2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンゴールドカードの審査基準、特典まとめ

イオンゴールドカードの審査基準、特典まとめ

イオンゴールドカードはイオンカードの中でも上位クラスのカードとなります。一般カードよりも特典が充実しているため、イオンカード所持者としては一つの目標となるカードです。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

審査基準は意外と低い?

イオンゴールドカードを目指す上で気になるのが審査基準です。どのカードにも共通することですが、審査に合格しなければカードを発行してもらうことが出来ません。クレジットカードいおいて、ゴールドカードは上位クラスとなるため一般カードより審査基準が厳しい傾向があります。しかし、イオンゴールドカードは意外と審査基準が低い可能性もあります。

イオンゴールドカードの発行条件

イオンゴールドカードの発行条件は「直近年間カードショッピング100万円以上の方を対象に発行」となっています。これを分かりやすく説明すると、自分の意志でイオンゴールドカードに申し込むことが出来ないという意味です。年間にカードショッピング代金が100万円を超えていることが発行条件なので、まずはこれを満たさなければなりません。直近年間は毎月の10日が基準となっているようなので、1月10日から12月10日までに100万円の買い物をする必要があります。条件を満たすことが出来ると、翌月の中旬頃にイオンゴールドカードの案内が届くようになっています。

審査済みで案内が届く?

イオンが公表している発行条件から推測すると、イオンゴールドカードの案内を受け取った人は審査に合格できる可能性が高いです。イメージとしてはキャッシングやカードローン、あるいはクレジットカードの増額案内と似たよな感じですね。非公表になっている一定の基準をクリアしており、増額をしても問題ないと判断された人に増額の案内が届きます。イオンゴールドカードもカードショッピングで100万円以上を使っており、延滞や収入などに問題がないと判断された人に案内が届いていると推測できます。100万円以上の買い物をしておけば良いのではなく、それに加えて金融事故がなく返済能力も一定の基準を超えていることが重要ポイントです。

イオンゴールドカードまでの道のりを整理しておこう

イオンゴールドカードを所持するためには最初に対象となっているイオンカードを所持する必要があります。イオンカードかイオンカードセレクトが対象となっています。これらのイオンカードを所持している状態で年間に100万円以上買い物をすると、イオンゴールドカード発行のお知らせを受け取ることが出来ます。また、毎月の支払日に延滞をしないことは念頭に置いておく必要があります。頻繁に延滞をしている状態だと印象がかなり悪く、返済の安定性が認められない可能性があります。必ず支払日にきっちりと支払いをすること、これを元にしてイオンゴールドカードを目指して下さい。

イオンゴールドカードのデザインは2種類

イオンゴールドカードを目指す上でデザインが2種類あることを覚えておきましょう。ゴールドカードの案内が届く時、デザインは自動的に決定されます。まず、イオンカードとイオンカードセレクト、この両方においてデザインがディズニーとなっているならイオンゴールドカードもディズニーデザインとなります。ディズニーデザインではないカードの場合、これはシンプルなデザインのイオンゴールドカードとなります。人気が高いのはディズニーデザインでしょうか?もし、ディズニーデザインが欲しいならイオンカードやイオンカードセレクトを所持する際にディズニーデザインを選んでおく必要があるので、これは注意点として覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

審査に落ちやすい2つの状況

イオンゴールドカード発行の案内を受け取るために、2つの審査に落ちやすい状況を抑えておいて下さい。1つ目は金融事故になっている状況です。イオンカードの返済に限らず、他のクレジットカードやキャッシングなどにおいて遅延行為を繰り返している場合は金融事故になっている可能性があります。また、ここ数年内に債務整理をしている場合も同様です。2つ目は他社の借入額が大きい状況です。どんな金融商品を利用する場合もしっかりと返済をすること、そしてなるべくイオンカード一本に絞っておくこと、ここを抑えておくとイオンゴールドカード発行の案内を受け取りやすくなります。

審査基準~まとめ~

金融事故に注意をしながらも年間のショッピング合計額を100万円以上にする、これを実践するとイオンゴールドカードを目指せます。カード発行の案内さえ届けば、その後は審査基準が低いと推測できるので条件を満たすことに徹底することが大事ですね。また、イオンの公表としては他の一定の条件もあるようなので、これ以外のケースにおいてもイオンゴールドカード発行の案内が届く可能性もあります。どんな条件なのかは公表されていないので、やはり金融事故をせずにたくさんイオンカードを使うというのがポイントになります。

イオンゴールドカードの特典

イオンゴールドカードは年会費が無料です。クレジットカードにしては珍しい内容であり、普通は上位クラスのカードになるとガッツリと年会費を取られます。維持費が掛からずに保険やイオンラウンジの特典を得ることが出来るので、一般カードよりは魅力的であることは間違いありません。

国際ブランドと追加オプション

イオンゴールドカードは国際ブランドが3つあります。ビザカード、マスターカード、JCBカードから選べます。追加オプションはETCカードとイオンID、WAONと家族カード、そしてWEB明細があります。ETCカードや家族カードはクレジットカードの定番オプションですが、これを追加できるのはとても便利です。イオンゴールドカードの使い方によっても便利なオプションが変わってくるので、目的に応じて追加オプションを選んでおきましょう。

付帯保険が無料

イオンゴールドカードは付帯保険があります。海外国内の旅行傷害保険が最高3000万円、そしてショッピングセーフティー保険が年間300万円まで、これらの保険が年会費無料で付帯されるのはかなりお得です。ゴールドカードは一般カードよりも保険が充実しており安心できることが特徴でもあります。しかし、安心を手に入れるためには年会費を支払うことが多いのですが、イオンゴールドカードはそれを無料で提供しているわけです。

2つのラウンジサービス

イオンゴールドカードはイオンラウンジサービスが使えます。買い物の休憩にイオンラウンジでくつろぐことが出来るので、イオンゴールドカードを所持したらイオンラウンジをフルに活用しましょう。イオンラウンジサービス以外にも羽田空港のラウンジサービスも利用することが出来ます。羽田空港は施設がとても広く、数ヶ所のラウンジがあります。そのすべてのラウンジを利用できるので、出張や旅行で羽田空港を利用するならラウンジサービスを利用してみて下さい。

まとめ

イオンゴールドカードは年会費が無料で特典を得られるお得なカードです。ただし、招待制度になっていることから誰もが所持できるカードではありません。イオンゴールドカードの最大の魅力は付帯保険です。安心を無料で得られることが大きな魅力です。ポイント2倍や割引サービスなど、イオンカードにはお得なサービスがあります。しかし、これはゴールドカードでなければ得られないわけではありません。一般カードで毎月の20日や30日に割引を受けながらカードをたくさん使い、イオンゴールドカードを目指してみてはいかがでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード