2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンetcカードの作り方、メリットまとめ

イオンETCカードの作り方、メリットまとめ

イオンカードは追加オプションとしてetcカードがあります。全てのイオンカードにetcカードを追加できるわけではありませんが、イオンカードセレクトなどイオンのスタンダードなカードはetcカードに対応しています。これからイオンカードへ申し込むなら、追加オプションを確認してetcカードを検討してみて下さい。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

イオンetcカードの作り方

イオンetcカードを作るためにはイオンカードを持っていることが条件となります。etcカードだけを作ることができず、あくまでも追加カードであることを覚えておきましょう。イオンetcカードの作り方は、まずイオンカードセレクトなどetc対応のイオンカードを選びます。各種イオンカードの追加オプションを見ると、etcカードに対応しているかどうかを確認できます。イオンカードへ申し込むときにetcカードも同時に申し込むことが出来ます。イオンetcカードの支払い口座は申し込みをしたイオンカードと同じです。イオンetcカードの作り方は特に難しい点はありません。

オンラインからいつでも申込可能

イオンetcカードの申込方法についてはオンライン申込が可能となっています。そのため、いつでもオンラインからetcカード追加の申し込みが出来ます。どこで申し込めるのか分からないという人は、イオンの公式サイトを見ておきましょう。etcカードに関するページからすぐに申し込みを完了することが出来ます。イオンetcカードの申し込みについても難しい点はありません。

後から追加も可能

先にイオンカードを作っておき、後からetcカードを追加することも出来ます。この場合、絶対条件となるのはetcカードに対応しているイオンカードを持っていることです。数種類のイオンカードが該当するため、イオンカードの選択肢は多いです。イオンカードを作る時に将来的にetcカードが必要になるかどうかをじっくりと考えておくのが賢いですね。後からイオンetcカードを追加する場合、申し込みにおいて所持しているイオンカードの情報が必要となります。カード番号などを記載しなければならないので、カードを手元においてイオンetcカードへ申し込みをして下さい。

イオンetcカードの4つのメリット

イオンetcカードを作ればどんなメリットがあるのか気になりますね。主に4つのメリットがあるので、イオンetcカードへ申し込みをする際に参考にしておきましょう。

入会費と年会費は無料

最初に維持費について説明しておきますと、イオンetcカードは年会費がありません。無料でetcカードを持つことが出来ます。イオンカードとetcカードの同時申込、あるいは後からイオンetcカードの追加申込をする場合、どちらにおいても入会費は必要ありません。また、カードの発行手数料も必要ないので、完全に無料でイオンetcカードを追加することが出来ます。費用を気にする必要がないので、etcカードを使うかどうか分からないという人でも気軽に申し込むことが出来ますね。迷ったなら申し込みをしておきましょう。

最短で翌日にカード発行

イオンetcカードへ申し込みをしてどのくらいでカードが発行されるのか?これは最短で翌日となっています。さすがに即日からetcカードを発行するのは厳しいようです。最短で翌日にカードを発行することが可能となっていますが、これは絶対ではありません。そのため、近いうちに高速へ乗る予定があるなら余裕を持ってイオンetcカードへ申し込みをしておくのが無難です。大よそ1週間ほどを見ておけば、特に問題がない限りは手元にカードが届きます。割と早くetcカードを発行してもらえるのは便利ですね。

スポンサードリンク

お見舞金制度あり

イオンetcカードにはお見舞金制度があります。これは意外と大きなメリットとなるので、しっかりと以下を見ておいて下さい。etcにはゲートがありますね?etcを通過する時にタイミングが悪いとゲートが愛車にぶつかってしまいます。ゲートによって愛車に傷が付くと修理費用が掛かりますが、それをお見舞金制度で支払うことが出来ます。お見舞金制度の支給額は「年に一度だけ」で「一律で5万円」となっています。お見舞金制度があることで、etcゲートを通過するときも安心できます。もう、ドキドキしながらetcゲートを通過する必要はありませんね。

ときめきポイントを貯められる

イオンetcカードはときめきポイントを貯めることが出来ます。イオンカードは4つのポイントプログラムがありますが、今イオンからリリースされているetc対応のカードは全てときめきポイントが導入されています。そのため、etcを追加できるイオンカードはどれを選んでもときめきポイントを貯めることが出来るので、高速に乗るほどポイントがたくさん貯まることになります。ときめきポイントを貯められることから、長期的な目線で見るとetcカードを追加しておく方がお得ですね。普通に料金を支払ってもときめきポイントは貯まりません。少しでも得をしたいならetcカードを追加して、ガンガンときめきポイントを貯めましょう。

イオンetcカードは万人向け

イオンetcカードのメリットで最も嬉しいのは維持費が掛からないことではないでしょうか?入会費から年会費まで完全に無料となっているので、高速に乗る頻度が極端に低い人でも気軽にetcカードを追加することが出来ます。また、年に数回しか高速に乗ることがないという場合でも、etcカードを使うことによってときめきポイントをゲットできます。イオンetcカードは誰にとっても所持しやすい万人向けの内容だと思います。

イオンetcカードを車載器に登録

イオンetcカードを発行したら、そのカードを所持しているだけでは機能しません。愛車に搭載している車載器にイオンetcカードをセッティングして登録をしなければなりません。etcカードを追加したからetcゲートを通れるという凡ミスをしないためにも、etcに関する知識も身に付けておきましょう。車載器を取り付けていないなら、車載器の選び方は商品価格だけではなく工賃も含めて比較検討しておくのがおすすめです。

どのイオンカードへetcカードを追加する?

イオンetcカードを追加することを前提とするなら、これは根本的にイオンカード選びをしっかりとやっておかなければなりません。どのイオンカードにetcカードを追加しても、etcカード自体のメリットは変わりません。そのため、母体となるイオンカード選びに時間を掛けましょう。オススメなイオンカードとしては、イオン首都高カードがあります。これは首都高の通行料金が20%OFFになります。また、イオンTHRUWAYカードもオススメです。これは阪神高速道路のパーキングエリアで、ときめきポイントが10倍となります。

キャンペーンからイオンカードを選ぶのも賢いです。etcカードが搭載&追加されているイオンカードは定期的に入会キャンペーンが実施されています。キャンペーンを通すことで、ときめきポイントがプレゼントされるなどお得な内容となっています。イオンカードへ申し込みをするタイミングで、どんなキャンペーンが実施されているのかをチェックしておきましょう。普通に申し込みをするよりは確実にメリットを得られるので、積極的にキャンペーン情報を調べておきたいところです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード