2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンカードをポイント還元率から徹底比較

イオンカードをポイント還元率から徹底比較

イオンカードは感謝デーで割引を受けられるなど、イオンにおけるメリットがたくさんあります。しかし、クレジットカードはやっぱりポイント還元率でメリットが変わりますね。イオンカードをポイント還元率に焦点をあてながら徹底比較してみましょう。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードのポイント還元率の平均水準

クレジットカード全体としてポイント還元率を見ると、その平均水準は0.5%~1%です。最低のポイント率が2%以上なら、それはかなりメリットが大きいクレジットカードです。有名どころのクレジットカードのポイント還元率を見てみましょう。

楽天カード1~3%、オリコカード1~2.5%、ライフカード0.5~2.5%など、殆どのカードは下が0.5~1%です。イオンカードの最低ポイント率は0.5%なので、至って平均的な水準だと言えます。しかし、実際のところは大よそ0.5%であり、商品交換のポイントを見る限りは商品によって還元率が大きく異なることが分かります。

イオンカードのときめきポイントは200円で1ポイントです。1000ポイントでワタミグループ食事券2000円分、2000ポイントでイオンコンパス海外パッケージ旅行券3000円分、4500ポイントでイーハート食事券5000円分などなど、還元率が確実に0.5%というわけではありません。イーハート食事券は4500ポイントで5000円分なので、ほぼ1%ですね。

ポイント還元率はあくまでも参考指標に留めておき、自分が交換したい商品が豊富かどうかに注目しておくことが大事です。ポイント還元率が良くても、交換先となる商品やサービスが乏しければ意味がありませんね。

イオンカードのポイント交換先はどうなのか?

イオンカードのポイント交換先はカテゴリーが多いことが特徴的です。フードからキッチン周りのアイテム、美容からキッズ&レジャーなど、カテゴリーは文句なしです。全体として見ると、生活に関する商品やサービスが多い印象を受けます。主婦や学生、あるいは子供がいる家庭にとっては色々と欲しい物を見つけやすいと思います。一方、趣味という点ではこれといって特徴的な商品やサービスがありません。

魅力的なポイントの交換先がない場合の常套手段となるのが、ギフト券やitunesカードなどです。他のポイントへ交換するというのも良く使われる方法ですね。この観点からときめきポイントの交換先を見ても、少し物足りなさを感じます。いくつかのギフト券等は用意されていますが、万人にとって嬉しいオールマイティーな使い勝手抜群の交換先がありません。絶対的な逃げ道としてイオン商品券という手がありますが、これはあまりオススメできません。ポイントを交換する際に交換手数料として250ポイントを消費することになります。

生活で役立つ商品やサービスにはかなり強く、趣味など尖った商品やサービスには弱い、ときめきポイントはこのような感じです。人それぞれの趣味に合った交換先はありませんが、これは考え方次第でメリットに変えられます。お歳暮の季節などにギフトを贈るなら、その際にポイントを消費するとお得です。また、家族を持っているなら食事券に交換すると食費が節約できます。生活に関する交換先が多いことから、これこそ「万人向けのポイントプログラム」、と表現することも出来ますね。

イオンカードのポイントの貯まり方

イオンカードのときめきポイントは200円で1ポイントがベースとなるので、まずはこれを覚えておきましょう。2000円で20ポイントの2万円で200ポイントとなります。普通にイオンカードを使ってもなかなかポイントが貯まらないわけですが、イオンカードの嬉しいところは「ポイント率アップ日」があることです。

スポンサードリンク

例えば、毎月の10日のときめきWポイントデーはポイントが2倍です。一か月に数回ほどしかカードを使わないなら、毎月の10日に照準を合わせてカードを使う方がお得です。このポイント率アップ日はカードによって内容が異なるので、カード選びの際にしっかりと確認しておきましょう。

通常は200円で1ポイントですが、イオンカードセレクトの場合なら常にポイントが2倍です。ポイントを重視するなら、他のイオンカードを選ぶよりはイオンカードセレクトを選ぶ方がポイントは2倍の速度で貯まることになります。イオンカードセレクトは200円で2ポイントなので、ポイント還元率は1%となります。ポイント率アップ日に振り回されるのが嫌だ!という人は、こうしたイオンカードがあることを参考にしてみて下さい。

本当はイオンカードはポイントを貯めやすい

イオンカードのポイントシステムの200円で1ポイント、これを見てお得なカードと思う人はかなり少ないと思います。多くの人はポイントが貯まらないと感じるでしょう。しかし、本当はイオンカードはポイントを貯めやすいカードです。上記で紹介したイオンカードセレクトの常時ポイント2倍、これ以外にも高いポイント率でポイントを貯める方法があります。

優待加盟店を利用する場合、それぞれの店舗で設定されているポイント率からポイントを得ることが出来ます。これはときめきポイントクラブというサービスですが、対象の店舗において最低でもポイント率が2倍になっています。

コスモ石油2倍、ツヴァイ2倍、近畿日本ツーリスト2倍など、普通のポイント率よりも高いです。RHトラベラーなら3倍ですし、ミボン未来屋書店の電子書籍ストアなら5倍となっています。このように対象店舗をうまく利用すれば、普通にイオンカードを使うよりもガンガンポイントが貯まります。

ときめきポイントタウンは最大で21倍

ときめきポイントクラブを利用すれば各店舗によってポイント率が高くなり、イオンカードセレクトなら常にポイントが2倍、さらにポイントアップデーを利用するのも一つの方法です。イオンカードはお得にポイントを貯める方法が色々と用意されていますが、最後に覚えておいて欲しいのが「ときめきポイントタウン」です。

ときめきポイントタウンというのはイオンのネットショッピングモールで、有名なお店が加盟しています。このショッピングモールを通してイオンカードを使うと、最大でポイント率が21倍となります。他のお得なポイントの貯め方と比較すると破格ですね?

ときめきポイントタウンの仕組みはときめきポイントクラブと同じです。いろんなお店が加盟している中で、各店舗によってポイント率が異なる仕組みです。買い物をする時はときめきポイントタウンで目的の商品やサービスをチェックしておきましょう。もしかすると、ポイントが21倍になっているかもしれません。

まとめ

イオンカードのポイント還元率は0.5%~1%が普通です。しかし、お得なポイントの貯め方が複数用意されており、それを駆使することで大きくポイントを貯められるようになっています。しかも、ポイントアップを利用するのは難しい方法ではなく、ポイントアップデーに買い物をしたり、イオンのネットショッピングモールを利用するなど、簡単な方法から高倍率でポイントを貯めることが出来ます。ここまでポイントプログラムを熟知しておくと、ポイント還元率0.5%~1%以上にポイントを貯めやすいカードであることが分かると思います。また、カードの種類によってはときめきポイントの他にもWAONポイントなどを同時に貯めることが出来るので、イオンカードのポイントプログラムは使い方によってはメリットが高いと言えます。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード