2018年最新!おすすめクレカランキング→

コスパが良い?JCB法人カードのポイントを徹底解説

コスパが良い?JCB法人カードのポイントを徹底解説

jcbの法人カードは一般カードからプラチナカードまで33種類のカードが存在しますが、コスパが良いカードが多数あります。ビジネスシーンでコスパの良いクレジットカードがあると、資金繰りがとても助かります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

コスパの良いカードとは?

コスパの良い法人カードというのはやはり年会費が一つのポイントになります。年会費は一年間で一度の支払いとなるので、少々高い料金でもさほど重みを感じません。しかし、実際に年会費を支払う月を迎えた時、年会費が高額だとコストの高さを痛感します。年会費が安いほど継続して法人カードを愛用しやすくなることは間違いありません。

年会費が安くてもパフォーマンスが悪ければ意味がありません。パフォーマンスについては利用枠や特典、ポイントプログラムを見ておくことが大事です。

jcb法人カードのコストはどのくらい?

最初にjcb法人カードのコストを見ていきましょう。一般カードからプラチナカードまでの年会費を紹介します。

①一般カードの年会費

jcb法人カードの一般クラスは16種類あります。オリジナルカードや提携カードなど、いろんなタイプのjcb法人カードが揃っていますが、どれも年会費は安いです。1250円~2250円の年会費となっているので、業績や会社の規模に関係なく法人カードを作りやすいと思います。基本的に年会費が安いというのは大きなメリットであり、コストを小さく抑えることができます。1250円~2250円という安い年会費でビジネスの資金繰りが良くなると考えれば、メリットをイメージしやすいのではないでしょうか。また、翌年度の年会費については優遇制度が用意されているカードがあるため、長期利用する場合にさらにコストを抑えやすくなります。

②ゴールドカードの年会費

ゴールドカードも16種類が存在しますが、年会費は一般カードより相場が高いです。10000円~30000円となっているので、少々コストが高くなります。ゴールドカードの年会費は使用者が追加されるごとに費用が発生するカードがあります。

例えば、スタンダードなjcbカードである「jcb法人カード」、これは年会費が10000円で使用者が1名追加されるごとに3000円必要となっています。その一方で、個人の方は年会費が無料となるカードもあります。「jcbコーポレートカード」や「jcbビジネスカード」は法人の場合は年会費が30000円ですが、個人の場合は年会費が無料です。

他に特徴的なゴールドカードとしては初年度だけ年会費無料というカードもあります。「メディカルオーナーズカード・jcb」は年会費と使用者追加、どちらも初年度が無料になっているので選びやすいカードです。

③プラチナカード

プラチナクラスのjcb法人カードは1種類だけです。「jcbプラチナ法人カード」は年会費30000円、使用者追加1名ごとに6000円となっています。ゴールドカードで最も高い年会費と同額の設定ですが、使用者追加の金額がゴールドカードよりも高くなっています。jcb法人カードの中では最高クラスのカードとなるので、コストが高く付くのは仕方のないところでもあります。

jcb法人カードのパフォーマンス

コストが分かったところで、次に肝心のパフォーマンスについて見ていきましょう。

①一般カードのコスパ

一般カードの利用枠は割と小さく設定されています。「jcb法人カード」は30万円~100万円、「ANA・jcb法人カード」も30万円~100円です。年会費はそれぞれ1250円の2250円となっていますが、利用枠と年会費のバランスは至って平均的です。特典については「jcb法人カード」は旅行傷害保険が付いており、「ANA・jcb法人カード」はマイルを貯めることができます。他のカードの特典も同じような内容であり、提携カードは提携先におけるメリットが付帯されている傾向があります。

スポンサードリンク

一般カードの利用枠は上位カードに比べると低くなるため、特典でいかにパフォーマンスを向上できるのか?ここが重要となりそうですね。しかし、何といってもコストが安いことが最大のメリットとなるので、安いコストでそれなりの性能の法人カードが欲しいというなら、一般カードでも十分だと思います。

②ゴールドカードのコスパ

ゴールドカードの利用枠は一般カードよりも高く設定されているため、高額な利用枠から資金繰りを改善しやすいです。一般カードと同種のカードで見ていきましょう。「jcbゴールド・法人カード」の利用枠は50万円~250万円、「ANA・jcb法人カード・ワイドゴールド」も利用枠が50万円~250万円です。一般カードに比べると倍額ほどの利用枠になっていますね。

特典については付帯保険の補償額が高くなっており、ゴールドカードには国内と海外における「航空機遅延保険」が付いていることも特徴です。ビジネスシーンで積極的に法人カードを使うというなら一般カードよりもコストが高くなりますが、充実したステータスから良いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。逆にあまりカードを使わないというならコストが重くなるだけなので、それなら一般カードを選んでおく方が無難でもあります。

③プラチナカードのコスパ

jcb法人カードで唯一のプラチナクラスである「jcbプラチナ法人カード」は利用枠が150円からとなっています。入会時に150万円の利用枠が確定しているので、ゴールドカード以上に資金繰りが良くなります。特典についてはゴールドカードを超える保険の補償額が設定されており、旅行傷害保険は最大で1億円です。ショッピングガード保険は最高で500万円となっていますし、保険の内容は文句なしです。

プラチナカードはビジネスシーンでも役立つ優待割引が備わっていることが魅力です。コストは30000円とかなり高くなっていますが、それに見合った特典が備わっているので使い方によってはコスパはかなり良いです。非常に分厚い特典が備わっているため、どんな特典があるのかを把握しながらそれを活用することでパフォーマンスはかなり向上します。

カードの利用頻度から決めよう!

法人でも個人事業主でも、ビジネスシーンでどのくらいカードを利用するのか?カードの利用頻度から最適なjcb法人カードを決めることが大切です。カードの利用頻度が低いほど、コストが安い一般カードを選ぶ方がコスパは良くなります。ビジネスでjcb法人カードをフル活用するなら一般カードでは物足りなくなるため、ゴールドカードやプラチナカードでパフォーマンスを追求しておきましょう。

上位カードはとにかく使いこなすことが大事!

上位クラスのゴールドカードとプラチナカードは年会費が高いため、簡単に手を出すことが出来ませんね。しかし、これらの上位カードはカードを使えば使うほどにコスパが良くなることを覚えておいて下さい。いかにカードを上手に使えるのか?これによって高い年会費の元を簡単に取れるようになります。付帯されている保険から優待割引まで、使えるサービスをフル活用することを意識しておくことが大切です。

まとめ

jcb法人カードは全体的にコストは安いです。最も高い年会費でも30000円であり、それに見合った利用枠から特典までが備わっているのでコスパは良いと思います。また、一般カードやゴールドカードの種類が非常に多いため、コストとパフォーマンスを考慮しながら最適な一枚を見つけやすいです。じっくりとビジネスシーンで役立つカードを探してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500