2018年最新!おすすめクレカランキング→

誰にふさわしい?基準はどのくらい?アメックスプラチナカードへの挑戦目安

誰にふさわしい?基準はどのくらい?アメックスプラチナカードへの挑戦目安

アメリカンエキスプレスカードはゴールドカードが最上級ではありません。ゴールドカードの上にプラチナカードがあります。プラチナカードはゴールドカードがより魅力的になったカードなので、「アメリカンエキスプレスプラチナカード」を所持することでプライベートからビジネスまで様々なメリットを得られるようになります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

インビテーション制ってなに?

アメリカンエキスプレスカードにプラチナが存在することを知らない人も多いのではないでしょうか?その理由は、プラチナカードについてはインビテーション制になっているからです。インビテーション制とは「invitation=招待」、アメリカンエキスプレスから招待を受けた人だけがプラチナを所持することが出来ます。プラチナはインビテーション制なので大々的にアメックスがプラチナを宣伝しているわけでもなく、一般的にはプラチナよりもゴールドカードの方が知名度が高いです。

プラチナは誰にふさわしいのか?

アメリカンエキスプレス・プラチナカードは高所得者向けのカードです。招待を受けられる基準やカードの詳細など、色々と謎に包まれているわけですが、「高所得者向け」という点は間違いないでしょう。どのくらいの年収があれば招待を受けられるのか?これはその基準を知ることは出来ません。

プラチナカードの招待を受けるために年収が高いことは重要ポイントとなりますが、年収が高くなければならない理由はカードの利用頻度にあります。たくさんカードを使わなければ招待を受けることは出来ません。これがインビテーション制の基本であり、カードをたくさん使うためには相応した収入が必要となります。要するにこのシステムから考えると高所得者でなければ所持することが難しいことが分かります。

どのくらいカードを使えば良いのか?

さて、気になるのはカードの利用額です。いくらカードを使えばプラチナの招待を受けることが出来るのか?これは利用期間も含めて推測する必要があります。

まず、短期的に5万円や10万円を使ったところでプラチナの招待を受けることは出来ないでしょう。利用額が小さいためアメックスへの貢献度が低いからです。また、一か月で50万円や100万円を使ってもプラチナの招待を受けられる可能性はまだ低いと考えておきたいところです。

利用代金が高いほど招待を受けられる可能性が高くなりますが、それと並行してアメリカンエキスプレスカードを継続利用することも重要だと考えられます。アメックスの立場で考えると、短期的にカードを高額利用してもらっても継続性がないと殆どメリットがありません。また、長期的に利用者のカード利用状況を見なければ、カード利用と返済の両方において安定性を判断することが出来ませんね?

プラチナの招待を受けるためには数か月から1年に渡って継続してカードを使うことが重要です。その間に絶対に「遅延行為」をしないこと、これをしっかりと抑えておきましょう。利用代金については継続性を元にして頻繁にカードを利用するのが効果的であり、その金額が高額なほどプラチナが近づくことは間違いありません。どうしてもプラチナを目指したいなら、最低でも「利用額100万円」を念頭に置いておきましょう。

利用額+利用期間から考察

カードの利用額の節目から考察すると、これは50万円か100万円、100万円以上は50万円ごとを節目として推測しておくと無難です。プラチナカードの招待の基準は絶対に公表されることがありませんが、ある程度は推測できます。利用代金の基準が50万は少々低いように感じます。次の節目である100万円はプラチナ招待の基準として設定しやすい節目です。本当に高所得者向けならば、100万円から150万円、あるいは100万円から200万円ほどを見積もっておく必要があります。それ以上の利用代金は少し想像しずらいものがあります。その理由は後に解説します。

スポンサードリンク

基本的に利用代金は割と大雑把でも招待を受けられるでしょう。例えば、基準が100万円だとすると、99万円の利用代金でも招待を受けられる可能性は十分にあります。99万円と100万円の差はそれほどないと考えます。それ以上に重要視される可能性が高いのが利用期間と安定性です。安定性は主に2つが推測できます。1つはカードを継続して利用しているかどうか、もう1つは返済で遅延行為がないかどうかです。

カードの利用期間は1ヶ月では何も判断出来ません。2ヶ月でも少々データが少ないですね。こうして推測すると最低でも3ヶ月や半年、長い目線で見ると1年間が妥当な気がします。利用期間が1年以上になってくると、アメックスからすればプラチナの招待はかなり送りやすいのではないでしょうか?

無難な路線で考察すると、利用期間3ヶ月から1年に渡って利用額100万円を基準としてアメリカンエキスプレスカードを使う、これを継続するとプラチナカードの招待を受けられる可能性が高いです。それでも一向に音沙汰がない場合、利用額を次の節目に合わせてカードを使ってみましょう。

実は簡単に作れるプラチナカード

上記で少し触れましたが、プラチナカードの招待を受けるために基準となる利用額はそれほど高くないと思われます。その理由はアメリカンエキスプレス・プラチナカードは「電話申込」に限っていつでも申し込めるからです。表向きはインビテーション制となっていますが、実はいつでも申し込めるカードなのです。

①人によってはすぐにでも作れる可能性がある

プラチナカードは申込が可能なので、人によっては今すぐにプラチナカードを作れる可能性があります。アメックスにとって長くお付き合いをしておきたいお客様、それに該当する人なら本当にあっさりとプラチナカードが作れるでしょう。

②どんな人が好まれる?

上記で考察したように年収やカードの利用頻度などを除いて考えると、やはり勤務先の会社名や役職は考慮されそうですね。大手の有名な会社で重役に就いている、こうした状況の人は上流階級で生活をしている傾向がありますし、お金が潤っている人と付き合う機会も多いです。そんな人にプラチナカードを持ってもらうと、アメックスからすればコストゼロでお付き合いをしたい人に自社のアピールが出来るようになります。

③気になるならチャレンジすべし

プラチナカードは電話から申し込むことが出来るので、なかなか招待が届かないという人は積極的にプラチナカードの審査にチャレンジしてみましょう。意外と簡単に合格できるかもせいれません。もし、不合格になっても将来的にずっとプラチナ所持の可能性がゼロになるわけでもないので、プラチナカードが気になるなら審査を受けてみて下さい。

まとめ

結論として、アメリカンエキスプレス・プラチナカードはインビテーション制になっているとは言え、電話から申込をすることが可能となっています。そのため、プラチアカードを目指したいというなら、申し込みをしてみるのが早いです。また、電話をしてプラチナカードへ申し込むことが出来なかったり、審査に落ちてしまったとしても、プラチナカードに関する詳細を少なからず得ることが出来ます。その詳細を元にして、今後はプラチナカードを目指しやすくなるので、申し込みにチャレンジしてみるのがオススメです。

プラチナ挑戦までの登竜門に

アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典・還元率
(4.0)
マイル還元率
(4.5)
ステータス
(4.0)
総合評価
(4.0)

アメックスカード<公式サイト>

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
マイル還元率
(4.5)
ステータス
(4.5)
総合評価
(4.5)

アメックス・ゴールドカード<公式サイト>

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
マイル還元率
(5.0)
旅行・出張時のカード利便性と威力
(5.0)
総合評価
(5.0)

アメックス・スカイ・トラベラー・カード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪