2018年最新!おすすめクレカランキング→

「MileagePlus MUFGカード」徹底解説!ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにオススメ!

ユナイテッド航空
出典:http://www.cr.mufg.jp/landing/mileageplus/campaign.html

世界最大の航空会社ユナイテッド航空と三菱UFJニコスとが提携して発行するクレジットカードである「MileagePlus MUFGカード」

ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにとても向いています。

他にも、旅行保険やショッピング保険が充実していたりと、旅行をよくする方にオススメのクレジットカードです!

そんなMileagePlus MUFGカードについて、詳しく解説していきます!

MileagePlus MUFGカード基本情報


出典:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mileageplus/index.html

項目 詳細
年会費 5,000円(割引後:2,000円)
国際ブランド VISA / MASTER
付帯保険 最高3,000万円(海外は自動付帯、国内は利用付帯)
ポイント還元率 1.0%
マイル還元率  1.0%(最大1.5%)

通常年会費は5,000円だけど年会費が優遇がある

ここが素敵!
年会費は優遇措置で2,000円(税別)にまで下げることができる!

年会費は基本、5,000円(税別)です。

ゴールドカードの中では年会費が安く、その分特典が少し劣るものの、格安ゴールドカードの中では充実している特典が多々あります。

基本的に年会費は5,000円(税別)ではありますが、「楽pay」というサービスを使うことで3,000円割引の優遇特典が適用となります。

よって、年会費2,000円(税別)でMileagePlus MUFGカードを保有することができますよ!

楽payを使うと年会費が3,000円引きの2,000円になる

楽pay
出典:http://www.cr.mufg.jp/nicos/service/payment/rakupay/index.html

楽payの仕組みをサクッと説明します。

  1. ショッピング利用分(1回払い・リボ払い)の毎月のお支払金額を5,000円以上、5,000円単位、最高10万円までの範囲で自由に決める。
  2. 指定金額を超えた利用分は翌月以降に繰越され、リボ払い手数料が発生(年利15.00%)する。しかし指定金額の範囲内での利用分には手数料はかからない。
  3. 一度決めた金額でも、Webや電話で支払月の12日の20:50までなら、自由に変更可能

この割引は「1円でもリボ払いの金利分の支払いが発生しさえすればこの特典対象となる」ので、1度だけ少額の利子を支払うだけでOKなのです!

たとえば、ある月の利用分が48,000円だったとします。

このときリボ払いを45,000円に設定したら繰り越されるのは3,000円だけです。

楽payの仕組み
出典:http://www.cr.mufg.jp/nicos/service/payment/rakupay/index.html

この3,000円に対して年利15%(月利1.25%)の利子を支払うことになりますが、3,000円の1.25%なので37.5円しか発生しません!

ケロンくん

37.5円の支払いで3,000円の割引が受けられるならお得だね!

楽pay設定時の注意

リボ払い手数料が発生した翌月からは自分の支払い分以上にリボ払い額を設定しておきましょう!

たとえば、だいたい毎月50,000円使うという方であれば60,000円とかに設定しておけば、利子を払うことがありません。

もしも、設定額を超える場合は支払月の12日の20:50までに電話もしくはwebでリボ払い額を変更して利子を支払わなくて済むようにしましょう!

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

年会費が3,000円も割引になって嬉しいけど、リボ払いの利子を払うのは…という方でも安心ですよね。

カード利用100円につきユナイテッド航空のマイルが1マイル加算

メリット

続いて、カードを利用した時に得られる特典についてです。

MileagePlus MUFGカードは、カード利用金額100円ごとにユナイテッド航空のマイルが1マイル付与されます!

つまりマイル付与率は1.0%と、数あるクレジットカードの中で比較的に高還元率です。

ユナイテッド航空はスターアライアンスなのでマイルでANAの飛行機にも乗れる

ユナイテッド航空のは「スターアライアンス」というアライアンスに加盟しています。

アライアンスとは、複数の航空会社でマイレージサービス・ラウンジなどの共有等を行うチームのことです。

つまり「MileagePlus MUFGカードで貯めたマイルを使って、スターアライアンス加盟航空会社の飛行機に乗れる」のです!

▼スターアライアンス加盟の全27社

出典:http://www.staralliance.com/ja/member-airlines

ちなみにほとんどの航空会社は大きく3つのアライアンスに属しています。

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

日本の航空会社だと、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドです。

ポイント!
MileagePlus MUFGカードでユナイテッド航空のマイルを貯めていれば、加盟アライアンスの他の会社を利用していろいろな国の航空会社を利用できます。

ユナイテッド航空マイルに有効期限はない

さらにユナイテッド航空のマイルの場合、マイルの増減があれば18ヶ月延長することができます。

18ヶ月以内にマイルを貯める(MileagePlus MUFGカードを利用する)か利用するのを繰り返すことで実質有効期限がありません!

目的のところまでのマイルがたまり切らず失効してしまったり、目的のところまでのマイルが貯まったけど休みの都合で利用できずに失効してしまう方々もいます。

ユナイテッド航空のマイルはそういった「有効期限切れ」を気にすることなく、自分のペースでマイルが貯められるのが魅力的です。

注意
ANAマイルやJALマイルは有効期限が3年間です。

楽payのリボ払いによる利子が発生した月はマイル還元率がアップ

楽payでマイル還元率アップ
出典:http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mileageplus/index.html

楽payによって利子が発生した月はマイル還元率が1.0%から1.5%にアップします。

毎月、支払額に応じてリボ払い額を設定すれば少額の利子で還元率1.5%が実現可能です。

  • MileagePlus MUFGカードは年利が15%、1〜5,000円に対しての利子は最大で62.5円。
  • マイルの価値は変動しますが、少なく見積もっても1マイル=2円以上の価値はある。
  • 6,400円以上クレジットカードを使うのであれば、利子を支払ってでもマイル還元率をアップさせた方がお得!
  • ※マイル還元率1.0%と1.5%の差が0.5%なので、6,400円の支払いで32マイルの差が出る→32マイルは64円の価値

結論をいうと、MileagePlus MUFGカードで毎月6,400円以上の支払いをするのであれば、利子を支払ってでも還元率をアップさせるべきということです!

毎月リボ払い額を変更するのは少し面倒ですが、1ヶ月に1度、5分ほどで済むので、ぜひとも取り組みたいところではあります。

海外国内旅行傷害保険(海外は自動付帯、国内は利用付帯、家族特約あり)

海外保険
出典:http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/service/other/insurance/injury_ab/index.html

スポンサードリンク

MileagePlus MUFGカードの「保険内容」は以下の通りです。

項目 詳細
傷害による死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害による治療費用限度額 200万円
疾病による治療費用限度額 200万円
賠償責任限度額(1事故) 3,000万円
携行品損害限度額 20万円
救援者費用限度額  200万円

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。
>>http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/service/other/insurance/injury_ab/index.html

カード保険の付帯形態

ちなみにクレジットカードの海外保険には「自動付帯」「利用付帯」があります。

カード保険

MileagePlus MUFGカードは自動付帯なので、万が一のことがあっても安心ですね!

ちなみに海外旅行中のケガや病気の治療費から、カメラなどの携行品の破損・盗難、ホテルの設備を壊してしまったときなどの賠償責任まで幅広く補償してくれます。

注意
ただし、1回の旅行の補償期間は日本を出国してから90日間なので、それ以上の渡航予定(留学)などには使用できません。

1回払いの購入品にもショッピング保険が自動付帯で安心

ショッピング保険
出典:http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/service/other/insurance/shopping/index.html

MileagePlus MUFGカードで購入した品物の破損・盗難を90日間補償してくれます。

ちなみに国内外を問わないので、購入したもの全てが対象です。

補償金額は100万円で、1事故につき3,000円の自己負担があります。

ちなみに日本国内で購入した商品は注意が必要です。

支払方法を購入時に分割払い・リボ払いで指定した場合対象となります。

ポイント!
ちなみにリボ払い「楽pay」に登録して、かつMileagePlus MUFGカードで購入した場合は、支払方法を問わず対象となります。
楽payは設定方法次第ではリボ払いによる利子を支払わずに済みますので、うまく使いましょう。

空港ラウンジサービスあり(国内主要空港+海外1空港)

MileagePlus MUFGカードを保有していることで、以下の空港ラウンジを利用することができます。
※主要空港のみ記載しています。

  • 新千歳空港「スーパーラウンジ」
  • 新千歳空港「ロイヤルラウンジ」
  • 成田国際空港 第1ターミナル「IASS Executive Lounge1」
  • 成田国際空港 第2ターミナル「IASS Executive Lounge2」
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH・SOUTH/エアポートラウンジ」
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH/エアポートラウンジ」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」
  • 中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア/第2プレミアムラウンジ セントレア
  • 関西国際空港「カードメンバーズラウンジ六甲/金剛/比叡/アネックス六甲」
  • 伊丹空港「ラウンジオーサカ」
  • 神戸空港「ラウンジ神戸」
  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIMEインターナショナル」
  • 那覇空港「ラウンジ華 ~hana~」
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)「IASS HAWAII LOUNGE」

>>MUFGカードの空港ラウンジサービス

MileagePlus MUFGカードの本会員だけでなく、家族カード保有者も無料で利用できます。

実際使ってみてどうなの?MileagePlus MUFGカード利用者のリアルな口コミまとめ

PC

MileagePlus MUFGカードを利用している方々の口コミです。

ぜひ参考にしてみてください。

100円で1マイル貯まるマイレージプラスカードの中では一番年会費が安いカードの筈です。

その上、Edyチャージ分もマイルが貯まります。

カード付帯サービスでは海外傷害保険の自動付帯、国内空港のカードラウンジの利用可等、この年会費としては十分に評価できる内容だと思います。

引用:https://crefan.jp/review-853.html

コンチネンタル航空のワンパスマイルを貯めている人にはとてもお得なカードです。100円利用ごとに1マイルが貯まります。コンチはスカイチームからスターアライアンスへ移籍し、マイル利用は国内線利用も可能になりました。また年会費が安くゴールドカードというところもおいしいところです。

引用:https://crefan.jp/review-853.html

マイルの期限の問題もあり、国内航空系からの乗り換えです。ワールドマスターカードもどきのデザインが良いかな。

マイルの貯めやすさはデルタなどの方が良さそうですが、年会費が元をとれるかどうか・・

なお、ゴールドと申込書にありますが、プレミオ(ヤングゴールドクラス)です。国内空港カードラウンジは使えます。

引用:https://crefan.jp/review-853.html

MileagePlusセゾンカードとの違いは?

最後に、MileagePlus MUFGカードと同じく、ユナイテッド航空が発行するMileagePlusセゾンカードとの違いをご紹介します!

MileagePlusセゾンカードはユナイテッド航空とセゾンが携して発行するクレジットカードです。

項目 詳細
年会費 1,500円
国際ブランド VISA / MASTER /AMEX
付帯保険 最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯
ポイント還元率 1,000円につき5ポイント(マイル)
マイル還元率 1,000円につき5マイル(マイルアップメンバーズ利用時、1,000円につき最大15マイル加算)

MileagePlusセゾンカードは通常のマイル還元率が0.5%で、年会費が1,500円となります。

そこに、追加年会費5,000円のマイルアップメンバーズを利用することでマイル還元率が1.5%と高還元率を実現できるクレジットカードです!

注意
年間30,000マイル(約200万円の利用)を超えると、マイル還元率が0.5%に戻ってしまうので注意が必要です。

また、コスモ石油では還元率が2%に上がりますので、車をよく使う方はさらに高還元率でマイルを貯めることができます。

MileagePlusセゾンカード<公式サイト>

MileagePlus MUFGカードは年会費は高い

ポイント!
還元率はいいけど年会費は高め!

MileagePlus MUFGカードは通常マイル還元率が1.0%であり、リボ払い使用時が1.5%です。

それに対して、MileagePlusセゾンカードは年間5,000円を追加で支払うことで、マイルアップメンバーズになれます。

メンバーになると、還元率を常に1.5%にすることができ、さらにコスモ石油では2.0%と上昇します。

よって、還元率の面だとMileagePlusセゾンカードが優位です。

注意
しかし、MileagePlus MUFGカードは通常年会費が5,000円であり、楽payを使うことで2,000円まで抑えられます。
MileagePlusセゾンカードで還元率を1.5%にすると、年会費が6,500円になってしまうため、MileagePlus MUFGカードに軍配が上がります。

MileagePlus MUFGカードとMileagePlusセゾンカードはどっちを選ぶべき?

この2枚については

  • 還元率を狙う→MileagePlusセゾンカード
  • 年会費を取る→MileagePlus MUFGカード

というイメージになります。

毎月、かなりコスモ石油を利用するならMileagePlusセゾンカードでもいいかもしれません。

ですが正直、MileagePlus MUFGカードは毎月リボ払いの設定をするだけで還元率を1.5%にできるので、個人的にはMileagePlus MUFGカードがオススメ。

まとめ

MileagePlus MUFGカードはユナイテッド航空のマイル還元率が最大で1.5%と、かなり高還元率なカードです。

さらに利用し続ける限り(少なくとも3年に1度の利用)はマイルが失効しないので、有効期限を気にせずにコツコツとマイルを貯められるのが魅力です!

さらに空港ラウンジを使えたり、海外保険なども充実しているので、年に1度でも旅行にいく方にはオススメできるクレジットカードです!

以上、MileagePlus MUFGカードの解説でした。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪