今すぐクレカが必要な方は→

マイルがお金で買える!?JAL・ANA・デルタのマイルを利用規約に違反せずにに購入する方法。エアマイルズやオークションの利用は避けよう。

飛行機

マイルを貯めて旅行をする場合、その時期や行き先を事前にハッキリ決めるのは、実は結構難しいものです。

なぜなら「いつまでに」「どれくらい」のマイルが貯まるのか、ハッキリとしためどなどなかなか立たないからです。

「マイルで旅行に行きたいけど、少しだけマイルが足りない…!」

「マイルが失効してしまう前に、足りない分を買い足したい!」

マイルで旅行に行こうとした時に、このような壁にぶつかることがあります。

マイルは公式サイトで購入することは原則できないのですが、実は別の方法でマイルを買うことができるのです!

俗に「バイ(Buy)マイル」などと呼ばれています。

ケロンくん

「マイルを買う方法」や「航空会社別のオススメのマイル購入方法」を紹介していくよ♪

▼マイルが買えるクレジットカード!▼

この記事の目次

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

マイルは買える!

PCとカード

マイルを買うことを、一般的に「バイ(Buy)マイル」といいます。

バイマイルという言葉があるくらですから、マイルをお金で買うことが普通に出来るような気もしますが、実際には、

マイルを直接購入できる航空会社と購入できない航空会社があります。

  • JALやANAなどの日系航空会社・・・買えない
  • ユナイテッド航空やデルタ航空など・・・買える

そもそもマイルはどのように売られているのか?

私たちの手元に到着するまでにマイルはどのような経路で売られているのでしょうか?

マイルの売り方には2種類あります。

  • 航空会社が個人に直接売るパターン(ユナイテッド航空やデルタ航空など)
  • 航空会社がカード会社や大手銀行に大量に売っているパターン※

※参考:Sankei Biz

大量に購入してくれるカード会社や銀行などに対して、航空会社はかなり安い値段でマイルを売っているといわれています。

その売値は1マイルあたり1.5~2.5セント(約1.67~2.78円)ぐらいだそうです。

カード会社や銀行は、こうやって大量購入したマイルを自社のクレジットカードのポイント制度に利用しているわけです。

ポイント!
私たちがクレジットカードを利用して貯めるマイルは「航空会社⇒カード会社(もしくは銀行)⇒カードのポイント⇒個人のマイレージ」のルートをたどっていることがわかります。
※実際は、銀行やカード会社の間には複数の代理店が関わっており、かなり複雑なルートを通過しています。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

マイルを買ったら違反なのか?

JALやANAはマイルを売っていないといいましたが、ではマイルを個人で買った場合にはどうなるのでしょうか?

ANAマイレージクラブ会員規約の第20条には「マイルの不正取得(=購入)」についてこのように書かれています。

20条 禁止行為・会員資格の取り消し

(5) マイルまたは特典を不正に取得する、マイルの支出を不正に免れるまたはそれを試みる行為

引用:ANAマイレージクラブ会員規約

つまりマイルを不正取得する行為はANAマイレージクラブ会員規約第20条5項に抵触するため、会員資格が取り消されてしまうのです!!

これはJALもまったく同じです。

航空会社の規約に違反したらどうなるのか?

もしあなたが、JALやANAのマイレージクラブ会員の規約違反となり、会員資格が取り消されたらどうなるでしょうか?

当然ですが現在マイレージに貯めてあるマイルはすべて没収されます。

また不正に取得したマイルで発券した特典航空券はすべて取り消しです。

おそらくJALやANAのブラックリストに載る可能性が高いため、最悪の場合もう二度とJALやANAのマイルを使った旅行を楽しむことはできなくなります。

注意
たかが数万マイル程度のことで生涯にわたり特典航空券を発券できなくなってしまうのは、リスクが大きすぎます。
ですからJALやANAのマイルを直接購入するのは絶対にやめましょう!

これらの方法の利用は厳禁!利用規約に反する買い方

注意!
今回は啓蒙のためにこの項目を掲載いたします。
読者の皆様におかれましては決して利用しないようにしてください。

さきほどから「JALやANAなどマイルを販売してない航空会社のマイルを購入するのはやめましょう!」とお伝えしています。

建前上、JALやANAは直接自社でマイルを販売していないのですが、実態としては下記の方法で購入できてしまう状況が続いています。

1,ヤフオクでの販売

嘘みたいな話ですが、ANAのマイルは「ヤフオク(オークションサイト)」で売ってます。

たとえばヤフオクで「ANAマイル」と検索すると、

バイマイル

ご覧の通り、ANAマイルが販売されており、過去の履歴を見ると取引がきちんと完了していることもわかります。

表示価格は5万マイル14万円なので、だいたい1マイルあたり約2.8円ほどです。

マイルの価値はどのクラスに乗るかによって大幅に変動します。

たとえばファーストクラスに乗る場合であれば1マイルあたり10円をはるかに超えています。

ですからこの金額で購入しても、ビジネスクラス以上に乗るのならじゅうぶんに元がとれるため、意外と良心的な価格です。
※決して購入を推奨しているわけではありません。

2,バイエアラインマイルズ(BUY AIRLINE MILES)

バイエアラインマイルズ

もう一つは海外のサイトです。

このバイエアラインマイルズはマイル販売の老舗サイトですが、似たようなサイトは他にもたくさんあります。

バイエアラインマイルズの公式サイトにアクセスすると、マイルを購入できる航空会社の一覧が表示されます。

ちなみに、購入できるのは全部で16の航空会社のマイルで、その中にはANAも含まれています。

ではこの怪しいマイルは、いったいどこから出たものなのでしょうか??

ポイント!
大量に買えば買うほど安くなる方式のようで、ANAの場合1番高くて1マイルあたり2.2¢(2.2米ドル)、もっとも安くなると1マイルあたり1.9¢(1.9米ドル)ほどで売られています。
為替レートにもよりますが、日本のヤフオクよりはやや安いかな、という印象です。

▼マイルが買えるクレジットカード!▼

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

あやしいマイルの出どころはおそらくココ

これらのマイルの出どころは、いったいどこなのでしょうか??

ヤフオクやバイエアラインマイルズなどでマイルを購入した場合、ANAのマイページを開くとマイルの振込先が下記のようになっていることが多いようです。

  • ヤフオクの場合・・・AMEX-USAなど
  • バイエアラインマイルズ・・・Accruals American Express USA MEMBERSHIP MILES TRANSFER

これらの表記から、ヤフオクもバイエアラインマイルズも、結局どちらもアメリカのアメックスに関係する何かが売っているように読み取れます。

これは想像ですが、おそらくこれらの怪しいマイルは、ほぼすべてどこかの代理店経由で流れているのではないかと推測されます。

注意
いずれにしても出どころのあやしいマイルですから、こういったものには手を出さないようにしてください。

▼マイルが買えるクレジットカード!▼

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

利用規約に違反せずにマイルを買う方法!

対応

ここが素敵!
ここからご紹介する方法は、利用規約に違反せず安全にマイルが買えるサイトです。
マイルを購入する際はここから紹介する方法を使ってくださいね。

ここまで「マイルの購入はリスクが高すぎるから止めたほうがいい」とお話してきましたが、実はわざわざ危ない橋を渡らなくても、間接的にマイルを購入する方法はあります。

そこでこの章では、ANAマイル・JALマイル・デルタ航空のマイルを買うときのオススメの購入方法をご紹介します。

JAL・ANAのマイルを賈うオススメの方法

JALやANAのマイルは直接購入することはできませんが、ポイントサイトなどのポイントを経由させることで最終的にJALやANAのマイルに交換できます。

たとえば、ポイントサイトを経由して100円分買い物をすると、1ポイント貯まりこのポイントはマイルに交換できるという流れです。

JALマイルの具体的な購入方法

jal

ここからはJALマイルの具体的な購入方法についてです。

その前にまず、「ポイントサイト」についてご説明します。

簡単にいうとポイントサイトとは、サイト内の商品やサービスを購入したり、アンケートに答えたりするとポイントがもらえるサイトのことをいいます。

自社のポイントをJALマイルに交換できるポイントサイトは数多くありますが、その中でもとくにオススメなのが「モッピー」です。

モッピー

ちなみにモッピーは「累計登録者数600万人以上」「運営実績10年以上」の実績のあるポイントサイトです。

このモッピーで100%還元の商品をいくつか取り組むことで、JALマイルを間接的に購入します!

▼例:Aという商品を5,000円で購入し、5,000ポイントがもらえる案件の場合

    1. モッピーでAという商品を5,000円で購入
    2. モッピーから5,000ポイントをもらう
    3. 5,000ポイントを2,500JALマイルに交換する(*)

つまり、5,000円支払い、2,500JALマイルを買うということになるわけです!
(おまけに商品までついてくる!!)

もっとも還元率が高く(50%)もっとも移行回数が少ないルートは以下のようになります。

  1. モッピー→PEX(移行比率1:10)
  2. PEX→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)(移行比率50:1)
  3. 三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)→中部電力(カテエネポイント)(移行比率1:5)
  4. 中部電力(カテエネポイント)→ポンタポイント(移行比率1:1)
  5. ポンタポイント→dポイント(移行比率1:1)
  6. dポイント→JALマイル(移行比率2:1)
ポイント!
モッピーでポイントを獲得してからJALマイルにするまでに1~2ヶ月、ポイントサイトを複雑に移行させていく場合はそれ以上は見ておきましょう。
※モッピーからJALマイルへの締め日は月に2回です。
そしてその5日ほどあとにJAL側でマイルが確定します。

ANAマイルの具体的な購入方法

ana

ANAマイルもJALマイルと同様で、ポイントサイトでの商品やサービスの購入を通してもらったポイントを最終的にはANAマイルに移行させる方法をとります。

ただしANAマイルの場合は、ポイントサイトはハピタスを使うのがオススメです。

ANAのバイマイルはJALマイルと比べると還元率が高く(還元率75%)、移行手順もかなり楽です。

ポイント!
JALとANAのバイマイルを比較するとおわかりのように、圧倒的にANAのマイルの方が貯めやすくなっています。
ただしその分だけANAの方が特典航空券の空席を見つけるは難しいです。
  1. ハピタス→.money(ドットマネー)(移行比率1:1)
  2. .money(ドットマネー)→TOKYUポイント(移行比率1:1)
  3. TOKYUポイント→ANAマイル(移行比率4:3)

【2019年最新】ハピタスオススメの案件とポイントをマイルに変える方法をわかりやすく解説

ハピタス<公式サイト>

デルタ航空のマイル(スカイマイル)を賈うオススメの方法

デルタマイルはJALやANAとはちがい、公式サイトから直接購入できます!

デルタ航空のマイル購入ページ

1回あたりに購入可能なマイル数の下限は2,000マイルで、上限は60,000マイルまでです。

また年間に購入できるマイルの上限は60,000マイルまで。

ちなみに1マイル当たりの金額は0.035ドル(約4円)です。

ポイント!
1マイル=約4円ということですから、JALやANAのバイマイルと比べると、正規ルートでの購入はやはり高いですね。

▼「デルタ航空のマイレージサービス」について詳しくはこちら

スカイマイルプログラムとは?デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスカード(デルタアメックス)・ゴールドカードも紹介。

▼マイルが買えるクレジットカード!▼

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

30航空会社以上のマイルを買う方法

海外旅行

これまでJALマイル・ANAマイル・スカイマイルを買うときのオススメの購入方法をお伝えしてきました。

最後にもう一つ、間接的にマイルを購入する究極の方法についてお伝えします!

それはSPGアメックスカードのポイントであるマリオットボンヴォイポイントを購入し、それを各航空会社のマイルに交換する方法です!

スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)がすごい!

SPGアメックスカードは、クレジットカード決済100円ごとに、マリオットボンヴォイポイントが3ポイント獲得できます。

マイレージプログラム 移行比率(マリオットボンヴォイポイント:マイル)
エーゲ航空 3:1
エアロメヒコ航空クラブプレミエ 3:1
エアカナダ アエロプラン 3:1
エアチャイナ フェニックスマイル 3:1
エールフランス/KLM フライングブルー 3:1
ニュージーランド航空Airpoints™ 200:1
アラスカ航空 Mileage Plan® 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ 3:1
アメリカン航空 3:1
アシアナ航空アシアナクラブ 3:1
アビアンカ航空 LifeMiles 3:1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club 3:1
アジアマイル 3:1
中国東方航空イースタンマイルズ 3:1
中国南方航空 3:1
コパ航空 ConnectMiles 3:1
デルタスカイマイル 3:1
エミレーツスカイワーズ 3:1
エティハド ゲスト 3:1
フロンティア航空EarlyReturns® 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles® 3:1
Iberia Plus 3:1
日本航空 (JAL) マイレージバンク 3:1
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege® 3:1
ジェットブルー航空TrueBlue 6:1
大韓航空スカイパス 3:1
LATAM航空 LATAMPASS 3:1
ルフトハンザ Miles & More 3:1
Multiplus 3:1
カンタス フリークエントフライヤー 3:1
カタール航空プリビレッジクラブ 3:1
サウディア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
南アフリカ航空 Voyager 3:1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards 3:1
TAPポルトガル航空 3:1
タイ国際航空 3:1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 3:1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club 3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3:1

参考:SPG公式サイト「ポイントをマイルに移行」

なかには交換レートがよくない航空会社もありますが、おおよそ「マリオットボンヴォイポイント:マイル=3:1」というレート(マイル還元率1%)で交換できます。

ご覧の通り、ANAマイル・JALマイル・スカイマイルをはじめ、ほぼすべての主要航空会社のマイルに交換できます!

ケロンくん

これだけ移行先があれば、まず困ることはないね!

SPGアメックスのポイントを買ってマイルに交換

SPGアメックスのポイントは、カード決済によって付与される以外に、ポイントそのものを直接購入することもできます。

ただしマリオットボンヴォイポイントを買うためには、以下の準備と注意が必要となります。

注意
  • SPGのアカウントを作成する
  • アカウント作成後90日以内はポイントの購入ができない(*)
  • 年間購入上限は50,000ポイント(12月末締め)
  • 1年に数回行われるセール時に買う
  • 本国のサイトではすでに「アカウント作成後1年以内はポイントの購入ができない」と書かれています。
    そのため日本のサイトも近いうちに変更があるものと思われます。

    SPGのアカウントを作成方法

    SPG会員登録

    SPGアカウントの作成は以下の公式サイトです。

    >Marriott Bonvoy に入会する

    ▼会員登録時の入力項目

      • 名前(ローマ字表記)
      • 国籍
      • メールアドレス
      • パスワード

    ちなみに名前は英語で入力しましょう!

    日本語だと受け付けてくれません。

    登録完了するとすぐに以下のようなメールが届きます。

    spg会員登録完了通知のメール

    もしも届かない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられていないか確認してみてください。

    マリオットボンヴォイポイントの購入方法(マリオットボンヴォイポイントを買うなら、手元にあるポイントと合わせて60,000マイル単位にするのがオススメ)

    スターポイントの購入ページ

    では実際にマリオットボンヴォイポイントの購入方法についてです!

    マリオットボンヴォイポイントは、1,000ポイントにつき$12.50で購入できます(ただしキャンペーン時を除く)。

    ポイントの購入は以下のページで行います。

    >>https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy

    上のページを開くと以下のようなページに移ります。

    スターポイントの購入ページ2

    購入するポイント数を選択(最低1,000ポイント〜)して、支払い方法を指定。

    支払いにクレジットカード情報とクレジットカード請求先住所が必要なので、手元にクレジットカードを用意しておきましょう。

    あとは規約を読んで同意し、「今すぐ支払う」をクリックしたら完了です。

    スターポイントの購入ページ3

    ちなみにマリオットボンヴォイポイントをマイルに交換するときに、60,000ポイント単位で交換すると15,000ポイント分のボーナスが付きます!

    このボーナスポイントを考慮すると、60,000スターポイントは25,000マイル(還元率1.25%)になってかなりお得です。

    ▼「SPGアメックスカード」について詳しくはこちら

    SPGアメックスカード:マイル高還元率・高級ホテルへの無料宿泊など豪華特典・キャンペーンで、年会費の分は余裕で回収できる!?【2019年 徹底解説】

    SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

    SPGアメックス<公式サイト>

    マイルは買ってまで貯めるほどの価値があるの?

    マイルとカード

    「マイルはあくまでポイントのようなもので、買うほどの価値はない。」

    と考えている方もいるかもしれませんが、

    実はこの考えは誤りで、「マイル=お金」といってもほぼ間違いありません。

    しかもお金をマイルに変えると、お金の価値を一気に上げられます。

    マイルに換えるとお金の価値が上がる!

    では一例として、「エコノミークラスで東京〜那覇の往復の費用」「必要マイル数」を確認しましょう。

    普通に航空券を予約する場合だと、費用は82,980円です。

    いっぽう特典航空券(エコノミークラス)で東京〜那覇間を発券する場合の必要マイル数は18,000マイルです。

    なので、今回の場合だと82,980円÷18,000マイル=4.16です。

    よって、【1マイル=4.61円】となります。

    このマイルの価値はキャビンクラスを上げることによってさらに上がります。

    たとえば成田~ニューヨーク往復ファーストクラスはレギュラーシーズンで150,000マイルです。

    これを実費で購入する場合、安くても120万円程度で、高い場合には200万円を超えます。

    つまり【1マイル=8円~13円以上】に上がります。

    このように、キャビンクラスが上がれば上がるほど、マイルを買ってまで貯める価値があるといえます。

    マイル初心者はこれを読めばOK。貯め方から使い方までわかりやすく総まとめ!

    バイマイルは慎重に

    マイルを使って旅行をすると、たとえばファーストクラスで優雅に移動するような、普段では経験できないことが簡単にできてしまいます。

    その快感が忘れられず、マイルを貯めるスピードを補うために頻繁にバイマイルを繰り返してしまう人がいます(筆者がそうでした)。

    しかしこれは、長い目で見るとあまりオススメできません。

    バイマイルによって航空運賃を安くあげたとしても現地滞在費は別途必要となるため、結局身の丈に合わない支出を招きかねないからです。

    筆者の個人的な見解ですが、やはりマイルはクレジットカードのポイントで貯めるのが一番です。

    クレジットカードのポイントであれば、収入に応じた支出に対してマイルが貯まっていきます。

    バイマイルによるマイルの補充はいざという時の手段の一つ程度に考えておいた方が、旅行をいつまでの楽しめるのではないでしょうか?

    ▼SPGアメックスはマイルを貯めるのにも適したクレジットカード▼

    SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

    SPGアメックス<公式サイト>

    まとめ

    本日はマイルの購入方法について解説してみました。

    マイルを貯めていると「あと少しだけマイルが足りない!」「マイルが失効しちゃう前にどこかへ行きたい!」ということが必ず起こります。

    ぜひそんな時にはマイルを買って、航空券を手に入れてください!

    せっかく貯めたマイルを失効させてしまうのは勿体ないですからね。

    注意
    マイル購入の際は、マイレージクラブの規約に違反しない適切な方法でご購入ください。
    スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPGアメックス)

    加入者が急増しているのがこのカード。アメックスで最もコスパが高いカードと名高い、ホテル・空港での特典が手厚いカードです。保険も最大1億円補償で付帯します。

    入会特典【ご入会特典】 カードご入会後3ヶ月以内に10万円以上のカードご利用で、 30,000ポイントプレゼント
    年会費(初年度) 年会費(2年目~)
    31,000円(税別) 31,000円(税別)
    還元率(通常) 還元率(最大)
    1.0% 1.25%
    発行スピード(最短)
    1週間以上
    • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
    • 保険(国内旅行)◎(自動付帯)
    • 保険(盗難・紛失)あり
    • 保険(ショッピング)あり

    -

    画像の出典

  • 出典:BUY AIRLINE MILES(公式サイト)
  • 出典:モッピー(公式サイト)
  • 出典:ANA(公式サイト)
  • 出典:デルタ航空(公式サイト)
  • 出典:SPGアメックス(公式サイト)
  • ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 マイルが貯まりやすいアメックス
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪