2018年最新!おすすめクレカランキング→

【旅行好きな方必見】国内旅行保険付帯のJCBカードまとめ

【旅行好きな方必見】国内旅行保険付帯のJCBカードまとめ

海外よりも国内において旅行をすることが多いなら、国内旅行保険付帯のjcbカードがおすすめです。jcbカードは旅行保険が付帯されているカードが多いですが、どんな内容の保険が付帯されているのか違いがあります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードの保険ってなに?

クレジットカードなのに保険が付いているってどういうこと?って思う人もいるでしょう。通常、生命保険や自動車保険など、保険というのは契約をします。保険が付帯されているクレジットカードの場合は契約をすることなく、カードが発行されると自動的に保険を使えるようになっています。もちろん、保険によっては補償を受けるために条件を満たす必要があるので、クレジットカードの保険は各種保険において適用条件や補償内容を把握しておくことが大切です。また、保険料については必要ありません。

保険がある方がお得なの?

どんなクレジットカードでも必ず保険が付帯されているわけではなく、一般カードよりもゴールドカードやプラチナカードの方が保険が付帯されているケースが多いです。jcbカードの場合は一般カードでも保険が付帯されているカードが多数用意されています。保険が付いている方がお得なのかどうか?これは間違いなく保険がある方がお得です。どんな種類の保険でも、クレジットカードと共に生活する上で保険が付帯されていると「安心できる」ことは確かです。

保険があると補償で助かる

旅行先で事故に巻き込まれて治療費が必要になったとします。その治療費が100万円で保険がなければ自己負担で100万円を支払うことになります。しかし、旅行保険が付帯されている場合は補償額の範囲までなら補償を受けることが出来るので、自己負担で治療費を支払う必要がありません。旅行先で何もトラブルが起きないことが理想ですが、保険というのはもしもの場合に備えるためのサービスであり、いろんなトラブルに備えることができると安心して旅行へ行きやすくなります。

国内旅行保険付きのjcbカードを探す方法

jcbカードは100種類以上のカードがあるので、その中から国内旅行保険が付帯されているカードを見つけるのは大変です。最も簡単に国内旅行保険が付帯されているjcbカードを見つける方法はゴールドカードかプラチナカードを選ぶことです。

①シナジーjcbカードで比較してみる

シナジーjcbカードは一般カードとゴールドカードがあります。一般カードは年会費が初年度無料で翌年度は2000円となっており、国内旅行保険は付いていません。ゴールドカードになると年会費が10000円となり、国内旅行保険は最高5000万円までの補償が用意されています。どちらのカードも給油割引を受けられることが特徴となっていますが、年会費が2000円VS10000円で国内旅行保険の補償額が0円VS5000万円というのは大きな差です。このように一般カードよりもゴールドカード以上になると、国内旅行保険が付帯されているケースが多いことを覚えておきましょう。

②jcbの家紋シリーズを選ぶ

jcbカードはオリジナルシリーズがあります。オリジナルシリーズの特徴を簡単に説明すると、jcbのプロパーカードの中でも最も定番となるカードです。jcbのプロパーカードは提携カードもたくさんあるわけですが、オリジナルシリーズは提携カードではなく完全オリジナルのjcbカードです。オリジナルシリーズのカードフェイスは粋な計らいがなされており、日本初の国際ブランドというコンセプトから家紋が採用されています。家紋シリーズのjcbカードを選んでおけば、一般カードでも国内旅行保険が付帯されています。

スポンサードリンク

③「jcb一般カード」が定番中の定番カードである

家紋シリーズの中でも「jcb一般カード」が定番です。jcb一般カードは穏やかな雰囲気を感じるグレーを基調とし、何処となく「和の国」を感じるカードフェイスになっています。、一般カードとして年会費も1250円とリーズナブルです。国内旅行保険は最高3000万円までの補償額が用意されているので、年会費から考えると十分な補償額です。ちなみに「jcb一般カード」はもう一つのデザインがあり、そちらはレッドを基調とした「ディズニーデザイン」です。全く同じ性能のカードですが、対象的なデザインに面白味を感じます。

④「jcb一般カード」のゴールドカード版は補償額が高い

上記で紹介した家紋シリーズの「jcb一般カード」はゴールドカード版もあります。ゴールドカードも2種類のデザインがあり、それぞれのカードはゴールドカラーとなります。国内旅行保険は一般カードの場合は最高3000万円でしたが、ゴールドカード版になると最高5000万円となります。また、一般カードには付帯されていない「航空機遅延保険」が付帯されているので、さらに旅行保険が充実するカードとなっています。

jcbカードの保険の種類

jcbカードの保険の種類は国内旅行保険だけではありません。国内旅行保険が付帯されているカードの多くは、海外旅行保険も同時に付帯されています。また、ショッピングガード保険やゴールドカードに付帯されている航空機遅延保険など、主に3つの保険があることを覚えておきましょう。

ショッピングガード保険とは?

ショッピングガード保険はjcbカードで買い物をした時に商品が壊れてしまった場合など、購入日から90日を遡って補償を受けられる保険です。「jcb一般カード」では海外だけが対象となっており、補償額は最高100万円です。ゴールドカードになると国内と海外が対象となり、どちらも補償額が500万円となっています。

航空機遅延保険とは?

航空機遅延保険は飛行機が遅れてしまった場合、荷物が送れてしまった場合に補償を受けられる保険です。この保険は飛行機の遅れによって出費を余儀なくされた場合に補償を受けられるため、様々な状況で適用できます。どんな状況で保険を適用するにしても補償額は約2万円となっており、寄託手荷物紛失保証金だけは4万円程度となっています。

旅行傷害保険とは?

旅行傷害保険は旅行先で病気や怪我などに遭ってしまった場合、補償を受けられる保険です。この保険は適用範囲がとても広く補償額が高額なので、旅行へ出かける際にしっかりと適用されるシチュエーションを確認しておき、補償を受ける方法までを熟知しておきましょう。

自動付帯とは別の保険へ加入も可能

jcbには保険サービスも用意されており、jcbカードに付帯されている保険とは別に保険へ加入することもできます。この保険サービスは保険料が必要となりますが、安い保険料で充実した保険を組むことができます。月額120円の保険料から最高1億円の賠償補償も可能となっているようなので、自動付帯の保険だけでは不安というならチェックしてみてください。

まとめ

旅行好きな人にとって保険が付いているjcbカードは魅力的になるのではないでしょうか?旅行先で様々なトラブルに遭遇する可能性がありますが、保険があることで安心して旅行を楽しめます。国内で旅行をすることが多いなら、国内旅行保険付帯のjcbカードを選ぶ必要があります。適当にjcbカードを選ぶと失敗する可能性があるので、どんな保険が付帯されているのかをしっかりと確認してから申し込みましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード