2018年最新!おすすめクレカランキング→

オートチャージ機能が目玉!イオンSuicaカードを解説

オートチャージ機能が目玉!イオンSuicaカードを解説

イオンSuicaカードとは、イオンカードとSuicaカードが一緒になったクレジットカードです。両方のサービスを利用することが出来ますが、母体となるのはイオンカードです。イオンカードにSuicaの機能が備わっているとイメージすれば分かりやすいです。イオンカードが気になる、さらにSuicaも使ってみたい、そんな方は以下の解説を参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

イオンSuicaカードの特徴とメリット

イオンSuicaカードはイオンカードにおける恩恵の方が高いため、最初にイオンサービスの特徴やメリットを見ておきましょう。後半にSuicaカードを徹底解説します。

年会費が無料で所持しやすい

イオンSuicaカードは年会費が無料です。カードの発行費用も掛かりません。維持費が掛からないことからも、費用を気にせず所持しやすいクレジットカードになっています。Suica機能が搭載されているクレジットカードはいくつかありますが、費用が必要となるカードもあります。有料カードに比べると、やはりイオンSuicaカードの「維持費ゼロ」というのは大きなメリットになります。

オプションは5つを選択可能

イオンSuicaカードはオプションを4つ選択することが出来ます。ETCカード、イオンID、WAON、WEB明細の4つです。イオンSuicaカードへ申し込む際に好きなオプションを選択しておきましょう。オススメなのはETCカードとWEB明細です。高速に乗ることが多いならETCカードは便利ですし、ETCカードは無料でイオンSuicaカードに追加することが出来ます。WEB明細はカードを利用しても郵送で自宅に明細が届きません。家族に内緒でイオンSuicaカードを使いたいという状況でも、問題なくカードを使うことが出来ます。

カード盗難保障が無料で付帯

イオンSuicaカードはカード盗難保障が付いています。年会費や入会費が無料ですが、この保障も無料で付いてきます。カードを盗難された場合でも、一定の保障を受けられることから多少は安心してクレジットカードを使うことが出来ますね。また、旅行傷害保険も付帯させることが出来ますが、これはイオンではなくビューカードのサービスとなります。カードを受け取った時に付属しているパンフレットから保険内容を確認出来ますし、ビューカードの公式でも確認することが出来ます。

国際ブランドは3社

イオンSuicaカードの国際ブランドは3社を選べます。ビザカード、マスターカード、JCBカードです。3社のどれを選ぶのかによって、大きくイオンSuicaカードの特徴やメリットが変わることはありません。好きな国際ブランドを選んでイオンSuicaカードへ申し込みましょう。

感謝デーで割引

イオンSuicaカードは割引を受けることが出来ますが、2つの感謝デーを覚えておきましょう。まず、1つ目はお客さま感謝デーです。これは毎月の20日30日がお客さま感謝デーとなり、5%OFFから買い物が出来ます。2つ目は毎月15日に実施されるGG感謝デーです。これも5%OFFの割引を受けることが出来ますが、対象となるのが55歳以上の方となります。2つの感謝デーをしっかりと抑えておき、お得にショッピングを楽しんでください。

ときめきポイントが2倍

イオンSuicaカードのポイントシステムはときめきポイントです。ときめきポイントとは、イオンカードのポイントプログラムのことです。イオンカードを使うことで貯めることが出来るイオンカードのポイントなので、Suicaポイントとは区別をしておいて下さい。ときめきポイントは毎月の10日にポイント率が2倍となります。このイベントはときめきWポイントデーとして毎月開催されています。また、優待加盟店を利用することでも、ときめきポイントをお得に貯めることが出来ます。

スポンサードリンク

Suicaの機能とSuicaポイント

さて、イオンに関する特徴やメリットが分かったところで、ここからはイオンSuicaカードのSuica機能とSuicaポイントを解説していきます。

Suicaの機能がそのまま使える

イオンSuicaカードの最大の特徴はSuica機能がそのまま使えることです。Suicaをご存知の方は多いと思いますが、これはチャージ式のプリペイドカードのことです。Suicaが使えるお店やサービスはかなり多く、一般的にも浸透している便利なサービスです。コンビニはもちろんながらも、ホテルや飲食店、ドラッグストアなど、様々なシーンで活躍します。最もメジャーな使いどころは通勤です。駅の改札を通る際にSuicaを使っている人は非常に多いです。1つだけ明確に覚えておいて欲しいのが、Suica機能はSuicaが使えるお店でなければ使えません。一般的に浸透&普及しているサービスなだけにどこでも使えるというイメージがありますが、実際はそうではありません。

オートチャージ機能に注目!

イオンSuicaカードでSuica機能を使う時、これはチャージをするのがセオリーです。しかし、チャージするのが面倒ならオートチャージ機能でノーチャージからSuicaを使って下さい。チャージせずにSuicaを使うと、その代金はイオンSuicaカードのショッピング枠に請求がいきます。これによってカードを使ったことになるため、ときめきポイントを貯められるというメリットまで付いてきます。

Suicaポイントは貯まるのか?

上記の通り、イオンSuicaカードはイオンカードのポイントプログラムである「ときめきポイント」が採用されています。クレジットカードのステータスとしては、このポイントプログラムしか搭載されていません。普通にイオンSuicaカードを使うだけではSuicaポイントを貯めることが出来ません。イオンSuicaカードでSuicaポイントを貯めるためにはSuicaポイントクラブへ登録する必要があります。イオンSuicaカードのクレジットカード番号とSuicaIDがあれば、簡単に登録することが出来ます。ここへ登録をしておけば、イオンSuicaカードでSuica機能を使ってもしっかりとSuicaポイントを貯められるようになります。

まとめ

イオンSuicaカードはイオンカードセレクトやイオンカードなど、イオンを代表するスタンダードなカードと同じような性能です。他のカードと比較した場合に特徴となるのはSuica機能があることです。そのため、このカードは日頃の生活でSuicaを使うシーンが多々ある人に向いていると言えます。Suicaを使うことがないという人は、イオンカードセレクトやイオンカードでも問題ありません。イオンカードの定番な特徴や割引を抑えながらもSuicaを使いたいという人にとっては、最高に使い勝手が良いカードとなります。

一つだけ残念な点を挙げるとすれば、イオンゴールドカードの対象カードではないことでしょう。イオンゴールドカードの入会招待を受けるためには、その対象となっているカードを所持しておかなければなりません。もし、イオンSuicaカードを所持してからゴールドカードを目指したくなった場合は、イオンカードやイオンカードセレクトへ申し込みをしておきましょう。そうすれば、ゴールドカードの招待を受けられる可能性を持つことが出来ます。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード