今すぐクレカが必要な方は→

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス)」は最強の1枚。メリット・特典・保険とあわせてインビテーションについても徹底解説

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
出典:プラチナ・カード®(公式サイト)

2018年10月15日発行分から、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)」は旧来のプラスチック製のカードからメタル製のカードに切り替わりました。

それに伴いインビテーション制のみだった入会制度を、申し込みでの入会もできるように変わりました。

しかしながらまだその内容はベールに包まれている部分も多いです。

「アメックス・プラチナはそもそもどのようなカードなのか?」

「このカードはどのような使い方をする人に合うのか?」

このような疑問にについて徹底解説してきます。

アメックスプラチナは2019年4月8日より、インビテーション不要のオンライン申込が正式に解禁されました。

間口が広がった段階ですので、チャレンジの価値はあるかと思いますよ。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

この記事の目次

30秒でわかるアメックス・プラチナの特徴

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
出典:プラチナ・カード®(公式サイト)

アメックス・プラチナは特典や補償があまりにも多く、すべてを並べてみるとかえって全体像がつかみにくいです。

そこでアメックス・プラチナの特徴を何点かピックアップし、そのイメージをつかんでいきましょう。

特徴1.ポイントをマイルに換え、ビジネスクラスに乗って海外の高級ホテルに割引料金で泊まることができます

カードの利用によりたまったポイントは、ANAをはじめとする合計15社の航空会社のマイレージへ移行することができます。

世界中の空港ラウンジを何度でも無料で利用することができ、カードには最高クラスの海外旅行傷害保険が付帯されています。

数多くの高級ホテルの上位会員資格を取得可能です。

よって、一番お値打ちな部屋を予約しておいても、アップグレードされて結果的に豪華な部屋で宿泊できお得です。

特徴2.世界中のレストランやゴルフ場、スポーツクラブを割引料金で利用できます

旅先のレストランではアペリティフ(食前酒)の無料サービスや、2名以上で1名分の料金が無料になるサービスを受けることができます。

またゴルフ場やスポーツクラブを割引料金で利用することができますよ。

特徴3.家族・親族を手厚い補償で守ることができます

アメックス・プラチナには、ネット通販・家電の保証期間延長サービスをはじめ、個人賠償責任保険まで幅広く付帯されています。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

スポンサードリンク

家族カードは基本2親等以内の範囲で、最大4枚まで無料で発行可能です。

保障の行き届いたカードを遠方で暮らしている両親や上京した子供に渡し、トラブルから守ることができます。

特徴4.店でカードを提示すると驚かれ、話が弾みます

カードそのものがメタルプレートのため、カード利用時に店員の方に提示するとたいてい驚かれます。

このカードを使うたびに、アメックス・プラチナの会員になった密かな楽しみを味わうことができます。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

年会費130,000円(税別)のクレジットカード。持つべきか?持たざるべきか?

?

アメックス・プラチナは、すべての人が持つべきカードではありません。

年会費は130,000円(税別)と大変高額で、このカードを「持った方がよい人」もいれば「持たない方がよい人」もいます。

こんな人はぜひ、アメックス・プラチナを持った方がよい!

ホテル

それではまず持った方がよいと思われる人の例を5つほどご紹介します。

毎年の家族旅行の代金とクレジットカードの年会費を合計すると年間で13万円以上支出している人

アメックス・プラチナには、マイルを使った特典航空券の発行やホテルのアップグレードレストランで特典などがあります。

これらに加えて、手荷物無料宅配サービス、駐車場代の割引など、海外旅行に関するありとあらゆるサービスが付帯されています。

現在支出している13万円以上の金額をアメックス・プラチナの年会費に切り替えても、今と同じ以上の旅を楽しむことが可能です。

エミレーツ航空・カタール航空・エティハド航空や、シンガポール航空のビジネス・ファーストクラスで旅をしてみたい

エミレーツ航空
出典:エミレーツ航空(公式サイト)

エミレーツ航空には飛行機の中にシャワーブースがあります。

他にも、豪華すぎるダブルベッドで眠ることができるシンガポール航空のビジネス・ファーストクラスは旅行好きにとっての憧れです。

とくにエミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空の3社は日本で提携クレジットカードを発行していません。

ショッピングマイルをためるにはアメックスを利用するしか他に方法がありません。

アメックスのポイントには有効期限がないため、仕事が忙しくてなかなか休みが取れない人にとって、このポイントシステムはピッタリです。

ケロンくん

中東の航空会社のファーストクラスは、どれも信じられないほど豪華だよ♪

泊まるホテルにもこだわりたい

ホテル

せっかくビジネスクラスやファーストクラスに乗るのであれば、泊まるホテルにもこだわりたいものです。

しかしパリをはじめとする人気都市の超一流ホテルは信じられないほど高く、とても手を出すことができません。

アメックス・プラチナであればいくつもの高級ホテルの上級会員資格が取得できるため、一番お値打ちな部屋を予約しておいても、部屋のアップグレードが期待できます。

1泊5万円の部屋を予約して、15万円のジュニアスイートにアップグレードされれば、この1泊で年会費のほとんどは回収できてしまいますね。

予約してまで行きたい海外のレストランがある

レストラン

旅行の楽しみの一つに食事があります。

海外ミシュランの名店や、地方の「知る人ぞ知る」レストランに憧れる人であれば、アメックス・プラチナがオススメです。

海外の郊外にあるレストランの場合、ホームページがなかったり、英語すら通じない場合もあります。

アメックス・プラチナのプラチナコンシェルジュデスクに依頼すると、レストランの予約はもちろん座席の指定も可能。

記念日での利用や花束の用意、特別メニューなど、何から何まで詳細にお願いする事ができます。

海外旅行は空港ラウンジを利用したい

空港ラウンジ

海外旅行では重い荷物を運ぶことが多く、慣れない場所を歩き続けるためへとへとになります。

とくに空港内では歩く距離も待ち時間も長く、フライトスケジュールが変更になる事も多いため、数時間~半日ほど待つことも珍しくありません。

アメックス・プラチナには、世界中の1,000以上の空港ラウンジを何度でも無料で利用できるプライオリティパス(プレステージ会員)が付帯されています。

本会員はもちろんのこと、家族会員も含めて全員無料でこのサービスを受けることができます。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

こんな人は絶対にアメックス・プラチナを持たない方がよい!

ピンチ

では次に、アメックス・プラチナを持たない方がよい人の例です。

旅行もホテルもレストランにもまったく興味がない

アメックス・プラチナの特典の重心は、旅行やホテル、レストラン関係に置かれています。

これらに興味のない人が持ってしまうと、年会費の元を取るのは難しくなるでしょう。

旅行なら旅行代理店のツアー旅行だ

カード利用でたまったポイントは、航空会社のマイレージに移行するのが経済的に一番合理的です。

しかしどれだけマイルがたまっても、旅行代理店のツアーしか利用しない人にとっては、何の意味もありません。

飛行機はJALかANAでなければダメ

日系の航空会社でなければダメな人は、アメックス・プラチナを使いこなすのは難しいでしょう。

まずJALのマイレージには、ポイントを移行させることはできません。

次にANAですが、ポイントの移行はできます。

しかし、移行数の上限が年間4万マイル(1ポイント=1マイル)までと制限されています。

還元率も1%しかありません。

ANAであればむしろ、ANA VISAプラチナプレミアムカードをオススメします。

エコノミークラスで構わないので、渡航する回数を増やしたい

カード利用でたまったポイントをもっとも有効利用するには、ポイントをマイルに変えるのがベストです。

なおかつ、最低でもビジネス、出来ればファーストクラスの特典航空券を発行するのがもっとも効率的です。

アメックス・プラチナには、ビジネス/ファーストクラスの旅をより優雅に過ごすための特典が数多く備わっています。

そのため質よりも数を優先される旅では、こういった特典をフル活用するのは難しいでしょう。

ホテルは寝られさえすればいい

「思う存分観光をしたいので、ホテルは寝に帰る程度のものでじゅうぶん」という人もいると思います。

これではアメックス・プラチナを持つのは、ちょっと勿体ないです。

せっかく高級ホテルの特典が付帯されていても使わずじまいになってしまうため、高い年会費を支払うメリットを受けることができません。

どうするか迷ったらSPGアメックスを選ぶのもアリ

アメックス・プラチナは、クレジットカードに求められるあらゆるサービスを、ほぼ最高水準で装備している最強のクレジットカードです。

しかし年会費が130,000円(税別)と高額なので、多くの人は加入を悩むと思います。

「すべてのフルサービスは必要ない」という方には、SPGアメックスがオススメです。

「SPGアメックス」は航空機のマイレージとホテルの特典に内容を絞り、年会費を31,000円(税別)に抑えています。

なおアメックス・プラチナとSPGアメックスの比較は、のちほど「ライバルカードとの比較」の章でじっくりと解説します。

SPGアメックスカード:マイル高還元率・高級ホテルへの無料宿泊など豪華特典・キャンペーンで、年会費の分は余裕で回収できる!?【2019年 徹底解説】

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

まずざっくりと見てみよう!これがアメックス・プラチナだ!!

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
出典:プラチナ・カード®(公式サイト)

ここまで、アメックス・プラチナにはどのような特徴があり、誰が持てば得をするカードなのかをざっくりとお話してきました。

ではそろそろこのあたりで、実際にアメックス・プラチナがどのようなスペックなのかを確認してみましょう。

カード名アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費本会員・・・130,000円(税別)
家族会員・・・4枚まで無料
ETCカード・・・無料(新規発行手数料850円(税別))
ポイント還元率100円=1ポイント
海外旅行傷害保険利用付帯・・・最高1億円
自動付帯・・・最高5千万円
国内旅行傷害保険利用付帯・・・最高1億円
自動付帯・・・なし
疾病治療費用自動付帯・・・最高1千万円
ショッピングガード保険年間最高5百万円
空港ラウンジ国内28空港39ヶ所、海外2ヶ所が無料
その他付帯サービスプライオリティ・パス(プレステージ会員)
手荷物無料宅配サービス
空港クロークサービス
2 for 1 ダイニング by 招待日和

アメックス・プラチナ<公式サイト>

年会費429ドルのプライオリティパス(プレステージ会員)が、家族カードも含めると最大で5枚(合計2,145ドル)発行可能です。

年に1度ホテルの無料宿泊券(フリー・ステイ・ギフト)がもらえます。

さらに、1名分の食事が無料になる「2 for 1 ダイニングby招待日和」も利用することができます。

これだけですでに年会費130,000円(税別)の元は取れていますね。

保険も補償も最高クラスのものが付帯されており、あらゆるトラブルに対応することができるでしょう。

無料でプライオリティパスが付くクレジットカード3選!空港ラウンジが使えるので陸マイラーなら持っておくべし!

メタル製のカードフェイス

2018年10月15日発行分より、アメックス・プラチナのカードが、旧来のプラスチック製からメタル製に変わりました。

金属製のクレジットカードといえば、日本ではこのカード以外にはラグジュアリーカードとアメックスのセンチュリオンのみです。

金属プレートの質感は大変に素晴らしく、まだまだ珍しいこともあって、支払いのたびに店員の人に驚かれます。

ケロンくん

アメックス・プラチナは年会費に見合った満足感を与えてくれるよ!

アメックス・プラチナのメリット・できること

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
出典:プラチナ・カード®(公式サイト)

ではいよいよ、アメックス・プラチナのメリットやできることについて解説していきます。

このカードの特徴に合わせ、「航空機関係」「ホテル関係」「保険・保障関係」「レストラン関係」「コンシェルジュ関係」「ステータス関係」の6分野に分けてじっくりと掘り下げていきます。

航空機関係のメリット・できること

空港ラウンジ

航空会社のマイレージや空港でのメリット・できることをまとめてみました。

実はものすごくマイレージがたまる!

アメックス・プラチナの還元率は1%で、これより還元率が高いカードはいくらでもあります。

それでもアメックス・プラチナを利用した方がマイルがたまる可能性があります。

アメックスの家族カードの対象は基本的には2親等以内。

2親等とは言え、内縁の妻や婚約者(LGBTの場合も含む)にも発行することができます。

事実上ほぼ誰に対しても家族カードを発行することができるため、本会員1枚、家族カード4枚を発行したとしましょう。

理論上5世帯分の支払いを同一カードでまかなう事ができます。

ポイント!
還元率は1%のままでも利用金額が数倍に増えます。
理論上では非常にマイルを貯めやすいカードです。

プライオリティパス(プレステージ会員)で世界中のラウンジが使い放題!

アメックスプラチナは、本会員だけではなく家族会員の全員に対してプライオリティパスの無料発行を行っています。
※年会費429ドルのプレステージ会員

プレステージ会員であれば何度でも、世界中の空港ラウンジを無料で利用することができます。

同伴者がいる場合でも、1人1回あたり32ドルを支払うと、ラウンジを利用することができます。

無料でプライオリティパスが付くクレジットカード3選!空港ラウンジが使えるので陸マイラーなら持っておくべし!

センチュリオンラウンジを無料利用

アメックスが空港で上級会員(センチュリオン、プラチナ)向けに開放しているセンチュリオンラウンジを利用することができます。

カード会員(家族会員も含む)以外にも同伴者1名まで無料で利用可能です。

アメックスが上級会員向けに開放している特別なラウンジだけあって、プライオリティパスで利用できるラウンジよりも数段上のサービスを受けることができます。

ゴージャスで、食事や飲み物の質も通常のラウンジよりもかなり上です。

>>センチュリオンラウンジ等の詳しい情報はこちら

ポイント!
プライオリティパス会員向けのラウンジは混み合う事が多いです。
センチュリオンラウンジがある空港ではそちらを利用した方がいいですよ!

デルタ航空ビジネスクラスラウンジ「デルタスカイクラブ」を無料利用

デルタ航空を利用する場合、エコノミークラスに搭乗する場合でも、ビジネスクラスラウンジの「デルタスカイクラブ」を利用することができます。

ビジネスクラスのラウンジだけに軽食やアルコール飲料の種類は豊富で、カード会員以外にも同伴者1名まで無料で利用することができます。

デルタ航空を利用する場合、「デルタスカイクラブ」「センチュリオンラウンジ」「プライオリティパス」の3つのラウンジを無料で利用することができます。

▼デルタ航空のマイルを貯めるならこのカード!

【今なら入会キャンペーンで47,000マイルもらえる】デルタスカイマイルアメックスゴールドでゴールドメダリオンの上級会員を目指そう!【2019年最新版】

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典・ステータス
(5.0)
マイル還元率・期限
(5.0)
海外旅行・出張時のカード利便性と威力
(4.5)
総合評価
(5.0)

デルタ・アメックス・ゴールドカード<公式サイト>

ホテル関係のメリット・できること

ラウンジ

続いて国内外の宿泊に関するメリットや、できることのご紹介です。

有名ホテルチェーンの上級会員の資格にステータスマッチ

アメックス・プラチナの会員になると、さまざまなホテルの上級会員になることができます。

上級会員になると、部屋のアップグレードはもちろんのこと、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、ウエルカムドリンクなどさまざまな特典を受けることができます。

▼上級会員にステータスマッチされるホテル

ホテルチェーン名会員名
SPG(スターウッド・ホテル&リゾート)ゴールドエリート
マリオット
リッツカールトン
ヒルトン・ワールドワイドゴールド会員
シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツゴールデンサークルジェイド会員

なおSPGは、「シェラトン」、「ウェスティン」、「セントレジス」、「ラグジュアリーコレクション」、「W」、「ル・メリディアン」、「トリビュートポートフォリオ」、「アロフト」、「エレメント」、「フォーポインツ・バイ・シェラトン」の10個のブランドです。

これだけの数のホテルで上級会員になることができるため、世界中のどこへ行っても優雅なホテルステイを楽しむことができますね。

スポンサードリンク

世界中のホテル・国内旅館などの優待

アメックス・プラチナの会員は、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」というサービスを利用することができます。

世界中の約1,000か所のホテルにおいて、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、ホテルクレジットなどの特典を受けることができます。

日本では、アマンやコンラッド、グランドハイアットやセントレジスなどで利用可能です。

>>利用出来るホテルやサービス内容は、こちらから検索

フリーステイギフトで毎年1泊無料宿泊

毎年のカード更新時には、2名まで無料で利用出来る宿泊券がもらえます。

オークラ系、日航ホテル系、ハイアット系、ヒルトン系、プリンスホテル系、ロイヤルパークホテル系の日本中のホテルで利用することができます。

>>対象ホテルはこちらから確認

ポイント!
たとえば「ハイアット リージェンシー大阪」は安い時でも5万円では宿泊できません。
フリーステイギフトだけで年会費の半分の価値はありますよ!

保険・補償関係のメリット・できること

保険

アメックス・プラチナには、クレジットカードとしては最高級の保険が付帯されています。

最高級の海外旅行傷害保険が付帯

保険・補償内容保険金額(本会員)保険金額(家族会員)保険金額(家族)
死亡・後遺障害利用付帯1億円
自動付帯5,000万円
利用付帯1億円
自動付帯5,000万円
自動付帯1,000万円
傷害・疾病治療自動付帯1,000万円自動付帯1,000万円自動付帯1,000万円
救援者費用自動付帯1,000万円自動付帯1,000万円自動付帯1,000万円
賠償費用自動付帯5,000万円自動付帯5,000万円自動付帯5,000万円
携行品損害年間100万円まで(ただし自己負担分3,000円が必要)年間100万円まで(ただし自己負担分3,000円が必要)年間100万円まで(ただし自己負担分3,000円が必要)

「利用付帯」とは、アメックス・プラチナで旅行代金を決済した場合に保険や補償が受けられる条件のことをいいます。

他方、「自動付帯」とは、ただ持っているだけで保険・補償が受けられる条件のことをいいます。

ご覧のとおりアメックス・プラチナは、ほとんどのものが自動付帯です。

ただ持っているだけで、本会員も家族会員も手厚い保険・補償を受けることができます。

海外で病気や手術などをした場合、ちょっとしたものでも数百万円請求される場合があります。

アメックス・プラチナは1,000万円までの傷害・疾病治療が保険でカバーされているため、まずどんなことが起こっても大丈夫です。

ポイント!
またこの表の「家族」とは、本会員もしくは家族会員の6親等以内の血族、および3親等以内の姻族が含まれます。
両親ばかりか甥や姪なども範囲に含まれるため、アメックス・プラチナを持っていない親族の人たちも、万が一の場合に守ることができます。

ショッピングプロテクション・キャンセルプロテクションが完備

国内外でクレジットカードをショッピング利用した場合、トラブルが起こる場合があるでしょう。

こういったさまざまなトラブルに対しても、アメックス・プラチナはさまざまな補償やサービスで対応してくれます。

▼ショッピング関係の保険

  • ショッピングプロテクション:購入して90日以内に、盗難もしくは破損した場合、1名あたり年間500万円までを補償。
  • オンラインプロテクション:ネットでの不正使用による損害を全額補償。
  • リターン・プロテクション:ネットで購入した商品が返品不可でもアメックス・プラチナが補償してくれる制度。
  • ワランティープラス:家電類のメーカー保証期間を過ぎた場合の故障でも、最大2年間まで補償。

これら以外にも、家電類の火災・盗難・破損・水濡れを保証するホームウェア・プロテクションをはじめ、まだまだ数多くの保険や補償が付帯されています。

ケロンくん

ネットの不正使用を気にせずに買い物ができるよ!

レストラン関係のメリット・できること

イタリアン

アメックス・プラチナには、レストランでの食事に関する特典やメリットも付帯されています。

2 for 1 ダイニングby招待日和

高級レストランの所定のコースメニューを2名以上で事前に予約しておくと、1名分の料理代金が無料となります。
※飲み物の代金は有料です。

対象となる店舗のほとんど高級店で、対象となっているコースは1万円から2万円前後のものが多いです。

年に数回利用するだけで、年会費の半額は回収できてしまいます。

>>店舗の検索はこちらから

ケロンくん

ミシュランの星付き店や話題の店は少ないけど、デートなどで利用すると喜ばれそう!

ファインダイニング

更に格式も高く、予約が困難な店を利用する場合、「ファインダイニング」というサービスを利用することができます。

予約困難店のテーブル確保や個室の予約、その他の特典を利用でき大変便利です。

>>対象店舗はこちらから

コンシェルジュ関係のメリット・できること

アメックスのコンシェルジュデスクは自社の正社員が業務を行っており、他社と比べて圧倒的に洗練されたサービスを提供しています。

とくにアメックス・プラチナの会員は、きめ細かいサービスで有名な「プラチナコンシェルジュデスク」を利用することができます。

海外のホテルやレストラン、高級列車の旅やオペラ座の予約は基本的な使い方です。

祝いの席での利用や同伴者に対する配慮など、さまざまな事柄を正確にホテル等に伝えることができます。

ポイント!
日本語や英語すら伝わらない場所でも、あらゆるニーズを満たしてくれます。
優秀な秘書を雇っているような効果が得られます。

ステータス性のメリット・できること

ゴールドガードやプラチナカードを使っていても、驚くほどだれも何とも言ってくれません。

カードを提示する店員さんはそもそもクレジットカードに詳しいわけではありません。

今時のカードはその色から判断するのが難しいほどバラエティに富んでいます。

しかしアメックス・プラチナは金属プレートのカードです。

カードを提示するたびに店の人が驚いてくれます。

どうでもよいささやかな事なのですが、アメックス・プラチナを所有している喜びを利用するたびに感じることができます。

▼アメックスプラチナは2019年4月8日より、インビテーション不要のオンライン申込が正式に解禁されました。間口が広がった段階ですので、チャレンジの価値はあるかと思いますよ。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

ライバルカードとの比較

5つ星

アメックス・プラチナと比較されることの多いカードを取り上げました。

「年会費」「飛行機関係」「ホテル関係」「保険・保障関係」「レストラン関係」「コンシェルジュ関係」「ステータス性」の7項目でチェックしてみます。

VS.ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースプレミアム
出典:ダイナースプレミアム(公式サイト)

アメックス・プラチナともっともよく比較されるカードです。

カード名ダイナースプレミアム
年会費130,000円(税別)
家族カード年会費何枚発行しても無料
ETCカード年会費無料
ポイント還元率2%(2019年9月16日より国内利用は1.5%、海外利用は2.5%)
旅行保険最高1億円(傷害死亡・後遺障害)
電子マネーApple Pay
国際ブランドダイナースクラブ

年会費

年会費は同じです。

ただし、ダイナースプレミアムは家族カードを何枚でも無料で発行することができます。
※ただし1親等以内に限る。

いっぽうアメックスは4枚までしか無料で発行できませんが、家族カードが発行できる範囲が広くここはアメックス・プラチナの勝ちと言えるでしょう。

飛行機関係

還元率はダイナースプレミアムの圧勝です。

ただし、ポイントが移行できる先がANAを含めて5社と少ないため、高額決済を続けるとポイントが使い切れなくなってしまいます。

どちらにも一長一短あります。

ホテル関係

上級会員へのステータスマッチや1泊無料券が付帯されているアメックス・プラチナの圧勝です。

保険・保障関係

海外旅行傷害保険はほぼ同じ内容ですが、ショッピングプロテクションなどはアメックス・プラチナの方が優れています。

レストラン関係

どちらも優れていますが、あえて優劣をつけるならダイナースの方が優れた特典が多いです。

コンシェルジュ関係

ダイナースのプレミアムデスクは外注です。

アメックス・プラチナのコンシェルジュデスクは自社の正社員が行っています。

その点だけを見てもアメックスの圧勝です。

ステータス性

ダイナースのステータスも高いですが、金属プレートのアメックス・プラチナにはまったく歯が立ちません。

ANAとユナイテッド航空を利用する人であれば、アメックス・プラチナよりもダイナースプレミアムの方がオススメです。

ダイナースプレミアムの審査基準とは?インビテーションはいつ届く?突撃での申し込みは可能?

VS.ANA VISA プラチナプレミアムカード

「ANAのマイルをためて海外旅行したい」という一点のみに特化したクレジットカードといえます。

カード名ANA VISA プラチナプレミアムカード
年会費80,000円(税別)
家族カード年会費4,000円(税別)
ETCカード年会費無料
ポイント還元率1.5%(最高1.905%)
旅行保険最高1億円(傷害死亡・後遺障害)
電子マネーApple Pay他
国際ブランドVISA
その他入会・毎年のカード更新時に1万マイル
プライオリティパスのプレステージ会員無料(本会員・家族会員とも)
フライトボーナスマイル50%UP

年会費

ANA VISA プラチナプレミアムの方が安く、有料の家族カードを4枚発行しても合計96,000円(税別)とまだアメックス・プラチナより安いです。

飛行機関係

ANA VISA プラチナプレミアムの圧勝です。

還元率は最大1.905%で、カード更新時には毎年10,000マイルがプレゼントされます。

おまけにマイル移行数に制限は一切ありません。

アメックスとの違いはポイントに有効期限(4年)があることと、ポイントを交換できる航空会社がANAのみ、の2点です。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの申し込みは、こちらから。

ANA系カード<公式サイト>

ホテル関係

アメックス・プラチナの圧勝。

保険・保障関係

海外旅行傷害保険はどちらもほぼ同じですが、ショッピングプロテクションなどはアメックスの圧勝です。

レストラン関係

アメックス・プラチナの圧勝です。

コンシェルジュ関係

アメックス・プラチナには勝てません。

ステータス性

アメックス・プラチナにはまったく勝てません。

ポイント!
「ANA(およびスターアライアンス)に乗って海外旅行する」ということだけに限定すれば、ANA VISA プラチナプレミアムカード以上のカードはありません。

VS.ラグジュアリーカード/ブラックカード

ブラックカード

Mastercardの最上位クラスであり、アメックス・プラチナよりも早く金属プレートを導入したクレジットカードです。

カード名ラグジュアリーカード/ブラックカード
年会費100,000円(税別)
家族カード年会費25,000円(税別)
ETCカード年会費無料
ポイント還元率0.3%(マイル還元率)
旅行保険最高1億2千万円(傷害死亡・後遺障害)
電子マネーモバイルSuica
国際ブランドMastercard

年会費

年会費はラグジュアリーカード/ブラックカードの方が安いです。

ただし、家族カードを1枚発行するだけで、アメックスとほぼ同じ年会費になってしまいます。

飛行機関係

マイル還元率、空港ラウンジサービスともにアメックス・プラチナの圧勝です。

ホテル関係

ラグジュアリーカードにも高級ホテルの宿泊特典は数多くあります。

しかし、アメックス・プラチナのように上級会員にステータスマッチするサービスは行っていません。

こちらもアメックス・プラチナのサービスの方が上でしょう。

保険・保障関係

傷害死亡・後遺障害は最高1億2千万円の保険が付帯されていますが、一番大切な傷病・疾病治療費用は200万円しか付帯されていません。

これでは安心して海外に行く事はできません。

アメックス・プラチナの圧勝です。

レストラン関係

ラグジュアリーカードには「ラグジュアリーテーブル」の利用時に、東京23区内での移動をハイヤーで無料送迎してくれるサービスがあります。

その分だけラグジュアリーカードに軍配が上がります。

▼実際にハイヤーサービスを使ってみた!

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスを使ってみた。リムジンサービスも豪華、依頼メールも公開!

コンシェルジュ関係

残念ながらアメックス・プラチナにはかないません。

ステータス性

どちらのカードも金属プレートで利用するたびに目を引きます。

ただし知名度抜群のアメックスに比べると、ラグジュアリーカードはどうしても負けてしまいます。

アメックス・プラチナの方がステータス性は上と言わざるを得ません。

ポイント!
ラグジュアリーカードは素晴らしいカードなのですが、存在そのものがややマニアックです。
また、要所要所のサービスが足りない印象を受けます。

ラグジュアリーカード(チタン・ブラック・ゴールド)徹底解説。高額な年会費を払ってでも持つメリットは「○○」【2019年最新版】

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>

VS.SPGアメックス

意外かもしれませんが、アメックス・プラチナのライバルカードの大本命はSPGアメックスです。

項目詳細1詳細2
カード名スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(通称SPGアメックス)
年会費31,000円(税別)
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害最高1億円(家族最高1,000万円)
傷害・疾病治療費用最高300万円(家族最高200万円)
オンラインプロテクションあり(インターネットでの不正利用全額補償)
キャンセルプロテクションあり(年間最高10万円)
ショッピングプロテクションあり(購入から90日以内の破損・盗難は年間500万円まで補償)
リターンプロテクションあり(購入日から90日以内なら1商品3万円、年間15万円以内で返品可能)
家族カード年会費15,500円(税別)
還元率1.25%
空港ラウンジ国内28空港+海外2空港を同伴者1名まで無料で利用可能
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
旅行保険(自動付帯)国内旅行なし
旅行保険(利用付帯)国内旅行最高5,000万円(家族特約最高1,000万円)

年会費

年会費はSPGの方が圧倒的に安いのですが、家族カードの年会費が高いの問題です。

アメックス・プラチナと同様に家族カードを4枚発行した場合、年会費の合計は93,000円(税別)となってしまいす。

それでもSPGの方が年会費は安いのですが、家族カードを発行するほどお値打ち感は薄れます。

飛行機関係

還元率とポイントを移行できる航空会社数はSPGの圧勝です。

カード利用でポイントをため、数多くの航空会社のマイレージに移行する点に特化したSPGにアメックス・プラチナにはかないません。

ただしSPGにはプライオリティパスが付帯されていないため、ラウンジ利用はかなりマイナスです。

▼実はJALマイルを貯めるならSPGカードが圧倒的にオススメ

JALマイルを貯めるなら実は「SPGアメックスカード」がオススメ!マイル還元率最大1.25%はJALカードよりお得!

ホテル関係

SPGも年間1泊無料宿泊券もらえるのですが、こちらの方がアメックス・プラチナよりも使い勝手はいいです。

上級会員へのステータスマッチも主要部分は同じなので、ここはSPGの方が上でしょう。

保険・保障関係

アメックス・プラチナにはかないません。

レストラン関係

アメックス・プラチナにはかないません。

コンシェルジュ関係

アメックス・プラチナにはかないません。

ステータス性

アメックス・プラチナにはかないません。

ポイントの移行先が豊富で、毎年1泊無料券がもらえるので、SPGアメックスは旅行好きの人には最高の1枚です。

SPGアメックスカード:マイル高還元率・高級ホテルへの無料宿泊など豪華特典・キャンペーンで、年会費の分は余裕で回収できる!?【2019年 徹底解説】

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

アメックス・プラチナの審査について

本

最後にアメックス・プラチナの審査について確認してみましょう。

アメックス・プラチナを手に入れるためには三つの方法があります。

1,インビテーションを受ける

アメックス・ゴールドを利用し、実績を積み上げることによりアメックス・プラチナへのインビテーション(招待状)を受けることができます。

この場合、実質的にはほぼ無審査でアメックス・プラチナを手に入れることができます。

2,コンシェルジュデスクに直接申し込む

アメックス・ゴールドを利用し、インビテーションをまだ受けていない段階でコンシェルジュデスクに電話してアメックス・プラチナへの入会を申し込みます。

この場合、利用実績や年収などを考慮し、審査に通過した場合にのみアメックス・プラチナが入手可能です。

3,申し込みをする

アメックスのHPから直接申し込むことにより、審査に通過すればいきなりアメックス・プラチナを手に入れることができます。

ただしアメックスの利用実績がまったくない状態での申し込みのため、審査はこの三種類の中でもっとも厳しいでしょう。

アメックス・プラチナの年収は?

これは公表されていないためまったくわかりません。

ネットでの情報や周囲の保有者から聞いた話をまとめると、いきなり申し込む場合であれば800万円~1,000万円以上が必要ではないかと言われています。

ただし年収は自己申告で、証拠となる書類を一切添付しません。

実際よりも多い金額で申告している人がいることは容易に推測できます。

アメックス側もおそらく、年収金額よりも過去の金融事故有無や利用実績などを重視していることでしょう。

最後に

アメックス・プラチナは、クレジットカードにとって必要な機能のほぼすべてを装備した、大変すばらしいカードです。

1%の還元率はやや気になるものの、家族カードを利用することである程度解決できますし、何より高い年会費に相応しい特典が数多く付帯されています。

▼アメックスプラチナは2019年4月8日より、インビテーション不要のオンライン申込が正式に解禁されました。間口が広がった段階ですので、誰でも持てるというわけではありませんが、チャレンジの価値はあるかと思いますよ。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

とはいえ、ムリをして所有したとしても、結局使い切れないで終わってしまいます。

審査もそれなりに厳しいですから、アメックスの利用実績がまだなかったり、年収に不安がある人は、まずアメックス・ゴールドカードの実績を積み上げていくことから始めてはいかがでしょうか。

▼まずはアメックスゴールドからはじめてみよう!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(アメックスゴールド)」は最強のゴールドカード。充実の保険・特典が魅力。旅好きな方にもオススメの1枚です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

最大1億円の保険付帯・プライオリティパス発行など、旅行・空港系特典はさすがのアメックス。書ききれない特典の数々です。家族カード1枚目は年会費無料なのがいいですね。

入会特典ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で 合計30,000ポイント獲得可能!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
31,320円(税込) 31,320円(税込)
還元率(通常) 還元率(最大)
0.3% -
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)○(利用付帯)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

スターウッド プリファードゲストTM アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPGアメックス)

加入者が急増しているのがこのカード。アメックスで最もコスパが高いカードと名高い、ホテル・空港での特典が手厚いカードです。保険も最大1億円補償で付帯します。

入会特典【ご入会特典】 カードご入会後3ヶ月以内に10万円以上のカードご利用で、 30,000ポイントプレゼント
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
33,480円(税込) 33,480円(税込)
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 1.25%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

ラグジュアリーカード BLACK CARD

年会費10万円で持てるブラックカード。唯一メール対応可能なコンシェルジュ・無料リムジン送迎サービス・旅行系特典など満載。海外での利用・年間150万円以上の利用でポイント還元率1%に。

入会特典-
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
108,000円(税込) 108,000円(税込)
還元率(通常) 還元率(最大)
0.5% 1.5%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)○(利用付帯)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪