2018年最新!おすすめクレカランキング→

年会費2000円!MUFGゴールドカードを徹底解説

年会費2000円!MUFGゴールドカードを徹底解説

mufgカードでゴールドカードを作るならオススメの2枚があります。「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」です。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

どうしてオススメなの?

「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」は年会費が1905円です。税込みで大よそ2000円の年会費でゴールドカードを持つことができます。他のUFJニコスゴールドカードの年会費は1万円ほどが相場となっており、「JALアメリカンエキスプレスカード」は年会費が19000円です。他のゴールドカードに比べると年会費2000円はかなり安いです。

ゴールドカードの年会費の相場

三菱UFJニコスを含めてクレジットカードの「ゴールドカード」は一般カードの上位クラスとなります。一般カードは年会費無料が多く、年会費が設定されていても1000円や2000円と安い金額です。ゴールドカードの年会費の相場は大体1万円から3万円ほどであり、三菱UFJニコスのゴールドカードの年会費は平均的な金額です。

他社を含めてカードの年会費を比較しても、「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」の年会費2000円はかなり安いので、維持費を抑えて上級カードを持ちたいという人にとっては選びやすいカードとなります。

2つのカードの違いは?

「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」の違いは国際ブランドです。

mufgカード・ゴールド

「mufgカード・ゴールド」の国際ブランドは3つを選択できるようになっています。「ビザカード」と「マスターカード」と「JCB」です。どの国際ブランドを選んでもカードのステータスに違いはありません。そのため、好きな国際ブランドを選んでください。

mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード

mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカードの国際ブランドは名前の通り「アメックス」のみとなります。このカードはアメックスにおける特典が付いています。アメックス特典として入会初年度は「国内でポイントが1.5倍」の「海外でポイントが2.0倍」となっています。また、アメックスの代表的なサービスである「アメックスコネクト」を利用することができます。優待が豊富に揃っているサービスとなるので、割引という点ではこちらのカードの方が一歩リードといった感じです。

お得なのはアメックス?

2つのカードを比較した場合、お得なのは「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」となります。やはり、入会初年度にポイント率が高くなるのはお得です。しかし、この特典を活用するためにはカードを使うことが必須となるので、入会してからそれほどカードを使うことがないなら、どちらのカードを選んでも大差はありません。海外旅行へ行く予定があったり、積極的にショッピングをするつもりなら「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」を選んでおきましょう。

割引についても「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」の方がお得だと思います。アメックスコネクトから限定優待を利用できるので、旅行へ行くことが多かったりショッピングをすることが多いなら、いろんなお店で割引を受けられます。

2つのカードは年会費が同じなので、じっくりとメリットを比較検討しておきましょう。

スポンサードリンク

国際ブランドによる違い

少し国際ブランドについて補足しておきます。2つのカードを合わせて4つの国際ブランドがあるわけですが、この中で海外で最も活躍するのは「ビザカード」と「マスターカード」となります。この2つの国際ブランドは加盟店が多いため、世界のどこへ行ってもmufgゴールドカードを使いやすくなります。

「アメックス」については「ビザカード」や「マスタカード」に比べると加盟店が少ないです。本拠地がアメリカとなるので、アメリカを中心にカードを使いやすい傾向があります。4つの中で「JCB」が最も海外に弱いです。そのため、「mufgカード・ゴールド」を選ぶなら国際ブランドはビザカードかマスタカードを選んでおくのが無難です。

アメックスとJCBはビザカードやマスターカードに劣りますが、この2つの国際ブランドは提携しているのでお互いの加盟店で利用できるというメリットがあります。そのため、「mufgカード・ゴールド」で「JCB」を選ぶのであれば、「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」を選ぶ方が使い勝手は変わらないものの、アメックス特典からポイント率が高くなったり割引を受けられることからお得となります。

ビジネス専用カードもある

「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」には「ビジネスカード」もあります。ステータスは似たような内容ですが、法人向けのビジネスカードとなっているので、対象者が自然と限られてきます。法人としてゴールドカードを検討しているなら、このカードも年会費が2000円となるのでコストはかなり小さく抑えられます。また、上記と同様にビジネス専用カードでもアメックス特典から「アメックスセレクト」や「ビジネスアドバンテージ」、「ポイント率アップ」などの特典が付いています。

mufg特典は?

2つのカードに共通するmufg特典としては、「保険の付帯と空港ラウンジ」があります。旅行傷害保険が海外と国内に対応しており、最大で2000万円の補償額です。ショッピング保険で100万円まで補償額が設定されており、国内渡航便については遅延保険で2万円が補償されています。

空港ラウンジは海外は「ハワイホノルル国際空港」のみ、国内は各地域に点在している主要な空港が対象となっています。

年会費が安い他のゴールドカード

「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」以外にも、年会費が安い三菱UFJニコスカードを紹介しておきます。

「キャセイパシフィック・mufgカード・ゴールド・MasterCard」は年会費が5000円、「京急プレミアポイント・ゴールドHANEDA AIRPORT PLUS」は年会費が2000円、「GDO・mufgカードゴールド・American Express」は年会費3000円、「GDO・mufgカードゴールド・Visa」は年会費3000円、「Miles&More・mufgカード」は年会費5000円、「MileagePlus・mufgカード」は年会費5000円です。これらのカードはすべて提携カードとなります。

「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」については提携カードではなく、三菱UFJニコスのオリジナルカードとなるので最もスタンダードなゴールドカードです。提携カードも年会費がリーズナブルなカードが多いので、定番カード2種とセットで検討してみて下さい。

まとめ

2つのmufgゴールドカードは年会費が2000円とかなり安い金額です。初めてゴールドカードを所持するなら良い候補となりますね。「mufgカード・ゴールド」と「mufgカード・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード」は三菱UFJニコスのメリットは大差がなく、国際ブランドがポイントなります。上記のように「ビザカード」や「マスターカード」で使い勝手の良さを重視するのか、それとも「アメックス」の特典を重視するのか、ここが分かれ目となります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード