人事業主であれ、事業の運営は山あり谷ありです。将来を考えて先行投資を行えば、入金よりも先に支払いが発生します。

とくに起業したての場合、手元のキャッシュに余裕がない場合が多いですから、経営を安定させるためには支払いサイトを出来るだけ長くすることは必須です。

そのようなニーズにピッタリの、使えば使うほどキャッシュフローに余裕が生まれるクレジットカードを2枚ご紹介します。

支払いサイトは何と最長57日!業界屈指のオリコEx Gold for Biz

オリコEx Gold for Biz
創業直後に作るのにオススメした「オリコEx Gold for Biz」ですが、実はこのカードは支払いサイトの長さも業界屈指なのです。

基本スペックに関しては、先ほどご覧いただいたとおりです。

例えば小売業を営んでいる場合、オリコEx Gold for Bizで仕入れた商品の支払いは最長で57日後となります。

この57日間に仕入れた商品を売却すれば、理論上は運転資金が全くなくても業務を行うことが出来てしまいます。

もちろんそれは極端な例で、実際にすべてがそのようになることはありませんが、支払いサイトは長ければそれにこしたことはありません。

また、支払いサイトが長くなれば手元にキャッシュが残りやすくなるため、キャッシュフローに余裕が生まれ、金融機関からの借り入れに依存しなくても事業を継続していく事が可能となります。

EX Gold for Biz<公式サイト>

もう一つの選択肢、JCBゴールド法人カード(最長56日)

JCBゴールド法人カード
オリコEx Gold for Bizと並び、業界最高クラスの支払いサイトの長さを誇るのがJCBゴールド法人カードです。

ではこちらもまず、基本スペックから見てみましょう。

カード名JCBゴールド法人カード
カード会社JCB
国際ブランドJCB
年会費初年度年会費無料
2年目から10,000円(税別)
カード利用枠審査により個別に決定
海外旅行傷害保険最高1億円(一部利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
支払方法一括払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い
支払日毎月15日締め翌月10日支払い

こちらも支払いサイトが最長で56日と大変長いため、オリコEx Gold for Bizと同様にキャッシュフローを改善することが出来ます。

それ以外にもOki Dokiランド(ポイントプログラム)を使うと、Amazon・楽天・LOHACO・Yahoo!ショッピング・ベルメゾンなどのネット通販でポイント還元率が増加し、Amazonでは1.5%~1.85%、昭和シェル石油では1~1.35%の高還元率を実現する事が出来ます。

JCB 法人カード(ゴールド)<公式サイト>

また、貯めたポイントをキャッシュバックすることも出来るため、月平均30万円程度の決済で年会費10,000円(税別)を最終的にはペイする事ができます。

経営を安定させるためにはキャッシュフローの改善は必須です。オリコEx Gold for BizやJCBゴールド法人カードを決済に利用すれば、キャッシュの残る会社を作り上げることが出来ます。

ポイント!
キャッシュフローの改善は、事業経営をする上で最重要課題の一つです。この2枚のクレジットカードを屈指して、自社のキャッシュフローの改善に役立てましょう!!

4.直近2年以上連続黒字で、着実に利益も積み上がっている。月間数百万円以上の決済金額があるので特典を追求したい。そんな社長さんへ

さらなる高みへ…

例えば2期連続の黒字決算で決済額も月額数百万円以上というようなスペックであれば、ハッキリ言ってどんな法人クレジットカードでも審査に通ってしまうでしょう。

ピカピカの決算書
おまけに利益が出ていて納税額も多いため、全額経費で落ちる年会費の金額など気にもならないでしょう。

そんな特別な社長にのみオススメすることが出来る特別なカードがこの2枚です

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」:法人カードの最高峰「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」への登竜門。ステイタス性も補償内容もプラチナ級!

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
法人クレジットカードには、いわゆる「ブラックカード」は存在しません。プラチナカードが法人クレジットカードのグレードの実質最高位です。

その高いステイタス性で他を寄せ付けないアメリカン・エキスプレスですが、発行している法人クレジットカードの最高峰はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードということです。

ですがこのカードは招待制のため、アメックスからのインビテーションが届かないと審査の申し込みをする事はできません。

そのような理由により、先程申し上げたように2期連続の黒字決算で決済額も月額百万円以上であったとしても、飛び級でプラチナカードをいきなり取得する事は出来ません。(裏ルートもあるらしいですが)

とはいえそこはさすがアメックスです。このカードもプラチナカードと同様で、誰もが持てるわけではありません。またその年会費の高さから、誰もがそのメリットを存分に使いこなせるカードでもありません。

すべての条件が整った、ごく一部の特別な方にしかオススメ出来ない特別なクレジットカードです。

ではまずその基本スペックから見ていきましょう。

カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ ゴールド・ カード
カード会社アメリカン・エキスプレス
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費31,000円(税別)
カード利用枠審査により個別に決定
海外旅行傷害保険最高1億円
ショッピング補償年間最高補償額500万円
支払い方法1回払い
支払日入会時に通知
ポイントプログラムメンバーシップ・リワード
カード利用100円毎に1P

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード<公式サイト>

アメックスならではのコンシェルジュデスクや空港ラウンジ、旅行・ショッピングに対する万全の保障体制をはじめ、100円の決済につきたまる1ポイントは、ANAをはじめ15社のマイレージプログラムに移行する事ができます。

それ以外にも、

  • 四半期管理レポート・・・四半期ごとに経費の支出状況に関するレポートを発行してもらえます。会社の経営状態などの分析に役立ちます。
  • ビジネス・コンサルティング・サービス・・・会社の経営で迷ったとき、経営コンサルタントのアドバイスが受けられます。
  • ヘルスケア無料電話相談・・・経営者にとって健康リスクは経営リスクと同じです。健康維持や相談、また医療機関の紹介もしてもらえます。
  • ベネフィット・ステーション・・・75,000以上の契約施設を特別料金でご利用いただける福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料が無料で利用できます。法人の福利厚生にも使えるため、福利厚生費の節約ができます。
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料・・・新規の取引先の情報は出来るだけ調査しておきたいものです。本来であれば有料の「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」などの調査会社の情報が無料で利用できます。これで売上債権の貸し倒れリスクを減らすことができます。

それ以外にも書ききれないほどの特典などがあり、あらゆるシーンで使えるバランスの良さと万全さを兼ね備えています。

また最初にお話ししたように、この「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」で実績を積めば、やがては法人カードの最高峰「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」のインビテーションが届きます。

会社が順調に育ち、更に一回り大きくなった時には、更に一段上の法人クレジットカードへの道がきっと拓けることでしょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード<公式サイト>

ラグジュアリーカード(Titanium / Black):さりげなく悪魔的な高級感を演出できる唯一無二のクレジットカード

ラグジュアリーカード
ラグジュアリーカードとは、Barclaysの子会社である「Black Card LLC」が発行している富裕層向けクレジットカードで、日本では新生銀行グループのアプラスが発行しているクレジットカードです。

カードの内容以前に、クレジットカードの見た目と素材そのものが違うため、他のクレジットカードとは比較の対象にもならないほど異彩を放ってるのがこのラグジュアリーカードです。

アメックスであれダイナースであれ、クレジットカードは通常プラスチックの板で出来ていますが、ラグジュアリーカードだけは金属プレートで出来ており、ロゴも削り出し加工されています。

カードの種類は上のランクから、ゴールド、ブラック、チタンの3種類で、ゴールドカードの金属プレートは、何と24金でコーティングされています。持ったことがありますが、重量感が全く違います。特許を取得して特別な加工をしています。

家族カードの発行費用も他社のものとは比べ物にならないほど高く(このクラスであれば通常無料のものも多いです)、ラグジュアリーカードのゴールドカードの場合、家族カードの年会費だけでも54,000円(税別)します。金ですしね…。

最上位のゴールドカードは招待制ですが、ブラックやチタンに関しては申し込み制となっています。

厳密にいうとこのカードは「法人カード」ではありませんが、引き落とし口座を法人事業用口座・個人事業主の口座に設定できるので、法人カードとして事業用の決済に問題なく利用することができます。

※コンシェルジュ等の特典を加味すると、少数精鋭でやっている会社の忙しい社長さんが持つといいんじゃないかなと思いますね。

また国際ブランドはMastercardのみです。

それではチタンとブラックの2種類のカードの基本スペックを見てみましょう。

カード名Luxury Card/TitaniumLuxury Card/BLACK
カード会社株式会社アプラス株式会社アプラス
国際ブランドMastercardMastercard
年会費50,000円(税別)100,000円(税別)
カード利用枠審査により個別に決定審査により個別に決定
海外旅行傷害保険最高1億2千万最高1億2千万
ショッピング補償300万円300万円
支払い方法1回払い,リボ払い,回数指定分割払い,2回払い,ボーナス一括払い1回払い,リボ払い,回数指定分割払い,2回払い,ボーナス一括払い
支払日5日締め当月27日支払5日締め当月27日支払
ポイントプログラム1,000円につき1ポイント(還元率0.5%)1,000円につき1ポイント(還元率0.5%)

Titanium Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。

TITANIUM CARD<公式サイト>

唯一無二の金属製カードであることが取り上げられ過ぎていますが、クレジットカードとしての実力も、もちろんしっかりと備わっています。

旅行関連の特典としては、プライオリティパスの無料発行や空港ラウンジの無料使用、アメックスのさらに上を行く1億2千万円の旅行傷害保険などが備わっています。

とくにブラックカードの場合はハワイアン航空の上級会員(Pualani Gold)にステータスマッチされるため、ハワイアン航空を利用する際のアップグレードを期待する事ができます。


参考:https://www.hawaiianairlines.co.jp/

ハワイアン航空は羽田、成田、関空、札幌に就航しているため、ラグジュアリーカードのブラックカードを持っていれば、週末をワイキキで楽しむ経営者にとって、ハワイアン航空で大活躍するのは間違いありません。

国際ブランドはMastercardのため、世界中ほぼどこでも使うことが出来ます。とくに欧州ではVISAカード以上の決済網を持っていると言われています。

コンシェルジュデスクは依頼結果をメールで送ってもらえるため、メモを取る必要もなく、忘れても読み返すことが出来るため大変便利です。

レストランでの優待サービスももちろんありますが、「ラグジュアリーリムジン」のサービスを利用すると、自宅や会社などの指定した場所から予約したレストランまでリムジンで送迎してもらうことが出来ます。

大切なお客様の接待などで使われる方も多く、他のクレジットカードにはない独自のサービスを提供しています。

年会費を考えるとすべての方に使いこなせるクレジットカードではありませんが、順調に業績を伸ばしている経営者の方であれば、良き相棒・秘書として大活躍してくれることは間違いないでしょう。

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>

※審査に通れば、インビテーションなしでブラックカードを持つこともできます…!

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?お気軽にどうぞ。

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

法人クレジットカードの特典の使い方利用例

法人カードを徹底的に使いこなすワザ

では最後に、法人クレジットカードを導入した後の、特典の具体的な利用例について見てみましょう。

接待費が最大で50%オフ!!

法人クレジットカードにはさまざまな特典がついていますが、その中でもオススメなのが提携店での利用による様々な特典です。アペリティフのグラスシャンパン1杯分無料などもあれば、食事後のお土産付きなどもあります。

「オリコEx Gold for Biz」であれば「ダイニングby招待日和」を利用できるため、大切な顧客の接待に高級レストランを利用したとしても、一人分を無料にすることが出来ます。二人で行けば半額で済みます。

接待交際費が必要な会社は多いですが、出来れば少なく押さえたいですし、あまり支出が多いと税務署に目をつけられたり銀行からの受けも悪くなります。とは言え安い居酒屋で接待という訳にもいきませんから、こういった特典は本当に助かります。

年に1,2回利用するだけであっという間に年会費などペイしてしまいます。

ケロンくん

確かにこの特典を利用するだけで、あっという間に年会費の元はとれますね!

旅費交通費を減らす!!

飛行機を使った出張が多い会社にとって、旅費交通費の増加は悩みの種です。かと言って必要な出張ですから減らす訳にもいきません。そんな時、法人クレジットカードで貯まったポイントをマイルに交換すれば特典航空券が発券できるため、旅費交通費をぐっと抑える事が出来ます。

韓国や中国往復程度ですら、安くても5万円程度はしますから、年に1度交換するだけで、年会費をペイしてしまいます。

商品券に替えて重要顧客へのお中元・お歳暮代わりに!!

格別にお世話になっているお客さまや関係者などに商品券を配ることがあります。通常の商行為の中での事ですから渡す事自体には何の問題もないのですが、これもいざ購入するとなると高額ですし、もちろんその結果接待交際費は増加してしまいます。

そんな時たまったポイントを商品券に替えてお客さまに渡せば、現金の流出や接待交際費を一切増やさなくても済みます。

頑張った従業員に家族旅行をプレゼント!!

福利厚生がしっかりしていると社員の定着率が上がります。頑張った社員に報いてあげれば、社員のモチベーションも上がります。

とはいえ給料を上げるのが難しいのであれば、貯まったポイントで家族旅行をプレゼントすることも出来ます。

例えば法人クレジットカードで貯まったポイントをJTBなどの旅行券に替え、それを渡せば今年一番頑張った社員へのご褒美として家族旅行をプレゼントする事が出来ます。

社員だけでなくその家族も大切にすれば、働くモチベーションもきっとさらに上がるはずです。

ところで税法上問題はないの?

ところで、法人カードで貯めたポイントを私的に利用する行為は税法上問題はないの?
ポイントの利用に関しては、今のところ決まったルールはないものの、かなりグレーゾーンなものも多く含んでいます。例えば大量にたまったポイントを全て商品券に交換し、社長がそれを個人的に使ってしまった場合はどうでしょうか?

通常の業務の中でのポイントの利用であれば問題ありませんが、極端な利用方法は税務上の判断が難しくなるため、その都度顧問税理士などに相談することをオススメします。

また、将来的に税制が改正されればポイントの取り扱いが変わる可能性もあるので、今後も注意深く見守る必要があります。

ここがポイント!
こうやって見てみると、法人クレジットカードの特典の使い方次第では、会社の利益や従業員のモチベーション、顧客とのコミュニケーションなどの改善に随分役立ちそうですね

さいごに

法人カードの総まとめ

本日は法人クレジットカードについて、さまざまな角度から徹底解説をしてみました。

法人クレジットカードの重要性や、カード選びのためのポイントについてご理解いただけたと思いますが、最後にもう一度、重要なポイントについてまとめてみます。

  • 法人クレジットカードの審査ハードルは意外と低い
  • 法人クレジットカードは限度額が高く設定され、使えば使うほどポイントもはやく貯まる
  • 法人クレジットカードを導入し、決裁権のある社員にも持たせると経営管理・経理処理がスムーズになる
  • コンシェルジュデスクを上手に使うと秘書の代役を果たしてくれる
  • 支払いサイトが長く、現金払いと比べるとキャッシュフローが圧倒的に良い
  • 特典を上手に使えば旅費交通費や交際費、福利厚生費などの節約につながる
  • 会社の規模や決済額に合ったカードさえ作れば、年会費以上のメリットがすぐに出せる

このように、法人経営者や個人事業主の方が法人クレジットカードを利用するとさまざまなメリットが生じ、また不足しているところは補う事もできます。ただし自社の規模や決済額に合ったクレジットカードでなければその能力を存分に発揮する事は出来ません。

自社に合った法人クレジットカードを使いこなし、経営管理の合理化や加速の一手としてクレジットカードを使いこなすことも、社長として重要な仕事です。

【再開】はじめての法人カードにオススメなのは、この4枚!

オススメの法人カードはコレ!

※上記全カード、個人事業主もOK!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪