2018年最新!おすすめクレカランキング→

MUFGビジネスカードってどうなの?徹底比較

MUFGビジネスカードってどうなの?徹底比較

mufgビジネスカードはmufgカード全種の中で5つのカードがあります。一般カードで1種、ゴールドカードで3種、プラチナカードで1種となっているので、ビジネスに最適な一枚をクラス別から検討してみてください。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

クラスによって何が違う?

mufgビジネスカードを選ぶ時に「一般カード」か「ゴールドカード」か、あるいは「プラチナカード」にするべきか、どのクラスが最適なのか迷うと思います。基本的にクラスによって年会費が大きく違うことを覚えておきましょう。

一般カードの「mufgカード・ビジネス」は年会費が1250円とかなり安いです。ゴールドカードでは「mufgカード・ゴールド・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」は年会費が1905円ですが、このカードの「プレステージ」版の2種類は年会費が10000円となります。プラチナカードの「mufgカード・ビジネス・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」は倍額の年会費20000円となります。

コスパを考えよう!

ビジネスカードとしてmufgカードを選ぶ場合は年会費をコストとして、それに相応したパフォーマンスがあるかどうかを見なければなりません。カードのステータスとしてパフォーマンスが優れているのはやはり上位クラスとなります。何を根拠にパフォーマンスの良さを判断するのか?これは「利用枠」と「特典」ですね。

一般カードの「mufgカード・ビジネス」は年会費が安いことが最大の魅力であり、その反面として利用枠が40万円~80万円となっています。ビジネスのどのようなシーンでカードを使うのかにもよりますが、プライベートとは違ってビジネスでは高額な資金繰りが必要となることが多いです。それを考慮すると、利用枠はやや物足りないのですね。

利用枠は上位クラスほど高い!

mufgビジネスカードの利用枠は一般カードよりもゴールドカード、ゴールドカードよりもプラチナカードの方が最大極度額が高くなります。これは入会後の増額も視野に入れると、やはりパフォーマンスに優れているのは上位クラスとなります。年会費も利用枠と同じように一般カードから上位クラスになるほど高くなっていますが、コスパとして考えるとプラチナカードを選んでおくのが最もコスパに期待できることは間違いありません。

「mufgカード・ビジネス・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」の年会費は20000円です。これは金額だけを見ると高く感じますが、充実した特典を考慮すると安い年会費です。ポイント優遇サービスから空港ラウンジ、アメックスの優待サービスからプラチナコンシェルジュまで、特典のボリュームはかなり厚くなっています。

申込資格は?

mufgビジネスカードの申込資格は「原則黒字決算」となっています。これを元にしてmufgカードを選ぶなら、会社設立当初の経営者の方は一般カードしか選択肢がありません。ビジネスが軌道に乗り始めたらゴールドカードへ、さらにビジネスで快適に使えるカードが欲しくなったらプラチナカードへステップアップするのが良いですね。

申込資格は原則黒字決算となっていますが、これはそこまで気にすることはないと思います。一般カードの「mufgカード・ビジネス」はステータスを見ても審査が緩いと判断できます。利用枠が小さいですし、個人事業主の方でも簡単に審査合格を目指せます。今後のビジネスはどうなるのか分からない、そんな方でもビジネスカードとして選びやすいカードです。

特典の最大の魅力はポイントプログラム!

mufgビジネスカードの特典は色々と用意されていますが、最も魅力的なのはポイントプログラムです。

スポンサードリンク

①割引はそれほど重要ではない?

mufgビジネスカードはアメックス特典から割引を受けられるなど、対象店舗における優待割引がちらほらとあります。例えば、プラチナグルメセレクションからレストランでお得に食事を楽しむことが出来ますが、こうした割引はそれほど重要ではないでしょう。もちろん、割引特典がたくさん用意されているほどメリットになることは間違いありませんが、全ての経営者がビジネスシーンにおいて頻繁に会食を開くわけではありません。

②空港特典は使う機会があるかどうか

空港ラウンジが無料になったり、手荷物空港宅配サービスなど、mufgビジネスカードは空港に関連する特典もあります。これも割引特典と同じで空港を利用する頻度によって恩恵が変わってきます。出張に出かけることが多いなら大きなメリットとなりますが、年間を通して殆どビジネスで飛行機に乗ることがないなら、空港系の特典があろうがなかろうがさほど困ることはありませんね。

③付帯保険もビジネスシーンによる

旅行傷害保険で最大5000万円や1億円など、上位クラスのmufgビジネスカードは高額な補償額が付いていますが、これもビジネスシーンによってメリットが変わります。安心できる保険が付帯されているのは嬉しいですが、旅行へ出かけるシーンがなければ保険が活躍する機会がありません。

④ポイントプログラムだけは絶対にお得!

mufgビジネスカードのポイントプログラムだけはどんなビジネスシーンでも必ずお得となります。ビジネスに必要な備品をカード払いすると、これはポイントが貯まりますね。こうしてたくさんポイントが貯まると、そのポイントを使ってビジネスに必要な商品やサービスを無料で手に入れられることになります。そうなると、ポイントによってビジネスのコスト削減に繋げることができます。

mufgビジネスカードの選び方

さて、mufgビジネスカードは全部で5種類ありますが、その選び方を整理していきましょう。まず、日頃のビジネスシーンをしっかりと想定しておき、どんな特典が備わっていると便利なのかを考えることが大事です。仕事によってビジネスシーンは大きく変わり、社外で活動することが多い場合は割引や空港系の特典がメリットとなります。あまりこうした活動をする機会がないのであれば、ポイントプログラムを重視しておく方が確実にメリットを得られると言えます。

コストについては最も年会費が高いのが「mufgカード・ビジネス・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」の20000円となります。一方で、最もコストが安いのは年会費1250円の「mufgカード・ビジネス」、その次に「mufgカード・ゴールド・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」の1905円となります。特に何かを重要視したいという項目がないなら、これらの低コストカードを選んでおけばコストを抑えることができ、ポイントからメリットを得られるようになります。

まとめ

mufgビジネスカードは他社に比べると年会費が安いです。プラチナカードでも年会費が20000円です。一般カードになると1250円や1905円でビジネスカードを所持できます。クラス別から5つのビジネスカードが用意されており、目的や会社の業績によって最適なビジネスカードを探せることは嬉しいポイントです。資金繰りを考慮すると、ポイントプログラムが最大のメリットとなり、カードで支払いをすることで将来的にポイントからコストを抑えられるようになります。また、ビジネスシーンによっては充実した特典から割引優待を活用できるので、じっくりと5種を比較検討してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード