2018年最新!おすすめクレカランキング→

みずほ銀行の「みずほJCBデビット」と「みずほデビットカード・サービス」は何が違うの?特徴や使い勝手を徹底解説。

みずほデビット
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/payment/jcbdebit/index.html

みずほ銀行の口座開設をすると、「みずほJCBデビット」「みずほデビットカード・サービス」の2種類のデビットカードが利用できるようになります。

この2つのカードには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれのカードのメリットやデメリット、カードの作成方法についてご説明します。

ケロンくん

どっちのデビットカードがお得なのかな??

デビットカードとは

デビットカードの漫画

クレジットカード デビットカード
支払い 後日に銀行口座から引き落とし 即時に銀行口座から引き落とし
支払い方法 一括・分割・リボなどがある 一括のみ
審査 審査あり 審査なし
利用限度額 利用者によって異なる 口座に入っている金額

デビットカードとは、利用すると即時に銀行口座から引き落としがかかるカード。

基本的に申込時の審査不要、現金やクレジットカード代わりに使用できるものです。

口座残高の範囲内で利用するため、過度な利用を防ぐことが可能です。

そのため、15歳以上(カードによっては16歳以上)の未成年者などクレジットカードに慣れていない人も利用しやすいのが特長です。

「みずほJCBデビット」とは

みずほデビット
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/payment/jcbdebit/info/index.html

「みずほJCBデビット」は、みずほ銀行口座を持っていれば作成することができ、全国のJCB加盟店で利用できるデビットカードです。

初年度年会費無料、次年度以降もカードを年1回以上利用すれば、年会費1,080円(税込)が無料になります。

みずほJCBデビットのメリット

みずほJCBデビットのメリットは、2つあります。

1,利用金額の0.2%がキャッシュバックされる

クレジットカードと比較するとどうしても還元率は低めです。

しかし、デビットカードの中でキャッシュバックを受けられるカードは限られているので、お得なカードに分類されるでしょう。

2,みずほマイレージクラブ特典が利用可能になる

みずほマイレージクラブは入会金・年会費無料のサービス。

みずほ銀行・イオン銀行ATMの時間外手数料無料、コンビニATMの利用手数料・時間外手数料無料などの優遇を受けられます。

夜中や土日でもATMが手数料なしで利用できるのは嬉しいメリットですね。

みずほJCBデビットのデメリット

対して、みずほJCBデビットのデメリットはとくにありませんが。

強いて言えば、もし1年間使用がない場合は、1,080円の年会費がかかってしまうことでしょう。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

コストが気になる方は、年1回はカードを利用するのがオススメです。

「みずほデビットカード・サービス(Jデビット)」とは

Jデビット
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/payment/j-debit/index.html

「みずほデビットカード・サービス」は、みずほ銀行のキャッシュカードがそのままデビットカードとして利用できるサービスです。

スポンサードリンク

特別な申し込み手続きが不要で、キャッシュカードをそのままデビットカードとして、J–Debitマークのある加盟店で利用することができます。

みずほデビットカード・サービスのメリット

みずほデビットカード・サービスのメリットは、特別な申し込みが必要ない部分です。

口座開設してキャッシュカードを作成するだけで、自動的に利用することが可能です。

ポイント!
この特性上、通常ではデビットカードを利用できない15歳以下のお子様でもデビットカードとしての利用ができてしまいます。
もしデビットカード機能を削除する場合は、みずほ銀行店頭やコールセンターから利用停止手続きをしてください。

みずほデビットカード・サービスのデメリット

対して、みずほデビットカード・サービスのデメリットは2つあります。

1,利用時間が限られている

基本的には24時間利用できますが、下記の除外時間帯があります。

土曜日の22:00〜24:00、日曜日の0:00〜8:00、毎月第1・第4土曜日の3時00分~5時00分は利用できません。

2,J–Debitの加盟店がそれほど多くない

現在の加盟店は日本国内で約2.4万店舗のみ。
※海外では利用できません。

JCBの国内外の加盟店数は3,000万店舗なので、みずほJCBデビットと比較すると大きな差があります。

デビットカードとして利用できるシーンはそれほど多くないかもしれません。

ケロンくん

使えたらラッキーぐらいの店舗数だね。

みずほJCBデビットとみずほデビットカード・サービス、どっちが便利?

選ぶ

もし利用するなら、みずほJCBデビットの方が便利に利用できるでしょう。

利用できる加盟店が多いことや、利用することでキャッシュバックが受けられることが主な理由です。

みずほJCBデビットの作成方法


出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/payment/jcbdebit/info/index.html

みずほJCBデビットに申し込める条件は、下記の通りです。

  • みずほ銀行で普通預金口座を開設すること
  • 日本国内に居住していること
  • 中学生を除く15歳以上の個人の方

申し込みは基本的にインターネットから行ないます。

ポイント!
店頭でも案内してもらえますので、口座開設時に合わせて作成するとよいでしょう。

利用明細の確認方法・問い合わせ窓口

みずほJCBデビットの利用明細書の郵送は行なっておりません。

会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録・ログインして、利用履歴や利用明細を確認しましょう。

また、カードの磁気不良や破損などトラブルがあった場合は、コールセンターに問い合わせて対応してもらいます。

ポイント!
JCBデビットカードデスク
0570-099-766【有料】
年中無休 9時00分~17時00分

デビットカードを使用できる店舗、できない店舗

買い物

デビットカードは、そのカードブランドの加盟店で広く使用できます。

主な利用シーンは、コンビニやスーパー、ネットショッピングなどで、基本的にはクレジットカードと同じように利用できます。

ただし、利用できな店舗やシーンもあります。

代表的なものですと、「電気代や水道代などの公共料金の引き落とし」に使えないことが多いです。
※一部利用できるデビットカードもあるので、各公共料金の利用可能カード欄を確認してみるといいでしょう。

次に利用できないと困りそうなのが「Apple Pay」です。

デビットカードはApple Payに登録することができません。

しかしこれには裏技があります。

Apple Payに登録できるモバイルSuicaのチャージ方法には、デビットカードを設定することができるのです。

どうしてもApple Payでデビットカードを使用したいときは、ぜひこの裏技を試してみてくださいね。

みずほJCBデビットを作成して、日々の買い物をより便利に!

みずほJCBデビットは、デビットカードの中でも特典が多めで、現金やクレジットカード代わりとして利用するのに便利なカードです。

持っていて損はないでしょう。

まだデビットカードを持っていない人は、口座開設と一緒に作成してはいかがでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪