2018年最新!おすすめクレカランキング→

JCBカードローンとは?審査や口コミまとめ

JCBカードローンとは?審査や口コミまとめ

jcbと言えばクレジットカードのイメージが強いですが、実はカードローンもあります。jcbカードローンはクレジットカードとは別としてお金を借りられるサービスなので、クレカと区別して覚えておきましょう。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

カードローンってなに?

jcbカードローンを紹介する前にそもそもカードローンとはどんなサービスなのかを軽く説明しておきます。クレジットカードを作るときにキャッシングを付帯することができますね?そのキャッシングサービスはクレジットカードに付帯できるだけのサービスではなく、銀行や消費者金融などいろんな金融会社において単体としてキャッシングを契約することができます。キャッシングとカードローンは名称が違いますが、全く同じサービスです。

クレジットカードとの違いは?

クレジットカードとカードローンの違いについても説明しておくと、これはそもそもの機能性が違います。お店で買い物をするときにクレジットカードを提示すると、これはカード払いとなります。カードローンは現金を借入するだけの機能性しかありません。クレジットカードにキャッシングを付帯させると便利になると言われますが、その理由はカード払いに加えて現金を借りられるようになるからです。

クレジットのキャッシングとカードローンはどっちがお得?

jcbのクレジットカードを作る場合にキャッシングを付帯させると、基本的にjcbカードローンは必要ありません。クレジットカードのキャッシングでもお金を借りられるからです。しかし、金利から見た場合に現金を借りるのであればjcbカードローンを選んでおく方がお得となります。これは最大極度額と金利の関係を見ても、仮に高額限度額を持つことが出来るならjcbカードローンの方が採用利率が低くなるからです。

jcbカードローンは2種類

jcbカードローンの種類は2つあります。「jcb firstloan+」と「FAITH」がリリースされており。両者のjcbカードローンは金利が異なります。

①金利が安いのはFAITH

限度額50万円に対する金利を比較してみると、「jcb firstloan+」は14.80%か17.80%、「FAITH」は12.50%です。金利が安いのは「FAITH」となります。基本的にカードローンは金利がいくらなのかによってメリットが変わってくるので、jcbカードローンを利用するなら「FAITH」が良い候補となります。ちなみに現在は「jcb firstloan+」のネット入会は停止されているのでこちらのjcbカードローンを検討しているなら電話から詳細を確認する必要があります。

②年会費や入会費は無料

jcbカードローンはクレジットカードのように年会費や入会費がありません。完全に無料で契約することができます。

③金利以外に違いはない

jcbカードローンは2つの種類があるわけですが、金利以外に特に違いはありません。また、「jcb firstloan+」のネット入会が停止されていること、金利が安いのは「FAITH」であることを考えたら申し込みをするなら「FITH」一択となりますね。

④FAITHの金利は低金利

jcbカードローン「FAITH」の金利は間違いなく低金利です。最大の金利が12.50%なので、審査結果でいくらの限度額になっても12.50%からお金を借りられます。アコムキャッシングは最大18.0%、プロミスキャッシングは最大17.8%、みずほ銀行カードローンは最大14.0%、jcbクレジットカードのキャッシングは最大18%です。このように他の最大金利と「FAITH」の最大金利を比較すると「FAITH」が低金利であることが良く分かりますね。

スポンサードリンク

jcbカードローンの審査は厳しい?

さて、jcbカードローンは金利が非常に魅力的ですが、審査はやや厳しいと予想できます。

①申込資格

「FAITH」の申込資格は20歳から58歳までとなっており、「本人に勤め先があり毎月安定した収入があること」となっています。要するに年齢制限を満たしており、会社で働いて安定した収入を持っていないとダメということです。学生やアルバイトやパートは対象外となっており、派遣社員はOKとなっています。

②ポイントは収入証明書と年収

jcbカードローンの申込資格はやや曖昧な部分があり、派遣社員はOKとなっていますがアルバイトやパートは原則対象外となっているため、結局は収入証明書を出せることが絶対条件で尚且つ年収によって審査の合否が分かれそうです。勤め先がなくても個人事業主で確定申告を用意することができ、年収が高いなら合格できる可能性は十分にあります。また、アルバイトやパートでも毎月安定した収入を稼ぐことが出来ているなら、申込資格の対象外となっていますが合格を狙うことは可能だと思います。

③年収の3分の1

jcbカードローンの申込条件において、他社借入を合算して年収の3分の1を超えている場合は対象外となるようです。これは貸金業者に適用される総量規制と全く同じです。年収が300万円の方ならすでに他社で100万円を借りているなら審査に合格することは厳しくなります。また、年収の3分の1の基準については今借りている金額にjcbカードローンの利用枠をプラスして考えておくのが無難です。例えば、年収が300万円で50万円を借りている状態なら、jcbカードローンを契約した際に与えられる限度額は50万円になると予想しておきましょう。

④他社借入について

他社借入の対象となる商品はキャッシングやクレジットカードなどです。高額な借入となる住宅ローンや自動車ローンは対象外となっています。要するに住宅ローンで1000万円の借入をしている状態でも、キャッシング等で借り入れを持っていないなら審査に影響はでません。

合格を目指すために覚えておくこと

jcbカードローンは低金利となっていることからも、申込資格の時点からやや敷居が高くなっています。少しでも合格の可能性を高めるためにまずは収入証明書をしっかりと用意しておきましょう。給与明細を使う場合は数か月分の給与明細を準備しておくのが理想です。また、他社でお金を借りていると不合格になる可能性が高くなるので、なるべく他社の借入を減額しておきたいところです。jcbカードローンは低金利なので、他社の借入を完済してjcbカードローンに乗り換える方が利息を抑えやすいことは間違いありません。

しっかり準備して高額な限度額を目指そう

ちょっとしたお金を借りるためにjcbカードローンへ申し込む場合でも、基本的に高額な限度額を目指しましょう。いくらの限度額が与えられるのかによって採用利率が変わります。さ50万円から149万円までの限度額は12.50%、その次は150万円から249万円で10.50%、最低金利は限度額が500万円となっています。高い限度額を持てるほど利息を安くできることを意識しておきましょう。

まとめ

jcbカードローンは低金利なことが非常に大きなメリットとなっています。jcbのクレジットカードで現金を借入するよりもお得な利率であり、カードローンやキャッシングの金利相場から見てもかなり低金利となっています。jcbカードローンはクレジットカードとは別としてお金を借りられるので、現金を借りたいときに申し込みを検討してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪