2018年最新!おすすめクレカランキング→

セゾンカードの限度額(利用可能枠)引き上げは最大どこまで?一時引き上げ含む電話での申請方法までまとめ!

セゾンカードへ申し込みをする際にどこまで限度額を引き上げられるのか気になりますね。基本的にいくらの限度額が与えられるのかは審査によるため、申請するまでは明確な答えを見つけることは出来ません。

セゾンカードの種類によっては、商品詳細としても限度額については審査結果次第となっているカード(セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスなど)もあります。しかし、セゾンカードを所持してからは限度額を引き上げるコツがあるので、参考に覚えておくと便利です。

限度額が大きいほど確実に便利

最初に限度額の利便性を考えておきましょう。セゾンカードの用途はショッピングかキャッシングがメインとなりますが、どちらにしても限度額が大きいほど便利となります。

大きな限度額を持つことが出来ると、それだけたくさんセゾンカードを使えるようになります。限度額が小さい場合は少し買い物をすると限度額が上限に達してしまうので、クレジットカードの利便性としては限度額が高いほど便利になることを基本として覚えておきましょう。

セゾンカードの限度額の仕組み

セゾンカードの限度額の仕組みとして、申込時の希望額と増額の内容を把握しておきましょう。セゾンカードへ申し込む時は希望額を提出できるカードがあります。その場合、希望額にも上限が定められており、基本的には申込時の最大額は小さく設定されやすいです。

※セゾンは即日発行OKなのがうれしいところ。まず申し込んでみて、その後で増額を申込むのが賢いやり方でしょう。

セゾンカード<公式サイト>

セゾン・ブルー<公式サイト>

たとえば、申込時は最大で100万円となっている場合でも、セゾンカードを所持してから増額する場合は150万円や200万円と高額な限度額を目指すことが出来ます。高所得者を除けば、セゾンカードの申し込みは自然と限度額が小さくなりやすいことを覚えておいて下さい。

限度額を引き上げるためには返済能力がポイント

セゾンカードの限度額を引き上げるためには返済能力がポイントとなります。返済能力というのは収入で決まりますね?収入が高い人ほど返済能力が高くなるので、高額な限度額を狙うのであればしっかりと収入を伸ばすことも重要だといえます。

セゾンカードの申し込みは収入証明が必要ないケースがありますが、希望する限度額が高い場合や他社の借入状況によっては収入証明を提出しなければなりません。

少しでも限度額を引き上げたいのであれば、カード所持後に増額することも視野に入れて収入証明書を準備しておきましょう。収入証明書は毎月の給与明細を数部残しておけば問題ありません。個人事業主の場合は確定申告書や税の支払い書などを準備しておきましょう。高い返済能力を示すためにも必要となる書類です。

他社の借入を整理しておく方が可能性が高い

新規申込も増額も同様のことが言えますが、限度額を引き上げるのであれば他社の借入を整理しておきましょう。他社の借入というのは返済能力に大きな影響を与えるポイントです。他社の借入があることで返済能力が低く判断されるので、そうなると限度額を引き上げずらくなりますね。

他社の借入はクレジットカードやキャッシング、カードローンなどに注意をしておきましょう。借金を持っていない方がセゾンカードで限度額を引き上げやすくなります。もし、増額審査を受けて不合格になってしまった場合は他社の借入を整理してから再度審査に挑んでみて下さい。そうすれば、あっさりと限度額を引き上げられることもあります。

契約後は増額で限度額を引き上げ

セゾンカードを契約した後でも、増額から限度額を引き上げることが出来ます。その上限というのは原則として各種セゾンカードで公開されている最大極度額となります。300万円が最大となっている場合はその金額までなら限度額を引き上げることが出来ます。

スポンサードリンク

最大極度額が高いのは一般カードよりも上位カードとなります。セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードなど、上位カードへ申し込みをする方が限度額の最大値が高い傾向があることを覚えておきましょう。

カードを積極的に利用して勧誘を狙う

これはちょっとした裏技となりますが、自分で増額申請を出さなくてもクレディセゾンから増額のお知らせを受け取れることがあります。増額申請から審査を受けるケースに比べると、勧誘を受けて増額申請する方が増額審査に通りやすい傾向があります。クレディセゾンから増額の勧誘を受けるために2つの条件を抑えておきましょう。

1つの条件はセゾンカードを積極的に使うことです。カードをたくさん使ってくれるお客様はクレディセゾンにとって大きな収入源となります。特に返済方法としてリボ払いや分割払いで長期返済をしていると、勧誘を受けやすくなります。

2つ目の条件は延滞をしないことです。たくさんセゾンカードを使っても延滞することが多いなら、これは増額を認めても返済してくれない可能性があるわけですね。そのため、延滞しないことは非常に重要であり、しっかりと約定日をクリア出来なければなかなか増額の勧誘を受けることが出来ません。

キャッシングについては期待が薄い

セゾンカードのキャッシングの増額についてはあまり期待できません。

そもそも、セゾンカードのキャッシングの限度額が小さいので増額したところで大きな金額を借りることが出来ません。例えば、セゾンカードインターナショナルの場合はキャッシングの限度額が申込時で50万円まで、増額で90万円までとなっています。

増額をしても90万までしか借りることが出来ないわけです。人によっては全く限度額が足りないと感じるのではないでしょうか。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

キャッシングは他社併用が賢い

キャッシングで大きな限度額を持ちたいなら、セゾンカードと同時に他社のサービスを活用する方が賢いです。キャッシングやカードローンを単体として検討すれば、割と簡単に100万円を超える限度額を手にすることが出来ます。

また、セゾンカードのキャッシングは金利が低いというわけでもないので、金利を考慮しても銀行カードローンを利用するなど、他社の金融商品から現金を借入する方がお得にお金を借りやすくなります。

まずは消費者金融の30日間無金利キャンペーンでつないでみるのもいいでしょう。

すぐにお金が必要なら...!
  • SMBCモビット
  • 【超お急ぎの方に】10秒簡易審査!三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば、電話や来店が不要なWeb完結申込もOK!
  • アイフル
  • 【はじめてなら30日間利息0円】はじめての方なら、最大30日間の利息は0円!
  • プロミス
  • 【はじめてなら30日間利息0円 ※1】最短1時間でお金が借りれることも!
  • アコムACマスターカード
  • 【年会費無料・最短即日発行のクレカ】急ぎでクレジットカードが必要な人に!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

低金利で最大極度額が高い、これがベストなのであれば、その有力候補となるのはやっぱり銀行系ローンです。

銀行へ申し込みをする場合、限度額200万円や100万円など一定の金額までなら収入書類を提出しなくてもOKな会社があります。簡単に申し込みをしたいというなら覚えておくと便利です。

ちなみに銀行ではみずほ銀行を筆頭に最大で1,000万円まで借入可能(要審査)な銀行もあります。クレジットカードのキャッシングとは桁違いに大きな限度額を狙うことが出来ます。

使い過ぎだけは注意をしておこう

セゾンカードの限度額が大きくなると便利ですが、限度額が大きいことからついついカードを使い過ぎてしまうことがあります。

クレジットカードは貯金からお金を払っているわけではないので、使った金額は支払いをしなければなりません。貯金のような感覚になってしまうことは多々ありますが、しっかりと返済計画を立てながら上手にセゾンカードを使いましょう。

せっかく大きな限度額を持つことが出来ても、返済苦になってしまうメリットはありません。

まとめ

セゾンカードで限度額を引き上げるなら、上記の重要ポイントをしっかりと抑えておきましょう。

セゾンカードを所持してからカードの利用状況などによってクレディセゾンから増額の勧誘(自動的な限度額増額)を受けることもあります。限度額が大きくなるほど、今まで以上にセゾンカードを便利に使えるようになりますので、特別な事情がなければ増額しておくといいでしょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪