2018年最新!おすすめクレカランキング→

オリコ・エディオンカードの審査・年会費・特典・還元率・キャンペーンなど

エディオンカード、

エディオンをよく利用する人であれば、当然、持っておいた方がよいクレジットカードになっています。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

とはいえ、電化製品は早々購入するものでもありませんよね。

テレビや冷蔵庫、洗濯機は基本的に壊れるまで利用する場合も多いかと思うため、中々、足を運ぶ機会はないのも事実です。

であれば…このエディオンカードは、どのように活用をしていったらよいのか?

これも踏まえて、エディオンカードの特徴を見ていきましょう。

気になる審査は…ズバリ「緩い方」に分類される

まず気になる、エディオンカードというクレジットカードの審査についてです。

この審査が通らなければ、この後に説明する内容は全くの無意味であるため、最初に触れていきたいと思います。

 

結論から言ってしまえば、審査は他クレジットカードと相対的に見て「緩い方」と言えます。

審査基準に関しては、御存知の通り、表に出てくる情報ではないため「どれくらい緩いのか?」などは、はっきりとは分かりません。

ただ「初めてクレジットカードを所持する」という人でも審査が通過しているという実績があるため「緩い方」といえるわけです。

実績はないけどクレジットカードを持てる

オリコエディオンカードに限らずですが、初めてクレジットカードを使用するという人を避けたいのが本音。

理由は単純で「しっかりとお金を支払ってくれるか?が未知数」だからです。

つまり信用情報機関に何も履歴が登録されていない状態のため、実績で判断することができません

言ってしまえば、ギャンブル的な要素も含まれてしまい、リスクを避けるためにも、本当は避けたい(審査落ちにしたいです)のです。

それにも関わらず、初めてのクレジットカードの場合でも審査を通過させてくれるわけですから「緩い方」に分類されると言っても、決して大袈裟な話ではないと言えるでしょう。

合わせて読みたい

年会費は必要だけど年間15万円の壁を突破できれば無料に

年会費は「980円」が必要となります。

税別のため、税込みで表記すると「1,058円」となるため、1,000円超えになってしまいます。

1,000円程度であれば、まだ安い方とはいえますが、昨今、年会費無料のクレジットカードは多数存在するため、「高く見えてしまう」のは致し方がないと言ったところでしょうか。

ただ、とある条件を満たせば、年会費を無料にすることができます。

それが「年間15万円をエディオンの各店舗で購入する」というもの。

つまり、どこの店舗でもよいので、合計で年間15万円を、このエディオンカードで支払えば年会費は無料になるという条件となります。

年間15万円の壁はハードルが高い?

年間15万円となると、毎月1万円とちょっとを利用しないといけない計算。

意外とハードルの高い金額ではあります。

が、最近のエディオンは、家電以外にも生活雑貨を始め、ゲームソフトなど様々な商品が販売されています。

したがって、可能な限り、エディオンで買い物をすれば、達成できなくはない数字ということは間違いありません。

1,058円のために「何処までするか?」がポイントにはなってきますが、損がないようにしっかりと計算をして、どうしていくのか?を決めることが年会費のポイントになってきます。

ちなみにですが、入会初年度は15万円以上を利用しても無料にはならないという、非常に意地悪で厳しい但し書きがあることも、合わせて理解をしておきたいところです。

エディオンならではの特典はやはり利用価値が高いサービス

年会費については、なかなか厳しい面があるというネガティブなイメージになってしまったかもしれません。

しかし、そのネガティブさを凌駕することができるのが、エディオンカードに付帯している「特典」になります。

エディオンならではの特典を得ることができるため、大変、利用価値が高いサービスということができるのです。

大きな目玉特典が「長期修理保証」になります。

スポンサードリンク

言葉からも察することができる通り、通常の保証よりも更に長くすることができるサービスです。

5,000円以上の指定商品という条件があり、全ての商品が対象となるわけではないというのが、残念な点になってしまいますが…。

対象商品は非常に多いため、正直なところ、さほど気にならないというのが実態です。

アップル製品が対象外なのは痛い…

ただし、アップル社製品は目玉である「10年保証」の対象にはならないというのが、気になるところではありますが。

人気が高い商品だけありネガティブなイメージになってしまいますが、逆の捉え方をすれば、エディオン側が保証をしたくない理由がある(壊れやすい)というメッセージが隠されているのかもしれませんね。

ともあれ、通常のメーカー保証よりも断然長い保証をしてくれるサービスとなるため、上手に利用することができれば、年会費1,058円の影が霞むほどの利用価値が高いサービスと言えるでしょう。

ポイント還元率は当然のことながら「エディオン利用」が有利

長期修理保証という魅力的な特典を先程、紹介させて頂きましたが…もう1つ、大きな特典があります。

それがポイント還元率になります。

エディオンで買い物をしたとき、何と、通常の5倍ものポイントが付与されることになります。

例えば、1,000円の商品を購入すれば、50ポイント(50円分)が付与されるわけですから、非常に大きいということは言うまでもありません。

ただ注意しておきたいのは、家電やパソコンを購入した場合、100円で1ポイントの還元率になってしまうということです。

「さっきの話と違うじゃないか!」と、お叱り声を頂いてしまうかもしれません。

やはり、パソコンや家電製品のような高額商品になってくると、高い還元率でポイントを付与してしまうと…エディオン側も非常に苦しい状況、つまり利益が小さくなってしまうため厳しいのです。

だからこそ、高い商品を購入する際には、しっかりと値引き交渉を行って、還元率が低くなってしまった分を取り戻すようにしましょう。

ともあれ、それでも一般的な商品(ゲームソフトなど)であれば、5ポイント付与されることになるため、上手にポイントサービスを活用していきましょう。

キャンペーンを駆使することで更にお得に活用することができるカード!

Jリーグはお好きですか?その中でもサンフレッチェ広島というチームはお好きですか?

唐突に申し訳ございません。

実は、サンフレッチェ広島の開幕戦のチケットが当たったり、グッズが貰えたりすることができる、キャンペーンが実施中となっています。

期間限定(2016年10月15日~2016年12月15日)ではありますが、チケット代など、なかなか高いため、サッカー好きにはたまらないキャンペーンといえるのではないでしょうか。

さて、ここでは、サンフレッチェ広島を焦点にお話をしてしまいましたが、もちろん他にも多くのキャンペーンが実施されています。

クレジットカードを使う人の中には、この手のキャンペーンを全く上手く活用ができない人が多くいらっしゃいます。

エディオンカードは、常々、多くのこのようなキャンペーンを実施しているため、小まめに公式サイトチェックすることを強くオススメいたします。

オリコのキャンペーンも活用

さらに、エディオンカードは、オリコと提携して発行されているクレジットカード

したがって、オリコが行っているキャンペーンも利用することができることになるため、こちらも、欠かさず小まめにチェックをするようにしましょう。

国際ブランドを選択できる

オリコエディオンカードは、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドを選択することができます。

言うまでもなく、こちらの国際ブランドでも独自のキャンペーンを実施しているため、しっかりとチェックしておくとよいでしょう。

JCBの場合は、ディズニーリゾート系のキャンペーンが常々行われているため、ディズニー好きは必見です。

合わせて読みたい

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード