今すぐクレカが必要な方は→

【JCB,VISA,MasterCard】国際ブランドはどれがいい?国内シェアは?海外旅行に行くなら?

クレジットカードを持つ手

国際ブランドのおかげで、国内外の多くのお店でクレジットカードが利用できるようになっています。

国際ブランドとして名高いのはVISAとMasterCardで、利用できる場所が多いのが特徴です。

それでは、「JCB、VISA、MasterCardのどの国際ブランドを選べばいいの?」と迷う方もいるのではないでしょうか。

今回は、主要国際ブランドであるJCB、VISA、MasterCardの中で、クレジットカードを作るなら実際どれがいいのかを解説していきます。

この記事の目次

JCB、VISA、MasterCard はどんな国際ブランド?

ノート

ここでは、国際ブランドのJCB、VISA、MasterCardの特徴を見ていきましょう。

JCBは日本発、唯一の国際ブランドで、国内では加盟店数1位

JCB
出典:JCB(公式サイト)

ここが素敵!
JCBは、日本国内に限定すると加盟店数1位の国際ブランドで、会員数は約1億1,000万人です。

JCBは日本発の唯一の国際ブランドです。

なおJCBは、国際ブランドの1つであるアメリカン・エキスプレスと提携しており、アメリカン・エキスプレスの加盟店でもJCBが利用できます。

同様に、JCBの加盟店ではアメリカン・エキスプレスが利用可能です。

ポイント!
JCBは、決済ネットワークの提供だけでなく、自社でのクレジットカード(プロパーカード)発行、空港宅配サービスや優待ガイドなどのサービス提供も行っています。

VISAは世界シェア1位の国際ブランド

VISA
出典:VISA(公式サイト)

ここが素敵!
VISAは、約13億人のカード会員数と2,400万以上の加盟店数を誇る世界シェア1位の国際ブランドです。

VISAは国内でも使いやすいですが、海外でも一番利用しやすいです。

海外でとくに強いのはアメリカ方面と言われています。

VISAは多方面で使いやすいので、はじめてクレジットカードを作る人や、1枚しかクレジットカードを持たないという人には人気があります。

ポイント!
なお、VISAは決済ネットワークを提供するのみで、自らカードの発行はおこなっていません。

MasterCardは世界シェア2位の国際ブランド


出典:マスターカード(公式サイト)

ここが素敵!
MasterCardは会員数が約9億人と、VISAに次いで世界シェア2位の国際ブランドです。

MasterCardはVISAと同様、国内はもちろん海外でも多くのお店で利用できます。
海外でとくに強いのはヨーロッパ方面です。

ポイント!
MasterCardもVISAと同じく決済ネットワークの提供のみを行い、プロパーカードの発行は行っていません。

国際ブランドってそもそも何?

本

国際ブランドとは、クレジットカード決済に必要な情報を世界中どこからでも確認できる「決済ネットワーク」を作り、管理している会社です。

また、カード発行会社にライセンスを与え、国際ブランド付きのクレジットカードを発行できるようにしています。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

スポンサードリンク

国際ブランドは、こうした決済システムの提供による手数料やライセンス料で成り立っています。

国際ブランドはJCB、VISA、MasterCardの他にも、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブが有名です。

ケロンくん

中国銀聯やDISCOVERも国際ブランドもあるよ!

国際ブランドは他の加盟店では使えない

国際ブランドは、その国際ブランドの加盟店でのみ使うことができます。

他の国際ブランドの加盟店では使えません。

たとえばVISAはVISA加盟店で利用できますが、MasterCard加盟店では利用できないのです。

ただし例外もあります。

JCBとアメリカン・エキスプレスは提携しており、アメリカン・エキスプレスの加盟店ではJCBが、JCBの加盟店ではアメリカン・エキスプレスが利用可能です。

なお、お店によっては複数の国際ブランドに対応していることがあります。

ケロンくん

日本国内ではJCB、VISA、MasterCardのマークをよく見かけるよね!

加盟店数が多い国際ブランドの方が使いやすい

買い物

前述の通り、国際ブランドは基本的に他の国際ブランド加盟店では使えないので、加盟店数が多い国際ブランドの方が利用できる場面が多く使いやすいです。

ただ国内では、クレジットカードが使えるお店ではJCB、VISA、MasterCardが使えることがほとんどなので、さほど加盟店数を気にする必要はありません。

海外旅行では、旅行先によって使いやすい国際ブランドに差が出る

海外

ただし、海外では加盟店数が多いほどさまざまな国でクレジットカードを使える可能性が高くなるので、海外に行くなら加盟店数を気にした方がいいでしょう。

さまざまな国際ブランドの中でも最強と言われるのがVISAとMasterCardです。

歴史が古いというのもありますが、世界において高いシェアを誇っています。

VISAはもっとも加盟店数が多く、世界中に加盟店があるため海外でも便利に使えます。

VISAは前述の通り、アメリカ方面に強い国際ブランドです。

MasterCardもVISAに次いで加盟店数が多く海外でも使いやすい国際ブランドです。

ヨーロッパ方面に行くならMasterCardが便利と言われています。

国際ブランドのシェアは?もっとも規模が大きいのはVISA

それぞれの国際ブランドの世界でのシェア数は、具体的にどのくらいなのでしょうか?

▼デビットカードとクレジットカードを合計した国際ブランドのシェア数

    1位 VISA 55.52%
    2位 MasterCard 26.27%
    3位 中国銀聯 12.79%
    4位 アメリカン・エキスプレス 3.21%
    5位 JCB 1.23%
    6位 ダイナースクラブ/DISCOVER 0.98%

参考: THE NILSON REPORT

このように、国際ブランドの世界シェアはVISAが半分以上を占めており、VISAとMasterCardを合わせると8割を超えるシェア率になります。

一方、JCBの世界シェアは1%程度、提携しているアメリカン・エキスプレスと合わせても4%程度です。

クレジットカードの国際ブランド(国際クレジットカード)は何が違う?どれがいい?比較のポイントを徹底解説

スポンサードリンク

ケロンくん

VISAとMasterCardのカード保有者は世界中にたくさんいるから、海外で使えるお店が多いのも納得だね!

JCB、VISA、MasterCardは実際どれがいい?国際ブランドの選び方

?

ここまで国際ブランドについて解説してきましたが、JCB、VISA、MasterCardは実際どれを選んだらいいのでしょうか?

ここではJCB、VISA、MasterCardのどれがいいのか、国際ブランドの選び方を紹介します。

海外に行く人はVISAかMasterCardを選ぼう

まず、海外に行く人には世界中に加盟店を持つVISAかMasterCardがオススメです。

前述の通り、VISAとMasterCardは海外に強い国際ブランドとなっています。

海外へ行く頻度が高い場合は、加盟店が多いVISAかMasterCardを選んでおく方が無難であることは間違いありません。

ポイント!
高級店を利用することが多いのなら、そのお店はアメリカン・エキスプレスの加盟店である可能性も十分あります。
その場合は、アメリカン・エキスプレスと提携しているJCBも便利に使えるでしょう。

海外に行かない人、行ってもハワイ程度の人はJCB、VISA、MasterCardのどれでも大丈夫

一方、海外に行かない人はJCB、VISA、MasterCardのどれを選んでも問題ありません。

この3つの国際ブランドは日本国内でクレジットカードが使えるお店ではほぼ利用できるからです。

また、海外に行く人でも、ハワイやグアム、シンガポール、台湾、韓国など日本人がよく行くような国の場合は、JCBを選んでもいいでしょう。

JCBの場合は、空港宅配サービスや優待ガイドといった付帯サービスに力を入れているので、JCB加盟店が多い国ではJCBも便利です。

JCBには海外に設置された「JCBプラザ」という窓口もあり、JCBカードを持っているだけで観光の問い合わせなどを日本語で受け付けてくれます。

ポイント!
慣れていない地域にいく場合などは、VISAやMasterCardをメインとして、サブでJCBカードを持って行くというのもオススメの方法です。

海外旅行(ハワイ)の強い味方JCBプラザ!JCBのクレカ保有者なら誰でも利用可能

JCB、VISA、MasterCardで年会費無料のオススメクレジットカード

5つ星

ここでは、JCB、VISA、MasterCardの国際ブランドで年会費が無料のクレジットカードを紹介していきます。

優先順位としては、VISA、MasterCardを最優先に、次いでJCBといったところですが、国内利用であればどの国際ブランドを選んでもいいでしょう。

楽天カードは4種類の国際ブランドから選べるのでオススメ

楽天カードnew

ここが素敵!
楽天カードはVISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4種類の国際ブランドが選べます。

年会費無料なので気軽に発行できるのが嬉しいですね。

ポイントは基本的に【100円につき1ポイント】の1.0%還元。

楽天市場では3.0%以上の高還元率になるので楽天ユーザーには外せないカードです。

利用付帯の海外旅行傷害保険が付いているので、楽天カードで旅行代を払っておけば万一の際の保障も受けられます。

楽天カードの全てを解説!圧倒的人気No. 1の楽天カードは、1枚持っておいて損はない!!券種・ポイント・特典・審査の徹底まとめ【2019年最新版】

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

オリコカード・ザ・ポイントは国内利用ならお得

オリコカードザポイント

ここが素敵!
オリコカード・ザ・ポイントはMasterCard、JCBの2種類の国際ブランドが選べます。

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料です。

基本の還元率が【100円につき1ポイント】の1.0%還元です。

また、入会から半年間はポイントが2.0%還元(上限5,000ポイント)になり、ザクザクポイントが貯まります。

海外旅行傷害保険は付帯されていないのが残念な点ですが、ETCカードや家族カードを年会費無料で発行できるので、国内では利用しやすいでしょう。

オリコカードの口コミ評判まとめ!良い・悪い評判一覧【審査・ポイント・年会費】

オリコカード・ザ・ポイントの申し込みは、こちらから。

カード評価
入会特典
(4.5)
還元率
(5.0)
ポイントの使いやすさ
(4.5)
日々の買い物やメインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

オリコカード<公式サイト>

年会費無料・入会から6カ月は還元率2.0%のスペック、すごすぎます…。

JCB CARD Wは海外旅行傷害保険とショッピングガード保険が付帯。手厚い保障を望むならオススメ

JCB_w

ここが素敵!
JCB CARD WはJCBのプロパーカードで、国際ブランドはJCBになります。

JCB CARD Wは18-39歳が申し込める年会費無料のクレジットカードです。

ポイントは【1,000円につき2ポイント】貯まり、さまざまな商品や他のポイント、マイルに1ポイント=3円~5円相当で交換できます。

そのため基本の還元率は0.6%~1.0%ですが、多くの優待店でポイント倍付けサービスがあり、お得にポイントが貯まります。

JCB CARD Wには利用付帯の海外旅行傷害保険とショッピングガード保険が付いているなど、付帯サービスが手厚いのも特徴です。

JCB CARD Wで得する特約店はここ!スターバックス・Amazon・セブンイレブンで還元率が最大10倍!

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

まとめ

国際ブランドのJCB、VISA、MasterCardは、日本国内で利用するのであればどれを選んでも問題ありません。

加盟店が多いのはVISAとMasterCardなので、海外に行く人はVISAかMasterCardを選んでおくと安心です。

JCBについては、国内でのみ利用する人や、海外でも日本人の渡航者が多いハワイ、グアム、シンガポール、台湾、韓国などに行く人にオススメです。

海外に行く際に万全を期すなら、「VISAとJCB」「MasterCardとJCB」など、複数のクレジットカードを持って行くとより安心でしょう。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

入会特典最大8,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 3.5%
発行スピード(最短)
~3営業日
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

入会特典最大5,000円相当ポイント
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 10.0%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

オリコカード THE POINT

入会特典がスゴイ!なんと6ヶ月間は還元率2.0%に。ネット通販・普段のお買い物でポイントが貯まります。券面がブラックカードみたいで◎。

入会特典入会・利用で最大8,000オリコポイントがもらえるキャンペーン実施中!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 2.0%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)-(付帯なし)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪