2018年最新!おすすめクレカランキング→

三井住友VISAのラウンジサービス徹底解説!

クレジットカードは、今や特典で選ぶ時代

クレジットカードが支払い専用なんて、もったいない!

現金を使わずに支払いができる便利なクレジットカード。
しかし、現代のクレジットカードは、もはや、ただ単に支払いに利用するためだけのものではありません。
クレジットカードにはさまざまな特典が付いており、それらを有効活用することで、生活をより豊かにすることができるのです。
三井住友VISAのラウンジサービスも、そのひとつです。

特典は利用機会の多さで選ぼう!

特典を意識してクレジットカードを選ぶ際には、気を付けておきたいポイントがあります。
肝心なのは、その特典を自分が利用する機会がどれくらいあるか、です。
普段、利用する機会が少ない特典がいくら付いていても、自分にとってプラスにはなりません。
三井住友VISAのラウンジサービスがプラスとなるのは、頻繁に空港を利用される方々です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

全国の空港で三井住友VISAカードのラウンジサービスを満喫しよう!

ラウンジは飛行機搭乗前の安らぎの空間

ラウンジとは、飛行機の搭乗者のために空港に設置されている、特別な待合室のことです。
中ではゆったりとくつろぐことができるほか、いろいろなサービスを受けることができます。

三井住友VISAカードのラウンジサービスは28の空港で利用可能

三井住友VISAカードでは、全国28の空港の39のラウンジでラウンジサービスを受けることができます。
旅行や出張などで頻繁に空港を利用される方に、特におすすめです。

ラウンジサービスの中身とは?

ラウンジサービスの内容はさまざま

ラウンジサービスの内容は、各空港によってさまざまです。
一例としましては、ドリンクのサービスや無線LANへの接続、パソコンの貸し出し、コピー・FAX、シャワーなどが挙げられます。
また、限定空間でリラックスできることも大きな魅力です。
なお、それぞれのサービスの利用が無料なのか有料なのか、無線LANのみなのか有線LANもあるのか、といったことは事前に確認しておいた方がよいでしょう。

複数のラウンジがある空港もある

空港によっては、1つの空港内に複数の種類のラウンジが存在するところもあります。
この場合、それぞれで異なるサービスを提供している場合があり、目的に応じて利用するラウンジを変えることができます。

三井住友VISAカードの種類について

三井住友VISAカードは種類が豊富!

一口に三井住友VISAカードといっても、実はいくつもの種類があります。
ネット決済に便利な三井住友VISAバーチャルカードや、最上位カードにあたる三井住友VISAプラチナカードなど、カードによって特徴もさまざまです。

クレジットカードは全14種!

三井住友VISAカードのクレジットカードは、14種類あります。
具体的には以下の通りです。
(※以下の (学生) とは、学生専用のカードのことです)。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
  • 三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAクラシックカード(学生)/三井住友VISAクラシックカードA(学生)
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAアミティエカード(学生)
  • エブリプラス
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友VISAプラチナカード
  • 三井住友VISAバーチャルカード
  • 三井住友銀聯(ぎんれん)カード
  • ゴールドローン

銀聯カードと提携カードについて

三井住友銀聯カードとは?

前項のリストの下から2番目にある三井住友銀聯カードについて、ご説明しておきます。
三井住友銀聯カードは、中国での使用に特に力を発揮するカードです。
また、最近、中国以外でも加盟店が拡大中ですので、より便利さが増しています。

三井住友VISAカードの提携カードとは

三井住友VISAカードは、提携カードの多さも魅力です。
ANAカードや京王プラザホテルエグゼクティブカード、さらにはViViカードやプレミアムバンダイVISAカードなど、幅広く提携しています。
提携カードの種類は合計で178種類もあり、多様なニーズに応えることができます。

三井住友VISAカードのラウンジサービスの利用条件とは

全てのカードでラウンジサービスが利用できるわけではない

これまで見てきましたように、三井住友VISAカードは種類が非常に豊富なのですが、残念ながら、全てのカードでラウンジサービスを利用できるわけではありません。
ラウンジサービスを利用可能なカードは、三井住友VISAカードの中でも、ごく一部に限られているのです。

ラウンジサービスを利用可能なカード一覧

三井住友VISAカードの中で、ラウンジサービスを利用可能なカードは、以下のようになっています。

スポンサードリンク

  • 三井住友VISAプラチナカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード

ラウンジサービスの利用条件に関する注意点

提携カードや家族会員も利用可能

ラウンジサービスを利用できるのは、基本的には前項でご紹介したカードに限ります。
しかし、それ以外にも、ラウンジサービスを利用できるケースがあります。
具体的には、提携カードに入会している場合や、家族会員になっている場合が該当します。

ラウンジサービスを利用できないケースとは

既にご紹介しましたように、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードでは、ラウンジサービスの利用が可能です。
しかし、カード名にゴールドと入っていても、ヤングゴールドカード(※30歳未満)の場合、ラウンジサービスの利用はできません。
他にも、ラウンジが満席や貸し切りとなっている場合には、利用できないことがあります。
また、いずれの場合でも、カードの提示は必須です。カードを忘れて提示ができなかった場合、利用はできませんので、ご注意ください。
1-1

三井住友VISAカードでラウンジサービスを利用できる空港とは

日本中の28もの空港で利用が可能

三井住友VISAカードは、日本全国の28の空港で、ラウンジサービスを利用できます。
また、空港によっては複数のラウンジで異なるサービスを提供している場合があるため、目的に応じてチョイスすることが可能です。

三井住友VISAカードでラウンジサービスを利用可能な空港一覧

三井住友VISAカードでは、以下の空港でラウンジサービスを利用することができます(複数の種類のラウンジがある場合には、( )内の数字で表示しています)。

  • 新千歳空港(2)
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 成田国際空港(2)
  • 羽田空港(8)
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港(4)
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

ラウンジサービスを利用する際に注意しておきたいポイントとは?

ラウンジごとにサービスの内容や時間帯は異なっている

ラウンジサービスの内容や時間帯は、各空港によって異なっています。
同じ空港に複数のラウンジがある場合には、どのラウンジを選ぶかで、利用できるサービスの内容が違ってくる場合もあります。
そのため、事前にきちんと情報をチェックしておく必要があります。

事前にチェックしておきたい6つのポイント

ラウンジサービスの利用前に、あらかじめチェックしておきたいポイントとしては、以下の6つがあります。

  • ラウンジは1つか、複数か
  • 提供されるサービスの内容
  • ラウンジの営業時間
  • ラウンジを利用できるのは出発手続きの前か後か
  • ラウンジの1回の利用は何時間まで?
  • 同伴者がいる場合の料金

受付時間にも注意

ラウンジによっては、受付時間が設定されているところもあります。
この場合、たとえ営業時間内であっても、受付時間が過ぎていると利用できませんので、ご注意ください。

同伴者の無料利用について

三井住友VISAプラチナカードなら1名まで無料!

同伴者の利用料金に関しては、三井住友VISAプラチナカードの場合のみ、特典があります。
他のカードでは無料利用できるのは本人1名のみですが、三井住友VISAプラチナカードでは、本人以外に同伴者1名も無料となります。
(本会員と家族会員の場合、それぞれにつき、同伴者1名まで無料となります)

利用には当日の搭乗券が必要

上記の無料利用は、同伴者が利用当日の搭乗券を所持している場合に限ります。これは、提携カードの場合も同様です。
なお、ANA VISAプラチナ プレミアムカードに限り、ANAラウンジでは同伴者有料となりますので、ご注意ください(カード会社ラウンジでは、同伴者1名まで無料です)。

同伴者の有料利用について

無料利用の特典がなくても有料利用なら可能

既にご紹介しましたように、ラウンジサービスの同伴者の無料利用は、一部のカードでしか、できません。
しかし、有料利用なら可能です。
また、無料利用可能な人数を越えた場合にも、有料で利用することができます。

有料利用の料金は?

有料利用の料金は、1人あたり1000円前後のところが、ほとんどです。
また、お子様の場合、年齢によっては無料となります。
ちなみに空港によっては、有料利用の人数によって料金が変わるところもあります(鹿児島空港)。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード