今すぐクレカが必要な方は→

イオンカードはVISA,MasterCard,JCBのどれを選ぶべき?気をつけるポイントを徹底解説

イオンカード

イオングループが発行しているクレジットカードである「イオンカード」

イオングループでの買い物が割引になったり、ポイントが貯まりやすかったりと、イオングループを日常的に利用している人にとってはとてもお得なカードです。

そんなイオンカードは国際ブランドVISA・MasterCard・JCBの3つを選べます。

国際ブランドを気にしない人もいますが、選ぶ際に気を付けるべきポイントがいくつかあるのをご存知ですか?

今回はイオンカードについて、選べるおすすめ国際ブランドなどをご紹介します。

イオンカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
イオン系列によく行く方へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

イオンカード<公式サイト>

イオンカードの紹介

イオンカード

まずはイオンカードについて詳しく解説していきます。

イオンカードの基本スペック

一言でイオンカードと言っても、イオンカードにはイオンカードセレクト、イオンJMBカード、イオンSuicaカードなど10を超える種類があります。

それぞれのカードごとに特典は異なるのですが、以下のスペックは多くのカード共通です。

▼イオンカードの多くに共通するスペック

    • 年会費無料
    • 家族カード・ETCカードも年会費無料
    • 国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBの3つから選べる
    • 購入後180日まで補償してくれるショッピング保険が付帯している

このように年会費無料で作成できるので、1枚持っておいても損がないイオンカード。

そんなイオンカードはイオングループで買い物をするときにも嬉しい特典があります。

毎月20・30日はイオングループでの買い物が5%オフ

ここが素敵!
イオングループ(イオン・ビブレ・マックスバリューなど)は、毎月20日と30日にお客様感謝デーを開催しています。

イオンお客様感謝デーでは、イオンカードを提示するだけでお買い物が5%オフに。

年会費無料のクレジットカードなのに、この特典は嬉しいですよね。

もちろん買い物が割引になった時も、クレジットカードのポイントはしっかり付与されます。

イオングループを日常的に利用する人であれば、かなり嬉しい特典ですね。

イオンカードのポイントについて

そんなイオンカードですが、国際ブランド関係なく【通常200円の利用ごとに1ポイント】が貯まります。

つまりポイント還元率は0.5%ということですね。

しかし、イオングループで買い物をすると100円の利用ごとに1ポイントが貯まるので、ポイント還元率は1%になります。

ただ楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントはどこで買い物をしてもポイント還元率が1%。

ポイント還元率のみで選ぶのであれば、イオンカードは少々不利です。

こういった点も理解した上で、イオンカードを作成するかどうかは検討しましょう。

ケロンくん

イオンカードはイオングループでの買い物ではとにかくお得に使えるよ♪

イオンカード(ミニオンズ)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
イオン系列の店舗・USJに行く方へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.5)

ミニオンズカード<公式サイト>

↑かわいいミニオンズの柄もオススメ↑

イオンカードの国際ブランド選び方

国際ブランド

それではクレジットカードの国際ブランドについてと、イオンカードでの国際ブランドの選び方について解説していきます。

国際ブランドって何?

イオンカードの国際ブランドには、VISA・JCB・MasterCardがあります。

▼国際ブランドの役割

    • 決済システム・ネットワークの開発と管理
    • 加盟店へのライセンス管理
    • 国際ルールの取り決め

などがあり、クレジットカードという仕組みの中枢を担っています。

日本で発行されているクレジットカードは、いずれかの国際ブランドと提携しており、国際ブランドを通じて決済をしています。

ケロンくん

国際ブランドがしっかりしたシステムを構築しているから、安心してクレジットカードが使えるんだね!

▼国際ブランドについての詳しい解説はこちら

【JCB,VISA,MasterCard】国際ブランドはどれがいい?国内シェアは?海外旅行に行くなら?国際クレジットカードとは?

動画でも解説しているよ!

1,海外に行く頻度によって選ぶ

イオンカードの国際ブランドを選ぶときは、どの国際ブランドを選べばよいのでしょうか。

国際ブランドの選び方1つ目は、海外へ行く頻度によって選ぶことです。

クレジットカード決済が可能な店舗は、契約した国際ブランドのクレジットカード決済ができるようになります。

国際ブランドごとに契約している店舗が異なるため、「VISAは使えるけどJCBは使えない」ということが十分ありえるケースです。

日本ではあまり感じないと思いますが、海外では国によって国際ブランドの広がり方が全然違います。

イオンカードのVISAとJCBどっちを選ぶかで悩んでいる場合、海外ならVISAブランド一択です。

ポイント!
海外に行く頻度が多い人は、世界的に普及している国際ブランドであるVISAかMasterCardを選びましょう。

【参考】国際ブランド別シェア

JCBは利用できる国が限られるため、海外向けのクレジットカードとしては少し心もとないですね。

【2018年の世界におけるクレジットカードの国際ブランド別シェア】

順位国際ブランド名クレジットカードシェア率
1位Union Pay(銀聯)57.60%
2位VISA24.77%
3位MasterCard15.33%
4位JCB0.96%
5位American Express0.84%
6位Dinners Club /Discover0.48%
出典:THE NILSON REPORT「Global cards-2018」

1位のUnionpayは中国で主に流通している「銀聯カード」です。

中国の人口が多いため、中国人が多くカードを作るとどうしても全体のシェアを押し上げてしまいます。
(2015年時点では15.0%だったシェアが2018年には50.0%を超えました)

「私たち日本人が世界で使えるクレジットカード」というのを意識したときは、VISA or Mastercardのシェアを考えるといいでしょう。

この2つと比べるとアメックスやJCBのシェアがかなり少ないことがわかりますね。

2,メインカードとは違う国際ブランドにする

国際ブランドの選び方2つ目は、メインカードとは違う国際ブランドを選ぶことです。

VISAとMasterCardの2社で世界シェアの80%以上を占めていますが、店舗によって利用できる国際ブランドは違います。

そのためクレジットカードはいろいろな国際ブランドを所持しておいた方が便利です。

たとえば、メインカードでMasterCardブランドを持っていれば、イオンカードではJCBかVISAのどちらかを選ぶことがポイント。

イオンカードのおすすめブランドはメインカードと違う国際ブランドだといえるでしょう。

ポイント!
はじめてクレジットカードを持つ!という場合は、イオンカードのVISAがおすすめブランドです。

イオンカードのディズニーデザインはJCBのみなので注意

イオンディズニーカード

イオンカードの中には、ディズニーデザインが選べるカードがあります。

ディズニーファンであれば嬉しいデザインなのですが、ディズニーデザインを選べる国際ブランドはJCBのみ。

JCBは海外で利用できる場所がVISAやMasterCardに比べると少ないです。

しかし、国内であれば使える場所は多いから、国内での利用が多い人であれば問題なく使えます。

イオンカードでVISAかJCBのどっちかで悩んでいる場合は、カードデザイン(ディズニー)が豊富なJCBを選ぶのも1つの手です!

イオンカードセレクト(ミニオンズ)も登場!

なんとあの大人気の「イオンカード(ミニオンズ)」に新バージョンが登場しました!

ミニオンズの中でもとびきりキュートなボブがローブを着ている「キングボブ」のカードフェイスがとってもキュートです。

映画「ミニオンズ」でのワンシーンを思い出しますね。

イオンゴールドカードの紹介

直近年間ショッピング額が100万円を超えると、イオンカードゴールドのインビテーション(招待)がきます。

▼「イオンカードゴールド」の基本スペック

    • 年会費無料
    • 年間300万円までのショッピング保険が付帯
    • イオンラウンジが利用できる
    • 海外旅行傷害保険は最高5,000万円、国内旅行傷害保険は最高3,000万円まで利用付帯
    • 国内空港ラウンジを6空港12ラウンジ利用可能

インビテーションが必要なカードではありますが、年会費無料で持てるゴールドカードはとても貴重。

イオンカードをメインカードとしているのであれば、狙ってみたいカードですね。

海外・国内旅行保険の利用付帯とは?

イオンゴールドカードは海外旅行傷害保険は「自動付帯」でした。

しかし、2019年4月1日以降は「利用付帯」に変更となります。

カード保険

そのため現在では、保険適用を受ける条件として、日本出国前に旅費や交通費などをイオンゴールドカードで支払う必要があります。

その代わりに保険内容は以前よりも手厚くなりました。

イオンゴールドカード保険

イオンカードを有効活用しよう

ここまでイオンカードの国際ブランドについて解説をしてきました。

▼まとめ

    • 海外旅行に行く(VISA/Mastercardがオススメ)
    • メインカード以外の国際ブランドにする

この2つを軸に国際ブランドを選んでみましょう。

イオンカードはイオンユーザーにとっては嬉しいカードなので、みなさんもイオンカードを有効活用しましょう。

イオンカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
イオン系列によく行く方へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

イオンカード<公式サイト>

イオンカード(ミニオンズ)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
イオン系列の店舗・USJに行く方へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.5)

ミニオンズカード<公式サイト>

画像の出典

  • 出典:イオンカード(公式サイト)
  • 出典:イオンカードセレクト(公式サイト)
  • 出典:イオンゴールドカード(公式サイト)
  • 出典:暮らしのマネーサイト(公式サイト)