2018年最新!おすすめクレカランキング→

伝説のカード!MUFGプラチナカードを徹底解説

fireshot-capture-363-mufg%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa_-http___cr-mufg-jp_amex_apply_mufgcard_plati
(出典:http://cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_platinum/index.html

MUFGプラチナカードとは、三菱UFJニコスが発行する最上級のカードです。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

公にリリースされている三菱UFJニコスのプラチナカードは7種類ありますが、それ以外に「伝説」と言われるMUFGプラチナカードが1つ存在します
それは「Recognized Vip」というMUFGプラチナカードです。

Recognized Vipが伝説な理由

「Recognized Vip」が伝説な理由はインビテーションカードだからです

三菱UFJニコスから招待を受けた人だけが所持できるMUFGプラチナカードとなっています。

とにかくカードをたくさん使って三菱UFJニコスに対する貢献度を高くする、これ以外に招待を受けるため詳細は明らかになっていません。
何かとベールに包まれているため、「Recognaized Vip」は伝説と言われています。

MUFGプラチナカードは誰でも所持できる!

三菱UFJニコスにはプラチナカードが7種類ありますが、それらのプラチナカードについては誰でも所持できます。もちろん、三菱UFJニコスの下位カードに比べると審査が厳しくなることが予想できますが、審査にチャレンジできるという意味では「伝説のカード」よりは遥かに所持しやすいでしょう。

最もスタンダードなMUFGプラチナカード

三菱UFJニコスのプラチナカードの中でも「MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」が最もスタンダードなプラチナカードとなります。

これの上位カードにあたるのが「Recognaized Vip」となります。
そのため、伝説のカードを目指すのであれば三菱UFJニコスで「MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」を作っておくのが良いですね。このカードを所持してたくさんカードを使えば招待を受けられるかもしれません。

参考記事

MUFGカード徹底解説!提携カードの数はどこにも負けない、ステータスもカードフェイスもこだわりたいならMUFGカードが絶対オススメ!【2017年最新版】
三菱UFJニコスのマスターカードを徹底解説
年会費無料、ニコスカードのお得な使い方とは?
三菱UFJニコスカードの口コミを集めてみました!

Recognized Vipの印字がかっこいい!

伝説のカードは「MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」の左下に「Recognaized Vip」という文字が刻まれます。だから、カードの外観からもレアカードなことが分かります

このカードを所持している人はかなり少ないと言われているので、もし会社の同僚や友人と食事へ行った時にお会計で「Recognaized Vip」の印字が刻まれているカードで支払いをしている人がいたなら、その人はかなりレアです。
一目、伝説のカードを拝ませてもらいましょう。

伝説のカードの詳細

伝説のカード「Recognaized Vip」の詳細について見ていきましょう。

①年会費

「Recognized Vip」の年会費は20,000円で家族カードは無料となっています。

翌年度の年会費は前年度のカードの利用額によって変わるシステムとなっています。

年間で

  • 300万円以上カードを使えば年会費が20,000円
  • 300万円以下なら年会費が50,000円

となります。

大きな年会費の差となっているので、1年間で300万円カードを使っておく方がお得です。

通常のMUFGプラチナカードとの違いは?

fireshot-capture-368-mufg%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa_-http___cr-mufg-jp_amex_apply_mufgcard_plati
(出典:http://cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_platinum/index.html

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードも年会費が20,000円ですが、前年度システムを除けば「Recognaized Vip」との違いは家族カードは1名まで年会費が無料で2名からは3,000円の年会費が必要となることです。

「Recognaized Vip」を所持したら家族カードは全員年会費無料となるので、家族全員で伝説のカードを共有してみてください。

②最大極度額

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの最大極度額は500万円です。

「Recognized Vip」は最大極度額が500万円からとなっています。

つまり、相談に応じて500万円以上の利用枠を所持できます。
最低でも利用枠が500万円からなので、かなり大きな利用枠を持てることは間違いありません。

家族カードを発行して家族で「Recognaized Vip」を頻繁に利用するなら、大きな利用枠を所持しておきたいところです。
クレジットカードで利用枠が最低で500万円というのは破格なレベルです。

スポンサードリンク

③専任の担当者付き

fireshot-capture-365-mufg%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa_-http___cr-mufg-jp_amex_apply_mufgcard_plati
(出典:http://cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_platinum/index.html

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードは「プラチナ・グルメセレクション」というサービスからコンシェルジュが予約を受け付けてくれます

それに対して「Recognized Vip」は専任の担当者が付きます
食事へ行きたいと思ったら、専任の担当者に連絡をすれば予約を任せられるのでかなり便利です。

④保険の補償額

「Recognaized Vip」には旅行傷害保険とショッピング保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険はMUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードと同じで1億円です。

国内旅行傷害保険は

  • MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードは5,000万円
  • 「Recognized Vip」は1億円

となっています。

ショッピング保険は

  • MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードが300万円
  • 「Recognized Vip」が500万円

となっています。

保険の補償額も上位ランクとなっているので、より一層安心してカードを使えることは間違いないでしょう。

⑤プライオリティパス

fireshot-capture-331-%e3%82%a8%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83
(出典:http://www.eposcard.co.jp/index.html

プライオリティパスというのは空港ラウンジサービスの無料パスのことです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードは本会員だけが無料で同伴者は2,000円となります。

「Recognized Vip」は同伴者1名も無料となり、2人目からは2,000円となります。
2人で旅行へ行く場合は伝説のカードの方が2,000円お得となります。

⑥国際ブランドはアメックス

fireshot-capture-366-american-express-merchant-services-i-_-https___www209-americanexpress-com
(出典:https://www209.americanexpress.com/merchant/dashboard/ja_JP/home?inav=jp_menu_merchant_top

「Recognized Vip」の国際ブランドはアメックスです。

これはMUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードも同じです。

完全に高所得者向けのカード

さて、伝説のカードの詳細はいかがでしたか?

「Recognized Vip」の詳細を見る限り、完全に高所得者向けの作りとなっていることが分かります

年会費が20,000円か50,000円か、それを決定する基準のカード利用代金が300万円です。

年会費が20,000円円でも50,000円でも、クレジットカードの年会費としては平均的な金額です。
前年度システムのカード利用代金300万円、これは高所得者でなければ達成することは難しいでしょう。

ノルマの300万円の倍額の年収で600万円、3倍なら年収900万円、最低でもこのくらいの年収を所持していなければ招待を受けることは難しいような気がしますね。

まとめ

「Recognized Vip」は三菱UFJニコスカードの中でも最高峰なカードであることは間違いありません。全てにおいて破格なステータスとなっています。

残念ながら「Recognized Vip」は申し込みから審査を受けることが出来ないので、気長に三菱UFJニコスから招待が届くのを待つしかありません。

「Recognized Vip」への近道は?
やっぱり年収を底上げすることでしょうか

年収が高いことが1つの基準となっており、そこにプラスαとしてカードの利用頻度を考慮されるのだと思われます。

年収が高くなると自然とカードをたくさん使えるようになるため、まずは目先の目標として「高所得者」の仲間入りを目指して伝説のカードの招待を狙ってみて下さい。
「Recognized Vip」は相当レアなカードなので、これを所持することが出来るとカードを使うのが楽しくなりそうです。

合わせて読みたい

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード