2018年最新!おすすめクレカランキング→

【クレジットカード持てない方必見】使えそうなJCBデビットカードを徹底比較

【クレジットカード持てない方必見】使えそうなJCBデビットカードを徹底比較

クレジットカードは年齢に制限が設けられており、申込後にしっかりと審査も実施されます。誰もが簡単にクレジットカードを持てるわけではないため、所持できるクレジットカードが見つからないことに悩む人もいるのではないでしょうか?そんな方におすすめしたいのがjcbデビットカードです。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

jcbデビットカードはこれからの商品

jcbは国際ブランドでもあり、クレジットカードのイメージが非常に強いです。しかし、実はクレジットカード以外にもカードローンやデビットカードなど、いろんな商品をリリースしています。今回はデビットカードについて詳しく紹介していきます。

①jcbデビットカードの発行元は銀行

jcbデビットカードはjcbというブランドを持っているデビットカードであり、ブランドは「jcb」となりますが発行元は各銀行となります。そのため、jcbデビットカードへ申し込む場合は銀行へ問い合わせる必要があるため、ここはしっかりと抑えておいてください。

②まだまだリリース途中である

現段階では、jcbデビットカードをリリースしている銀行は少ないです。リリースされてから日が浅いというのが大きな理由ですが、これからいろんな銀行においてjcbデビットカードが増えていくと思われます。すべての銀行においてjcbデビットカードを作れるわけではないため、メインバンクでjcbカードが見当たらない場合は他銀行を利用する必要があります。

③他銀行の口座を使えるか?

これはクレジットカードと同様の内容ですが、jcbデビットカードを発行する際に申込先の銀行口座を開設することが必須かどうか?これは銀行によって対応が異なります。例えば、日頃からメインバンクとしてA社の銀行口座を使っている場合、B社でjcbデビットカードを発行する時にA社の銀行口座を引落口座に出来るかどうかはB社の判断によります。最も楽なのは自分のメインバンクにおいてjcbデビットカードが使えることですが、もし他銀行に申し込まなければならない場合は引落口座について詳細を確認しておきましょう。

④jcbデビットカードの申込資格

jcbデビットカードの申込資格についても発行元の銀行によって内容が異なります。基本的にクレジットカードほど申込資格が厳しくないため、それほど気にする必要はありません。jcbデビットカードのパッケージとしては15歳以上から申込可能となっていますが、申込の前に必ず各銀行において申込資格を確認しておきましょう。

⑤jcbデビットカードの申込書類

jcbデビットカードへ申し込むために必要な書類は身分証明書と印鑑です。クレジットカードの場合は収入証明書が必要となることがありますが、jcbデビットカードの場合は収入証明書が不要です。その理由はjcbデビットカードは返済能力が問われないカードだからです。キャッシング枠やショッピング枠が用意されているわけではないので、返済能力が低い人でも預金口座にお金が入っていれば利用することができるカードになっています。

⑥銀行口座の開設は「身分証明書+印鑑」

jcbデビットカードを作るためには他銀行で預金口座を開設しなければならないケースもあり得ますが、銀行口座は「身分証明書+印鑑」で作ることができます。インターネットからの申込で預金口座を作ることができますし、最も早いのが店頭窓口です。店頭なら書類の郵送のやりとりがないので、即日から預金口座を作ることも十分に可能です。

スポンサードリンク

⑦jcbデビットカードには特典がある

jcbデビットカードは発行元によって様々な特典があります。セブン銀行の場合なら、セブン-イレブンでjcbデビットカードを利用するとnanacoポイントが貯まります。jcbデビットカードの特典はパッケージとして決まっているわけではなく、これも発行元によって内容が変わってくることになります。そのため、いろんな銀行でjcbデビットカードを作れますが、しっかりと特典にも注目しておく方がお得なjcbデビットカードを作れるようになります。

jcbデビットカードの仕組み

jcbデビットカードはどんな仕組みになっているのかというと、これはクレジットカードのように後払いではありません。買い物をするときにjcbデビットカードを使うと、即時に指定している引落口座から買い物代金が引き落とされるようになっています。クレジットカードはリボ払いや分割払いなど少し複雑な仕組みになっていますが、jcbデビットカードは誰もが簡単に理解できる仕組みになっています。

jcbデビットカードは利息や手数料がない

クレジットカードは長期の分割払いやリボ払いを利用すると利息や手数料が発生します。jcbデビットカードも同様に利息や手数料が掛かるのでは?と気になるところですが、銀行口座から即時に引落しが実行されるため、利息や手数料は発生しません。普通に現金で買い物をする場合と同様の金額が引き落とされるだけなので、安心して利用することができます。

使えそうなjcbデビットカードは?

さて、本題の使えそうなjcbデビットカードはどの銀行なのか?これは各銀行が用意している特典以外に大きな差がありません。

①jcbデビットカードのメリットはキャッシュレス

どの銀行のjcbデビットカードにおいてもキャッシュレスというのが最大のメリットとなります。財布に現金が入っていなくてもjcbデビットカードを提示すれば買い物ができます。キャッシュレスというのは意外と便利であり、現金不要で楽に買い物ができるようになります。また、安全性が高いこともメリットです。ちょっとした買い物をする際に財布を持っていき、途中で財布を落としてしまうと最悪ですね。しかし、財布にお金が入っていなければ損失も抑えることが出来るので、キャッシュレスには安全性というメリットもあります。

②どの銀行でも海外にはバッチリ対応

jcbデビットカードは名前の通りに国際ブランドが「jcb」となります。そのため、どの銀行でjcbデビットカードを作っても海外でjcbデビットカードを使うことができます。海外で預金口座から現地通貨を降ろしたい場合にjcbデビットカードが大活躍します。また、この場合のメリットになるのは両替手数料が不要となることです。

③ポイントが付く銀行がおすすめ

jcbデビットカードの申込先はポイントが付与される銀行を選びましょう。愛媛銀行の「ひめぎんjcbデビット」なら「OkiDokiポイント」が貯まります。このポイントはjcbのポイントプログラムなので、jcbの公式サイトから「My jcb」にアクセスするとポイントの確認や交換が行えます。また、セブン銀行なら「nanacoポイント」を貯めることができますし、各銀行ではどのようなポイントが付与されるのかを見ておいてください。

まとめ

クレジットカードを持てない人はjcbデビットカードを検討してみてください。基本的に申込資格を満たしているなら問題なく発行できます。クレジットカードのように審査が厳しいことがなく、未成年でも申し込むことが可能です。海外でも使うことができ、日頃の買い物はキャッシュレスで簡単に支払いができるようになります。いろんな銀行を選ぶことができるので、特典内容に注目しながらメリットの高い申込先を探してみましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪