2018年最新!おすすめクレカランキング→

何が違うの?デビットカードでできること・できないこと

何が違うの?デビットカードでできること・できないこと

デビットカードってどんなカードなんだろう?という人は意外と多いのではないでしょうか。クレジットカードやプリペイドカードなどいろんな種類のカードがある中でも、デビットカードはかなり気軽に使える特徴を持っています。デビットカードで「できること&できないこと」を整理しながらご紹介します。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

デビットカードについて~できること編~

デビットカードでどんなことができるのかを理解すると、自然とデビットカードの魅力が分かると思います。

①キャッシュレスで買い物ができる

デビットカードは現金を持ち合わせていなくても買い物ができます。キャッシュレスで買い物ができることが大きな魅力です。この点はクレジットカードと同様ですが、デビットカードは利息が掛かりません。買い物の代金はデビットカードに登録している銀行口座から引き落とされるようになっており、一括払いしか選べません。銀行口座にお金が入っていればデビットカードで支払いができるので、資金の管理をしやすいことも魅力です。

②ネットショッピングにも対応

デビットカードは店頭だけではなく、ネットショッピングでも使えます。使い方はクレジットカードと同じなので、特に難しい事もありません。暗証番号を使ってデビットカードで支払いすることになるため、しっかりと暗証番号を管理しておくことが大事です。

③海外でも利用可能

デビットカードはビザカードやJCBカードなど、国際ブランドのデビットカードがあります。国際ブランドが付いているなら海外旅行へ行った場合でもデビットカードを使うことができます。ATMから現地通貨を引き出すことができますし、デビットカードで支払いをすることもできます。この場合も引き落としは登録している銀行口座からの即時引き落としです。

④未成年でも持てるカード

デビットカードは年齢制限が15歳からとなっているため、未成年でもデビットカードを持つことができます。申込先によっては16歳から申込可能や18歳から申込可能となっていることがありますが、クレジットカードに比べると年齢制限が低く設定されています。クレジットカードの年齢制限は20歳からとなっている会社が非常に多い為、未成年にとってはデビットカードがカードデビューの候補となってきます。

⑤ポイントを貯められる

クレジットカードはポイントを貯めることができますが、これと同じようにデビットカードもポイントを貯めることができます。その条件としては、ポイントプログラムが搭載されているデビットカードを選ぶこと、これが必須となります。何もポイントプログラムが付いていないデビットカードがありますし、楽天銀行のデビットカードなら楽天ポイントを貯めることができるなど、ポイントプログラムが搭載されているデビットカードもあります。

⑥年会費無料で持てる

これもポイントプログラムと同じであり、デビットカードによっては年会費無料で所持できます。永年年会費無料のデビットカードがありますし、毎年一定の年会費が必要となるカードもあります。年会費が必要なデビットカードでも1000円ほどの年会費で所持できるデビットカードが多いので、コストを抑えてカードを所持できるのは嬉しいポイントです。

できること編~まとめ~

デビットカードはクレジットカードのようにカード払いができ、支払いについては銀行口座からの即時引き落としという点が特徴です。銀行口座にお金がある限り、それを限度額として買い物でデビットカード払いができるため、クレジットカードが苦手な人でも気軽に使えることが魅力なカードです。

デビットカードについて~できないこと編~

次はデビットカードでできないことについて見ていきましょう。これを理解するとクレジットカードとの違いが分かるようになります。

スポンサードリンク

①後払いや分割払いができない

デビットカードは一括払いです。そのため、買い物をした時に後払いや分割払いができません。クレジットカードの場合なら、一括で支払うことが難しい場合はリボ払いや分割払いから後払いができます。後払いができないのは不便と感じると思いますが、基本的に後払いがないからこそデビットカードには安心感があります。その理由は金利や利息がポイントです。クレジットカードの後払いは一括払いや2回払いを除けば利息が発生します。また、完済期間が長くなるほど利息が高くなる特徴があります。要するに計画的な使い方をしなければ現金払いをする方がお得になるため、しっかりと知識を持っておかなければなりません。デビットカードはこうした失敗をすることがないので安心というわけです。

②キャッシングができない

デビットカードはキャッシングができません。どうしてキャッシングができないのかというと、そもそも利用枠が存在しないからです。クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠というシステムが備わっておらず、デビットカードの利用枠は銀行口座の預金残高となります。

③利用枠がないため増額できない

上記で紹介した通りデビットカードには利用枠がないため、当然ながら増額することができません。デビットカードの増額にあたるのは銀行口座にお金を入れることなので、高額な金額をデビットカードで支払いたい場合は銀行口座にお金を準備しておく必要があります。

③割引などの特典が基本的にない

デビットカードはクレジットカードのように割引などの特典がありません。楽天銀行VISAゴールドデビットカードなど、一部のデビットカードにおいては多少の特典が用意されています。しかし、特典内容をクレジットカードと比較した場合にかなり見劣りします。基本的にはデビットカードを所持しても、割引きなど魅力的な特典を得ることはできないという認識を持っておきましょう。

できないこと編~まとめ~

デビットカードはクレジットカードに似ていますが、利用枠がないことから後払いができません。また、キャッシングや増額もできませんし、クレジットカードに似ているようで全くシステムの異なるカードになっています。後払いができないことから利息が発生することもなく、銀行口座にお金がなければ使うことができないので返済不能になることが絶対にありません。これによって返済能力が低い未成年でもデビットカードを安心して使えるというわけです。

デビットカードが使えるシーンはかなり多い

デビットカードは日常生活の中でも使えるシーンがかなり多いです。簡単に言うと、買い物へ出かける際に財布にお金がなければ銀行口座からお金を降ろす必要がありますが、こうした場合に銀行口座からお金を降ろす必要がありません。店頭でデビットカードを提示するだけで買い物ができるので非常に便利です。また、ポイントプログラムが搭載されているならデビットカードで支払いをする方がポイントが貯まってお得になるため、デビットカードの使い方をしっかりと考えれば現金で買い物をする機会が減るほどデビットカードを愛用することになります。

安心というのが一番の魅力

クレジットカードは後から請求がやってきますし、金利に詳しくなければいくらの利息を取られるのか分かりません。それに対してデビットカードは金利がありませんし利息が発生しないことから安心して使うことができます。これがデビットカードの強みであり最大の魅力でもあります。仕組みとしては現金払いと同じなので、初心者にとっても扱いやすいカードです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード