2018年最新!おすすめクレカランキング→

三菱UFJ銀行を海外で使用する方法

三菱UFJ銀行を海外で使用する方法

三菱UFJ銀行に口座を持っているなら、海外へ行った時に三菱UFJ銀行を利用することが出来ます。海外での使用方法は基本的に国内と同じです。ATMを通して現金を引き出すことが出来ますし、デビットカードで支払いをすることも出来ます。あるいはクレジットカードを作っておけば、いつでもカード払いが出来るようになります。

三菱UFJ銀行と三菱UFJニコスについて

これから海外で使える「カード」についてご紹介しますが、その前にカードの発行元に関する知識を覚えておいて下さい。「三菱UFJ銀行」と「三菱UFJニコス」は名前が似ていますが、カードを作る時は発行元が異なります。簡単に説明すると、「三菱UFJ銀行」で作れるカードは「三菱UFJニコス」にはありませんし、その逆もありません。両者は同じグループですが、カードについてはそれぞれが独自にサービスを提供しているので区別をしておきましょう。今回は前者の「三菱UFJ銀行」に焦点をあててお送りします。

海外でも使い方は国内と同じ

三菱UFJ銀行を海外で使う場合、初めての方にとっては使い方のイメージを持ちずらいと思います。しかし、使い方は国内と全く同じなので心配ありません。ATMから現金を引き出したいなら、現地でATMを探せば良いだけです。お店でカード払いをするなら、「クレジットカード」か「デビットカード」を使えば簡単に支払いを済ませることが出来ます。

2つの方法を覚えておこう

三菱UFJ銀行を海外で使用するなら「デビットカードとクレジットカード」のどちらかを選ぶことになります。

海外で使おう!~デビットカード~

デビットカードは三菱UFJ銀行に口座開設する際に一緒に申し込むことが出来ます。審査も不要で誰でも作れるようになっているので、海外で三菱UFJ銀行を使う可能性があるなら申し込みをしておきたいところです。

①デビットカード

三菱UFJ銀行で口座を開設すると、デビットカードを発行することが出来ます。キャッシュカードとは別としてデビットカードを持てるので、海外へ行く時はデビットカードを持って行くことになります。デビットカードはクレジットカードではなく、あくまでも預金口座からの支払いとなります。使い方は簡単であり、支払いをする時にデビットカードを提示すれば良いだけです。口座にお金があればその場で決済を済ませることが可能です。

デビットカードはチャージ式ではありません。デビットカードでATMから現地通貨でお金を引き出すことができ、預金口座からの支払いでカード払いができるようになります。使い方がとても簡単なので、初めて海外で三菱UFJ銀行を使うならデビットカードがオススメです。

②デビットカードは年会費1080円

デビットカードは発行手数料が掛かりませんが、年会費が1080円必要となります。初年度は年会費が無料であり、翌年度からは原則として1080円の年会費が掛かります。しかし、前年度に10万円以上の買い物で翌年度は年会費が無料となり、入会してから最初の年会費を支払う請求月に「23歳以下」であるなら、これも年会費が無料となります。仮に年会費が必要でも1080円とリーズナブルな価格なので、それほど気にする必要は無いでしょう。

③デビットカードは即時決済

海外でデビットカードから三菱UFJ銀行を利用する場合、これは基本的に即時決済となります。預金口座から利用代金が引き落とされるシステムになっているので、クレジットカードとは仕組みが異なります。海外でデビットカードを使う時はクレジットカードと同様に「為替レート」がポイントとなりますが、三菱UFJ銀行のデビットカードはビザカードであり、為替レートはビザカードの管理下となります。

スポンサードリンク

手数料はビザカードが決めている為替レートを基準として、その為替レートに3%の手数料が掛かるようになっています。具体的な手数料額や為替レートによる換金率を調べるなら、デビットカードを発行してからビザカードへ問い合わせておきましょう。

海外で使おう!~クレジットカード~

三菱UFJ銀行では、「キャッシュカード一体型」と「クレジットカード単体」の2つのクレジットカードが用意されています。クレジットとして海外で三菱UFJ銀行を使いたいなら、デビットカードではなくクレジットカードを作っておく必要があります。

①キャッシュカード一体型

三菱UFJ銀行のクレジットカードは数種類がラインナップされていますが、その中でも「スーパーICカード」が「キャッシュカード一体型」となります。普通の「ICカード」はキャッシュカードとクレジットカードが別となっているので、一体型を希望するならスーパーICカードを選んでおきましょう。

一体型のメリットは?

キャッシュカードとクレジットカードが一つになっていると、これはカードの管理が楽というメリットがあります。他社においてもキャッシュカードやクレジットカードをたくさん持っている場合、どのカードがどの会社の物なのか管理するのが大変です。そういう意味では、一体型を選んでおく方が便利となります。

②年会費が無料のクレジットカード

三菱UFJ銀行の年会費が完全無料のクレジットカードは4種類あります。「ICクレジットカード三菱UFJ-VISA」、「ICクレジットカードKIPS三菱UFJ-VISA」、「スーパーICカード・TOKYU・POINT・PASMO・三菱UFJ-VISA」、「スーパーICカードSuica三菱UFJ-VISA」の4つです。他にも数種類のカードがありますが、年会費が10800円となっています。年間で100万円以上のカード利用で翌年度から年会費が無料となりますが、条件が高所得者向けとなっています。維持費を節約するなら、年会費が完全無料の4種を選んでおきましょう。

③クレジットカードの方が利便性は高い

海外で三菱UFJを使うことを想定すると、これはデビットカードよりもクレジットカードの方が利便性は高いです。特に特典による差が大きく、例えばクレジットカードを使うことで「三菱UFJポイント」を貯めることが出来ます。同額の支払いでもポイントを貯められる方が長期的にはお得になります。

クレジットカードを使うことのデメリットとしては、やはり返済方法によっては手数料が高くなることでしょう。1回払いや2回払いを活用するなど、支払いについてはしっかりと計画を立てておき、手数料を安く抑える工夫をしておくのが理想です。その点についてはデビットカードは口座引き落としとなり、手数料は為替レートを基準に3%となっているので、デビットカードの方が手数料が安くなる可能性もあります。

まとめ

海外で三菱UFJ銀行を活用するにあたり、「デビットカード」と「クレジットカード」の両方を作っておくのが便利です。デビットカードは年会費が1080円と安くなっていますし、クレジットカードは年会費無料のカードがあります。クレジットカードをキャッシュカード一体型にしておくと、デビットカードを発行しても2枚のカードを管理するだけで済みます。海外シーンにおいて口座引き落としにするか、それともクレジットカード払いにするか、選択肢を増やすという意味では両方を作成しておく方が使い勝手が良くなりますね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪