2018年最新!おすすめクレカランキング→

JCBザ・クラス(JCB THE CLASS)はJCBの招待制ブラックカード!持つためのインビ条件は秘密…?

ザ・クラスへの道のり

JCBカードには選ばれし者だけに贈られるVIPカードがあります。その名は「JCBザ・クラス」。このカードは申し込みをして加入することができないので、取得方法を熟知しておく必要があります。

ブラックカードの「ザ・クラス」は最高ランク

JCBカードのVIPカード「JCBザ・クラス」はインビテーション制です。つまり招待を受けた人だけが加入することができるカードであり、こうしたVIPカードは通称ブラックカードと呼ばれます。

クレジットカードのランクは一般カード→ゴールドカード→プラチナカードの順番にランクが高くなりますが、ブラックカードはプラチナカードよりも上であり正真正銘の最高ランクです。

インビテーションはゴールドから、プラチナからの2ルートがある!?

インビテーション制のブラックカードというのは招待を受ければ加入できるわけですが、JCBカードの場合はインビテーションとなっています。まずは「JCBゴールド」を例にして具体的に見ていきましょう。

JCBオリジナルシリーズのカードを作る

JCBカードにはいろんなタイプのカードがありますが、「JCBザ・クラス」を目指すためにはJCBのオリジナルシリーズを選んでおきましょう。JCBのオリジナルシリーズはカードフェイスに家紋のマークが付いているので、簡単に判別できます。

オリジナルシリーズは一般カードにもゴールドカードにもありますが、一番下のランクから「JCBザ・クラス」を目指すなら「JCB一般カード」または「JCB CARD W」を選びます。ゴールドカードから「JCBザ・クラス」を目指すなら「JCBゴールド」を選びましょう。

JCB CARD W<公式サイト>

短期間で上位ランクを狙っていくのであれば、ゴールドがオススメです。

JCB ゴールドカードの申し込みは、こちらから。

JCBゴールド<公式サイト>

最初はJCBゴールドザ・プレミアを目指す

JCBゴールドカードを持つと「ゴールドベーシック」というサービスから様々な特典を得られます。そのさらにワンランク上のサービスとなるのが「JCBゴールドザ・プレミア」です。

ゴールドベーシック以上の特典からメリットを得ることができます。このサービスはオリジナルシリーズの「JCBゴールド」を対象としているインビテーション制のサービスです。そのため、「JCBゴールド」を作っておかなければ招待の対象になりません。

一般のオリジナルシリーズ「JCB一般カード」から始める場合、これはカードの利用頻度などによって「JCBゴールド」へ招待され、その後にJCBゴールドの利用頻度などによって「JCBゴールドザ・プレミア」へ招待され、その後にブラックカード「JCBザ・クラス」を目指すことになります。

一般カードから始めると道のりが長いので、できれば「JCBゴールド」からスタートするのがいい、というわけです。

JCBゴールドから一気にブラックカードへ

2段階のインビテーションとして「JCBゴールド」→「JCBゴールドザ・プレミア」→「JCBザ・クラス」というのがセオリーですが、「JCBゴールド」→「JCBザ・クラス」というパターンもあるようです。

JCB ゴールドカードの申し込みは、こちらから。

JCBゴールド<公式サイト>

JCBプラチナからブラックカードへ

25,000円(税別)の年会費でも元が取れるレベルで毎月の支払いがある方(なおかつコンシェルジュサービス・最大1億円補償の旅行保険など手厚い特典が欲しい方)であればJCBプラチナを申し込んで、一気に利用支払い実績を積むのもいいでしょう。

JCBプラチナの申し込みは、こちらから。

JCBプラチナ<公式サイト>

招待を受けるための詳細条件は不明

さて、「JCBザ・クラス」の招待を受けるためにはどうすれば良いのか?ここが最も肝心なポイントとなります。しかし、招待を受けるための条件は不明であり、これはJCBに電話で問い合わせをしても絶対に教えてもらうことができません。

スポンサードリンク

ブラックカード取得の難しさは条件が分からない部分にあります。これがおもしろさでもあり、ロマン・ステータス感にもなっているわけですが(笑)

①カードを使うことが絶対条件

ブラックカードへ招待されるということはJCBにとって自分がお得意様になるということです。単にカードを所持しているだけではブラックカードを目指せません。できるだけ多くカードを使うことが必要となります。

②ロイヤルαを目指せ

「JCBザ・クラス」を取得するためにいくらカードを使えば良いのか?これも詳細が不明なわけですが、まずはロイヤルαを目指しましょう。JCBカードには「スターメンバーズ」というシステムがあり、年間の利用代金によってメンバーランクが決定されるようになっています。30万円以下は対象外、50万円以上でスターβになれます。スターメンバーズの最高ランクが年間300万円以上でロイヤルαとなっているので、ここを目指すのが早そうです。

スターメンバーズのメリットは?

スターメンバーズで高ランクを目指すことによってポイントがお得となります。年間300万円以上カードを使って最高ランクのロイヤルαになると、最大で70%のポイントが付与されます。「JCBザ・クラス」を目指す過程でポイントをお得にゲットしておきましょう。

③カードの利用期間も重要

ロイヤルαを基準に考えると、年間で300万円カードを使えば「JCBザ・クラス」が見えてきます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

しかし、カードの利用額以外にも利用期間についても考慮しておく必要があります。ブラックカードというのは長期利用している人を対象に招待が贈られるケースが多いため、これはJCBのブラックカードについても同様の推測をしておきたいところです。カードを発行してから1か月や2か月で大金を使っても招待を受けられる可能性は低いです。

④最低でも1年は見ておきたい

「JCBザ・クラス」の招待を受けるまでに最低でも1年は見ておきましょう。その理由は年会費にあります。年会費の支払いというのはカードを発行してから一年後となりますが、ここを区切りとして新たなスタートとなります。

やはり、年会費を支払う前に招待を受けられる可能性は低いと考えます。この推測を元にすると、カードを発行してから一年間で300万円以上カードを使ってロイヤルαを目指しておき、カード発行から一年が経過して年会費を支払った時点で招待の対象候補に挙がる可能性が考えられます。

⑤交渉するという手もある

なかなかブラックカードの招待を受けられない場合、積極的にJCBへ問い合わせをして「JCBザ・クラス」の招待について交渉するという方法もあります。交渉を検討する人はすでにカードを高額利用しており、JCBにとっては嬉しいお客様になっているはずです。

あと一歩という状態なら、交渉することによって早く「JCBザ・クラス」をゲットできる可能性があります。また、交渉によるJCBの回答が希望に沿えませんという内容でも、公には了承できないものの少なからず交渉に成果があって招待が届くということもあり得ることを意識しておきましょう。

JCBザ・クラスの特典の数々

JCBザ・クラスを所持すると専用デスクからコンシェルジュに予約などを任せることができます。秘書のような感覚からコンシェルジュを利用できるのでまさにVIPです。ザ・クラスメンバーズセレクションでは、年に一度だけ無料で好きな商品を選ぶことができます。グルメベネフィットでは2名以上の予約で1名が無料となります。ゴールドカードやプラチナカード以上に特典が充実していることは間違いありません。

まとめ

JCBのブラックカード「JCBザ・クラス」はいかがでしたでしょうか?高所得者であっても簡単に取得できるJCBカードではなく、インビテーション制によって選ばれし者だけが持てるJCBカードです。JCBカードを持つなら最高峰のカードを目指してみてください。

JCB ゴールドカードの申し込みは、こちらから。

JCBゴールド<公式サイト>

JCBプラチナの申し込みは、こちらから。

JCBプラチナ<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪