2018年最新!おすすめクレカランキング→

みずほ銀行のデビットカードとは?実際の使い方・使い勝手を解説

FireShot Capture 1199 - みずほ銀行 - https___www.mizuhobank.co.jp_index.html
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

突然ですが、みずほ銀行がデビットカードを発行しているのは知っていましたか?

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

正確に言うと、「楽天銀行VISAデビット」などのように国際カードブランドと提携したクレジットカードではなくて、キャッシュカードがそのままデビットカードとして使えるタイプのデビットカードです。
このように金融機関で発行されたキャッシュカードが買い物やショッピングの支払いにそのまま使えるサービスをJデビットと言いいます。Jデビットは、日本デビットカード推進協議会という団体が発行している日本だけで使うことができるデビットカードです。

みずほ銀行は知っての通り、日本の金融機関です。そのため、みずほ銀行のデビットカードは基本的にJデビットに依存することを覚えておいてください。

みずほ銀行デビットカードの全てを解説

さて、みずほ銀行のデビットカードはどんな内容なのか?その全てを項目ごとに見ていきましょう。

デビットカードの種類

FireShot Capture 1197 - みずほ銀行 _ デビットカード - https___www.mizuhobank.co.jp_start_debit_index.html
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行のデビットカードの種類は「Jデビット」しかありません。

※2017年1月現在、『みずほJCBデビット』が誕生しました。そのためみずほ銀行が発行するデビットカードは、JデビットとみずほJCBデビットの2種類となっています。

他社の場合は、例えば「三菱UFJデビット」などのように、VISAブランドのデビットカードを良く見かけますが、みずほ銀行ではVISAブランドやその他のブランドからデビットカードがリリースされていないため、Jデビット一択となります。

海外でもデビットカードを使いたいなら、VISAブランドのものを持つのがオススメです。

デビットカードの作り方

FireShot Capture 1200 - みずほ銀行 _ 通帳・キャッシ_ - https___www.mizuhobank.co.jp_start_card_index.html#credit
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行でキャッシュカードを発行すると、基本的にデビット機能が自動的に搭載されています。すでにみずほ銀行のキャッシュカードを持っている人でも、実はデビット機能が使えることを知らない人は意外と多いと思います。

みずほ銀行にはキャッシュカード単体のものと、クレジット機能がついたクレジットカード一体型のキャッシュカードが存在します。どちらのキャッシュカードの種類でも、カードの表か裏のどこかにJデビットのマークが書かれています。Jデビットのマークがあるなら、Jデビットを解除しない限りはそのカードをデビットカードとして利用することができます。

デビットカードの維持費

みずほ銀行のデビットカードは発行手数料と年会費がともに無料です。さらに年会費は永年無料なので、全く維持費はかかりません。だからキャッシュカードにデビット機能が搭載されていても、あえてその機能を外す必要はないかと思います。

デビットカードの使い方

FireShot Capture 1201 - みずほ銀行 _ デビットカードサービス(J–Debit)_ - https___www.mizuhobank.co.jp_star
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行のデビットカードの使い方はとても簡単です。
Jデビットの加盟店において、支払い時にカードを店員さんに渡し、あとは暗証番号を入力するだけです。現金ではなくデビットで支払いをすると、代金は即時に登録口座から引き落とされるようになっています。

クレジットカードと違って、決済日と支払日のタイムラグは生じません。また、その際の事務手数料等は一切掛かりません。

①お得な使い方~ATM手数料を節約できる~

みずほ銀行の預金口座からATMを利用してお金を降ろす場合、基本的には108円もしくは216円の手数料が発生します。ATM利用の無料サービスを使える場合でも手数料無料の回数には制限があるため、1か月で何度も出金するといずれは手数料が発生します。

そこで、Jデビットが使えるお店で買い物をするときはできるだけデビット機能を利用して支払いをするようにします。そうすると、ATMの手数料を節約できるようになるので、結果的にお得になります。

②お得な使い方~キャッシュバック~

FireShot Capture 1203 - J-Debit使ってトクトクキャンペーン!’16冬 - http___debitcp.jp_pc__a=jp
出典:http://debitcp.jp/pc/?a=jp

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

みずほ銀行のデビットカードは、みずほ銀行が定期的に開催するキャッシュバックキャンペーン、Jデビットの各加盟店が主催するキャッシュバック等のイベントの両方を活用するとお得に使うことができます。みずほ銀行主催のキャッシュバックキャンペーンはキャッシュバック金額が口座に振り込まれます。

みずほ銀行のイベントはみずほ銀行で確認、各加盟店のお得なイベントはJデビットの公式サイトでチェックできるので確認しておきましょう。
Jデビット公式サイトはこちら

デビットカードを使えるお店

FireShot Capture 1202 - デビットカード(J–Debit)店舗検索_ - https___www.mizuhobank.co.jp_star
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行のデビットカードが使えるお店はJデビットの加盟店に依存します。そのため、使えるお店を調べたい時はJデビットに問い合わせるか、Jデビットの公式サイトから最寄りのお店をリサーチする必要があります。

どんなお店でJデビットを使えるのか?
日常のショッピングシーンで利用することが多いジャンルから、いくつかのお店を紹介しておきます。

①スーパーやコンビニ

スーパーやコンビニは最も利用することが多いジャンルですね。Jデビットの加盟店は

  • 「COOP・コープ」
  • 「魚栄商店」
  • 「大阪商業振興センター」
  • 「S東美」

などがあります。コンビニと言えば「セブン」、スーパーと言えば「イオン」など、お馴染みの名前がありませんね。他にもいくつかのお店が加盟店になっていますが、有名どころのお店はありません。

②百貨店やショッピングセンター

百貨店やショッピングセンターの加盟店は「AO」や「アカリ」など相当な数の加盟店があります。スーパーやコンビニ比べると、最寄りの百貨店やショッピングセンターでJデビットを使える可能性が高いです。

しかし、残念ながらメジャーどころの「西武」や「近鉄」、「高島屋」や「伊勢丹」などはありません。

Jデビットのライバルは対象外?

Jデビットの加盟店は基本的にライバルとなるデビットカード発行会社は対象外となっています。
例えば、イオンならイオンデビットカードがリリースされているため、Jデビットの加盟店にイオンはありません。セブン銀行もデビットカードをリリースしていますが、Jデビットの加盟店にセブン-イレブンはありません。

百貨店にしろ、スーパーにしろ、コンビニにしろ、大手企業は自社でデビットカードをリリースしていることが多いので、Jデビットの加盟店に有名なお店が少ないのは仕方のないことでもあります。

みずほ銀行デビットカードの使い勝手は悪い!

みずほ銀行のデビットカードの使い勝手は、正直なところ良いとは決して言えません。これはみずほ銀行が悪いというわけではなく、Jデビットの加盟店が少ないことに起因します。

Jデビットはかなり古くから存在している日本のデビットカードですが、昔に比べて加盟店数が増えているとは言え、まだまだその数は同じく日本発祥の国際カードブランドのJCBにも加盟店数には及びません。
統計データ的には、Jデビットの加盟店数約45万件(平成25年度末時点)、JCBの加盟店数は約3100万件(海外2000万件、国内1000万件、平成27年度末時点)となっています。

FireShot Capture 1204 - JCBの加盟店 I クレジットカードJCB 海外でも便利な優待特典やJ_ - http___www.jcb.jp_brand_merchant.html

(出典:http://www.jcb.jp/brand/merchant.html

ちなみにみずほ銀行とJデビットの関係というのは、今の名称になるもっと昔の時代の「富士銀行」時代からの付き合いがあると言われており、長い付き合いがあるからこそ新しいデビットカードをリリースしずらい状況にあるのかもしれません。

使えるデビットカードを別で作るべし!

FireShot Capture 1205 - みずほ銀行 _ デビットカードサービス(J–Debit)_ - https___www.mizuhobank.co.jp_star
出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行のデビットカードは先述したように、維持費はゼロです。デビット機能は勝手に搭載されている機能という程度に捉えておき、自分にとって本当に使い勝手の良いデビットカードは他社で作りましょう。イオンデビットカードを持てばイオンで買い物をする時に便利でお得であるし、セブンデビットカードならセブン-イレブンで本領発揮する優れものとなります。

メインバンクをどこにする?

みずほ銀行にすでに口座を持っている状態で他社でデビットカードを作るなら、引き落とし口座を決めなければなりません。

デビットカードは口座からの引き落としでATMからお金を降ろす手間を省けることがメリットです。毎月の給料を受け取る口座があなたにとってのメインバンクとなるわけですが、デビットカードを使うために他の銀行口座へお金を移すのは面倒です。そのため、みずほ銀行をメインバンクにするメリットを再確認しておき、その上で他銀行の良さを比較検討しながらデビットカードを決めることが大切です。

まとめ

みずほ銀行のデビットカードは「Jデビット」であり、デビットカードの使い勝手は完全にJデビットに依存する形となっています。Jデビットは日本だけで使えるデビットカードなので、国内においては非常に使い勝手が良いイメージがあります。

しかし、実際のところはJデビットの加盟店は少なく、国内とはいえ、国際ブランドが発行するデビットカード、あるいはイオンやセブンなど有名な会社が発行しているデビットカードを所持する方が便利だと言わざる終えない状況です。みずほ銀行のデビットカードを持つ唯一のメリットは維持費が掛からないことだけかもしれません。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪