2018年最新!おすすめクレカランキング→

使えるところは少ないのか?JCBカードを海外で使うときの注意点

使えるところは少ないのか?JCBカードを海外で使うときの注意点

jcbカードのプロパーカードを作る時でも、やはり気になるのは海外での使い勝手ではないでしょうか?jcbカードが海外に弱いというのは有名な話です。

jcbのオリジナルカードとjcbブランドカード

jcbカードの海外における使い勝手はオリジナルカードでもブランドカードでも変わりません。まず、jcbとは何か?ここを整理しておく必要があります。

①jcbについて

jcbというのは日本の会社であり、日本初の国際ブランドでもあります。国際ブランドというのはクレジットカードの決済機関のことですが、クレジットカードを海外で使うためには国際ブランドが付帯されている必要があります。国際ブランドによって海外におけるクレジットカードの使い勝手が変わってくることになりますが、その理由は加盟点の数にあります。海外に強いと言われる国際ブランドは「ビザカード」や「マスターカード」ですが、これらのブランドは加盟店が非常に多いです。それに比べるとjcbは加盟店が少ないことがデメリットとされています。

②オリジナルカード

jcbのマークは誰もが知っていると思います。「青」と「赤」と「緑」の縦ラインが印象的であり、クレジットカードを作る際に見かけることが多いです。また、国内においてはjcbの加盟店が非常に多いため、いろんなお店のレジでjcbマークを見かけることが多いですね。jcbは国際ブランドとして「jcbのブランド」を他社に提供しているだけではなく、自社でオリジナルカードを発行しています。これをプロパーカードと言います。

②提携カードとブランドカード

クレジットカードにおける提携カードとは、いろんなカードがあります。ここではjcbにおける提携カードとブランドカードを説明しますが、これは2つの種類を覚えておきましょう。jcbプロパーカードの提携カード、jcbが国際ブランドとして「ブランドの権利」を与えているブランドカードの2つです。

jcbの提携カードとは?

jcbのプロパーカードには「jcbカード・ANAマイレージクラブ」というカードがあります。これはjcbとANAが提携しているカードであり、母体はjcbでそこにANAが付帯しているというイメージです。

jcbのブランドカードとは?

イオンカードには国際ブランドがjcbのカードがたくさんあります。例えば、「イオンカードセレクト」を作る時に国際ブランドをjcbにすると、これは母体がイオンカードでjcbブランドが付帯されているカードとなります。

プロパーカードとブランドカードは全く違う!

母体となる会社がどこなのか?これによってカードのステータスやサービスが大きく変わります。上記で紹介した「jcbカード・ANAマイレージクラブ」はjcbが発行元であり、「イオンカードセレクト」はイオンが発行元です。両方共、jcbのマークが付いているので「jcbカード」と呼ぶことができますが、プロパーカードとブランドカードは全く異なるカードであることを覚えておかなければなりません。

簡単に違いを説明すると、「jcbカード・ANAマイレージクラブ」はOkiDokiポイントプログラムが搭載されており、「イオンカードセレクト」はときめきポイントプログラムが搭載されています。同じjcbのマークが付いているカードでも、発行元が違うことからポイントプログラムも違うというわけです。

スポンサードリンク

提携カードとブランドカードの定義

上記で紹介したイオンカードセレクトは「jcbと提携しているカード」と表現することができますが、これを提携カードと呼ぶと非常にややこしいです。この場合、jcbの役割は国際ブランドとしての機能性だけなので、これは提携カードとは呼ばずに「ブランドカード」と認識しておいてください。例えば、「三菱商事石油・イオンカード」で国際ブランドをjcbにした場合、これは「イオンと三菱商事石油」が提携しているカードで国際ブランドが「jcb」となります。jcbの立場から見ると、母体がイオンなのでイオンの提携カードでありjcbのブランドカードというわけです。

③どのタイプのjcbカードでも加盟店は同じ

jcbのプロパーカードやプロパーカードの提携カード、jcbブランドのカードやjcbブランドが付いている様々な発行元の提携カード、どんなタイプのjcbカードでも加盟店は同じです。海外での使い勝手は国際ブランドの加盟店数によって決まるので、jcbに関するカードはどれを選んでも海外での使い勝手に変わりはありません。国際ブランドがたくさん付いているカードだと、それだけ海外で使い勝手が良くなります。しかし、現状は国際ブランドがたくさん付いているカードはありません。どんなクレジットカードでも、国際ブランドは1種です。

アメックスに救われる!

さて、本題のjcbカードの海外における使い勝手についてですが、これは最強と称される「ビザカード」や「マスタカード」に比べるとjcbはかなり弱いです。しかし、アメリカンエキスプレスとjcbの提携によって使い勝手はかなり改善されています。

①アメックスってどんな会社?

アメックスとはアメリカの決済会社であり、自社でもプロパーカードを発行しています。jcbのように「アメリカンエキスプレス」というブランドを提供しているので、日本でも知名度が非常に高いクレジットカード会社です。

②アメックスも2強には勝てない

アメックスは海外の会社なので、jcbに比べると海外には強い国際ブランドです。しかし、そんなアメックスでも2強の「ビザカード」と「マスタカード」には勝てません。また、アメックスの立場からすると日本でのシェアがなかなか伸びないため、日本の国際ブランドである「jcb」との提携は大きなメリットになっています。

③アメックス+jcb

jcbの加盟店はjcbにおける加盟店だけではなく、アメックスの加盟店も含まれます。実際にカードを使う時はアメリカンエキスプレスのマークがあるお店でjcbカードを使うことができます。これによって海外でもjcbカードを使いやすくなっています。逆にアメックスを検討している人にとっては、日本国内でのアメックスの使い勝手に困ることはほぼ無いでしょう。

jcbはアメリカに強い!

jcbカードの海外での使い勝手というのは、海外の各国によってjcbやアメックスのシェアが異なるので、国による差があることを意識しておくことは大事です。確実に言えることは、jcbカードは日本国内においては全く問題がなく、海外においてはアメックスの本拠地である「アメリカ」なら使い勝手が良いということです。アメリカは日本にとってもお馴染みの旅行先です。アメリカへ行くことが多いなら、jcbカードを作っておいても問題ないでしょう。

結論

国際ブランドで2強と言われる「ビザカード」と「マスタカード」、これらのカードを作っても海外で困ることは十分にあり得ます。どんな国へ行ってもしっかりとクレジットカードを使いたいなら、2種以上の国際ブランドのカードを所持しておくのが賢いです。jcbカードに加えてビザカードやマスタカードを一枚作っておくと、アメリカやヨーロッパなど様々な国に対応できるようになります。年会費が安いカードはたくさんあるので、リーズナブルな年会費のカードを選んでおけばそれほど維持費は高くなりません。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪