2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンオーナーズカードの特典と条件まとめ

イオンオーナーズカードの特典と条件まとめ

イオンオーナーズカードをご存知でしょうか?これはイオンがリリースしているクレジットカードとは別物となるカードです。投資家の方には特に注目して頂きたいカードとなります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

イオンオーナーズカードの詳細

イオンオーナーズカードはイオンの株式を持っている方が所持できるカードとなります。発行条件から特典までを見ていきましょう。

発行条件~手順①~

イオンオーナーズカードは誰もが持てるカードではありません。発行条件はイオンの株式を保有していることが条件となるので、イオンオーナーズカードを所持するためにはイオンの株を買わなければなりません。すでに投資をしている方については証券会社で口座を開設していると思いますが、これからイオンオーナーズカードを目指す方は先に証券会社を選ぶ必要があります。株式の取引が可能で手数料が安い、これを参考に証券会社を探してみて下さい。大手ならSBI証券やマネックス証券など、これらを抑えておけば間違いないでしょう。特にSBI証券は取引ツールが素晴らしい為、強くオススメ出来ます。

発行条件~手順②~

さて、イオンオーナーズカードの発行条件ですが、イオンの株式を最低株数保有しておく必要があります。イオンの株式の最低購入数は100株なので、100株を購入しておけばイオンオーナーズカードを絶対に入手できます。イオンオーナーズカードはクレジットカードのように審査がありません。株式を保有していれば株主名簿に登録されるので、必ずイオンオーナーズカードが発行されます。ここで疑問に感じるのはイオン株を100株購入するための資金ではないでしょうか?

あまり株式の知識がない方は以下を参考にして下さい。

イオンの株式は100株から購入することでき、100株を購入すればイオンオーナーズカードを入手できます。100株を購入するために必要な投資資金はイオン株価×100株+証券会社手数料となります。証券会社の手数料はさほど気にしなくても良いです。ポイントはイオン株価です。今の時点でイオン株価は1514円なので、1514円×100=15万1400円となります。

必要な投資資金が分かったところで、次に気になるのは投資の損失ですね?リスクを回避してイオンオーナーズカードを入手する方法があるので、後に徹底解説します。

発行条件~その③~

イオンオーナーズカードはイオン株を100株持てば良いのですが、重要なのはそのタイミングです。権利確定日にイオン株を100株持っていることが絶対条件となります。権利確定日は2月末と8月末の2度あります。ちなみに、イオンオーナーズカードの有効期限も権利確定日から権利確定日となります。そのため、有効期限は2月末から8月末、8月末から2月末となります。それぞれの権利確定日にイオン株を保有しておく必要があります。

発行条件~その④~

権利確定日にイオン株式を保有しており、その後に大よそ2ヶ月ほどでイオンオーナーズカードが発行されます。2月の末なら4月の末頃、8月の末なら10月の末頃となります。ここで少しイオンオーナーズカードの有効期限を考慮しておきましょう。有効期限は権利確定日から権利確定日の6ヶ月間ですが、実際にカードが発行されるのは権利確定日から2か月後となります。2月末の2ヶ月後の4月末にカードが発行され、その時点から8月の末までが有効期限となります。そのため、実際は有効期限が4ヶ月ほどなので注意をしておきましょう。

損失リスクを回避する方法

投資未経験の方にとって、イオンオーナーズカードを目指すのは少し不安を感じると思います。その理由は株を保有しなければならないので、イオン株が下がると損失が出るからですね。しかし、実際のところはリスクを回避してイオンオーナーズカードを所持できます。

スポンサードリンク

権利確定日というのは2月末と8月末ですが、それぞれの末日にイオン株式を保有していれば問題ありません。2月末にイオン株を保有しており、翌月の3月の最初の市場でイオン株を売却してもイオンオーナーズカードは発行されます。ここを抑えておいて下さい。

株式投資のリスクとは、株式を保有している日数が長いほどリスクが高まります。そのため、最もリスクが低いのは権利確定日にイオン株を購入しておき、権利が確定したら速攻でイオン株を売却する方法となります。この方法だと、リスクがあるのは夜間取引と週末の連休となります。東京市場が閉まっている夜間や連休において、世界的な地政学的リスクや天変地異が起こらない限りは大損することはほぼないでしょう。

イオンオーナーズカードの特典

イオンオーナーズカードの特典はキャッシュバックとラウンジサービスです。イオンの対象店舗で買い物をする際にオーナーズカードを提示すると、キャッシュバックを受けることが出来ます。ラウンジは大型のイオン店舗に設置されているラウンジとなります。

キャッシュバック率

イオンオーナーズカードは保有している株数でキャッシュバック率が異なります。100株から499株で3%、500株から999株で4%、1000株から2999株で5%、3000株以上で7%となります。これは買い物代金に対するキャッシュバック率となるので、株式の購入代金は関係ありません。多くの株数を保有するほどキャッシュバック率は高くなります。

キャッシュバックを受けるための条件

買い物をする際に現金払いやクレジットカード払いなど、支払い方法は色々と対応しています。絶対にイオンカードを持っていなければならないということはありませんが、基本的にイオンカードを持っている方がお得です。支払いをする際にイオンカードで支払いをすればポイントが付与されますし、その上で株式の保有数からキャッシュバックを受けることが出来ます。なるべくイオンカードと併用してイオンオーナーズカードを利用しましょう。

キャッシュバックの受け方とラウンジサービス

買い物でイオンオーナーズカードを提示して、その場でキャッシュバックを受けられるわけではありません。後からイオンのサービスカウンターでキャッシュバックの申請をすることになります。買い物をする時に店頭でキャッシュバックの受け方を聞いておけば、丁寧に説明してくれるのでさほど気にする必要はありません。必ずイオンオーナーズカードを提示すること、これをしっかりと頭に入れておきましょう。

ショッピングの休憩として、イオンのラウンジを利用することが出来ることもイオンオーナーズカードの魅力です。キャッシュバックサービスと同時にラウンジサービスもフル活用しましょう。

まとめ

イオンオーナーズカードに魅力を感じる方は、イオンで買い物をすることが多い人だと思います。イオンでお得に買い物をするなら、イオンカードセレクトなどイオンカードを所持しておくことです。イオンカードを持つことで割引を受けることができ、さらにときめきポイントやWAONポイントなどを貯めることが出来ます。しかし、それ以上にお得となるのがイオンオーナーズカードでしょう。このカードはキャッシュバックを受けられることが魅力です。イオンカードと併用をすると、割引とポイントに加えてキャッシュバックも利用できるようになるのでかなりお得です。イオンファンなら、しっかりと入手しておきたいカードですね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード