2018年最新!おすすめクレカランキング→

MUFGカードで利用できる空港ラウンジを徹底解説

MUFGカードで利用できる空港ラウンジを徹底解説

mufgカードは種類によって特典で「空港ラウンジ」が付いています。飛行機に乗ることが多いなら、空港ラウンジを利用できるmufgカードを選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

空港ラウンジは意外と高い

日頃から旅行や仕事で飛行機に乗ることが多い人ならご存知だと思いますが、空港のラウンジは意外と高いです。空港ラウンジというのは搭乗を待つ間にリラックスできる空間であり、食事をしたり雑誌を読む、インターネットを楽しむなど、各ラウンジにおいて様々なサービスが用意されています。

料金に関してはそれぞれの空港によって異なりますが、1000円から3000円ほどが相場です。喫茶店でちょっとした時間を過ごすのと同じくらいの料金相場となっています。空港の利用頻度にもよりますが、mufgカードを所持することで1000円~3000円を無料にすることが出来ると、長期的に見たらかなりお金を節約することができます。

空港ラウンジが付帯されているmufgカード

mufgカードは種類が多いですが、空港ラウンジが付帯されているカードはゴールドカードやJALカードとなります。全てのmufgカードに空港ラウンジサービスが備わっているわけではないので、この点は注意をしておきましょう。空港を利用する機会が多いなら、マイルを貯められる「JALアメリカンエキスプレスカード」がオススメです。また、旅行傷害保険が付帯されており、ポイントプログラムも充実している「mufgカード・ゴールド」も選びやすいカードです。

空港ラウンジが使える空港

mufgカードの空港ラウンジサービスは世界のすべての空港が対象となっているわけではありません。まず、海外においては「ハワイホノルル国際空港」が対象となっています。国内においては主要ないくつかの空港が対象となっています。国内では対象の空港が多いので空港ラウンジを活用できるシーンが多いですが、海外ではハワイオンリーとなります。旅行や出張へ出かける前にどんな空港が対象になっているのかを調べておきましょう。

空港ラウンジの使い方

実際にmufgカードの空港ラウンジサービスをどうやって使うのかと言いますと、これはカウンターで「カード+搭乗券」を提示するだけでOKです。簡単に言うと、その日に飛行機へ搭乗する予定がある人を対象として、尚且つmufgカードを提示することで空港ラウンジサービスを利用できるということです。この条件を満たせない場合は有料となるので注意をしておいて下さい。また、基本的にmufgカードは本会員だけが優待対象となり、同伴者については有料となっています。特例としては、例えば「JALアメリカンエキスプレスカード」の場合だと同伴者1名までなら空港ラウンジが無料となっています。

空港ラウンジ特典はお得なの?

mufgカードを選ぶ際に「空港ラウンジ」を重視すべきかどうかは悩みどころですね。空港ラウンジが付帯されているmufgカードの方がお得になることは間違いありませんが、根本的に空港の利用頻度がポイントとなります。

①空港の利用頻度が高いならメリット大

仕事で飛行機に乗ることが多い、頻繁に飛行機を使って旅行へ行く、こうした人にとっては空港ラウンジはかなり嬉しい特典となります。やはり、飛行機の搭乗時間を待つ時にロビーをウロウロするのは疲れますし、早目に空港へ到着すると結局はお店に入ってくつろぐことが多くなります。それを考えたら、空港ラウンジサービスが付いていることで、お得に快適に搭乗を待つことが出来るのは大きなメリットです。

スポンサードリンク

②たまにしか飛行機に乗らない場合

連休に旅行へ出かけるなど、年間を通しても殆ど飛行機に乗らないという場合、これは空港ラウンジを使えると便利ですが重要視する必要はないでしょう。mufgカードはかなり多くの種類が用意されているので、ポイントをお得に貯めやすいカードを選ぶなど、他のメリットを追求しておく方が良いかもしれません。

旅行が趣味な人に嬉しい特典

空港ラウンジというのは旅行が趣味な人にとって嬉しい特典となります。また、出張で飛行機に乗る機会が多い人も同様ですね。旅行特化という意味では、旅行傷害保険が付帯されていたり、上記で紹介したようにJALカードなどマイルを貯めやすいカードを選んでおくとさらに魅力が増します。

「JALアメリカンエキスプレスカード」は空港ラウンジ以外にも、アメリカンエキスプレスの特典として旅行で嬉しい優待割引が充実しています。空港ラウンジを重視してmufgカードを選ぶ場合は旅行シーンを想像しながら、空港ラウンジ以外のプラスαとなる特典にも注目しておきましょう。

年会費が安くて空港ラウンジが使えるオススメなカード

空港ラウンジが使えるmufgカードの中でも年会費が安くてオススメなのが「mufgカード・ゴールド」です。年会費が初年度無料の翌年度は1905円となっています。翌年度以降の年会費については「楽Pay」に登録すると、年会費が半額になります。このサービスは無料登録できるので、mufgカード・ゴールドを所持したら真っ先に登録を完了しておきましょう。ちなみに楽Payに登録することで年会費が優遇されるサービスは、元の年会費が2778円までなら半額、2779円~4630円は2000円引き、4631円以上なら3000円引きとなっています。

①ポイントが貯まりやすい

「mufgカード・ゴールド」は空港ラウンジ以外にもポイントがお得となるメリットもあります。一年間に使ったショッピング代金の合計に応じて「アニバーサリーサービス」と「ファイブスターサービス」の2つのポイントシステムからポイントが貯まりやすくなっています。旅行費用や日頃の買い物など、ポイントを貯めるなら積極的にカード払いを活用しておきましょう。

②保険もしっかりと完備

「mufgカード・ゴールド」には海外と国内の旅行傷害保険が付帯されています。これがあることで、安心して旅行へ出かけられるようになります。補償額については最大で2000万円となっています。また、ショッピング保険は年間は100万円を最大として補償額が用意されています。国内線において飛行機に乗るなら、渡航便遅延に対する保険として2万円が用意されています。このように保険もしっかりと完備されているカードなので、空港ラウンジのメリットと合わせて覚えておいてください。

迷った時はmufgカード・ゴールドで決まり!

mufgカードで空港ラウンジの特典を得たい、しかしカードが決まらないという場合は「mufgカード・ゴールド」で間違いありません。とにかく年会費が安いことが最大のメリットであり、その上でポイントプログラムから保険までステータスが充実しているのが魅力的です。また、mufgカードの中でもスタンダードなステータスとなっているので、扱いやすいカードでもあります。リーズナブルな維持費から空港ラウンジを満喫することができます。

まとめ

mufgカードへ申し込むなら、カード内容として「空港ラウンジ」にも注目しておきましょう。特に飛行機に乗ることが多い人にとっては、とてもお得な特典となります。国内においては空港ラウンジを使える対象空港が多いため、フライト予定が多くなるほど空港ラウンジをお得に利用する機会も増えると思います。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500