2018年最新!おすすめクレカランキング→

ポイント還元率で見る!最強デビットカード頂上決戦

ポイント還元率で見る!最強デビットカード頂上決戦

デビットカードはクレジットカードとは異なる性能ですが、メリットを追求する上ではクレジットカードと同様にデビットカードもポイント還元率ポイント還元率を重視しておきたいところです。いろんなデビットカードがあるため、しっかりとポイント還元率を比較しておきましょう。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

デビットカードの基本情報

そもそもデビットカードって何だ?という人のために基本情報を紹介しておきます。クレジットカードと比較しながらデビットカードの基本を抑えておきましょう。

①後払いができない

クレジットカードのメリットは分割払いやリボ払いから「後払い」が可能となることです。買い物をする時にお金に余裕がない状態でも、後払いが可能だと資金確保の猶予を持てるようになりますね?これによっていつでも自由なタイミングから買い物をしやすくなります。デビットカードの場合はこのメリットがありません。デビットカードもクレジットカードと同様にカード払いが可能となっていますが、銀行口座から即時に買い物代金が引き落とされるようになっています。そのため、口座にお金が入っていなければ使えません。

②基本的に審査がない

クレジットカードは審査があります。カードによって審査基準が異なりますが、ゴールドカードなど上位クラスのカードになるほど審査が厳しくなります。それに対してデビットカードは基本的に無審査なので、申込資格さえクリアすれば誰でも作ることができるカードです。年齢制限についても15歳や16歳など、未成年でも申し込めるデビットカードが多いことが特徴でもあります。

③選び方のポイントは2つ

クレジットカードは発行元によって割引サービスやポイントプログラムなどから、様々な特典におけるメリットの違いを見つけられます。しかし、デビットカードはクレジットカードのように豊富な特典がありません。デビットカードを持つだけで空港ラウンジを使えたり、いろんなお店で割引を受けられるわけでもありません。また、審査がなくてデビットカードの機能性も各社に大きな違いがないことからも、自然と注目すべきポイントは年会費とポイント還元率となります。年会費は無料がベストですし、ポイント還元率は他社よりもポイント率が高いほどメリットとなります。

年会費について

デビットカードはいろんな発行元がありますが、年会費が無料のデビットカードが多いです。年会費が必要となっている場合でも、クレジットカードほど年会費の相場が高いわけでもないため、そこまで気にする必要は無いでしょう。デビットカードの年会費の相場は1000円前後、高くても3000円前後です。また、上記のデビットカードの基本情報からも分かるようにデビットカードは各社における違いがそこまで大きくありません。なので、年会費が無料のデビットカードを選ぶというのは賢い選び方でもあります。

ポイント還元率について

少しでもメリットが高いデビットカードを見つけるためにはポイント還元率を比較しておく必要があります。ポイント還元率はいろんなデビットカードのポイント付与率を比較しておけば良いだけですが、ポイントに関する基本情報を少しは身に付けておかなければなりません。

①ポイントの種類

デビットカードのポイント還元率を比較する時は「ポイントの種類」を真っ先に見ましょう。これはクレジットカードと同じですが、全てのデビットカードが同じポイントの種類になっているわけではありません。

例えば、ジャパンネット銀行VISAデビットは「Tポイント」ですし、楽天銀行VISAデビットは「楽天ポイント」となっています。どれだけポイント還元率が優秀でも、日頃の生活で使うことがないポイントの種類なら意味がないため、まずは好ましいポイントの種類を選ぶことが大事です。

②年会費が高いとポイント還元率が高いわけではない

良く勘違いする内容として、年会費とポイント還元率の相関性があります。イメージとしては年会費が高いほどポイント還元率も高いというイメージがありませんか?実際のところは年会費とポイント還元率の相関性はありません。これはもう発行元の設定によるため、年会費を絶対に無料にしたいなら年会費が無料のデビットカードにおいてポイント還元率を比較しておく必要があります。

スポンサードリンク

③カードの使用頻度が高いならポイント重視

年会費が高くてポイント還元率も高い、これは人によってはメリットの高いデビットカードとなります。しかし、ここで考えたいのがデビットカードを所持してからの使用頻度です。それほどデビットカードを使うわけでもないなら、年会費が高くてポイント還元率も高いデビットカードはデメリットの方が比重が大きくなります。逆にデビットカードを頻繁に使うなら年会費が必要でもポイント還元率が高いデビットカードを選んでおく方が確実にお得となります。

最強デビットカードは楽天!

ポイント還元率からデビットカードを選ぶなら、最強デビットカードとして「楽天銀行デビットカード」を覚えておきましょう。デビットカードのポイント還元率は0.5%前後あれば高い方です。楽天銀行のデビットカードは0.5%~1.0%まで狙うことができるので、ポイント還元率を重視する場合は楽天銀行デビットカード以外に選択肢はないと言えます。

①楽天銀行のデビットカードは3種類

楽天銀行のデビットカードは3つの種類があります。どの種類を選ぶのかによって年会費やポイント還元率が変わってくるので、ベストなで楽天銀行デビットカードを選んでください。

楽天銀行デビットカードVISA

楽天銀行デビットカードVISAはシルバーカラーが印象的であり、発行手数料が無料の年会費は1029円です。このデビットカードのポイント率は1000円で2ポイントが付与されるので、ポイント還元率は0.2%となります。

楽天銀行ゴールドデビットカードVISA

楽天銀行ゴールドデビットカードVISAは発行手数料が無料の年会費が3086円です。ポイント率は1000円で5ポイントが付与されるので、ポイント還元率は0.5%となります。このカードのポイント還元率は至って平均ですが、ゴールドカードというところにメリットがあります。それについては後に紹介します。

楽天銀行デビットカードJCB

楽天銀行デビットカードJCBは上記の2枚とは異なり国際ブランドがJCBとなっています。発行手数料は無料で年会費も完全無料です。維持費を抑えるならこのデビットカードで決まりです。さらに嬉しいメリットとしては1000円で10ポイントが付与されるのでポイント還元率は1.0%となります。

②誰にとっても最強なのはJCB

3つの楽天銀行デビットカードの中でも、誰にとっても最強なのがJCBとなります。これはポイント還元率が1.0%と他社を圧倒していること、その上で年会費が永久に無料というのが大きなメリットです。どんなデビットカードを選ぶべきか迷うなら、この一枚を選んでおけば失敗はありません。

③ワンランク上を目指すならゴールド

デビットカードでゴールドカードはかなり珍しいです。楽天銀行ゴールドデビットカードVISAは年会費が3000円ほど必要となりますが、ゴールドカードならではの特典が用意されています。

国際線クロークサービス

国際線を利用する時に空港で一時的に荷物預けることができます。通常料金の15%OFFとなっているので、お得にサービスを利用できます。

空港宅配サービス

このサービスは荷物の宅配料金が安くなるサービスです。割引を受けるための条件として海外でのVISAカード利用の控えを提示しなければなりません。このサービスも15%OFFの割引を受けられます。

京都駅キャリーサービス

京都駅と京都市内ほぼすべてのホテル、あるいは旅館や民宿など宿泊施設に向けて手荷物の宅配が通常700円のところを300円で利用できるようになります。

ゴールドライフサポート

「ベネフィットステーション」と「モラエル」に登録すると、ベネフィットステーション内で使えるポイントが1500ポイント贈呈されます。

海外WIFI

海外WIFIを通常料金の20%OFFで利用することができます。

まとめ

デビットカードは年会費とポイント還元率で選ぶということを覚えておきましょう。そして、楽天銀行デビットカードは年会費とポイント還元率の双方において大きなメリットがあるため、デビットカード頂上決戦を制するにふさわしいデビットカードとなっています。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500