2018年最新!おすすめクレカランキング→

最初の一枚に最適?MUFGイニシャルカードを徹底解説

最初の一枚に最適?MUFGイニシャルカードを徹底解説

初めてクレジットカードを作る、気軽にクレジットカードを持ちたい、そんな方に「mufgイニシャルカード」はおすすめです。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

最初の一枚に最適となる2つの理由

mufgカードは種類が非常に多く、40種類ほどのカードが用意されています。その中でも「イニシャル」が最初の一枚に最適となる理由はカードの性能がスタンダードであること、そして年会費がリーズナブルであること、この2つが大きな理由となります。

①カード性能がスタンダード

mufgカードは提携カードがたくさんありますが、「イニシャル」はmufgカードの定番となるカードです。提携カードではなくmufgのオリジナルカードであり、mufgならではの嬉しいサービスがしっかりと備わっています。提携カードというのはどうしても提携先に関する特徴が強くなります。提携先のサービスを利用することが多い人にとっては恩恵の高いカードとなりますが、そうでなければ逆に扱いずらいカードとなることがあります。そういう意味では、最初の一枚は扱いやすいオリジナルカードの方が選びやすくなります。mufgカードの代表的なサービスを3つ紹介しておくので、以下を参考にしてみてください。

グローバルポイント

mufgカードのポイントプログラムである「グローバルポイント」、これが「イニシャル」には搭載されています。グローバルポイントをたくさん貯めることによって、ギフト券やファッションアイテムなど、様々な商品をゲットできるようになります。グローバルポイントはmufgカードのメインプログラムでもあるので、この点においてもイニシャルがスタンダードなカードであることが分かります。

グローバルPLUS

「イニシャル」は「グローバルPLUS」というお得にポイントが貯まるシステムの対象カードです。月間のショッピング利用金額に応じて当月の獲得ポイントが優遇されるシステムです。1か月で3万円~10万円までの利用なら基本ポイントに20%が加算され、1か月で10万円以上の利用なら50%が加算されるようになっています。かなりお得なポイントシステムなので、積極的にイニシャルカードを使うほど当月のポイント獲得額が大きくなります。

POINT名人マイセレクト

グローバルポイントをお得に貯める方法として「POINT名人.com」を利用できます。「POINT名人.com」は三菱UFJニコスのネットショッピングモールで有名なショップが多数揃っています。まず、ネットショッピングをしたい時にPOINT名人.comへアクセスします。そして、好みのショップを見つけたらセレクト登録します。その後に買い物をすると、通常のPOINT名人.comのポイント率よりも優遇されたポイント率からポイントを獲得できるようになります。

少し補足しておきますと、「POINT名人.com」というのは普通に利用するだけでもポイント率がお得です。イニシャルの場合はこのサービスを「マイセレクト」することでさらにポイントがお得となるイニシャルカード専用の優遇サービスが用意されています。

②年会費が安い

人によってはこれが最も嬉しい内容だと思います。「イニシャル」は年会費が初年度無料です。翌年度からは本会員が1250円の家族会員が400円、学生の場合は在学中は年会費が無料でそれ以外は1250円となっています。mufgカード定番の性能を持っており、その上で年会費が安いというのは完全に初心者に向けたメッセージです。

翌年度も年会費を無料にできる

「イニシャル」は基本的に2年目から年会費が必要となりますが、2つの条件をクリアすることで翌年度の年会費を無料にできます。1つ目の条件は前年度に年間で20万円以上カードを使うことです。毎月の食材や生活用品を購入する際にイニシャルを積極的に活用すれば、この条件をクリアすることはそれほど難しくありません。また、電化製品など高額な商品を購入する場合もイニシャルを使うようにしましょう。上記で紹介したポイントをお得に貯める方法を意識しておくと、ポイントを貯めながらも条件をクリアできます。

スポンサードリンク

2つ目の条件は「WEB明細チェック」というサービスに登録することです。これは非常に簡単な条件です。カードを所持したら公式サイトからWEB明細チェックへ登録を完了しておくと良いですね。

イニシャルは学生でも持てる!

「イニシャル」は学生も申込資格の対象となっているので、学生が初めてのクレジットカードを作る際に良い候補となります。社会人と学生では、イニシャルの利用枠に違いがあります。社会人は10万円から100万円までの利用枠となりますが、学生は10万円の利用枠となります。支払能力を考慮すると学生の利用枠が小さいのは仕方のない部分があります。しかし、ポジティブに考えると満額を使っても10万円となるので、安心して所持しやすいカードでもありますね。

イニシャルは保険付き!

「イニシャル」には海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯されています。海外旅行傷害保険は「最高2000万円」の補償額、ショッピング保険は「年間限度額100万円」となっています。

海外旅行傷害保険というのは旅行へ行った際に事故に巻き込まれたり、病気や怪我をしてしまった場合など、補償を受けられるサービスです。他にも携行品の破損や盗難に対しても損害補償してもらうことが出来るので、安心して海外旅行へ行きやすくなります。ショッピング保険というのはカードで購入した商品が壊れてしまった場合など、購入日から90日間まで補償してもらうことができるというサービスです。

追加カードは3つのオプション!

「イニシャル」は追加カードとして3つのオプションが用意されています。「家族カード」と「ETCカード」と「銀聯カード」です。

家族カードは本会員が持つ「イニシャル」を家族で共有するためのカードです。利用枠やサービス内容は本会員のイニシャルと同じ、支払いについては本会員のイニシャルの元へ請求がいきます。ETCカードを発行しておきますと、高速道路を利用する時に楽になりますね。日頃から高速に乗ることが多いならETCカードを発行しておいて損はないでしょう。銀聯カードというのは中国のクレジット決済会社である「銀聯」のカードを別として所持できるサービスです。

銀聯カードについて詳しく説明しておきます。「イニシャル」は国際ブランドが「ビザカード」、「マスターカード」、「JCBカード」、「アメックス」のどれかを選ぶことができます。イニシャルの追加カードである「銀聯カード」を発行すると、銀聯の加盟店でもイニシャルを使えるようになります。例えば、国際ブランドで「ビザカード」を選択した場合はビザカードの加盟店でイニシャルを使えるようになるわけですが、銀聯カードを発行すると「ビザの加盟店+銀聯の加盟店」でイニシャルを使えるようになります。

中国へ行くことが多いなら銀聯カードを追加しておく方が便利だと思います。国内を中心にイニシャルを使う場合は銀聯カードがあってもなくても、さほど使い勝手に変化はありません。

まとめ

mufgイニシャルカードには「イニシャル」と「mufgカード・イニシャル・アメリカンエキスプレスカード」の2つがあります。2つの違いは国際ブランドであり、後者のアメックスイニシャルは国際ブランドがアメックスとなります。また、アメックスバージョンを選択しておきますと「アメリカンエキスプレス・コネクト」というサービスから優待を受けられるようになります。初めての一枚として、お好みの「イニシャル」を選んでみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード