2018年最新!おすすめクレカランキング→

色々なところで割引!イオンカードのクーポンのダウンロード方法と使い方

色々なところで割引!イオンカードのクーポンのダウンロード方法と使い方

イオンカードの割引は基本的に「お客さま感謝デー」です。毎月の20日や30日はイオンの対象店舗で5%割引となります。また、55歳以上の方を対象とした「GG感謝デー」なら、毎月の15日が5%OFFとなります。これらの感謝デーはイオンカードの優待特典となりますが、「会員だけが知っている」イオンカードの割引というのがあります。イオンカードを検討中なら会員限定の割引についても参考にしてみて下さい。

イオンカードはクーポンがある

イオンカードは定期的に会員限定として割引クーポンが配布されます。

①クーポンの入手方法

クーポンの入手方法は2つあります。1つ目は郵送によるクーポンの配布です。利用明細が自宅に郵送される場合など、一緒にクーポン情報が送られてくることもあります。2つ目の入手方法はWEBです。WEB明細を希望している場合、暮らしのマネーサイトへログインすることが出来ます。暮らしのマネーサイトでは、イオンカードの利用状況などを確認することが出来ますが、ここでクーポンを入手することが出来ます。

②ダウンロード方法と使い方

暮らしのマネーサイトからクーポンをダウンロードするのはとても簡単です。暮らしのマネーサイトへログインをして、好きなクーポンを選択してダウンロードすれば良いだけです。クーポンをダウンロードすると、各種クーポンによって有効期限など詳細が書かれています。対象店舗や期限などを確認してお得にクーポンから買い物をしましょう。

イオンカードのクーポンに関して、ダウンロード方法や使い方が分からないという人よりも、そもそもクーポンの存在を知らないという方の方が多いのではないでしょうか。WEB明細を利用すると自宅に明細が届かないので、暮らしのマネーサイトへログインしなければ情報が分かりません。最初は毎月ログインしていても、特に目的がなければログインする頻度が落ちますし、毎月の請求を確認するためにログインするのも面倒になってきます。こうした場合にクーポンの存在に気付かないケースがあります。

③クーポンは基本的に併用不可

イオンカードのクーポンは基本的に他の割引サービスと併用することが出来ません。例えば、感謝デーで5%OFFのクーポンで10%OFF、合計で15%OFFという使い方が出来ません。そのため、感謝デーと被っている場合など、対象商品や店舗を考慮しながらもお得な割引を選択することが大事です。

④感謝デーより割引率が高い

イオンカードの感謝デーは期間限定キャンペーンを除けば、最大で5%OFFとなります。クーポンの場合は10%OFFや15%OFFなど、感謝デーよりも割引率が高いクーポンがたくさんあります。色々なところで割引を受けたいなら、しっかりとクーポン情報をチェックしておきましょう。

クーポン活用のコツは見逃さないこと!

イオンカードのクーポンは定期的に内容が更新されます。上手にイオンカードのクーポンを利用するなら、これはクーポン情報を見逃さないことが何よりも重要となります。暮らしのマネーサイトをお気に入りへ追加しておき、最低でも一か月に一度は暮らしのマネーサイトへログインをしてクーポン情報を確認しておきたいところです。感謝デーから5%OFFで買い物をするのはお得ですが、クーポンの内容によってはそれ以上の割引で買い物が出来る可能性があるので、チェックしておいて損は無いでしょう。

クーポンをチェックするついでに

暮らしのマネーサイトでクーポン情報をチェックするついでに、会員向けの定期キャンペーンも見ておきましょう。

スポンサードリンク

①会員向けキャンペーンの確認方法

会員向けキャンペーンはクーポンと同様に暮らしのマネーサイトから確認できます。会員向けキャンペーンは暮らしのマネーサイトへログインしなくても、キャンペーン情報のページから詳細を確認することが可能です。その時々によって、キャンペーン内容が変更されるため、クーポンをチェックしながらも会員向けキャンペーンも見ておきましょう。

②割引以外の特典も多数あり

会員向けキャンペーンでは、割引以外の特典も多数揃っています。キャッシュバックやギフト券、あるいはイベントの観戦チケットなど、商品の種類が豊富なことが魅力です。イオンカードによって応募できるキャンペーンが異なるので、自分が所持しているイオンカードが対象となっているキャンペーンを見てお来ましょう。

提携先の割引情報も見ておこう

イオンカードの割引は「クーポン」と「感謝デー」、そして「会員向けキャンペーン」の3つをチェックしておくことがベースとなりますが、それに加えて提携先のサービスも見ておくと完璧です。提携先があるイオンカードでは、提携先における割引が用意されていることがあります。これはイオンカードを作成する際に提携先で割引などの特典があるかどうかを見ておくことが大切です。逆に提携カードなのに特にメリットがないカードもあります。失敗しないためにも、提携系のイオンカードを作るなら、しっかりと提携先のサービスを見ておきましょう。

ポイントの恩恵も忘るべからず

イオンカードは割引だけではなく、ポイントによる恩恵も意識しておきましょう。

①4つのポイントを使いこなせ

イオンカードはポイントプログラムが4種あります。ときめきポイントがメインとなっていますが、WAON一体型ならWAONポイントを貯めることができ、JMB系カードならマイルを貯められます。各種カードにどんなポイントプログラムが搭載されているのか異なるので、ポイントプログラムを確認しながらイオンカードを作りましょう。

②割引を使いながらもポイントを貯めるのがコツ

最大限にイオンカードのメリットを得るならば、クーポンや感謝デーからしっかりと割引を活用し、さらにポイントをいかにお得に貯められるのかを考えることが大事です。割引とポイントの両方からメリットを得るのは意外と難しいです。

クーポンを使う場合は対象店舗や商品が決まっており、さらに限定クーポンなら有効期限まで決まっています。その状況でポイントアップ日を狙ったり、ときめきポイントクラブから高倍率のショップを利用するのはなかなか難しいです。

理想なのは一度の買い物で割引を受けられポイント率が2倍以上になることですが、それが叶わない場合はどちらを優先すべきかを決めておきましょう。例えば、ポイント率が2倍で割引率が10%なら、これは基本的に割引を優先する方がお得でしょう。

2万円の買い物でポイント率が2倍だと200ポイント、還元率が1として200ポイントは現金で200円の価値です。2万円に対する10%割引は2000円となります。

③ときめきタウンは最大で21倍

ポイントが最もお得なケースはときめきタウンの最大21倍です。2万円の買い物をすると通常なら100ポイントですが、21倍なら2100ポイントとなります。これと言ってお得なクーポンがなく、感謝デーの5%OFFもいまいちという場合はポイント重視でときめきタウンを使うのもありです。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

また、ときめきクラブでも2倍以上でポイントを貯めることが出来るので、こちらも抑えておきましょう。

まとめ

イオンカードは割引やポイントのキャンペーン、あるいはお得なサービスが非常に多いです。イオンカードをお得に使うためには、割引かポイントのどちらかは必ずゲットしておきましょう。毎回の買い物でどちらを優先するのか決めておくというよりは、その時によってキャンペーン内容やクーポン内容が変わるので、買い物をする度にお得情報を調べておくのが最も賢いイオンカードの使い方となります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪