2018年最新!おすすめクレカランキング→

JCBカードのキャッシング・リボ払いの金利を計算してみた

JCBカードのキャッシング・リボ払いの金利を計算してみた

jcbカードでキャッシングやリボ払いを利用すると返済時の利息がいくらになるのか?これはしっかりと把握しておきたいポイントです。jcbカードの利息は元金と金利によって変わるため、金利計算から利息を算出しなければなりません。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

jcbカードの金利は人によって違う

利息を計算するために金利がいくらなのかを把握しなければなりません。jcbカードの金利は人によって違うので、jcbカードの審査後に採用利率を確認しておきましょう。jcbカードの種類によって金利がいくらからいくらまでなのか範囲が決まっています。その上で、jcbカードへ申し込んだ際の審査によって適用される利率が決まるようになっています。同じ種類のjcbカードでも、人によって利用枠が異なりますが、それと同じように金利も異なることを覚えておきましょう。

jcbカードの金利は15%~18%

jcbカードの金利ベースは15%~18%となっています。この範囲において審査で採用利率が決まることになります。15%の利率が採用されるのが理想ですが、そのためにはjcbカードのショッピング枠やキャッシング枠で最高額に近い利用枠を持つ必要があります。高所得者で返済能力が高くなければ、最大額に近い利用枠を与えてもらうことが難しいため、一般的には18%に近い利率が採用されることが多いです。

jcbカードには「ザ・クラス」というVIP会員がありますが、ザ・クラス会員の場合は14.10%となっています。低金利からjcbカードを利用したいなら、VIP会員を目指すというのが一つの方法となります。

ショッピングとキャッシングのリボ払いの金利計算は同じ

jcbカードのリボ払いについて説明しておくと、これはショッピングのリボ払いとキャッシングのリボ払いがあります。毎月の返済額を一定額に設定したい時、あるいは高額な借金を少額に抑えて継続返済したい場合などにリボ払いを使うのがセオリーです。ショッピングとキャッシング、どちらのリボ払いでも利息を算出するための金利計算は同じです。ショッピングに関しては分割払いという返済方法がありますが、分割払いとリボ払いは計算方法が異なるので区別して覚えておきましょう。

リボ払いの金利計算

さて、実際にjcbカードをリボ払いした時の利息を金利計算してみましょう。リボ払いの計算方式は「元金×金利÷365日×日数」となります。

①元金とは?

元金というのはjcbカードで借り入れしている金額のことです。キャッシングで10万円を借入しているなら元金は10万円となります。

②金利とは?

金利は自分のjcbカードに採用されている利率を使います。利率が分からない場合はjcbへ問い合わせをすれば教えてもらうことができます。計算方式が分かると利率を見るだけで大よそどのくらいの利息が発生するのか分かるようになるので、しっかりと自分のjcbカードに採用されている利率は把握しておくようにしましょう。

③365日とは?

jcbカードのリボ払いで発生する利息は1日あたりの利息を算出します。そのため、年間日数である365日で金利計算します。

④日数とは?

リボ払いの計算方式にある日数というのは、お金を借りている日数のことです。金利計算は1日あたりの利息を計算して、それを借入日から返済日、あるいは返済日から返済日の日数で計算します。初回の借入日から返済日までの日数が5日なら、金利計算をする時は5日で計算します。返済日を迎えても完済できていない場合は返済日から返済日で計算するので30日前後となります。

スポンサードリンク

詳しく計算してみよう

jcbカードで10万円を18%でキャッシングして30日で計算してみます。10万円×18%÷365×30日となりますが、10万円×18%=18000円、18000円÷365=約49.3、49.3を四捨五入して49円×30日=1470円です。四捨五入についてはあまり気にする必要はありません。例えば、49.3を50として計算しても1500円となり、たった30円の差です。

1470円が利息となるわけですが、リボ払いで返済額が10000円の場合は10000円-1470円=8530円となり、元金10万円-8530円=91470円が残りの借金となります。次回の返済日における利息も同様に計算していくことになります。

91470円×18%÷365日×30日=1350円となり、毎月の返済額が1万円なら10000円-1350円=8650円で元金91470円-8650円=82820円が残りの借金となります。

元金が高いと利息も高くなる

jcbカードのキャッシングで大きな金額を借入すると、相応して利息が高くなります。50万円を18%で借入した場合、50万円×18%÷365日×30日=7410円が利息となります。18%の金利で10万円と50万円の借入では全く利息が違いますね?

jcbカードで高額をキャッシングすると、どうしても利息が高くなります。そこで、返済のコツとしてなるべく早期に元金を減らすことを覚えておきましょう。例えば、初回の返済日は50万円×18%÷365日×30日=7410円の利息を支払っても、ここで25万円を頑張って返済すると次回の利息はかなり安くなります。約25万円×18%÷365日×30日=3690円となるので、元金が減ったことでかなり利息が安くなります。

高額なキャッシングをすると長期返済になるケースが多いです。同じ長期返済でも早期に元金をガッツリと減らすことで利息の総支払額はかなり安くなります。リボ払いのコツとして覚えておいてください。

元金を減らす余裕がない人にオススメなのが繰り上げ返済

毎月の返済額を少額に抑えるためにリボ払いを活用する人は多いと思います。毎月の収入から生活費を差し引くとお金に余裕がないことがありますね。その状態で元金を大きく減らすことはできません。そんな人は繰り上げ返済を活用しましょう。

まず、リボ払いは遅延しない程度に少額設定にしておきます。その上で生活費など必要な出費をすべて計算してお金に余裕があるなら、その金額を繰り上げ返済しましょう。繰り上げ返済は「返済日とは別の返済」となり、繰り上げ返済をすることで返済日がなくなるわけではありません。繰り上げ返済のメリットは好きなタイミングで元金だけを減らせることです。繰り上げ返済で利息は発生せず、利息は返済日に支払うことになります。

繰り上げ返済に効果はあるのか?

繰り上げ返済をすると絶対に利息がお得になります。50万円など高額な借入をしている状態で1000円や2000円などちょっとした金額を繰り上げ返済しても、さほど利息がお得になっている感じはしません。しかし、繰り上げ返済をすることで確実に元金が減るわけなので、少額を繰り上げ返済しても必ず利息がお得になります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

まとめ

jcbカードでキャッシングをしたらリボ払いを活用する機会は多いと思いますが、リボ払いによって発生する利息は元金と金利によって変わることをしっかりと覚えておきましょう。あまり無理をして大きなお金をキャッシングしてしまうと、長期返済を余儀なくされ利息の総支払額も高くなります。しっかりとキャッシング計画を立てておき、上手にリボ払いを活用することが大切です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪