2018年最新!おすすめクレカランキング→

スタートアップが法人デビットカードを作るべき理由6選

スタートアップが法人デビットカードを作るべき理由6選

デビットカードは審査不要で簡単に作れることが魅力であり、未成年の高校生から社会人まで幅広い世代に人気です。このデビットカードというのは個人向けのカードだけではなく、法人向けのデビットカードもあります。法人向けのデビットカードは企業したてのスタートアップ経営者にとって大きなメリットになることがあります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

スタートアップにおすすめな6つの理由

スタートアップに法人デビットカードがおすすめな理由をつの6項目から紹介します。

①法人口座から引き落とせる

会社を立ち上げると支払いなどの資金繰りを管理するのがとても大変です。法人デビットカードは個人向けのデビットカードと同様に口座から引き落とすことができます。法人口座を開設することが前提となり、デビットカードを使うと法人口座から引き落とすことができるようになります。これによって店頭やネットなど、様々なビジネスシーンにおいて支払いが楽になるというのが大きなメリットです。個人の場合とは異なり、割と大きな金額を支払う場面も増えてくるため、そんな時に法人デビットカードがあると便利です。

②海外で支払いが楽になる

海外へ出張に出かけることがあるなら、現地通貨をデビットカードで引き出すことができます。また、経費の管理をする場合に引き落としの履歴を見るだけでどんなことにコストが掛かったのかを一目で確認できるのは意外と便利な点です。法人デビットカードも「VISA」ブランドのカードを選ぶことができるため、海外での使い勝手に不安を感じることもありません。海外へ出かけることが多い場合は海外におけるデビットカードのメリットについても考慮しておきましょう。

③ポイントが貯まる

現金払いをする事と比較した場合、スタートアップからビジネスが軌道に乗るまで法人デビットカードを使うことでポイントの恩恵を受けられるのは間違いありません。これはデビットカードにもよりますが、例えば「住信SBIネット銀行」の法人デビットカードなら1000円に付き6ポイントが貯まります。1000ポイント以上100ポイント単位で、1ポイント=1円に交換できるようになっているため、スタートアップから長期に法人デビットカードを使うとキャッシュバックの恩恵を受けられます。これはコスト削減に繋がるためスタートアップの経営者からベテランの経営者まで、法人にとってはメリットの高い部分となります。

④特典でお得になる

法人デビットカードは法人ならではの特典が付帯されていることがあります。上記の例と同様に「住信SBIネット銀行」を紹介しておくと、こちらのデビットカードでは「VISAビジネスオファー」というサービスから優待などの特典を受けられます。また、クラウド会計のシステムを3ヶ月間無料で利用することもできますし、スタートアップには最適な内容となっています。全ての法人デビットカードに特典が備わっているわけではありませんが、住信SBI銀行のように特典が充実している法人デビットカードを選んでおくとメリットが高くなります。

⑤審査が簡単

法人カードと言えば法人向けのクレジットカードが優秀なわけですが、これに比べると法人デビットカードは審査がかなり緩いです。スタートアップで実績が乏しい場合でも法人デビットカードなら審査に合格できる可能性が高くなります。法人クレジットカードを作れないという場合は法人デビットカードを検討してみましょう。

⑥年会費無料で作れる

これも申込先によりますが、法人デビットカードは年会費無料で作ることができます。法人クレジットカードの場合は年会費が設定されているカードが多いですが、もし年会費無料で法人デビットカードを作れるならコストを気にすることなくカードを発行できるので、これもスタートアップにとっては嬉しいポイントとなります。

スポンサードリンク

デメリットも覚えておこう

法人デビットカードは良いことばかりではありません。法人クレジットカードと比較した場合にどうしてもメリットが低くなります。

①資金繰りが改善しない

法人クレジットカードの便利なところは後払いにあります。カード払いをした翌月から翌々月に支払いをすれば良いため、資金繰りを改善しやすいメリットがあります。しかし、法人デビットカードの場合は一括の即時引き落としとなるため、法人デビットカードを所持しても資金繰りに余裕を持てるわけではありません。

②使い過ぎを防げるというメリットは関係がない

個人向けのデビットカードの場合はクレジットカードのように使い過ぎることがないというのが一つのメリットです。法人デビットカードの場合はビジネスにおいてお金を使い過ぎるということはほぼ無いでしょう。いかにコストを抑えて利益を上げるのか?これがビジネスの鉄則となるため、デビットカードで良く言われる「使い過ぎ防止」のメリットは当てはまりません。

③法人口座の開設が鬼門

法人デビットカードは確かに審査が緩いですが、そもそも法人口座を開設できるのか?ここがスタートアップにとって鬼門となります。法人口座はちょっとした審査が実施され、これは犯罪防止の役割があります。誰もが簡単に法人口座を作ることができると、法人口座の悪用が増加する可能性があるわけです。ある程度の実績がなければ法人口座を開設することができない銀行もあるので、法人デビットカードの審査が簡単でも法人口座の開設に苦戦を強いられることは否めません。

法人デビットカードをパスしてクレカを目指す?

法人デビットカードは本当に良し悪しがハッキリとしているので、明確にメリットを感じないのであれば法人デビットカードをパスして法人クレジットカードを目指す方が良いケースもあります。法人クレジットカードのネックは審査となるため、ビジネスで結果を出すまでは現金払いで我慢しておき、結果が出たら法人クレジットカードの審査にチャレンジしてみましょう。やはり、特典内容からポイントまで、法人デビットカードに比べるとクレジットカードの方がメリットが高いのは言うまでもありません。資金繰りを改善しやすいだけでも大きなメリットとなります。

迷った時は年会費無料!

会社を起業して法人デビットカードを作るべきかどうか迷うなら、これは年会費無料を選んでおきましょう。コストが掛からないのであれば、そこまで深く悩む必要はありません。上記で紹介したように法人デビットカードによってはポイントを貯めることができますし、特典が用意されているデビットカードもあります。そうしたメリットの高い法人デビットカードを年会費無料で所持できるなら、コストゼロでメリットだけを得られるので十分に価値があると判断できますね。

まとめ

法人デビットカードはクレジットカードに比べると簡単に作れることは間違いありません。会社を企業したてのスタートアップでも法人口座を開設することさえできれば、簡単に法人デビットカードを作ることができます。法人デビットカードを作るなら、どんなメリットを得られるのかをしっかりと見ておきましょう。特に大きなメリットとなるのがポイントプログラムであり、住信SBI銀行ならポイントを貯めることができますし、楽天銀行ならキャッシュバックを受けることができます。メリットをしっかりと見出だしておくことで、ビジネスで活躍する法人デビットカードを見つけられるようになります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪