2018年最新!おすすめクレカランキング→

MUFGカード紛失時にすぐにすべきこと・注意点まとめ

MUFGカード紛失時にすぐにすべきこと・注意点まとめ

mufgカード紛失してしまうと「不正使用」されてしまう可能性があります。第三者による不正使用を防止するため、mufgカード紛失時に「すぐにすべきこと」を把握しておきましょう。

mufgカード紛失時にやるべきこと

mufgカードを紛失した時にやるべきことはシンプルです。以下の3つの手順を覚えておいてください。

①コールセンターへ連絡

mufgカードを紛失した!と思ったら迷わず「コールセンター」へ電話をしましょう。これが非常に重要な行動となります。コールセンターの電話番号はネットから調べることができるので、手元にmufgカードがなくても問題ありません。三菱UFJニコスにはいくつかのコールセンター窓口がありますが、どこへ連絡をしても構いません。どの窓口においても紛失に関する窓口へ繋いでくれます。

どうして最初にコールセンターへ連絡するのか?

コールセンターに連絡をする目的は主に2つあります。自分名義のmufgカードを紛失した可能性があるということを三菱UFJニコスに知ってもらうという目的、そして状況によってはすぐにカードを利用停止してもらうという目的の2つです。

不正使用というのは三菱UFJニコスからすると、会員本人の間違いなのか本当に不正使用なのか、調査をしなければ分からないわけです。そのため、真っ先にコールセンターへ連絡をしてmufgカードを紛失したという事実を伝えることはとても重要です。カード紛失の状況を伝えておくと、その後にカードが使われた場合にその時点で利用を停止できる可能性があるので、不正使用を回避しやすくなります。

三菱UFJ銀行は関係がない

コールセンターへ連絡をする時は三菱UFJニコスのコールセンターへ連絡をしましょう。MUFGカードの発行元は三菱UFJ銀行ではありません。もし、連絡先が分からずに三菱UFJ銀行へ連絡をしても、同系列グループなので三菱UFJニコスの連絡先を教えてもらうことは可能です。名前が良く似ているので一般的に勘違いされることが多いですが、両社のカード発行は管理が別となっているので正しく認識しておきましょう。

②周囲を探す

コールセンターへ連絡をしたら、とりあえず周囲を探しましょう。mufgカードを紛失した可能性がある場所を推測しながら、一通りは探しておきたいところです。意外とあっさりとmufgカードが見つかることもあり得ます。mufgカードを紛失する状況は色々と考えられますが、カードを紛失した日の自分の行動をしっかりと思い出すことがポイントとなります。

③警察へ届ける

どれだけmufgカードを探しても見つからないなら、最寄りの警察署へ紛失届を出しておいてください。警察署へ連絡した時にすでにカードが届けられていることもあります。警察に連絡するタイミングは一番最後で良いです。一般的にコールセンターへ連絡するよりも先に警察へ連絡する人が多いですが、不正使用については警察は事件としての捜査しかできません。カードの利用を停止して不正使用を防止できるのはカードの発行元である三菱UFJニコスだけなので、この点は勘違いしないようにしてください。

紛失以外にもトラブルは色々とある

mufgカードの不正使用はカード紛失時だけではありません。現代はネット社会であり、mufgカードをネット上で利用する機会が非常に多くなっています。ネット上で起こり得るトラブルを注意点としてまとめておきます。

①ウイルス感染

パソコンからネットショッピングする場合はウイルスに注意をしておきましょう。ウイルスに感染しているパソコンを使うと、情報が外部に漏れてしまうことがあります。mufgカードに関するトラブルだけではなく、パソコン内に保存されている様々な情報が漏れてしまう可能性があるので、パソコンのセキュリティを高めておくことは大事です。

スポンサードリンク

②他人の端末はNG

スマホやタブレットやパソコンなど、どんな端末からmufgカードを使うにしても他人の端末を利用するのはNGです。これは簡単に想像できると思いますが、他人の端末でmufgカードを使うと暗証番号などカードに関する情報が残ってしまう可能性がありますね?そうなると、後日に他人に自分のmufgカードを不正使用されてしまうかもしれません。特に注意をしておいて欲しいのが、漫画喫茶やネットカフェです。ネットサービスを提供しているお店では、トラブルに巻き込まれる可能性が低いと考える人がいますが、むしろ最も危ないのはこれらのお店です。

漫画喫茶やネットカフェでは、誰がどんな目的でパソコンを使っているのか分かりませんね。悪意のある人が他人の情報を盗むためにツールを仕込むということも考えられますし、自分がmufgカードを使った履歴が残っていると簡単に情報を盗まれてしまいます。絶対にお店のネットサービスでmufgカードを使うのは避けましょう。

③フィッシング詐欺

パソコンやネット、あるいはクレジットカードの知識が低い人を狙ったフィッシング詐欺にも注意をしておく必要があります。これは、三菱UFJニコスを装って暗証番号を盗むという手口や社会問題でもある「オレオレ詐欺」もフィッシング詐欺の一種です。何かおかしいと思ったら、三菱UFJニコスへ問い合わせましょう。また、オレオレ詐欺のように事件性を感じたら警察へ連絡するようにしてください。

④子供のオンラインゲームの課金

最近はスマホやタブレットのゲームが人気ですが、ゲーム内で課金をするというシステムが非常に増えています。子供を持っている親にとって、子供がゲーム内で課金をしたいと言った場合にそれを許すことがあると思います。一度だけなら良いと言っても、子供にとっては課金の仕組みが理解できずに何度も課金をしてしまうことがあります。もちろん、こうして課金をしてしまった場合もカードを利用したことに変わりはないため、しっかりと請求金額を支払う必要があります。

スマホやタブレットのゲーム課金というのは、暗証番号を入力するだけで簡単に課金できてしまいます。もし、子供が大金を課金してしまっても子供に全ての責任があるのではなく、カード契約者の管理不足が最大の問題点でもあります。

まず、子供にゲーム内課金を許す場合、必ずカード契約者がパスワードを入力するようにしましょう。また、mufgカードを使わずにitunesカードで課金させるなど、他の手段を選択するのが無難です。これなら、最初から一定の金額までしか課金することが出来ないので、子供の操作ミスによる大金の課金を防ぐことができます。

⑤クレジットカードの現金化

雑誌やネットの広告でクレジットカードの現金化を促すサービスを見かけることがありますが、これは基本的に違法行為となります。三菱UFJニコスも大々的にクレジットカードの現金化を認めないことを宣言しているので、安易にクレジットカード現金化のサービスを利用しないようにしましょう。

ネット社会は時代の流れ

mufgカードのトラブルはネットに関する内容がとても多くなっています。他人によるトラブルだけではなく、上記のように子供がゲームで課金をする時に操作ミスから高額な請求が発生してしまうというのも多く報告されているようです。mufgカードを契約したら、定期的にトラブルに関する情報を調べておき、家族を持っている方は家族で安全にmufgカードを使うために知識を共有し合う場を持つことも大事なことです。

まとめ

mufgカードを紛失してしまったら、しっかりと上記で紹介した手順に沿って行動してください。基本的に三菱UFJニコスへ連絡することで、不正使用を回避することが可能となります。素早く三菱UFJニコスへ連絡することが重要となるので、連絡先を携帯電話へ登録しておくのが理想です。また、ネットに関するトラブルについても決して他人事ではないため、安全に我が身を守りながらネットショッピングを行うことが大切です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪