2018年最新!おすすめクレカランキング→

海外でもバリバリ使えるオススメデビットカード2選

海外でもバリバリ使えるオススメデビットカード2選

デビットカードの活躍シーンは国内だけではありません。海外旅行でもデビットカードは大活躍します。海外でデビットカードを使うのであれば、やはり使い勝手の良いデビットカードを選んでおきたいところですね。海外でもバリバリ使えるデビットカードをピックアップしてご紹介します。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

最大のポイントは国際ブランドである

海外でデビットカードを使えるかどうかの最大のポイントとなるのが国際ブランドです。国際ブランドが付いていないデビットカードは海外で使うことができません。その代表的なデビットカードが「Jデビット」です。

Jデビットとは?

Jデビットというのは日本デビットカード推進協議会が発行元です。日本デビットカード推進協議会の加盟店だけでJデビットを使うことができ、国際決済機能を持っている国際ブランドが付帯されていないため、日本国内において日本デビットカード推進協議会の加盟店のみで使えるデビットカードとなります。

国際ブランドはいろんなブランドがある

国際ブランドは様々なブランドがあり、代表的なのが「VISA」や「MasterCard」です。他には「アメリカンエキスプレス」や「JCB」など、数種類のブランドがあります。どの国際ブランドが付帯されているデビットカードでも海外で使うことが出来ますが、国際ブランドによる違いとしてはこちらも加盟店による差となります。国際ブランドの中でも加盟店が多いと言われているのが「VISA」と「MasterCard」です。この2つのブランドなら、海外で加盟店が多いことから使い勝手の良いデビットカードを持てます。

デビットカードで主流な国際ブランドは?

さて、ここからが本題となりますが、デビットカードで主流な国際ブランドについて知識を身に付けておく必要があります。

①クレジットカードよりも選択肢が狭い

クレジットカードの場合は本当に様々な国際ブランドでカードを作ることができますが、現状としてはデビットカードの国際ブランドの選択肢はかなり狭いです。まず、最も主流な国際ブランドは「VISA」となります。適当にデビットカードを探しても、大抵のデビットカードはVISAブランドという点に気が付くと思います。VISAに次いで多いのがJCBです。

②MasterCardは少ない?

MasterCardは加盟店が多くVISAと並ぶ強力な国際ブランドですが、MasterCardのデビットカードは今のところ存在していません。過去においては「東京スターデビットカード」がMasterCardブランドとして使えましたが、2008/12/31で終了しています。それに代わるカードとしてプリペイドカードの「auウォレットカード」や「オリコプリペイドカード」、「WebMoneyカード」があります。この3つはMasterCardブランドですが、デビットカードではなくプリペイドカードとなっています。

プリペイドカードとデビットカードの違いは?

デビットカードは銀行口座からの引き落としで使えるカードなので、預金口座にお金を入れておけばカード払いが使えます。それに対してプリペイドカードはチャージ式なので、カードを使うためには残高をチャージしなければなりません。大まかにはチャージが必要かどうかの違いがあるので、参考に覚えておいてください。

③現状の選択肢は主に2つ

海外で使えるデビットカードは今のところVISAかJCBの2択となってきます。アメリカンエキスプレスについてもアメックスブランドが搭載されているデビットカードというのがないため、MasterCardと同様の現状があります。VISAとJCBならどちらの方が良いのか?これは加盟店で言うならVISAです。JCBは日本の国際ブランドとして有名ですが、VISAに比べるとまだまだ加盟店の数が少ないため、VISAほど海外に強いわけでもありません。

スポンサードリンク

VISAでおすすめのデビットカード2選

海外でバリバリ使えるデビットカードはVISAブランドとなります。VISAブランドのデビットカードはとても種類が多いため、いろんな発行元を選ぶことができます。その中でもおすすめなのが「楽天銀行VISAデビット」と「イオンデビットカード」です。

楽天銀行VISAデビットカード

楽天銀行VISAデビットカードは楽天ポイントが搭載されているので、デビットカードを使う度に楽天ポイントを貯めることができます。楽天ポイントと言えば、これはネットショッピングでお馴染みのポイントであり、日常生活でもネットショップとして利用する機会が多いことからもおすすめなデビットカードとなります。ちなみに楽天銀行のデビットカードはJCBブランドも用意されており、JCBブランドを選択するとポイント還元率が1.0%と最高クラスの還元率となります。そのため、楽天銀行デビットカードはVISAとJCBの両方において魅力的なデビットカードとなっているので、内容をじっくりと比較検討しておきましょう。

イオンデビットカード

イオンデビットカードがおすすめな理由は年会費が無料なこと、そしてイオンが身近なお店であるからです。国内でデビットカードを使う場合はイオンで買い物をする際にイオンデビットカードを使い、海外にいけばVISAの加盟店でイオンデビットカードを使うことができます。意外と使い勝手の良いデビットカードなのでおすすめです。

デビットカードは年会費が安い

クレジットカードと比較した場合にデビットカードは年会費の相場が安いです。年会費無料となっているデビットカードが多数ありますし、年会費が必要でも1000円~3000円ほどの相場です。これを考慮すると、海外で使えるデビットカードはVISAブランドで年会費が無料のカードであれば、基本的にどれを選んでもメリットが高いです。海外での使い勝手に困ることはありませんし、年会費が無料なら維持費が掛からないので負担を抑えることもできます。デビットカードの選び方に悩んだときに参考にしてみてはいかがでしょうか。

年会費が無料のクレジットカードの方が選択肢は広くなる

海外で使えるカードを探す時にデビットカードではなく、年会費が無料のクレジットカードを選ぶという選択も悪くありません。むしろ、こちらの方がMasterCardやアメリカンエキスプレスなど、VISAやJCB以外の国際ブランドを選ぶことができるため、好みの国際ブランドからカードを作りやすくなります。しかし、クレジットカードは年齢制限がデビットカードよりも高く設定されているため、未成年にとってはクレジットカードよりもデビットカードの方が圧倒的に作りやすくなることは間違いありません。クレジットカードは返済能力も求められますし、人を選ぶカードとなります。

まとめ

海外でバリバリ使えるデビットカード、その結論は国際ブランドがVISAブランドになっているデビットカードです。都合の良いことにVISAブランドのデビットカードは国内でたくさん発行されているため、好みのデビットカードを選びやすい状況です。上記で紹介した2選を参考にしながらも最適なデビットカードを探してみてください。ちなみにJCBを選んでも海外では全く使えないというわけでもなく、これは旅行先の国やデビットカードを使うお店によって使い勝手が大きく左右されることを覚えておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪