2018年最新!おすすめクレカランキング→

魅力たっぷり!三菱UFJデビットカードの使い方とその活用方法とは?

初めてのデビットカードとして三菱UFJデビットカードはおすすめです。三菱UFJは大手の銀行としても名高く、しっかりとした安心感があります。デビットカードのステータスもキャッシュバックが搭載されているなど、お得な内容となっているので初心者にとっても扱いやすいデビットカードです。

三菱UFJデビットカードの魅力

三菱UFJデビットカードはどんなカードなのか?まずはその魅力に迫ってみましょう。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

①未成年でも所持できるカード

三菱UFJデビットカードは社会人はもちろんですが、未成年でも所持できるカードです。年齢制限は15歳以上となっています。ただし、中学生は申し込むことができず、高校生であれば申し込みが可能です。未成年にとってはクレジットカードを持つまでの代用として利用しやすく、初めての自分のカードとなる人も多いと思います。

②年会費は1080円

三菱UFJデビットカードの年会費は1080円(税込)です。ただし、デビットカードを発行した初年度は年会費が無料となります。そのため、翌年度から1080円の年会費が必要となります。
しかし、15歳〜23歳以下なら年会費が無料となるので、23歳になるまでは年会費無料でデビットカードを所持できます。さらに24歳以上の方も、年間のデビットカードの利用代金が10万円以上なら翌年度の年会費が無料となるので、あまり年会費を気にすることもありません。

24歳以上であっても年会費を無料にするのは簡単

先述した通り、24歳以上だと年会費が1080円必要となり、年会費を無料にするためには年間に10万円以上デビットカードを使わなければなりません。金額だけを見ると条件が厳しく見えますが、デビットカードはクレジットではないので10万円を使うのは以外と簡単かもしれません。
というのも、考えてみてください。毎月の食料品や生活用品の買い物でデビットカードを使っておくだけでも、年間10万円以上の金額となりますよね?後に紹介しますが、三菱UFJデビットカードはカードブランドが「VISA」なので、国内において使えるお店が非常に多いです。日頃の買い物でもデビットカードを使う機会が多いため、年会費を無料にすることはさほど難しくありません。

③ブランドはVISA

三菱UFJデビットカードの国際ブランドは「VISA」です。「VISA」というのは海外において加盟店が多く、海外旅行に最適な国際ブランドと言われます。しかし、国内においても加盟店が非常に多く、メジャーどころのお店の多くで「VISA」を使うことができます。
日常の様々なショッピングシーンで三菱UFJデビットカードを使えるため、海外と国内の両方において使い勝手は抜群です。

④カードフェイスは3色

三菱UFJデビットカードのカードフェイスは3つ用意されています。「ホワイト」、「ブラック」、「レッド」の3色のデザインが用意されているので、好みのカードフェイスを選ぶことができます。どのカラーもデビットカードのステータスは同じなので、単に見た目の違いとなります。

⑤キャッシュバック付き

三菱UFJデビットカードはポイントを貯めることができ、貯まったポイントはキャッシュバックされます。キャッシュバック率は利用代金の0.2%が基本となっています。0.2%という数字だけ見ると還元率が低いですが、三菱UFJデビットカードは還元率を高めることができるんです。
前年の利用代金が20万円以上だと0.05%アップ、30万円以上だと0.05%アップ、自分の誕生日の月は0.1%アップとなります。基本のキャッシュバック率は最大0.3%まで上げることができ、さらに年間で1か月間だけは最大0.4%となります。賢くキャッシュバックを活用しましょう。

スポンサードリンク

⑥2つの安心保険が付帯

三菱UFJデビットカードはショッピング保険不正利用補償の2つの保険が付帯されています。ショッピング保険はデビットカードを通して購入した商品が破損・盗難に遭った場合、年間100万円を上限として購入日から60日間は補償を受けることができます。不正利用補償はカードのトラブルに遭遇した場合、60日まで遡って調査してもらうことができ、事実確認の後に年間100万円を上限として補償を受けることができます。
このようにクレジットカードのような保険が付帯されているので、初めての方でも安心して利用しやすいデビットカードですね。

保険の豆知識

三菱UFJデビットカードの保険は補償額が高く設定されています。ショッピング保険や不正利用補償というのはカード保険では良くある内容です。特にクレジットカードではこれらの保険が付帯されていることが多いです。クレジットカードの補償額でも、三菱UFJデビットカードの補償額より低い金額になっているカードもあります。
一定の条件をクリアすることで年会費を無料にできるデビットカードですし、それ考えると、意外と補償額が高いのが魅力の1つです。

三菱UFJデビットカードの作り方と使い方

さて、次に三菱UFJデビットカードの作り方と使い方についてチェックしておきましょう。

①デビットカードの作り方

三菱UFJデビットカードはネットで申し込むことができ、後はすべて書類上のやりとりをしてデビットカードが自宅に届くのを待つだけとなります。店頭へ行く必要がないので便利です。
ただし、三菱UFJに口座を持っていない場合は店頭へ行って口座開設の手続きをしなければなりません。口座の開設とデビットカードの発行は同時進行でできるので、身分証明書と印鑑を用意しておけば、これだけでその2つを完了できます。非常に簡単です。

②デビットカードの使い方

三菱UFJデビットカードは店頭でもネットでも、「VISA」に対応しているお店ならどこでも使うことができます。デビットカードを使う時は暗証番号が必要となるので、デビットカードを発行する時に覚えやすい独自の暗証番号を設定しておきましょう。毎日のようにデビットカードを使うなら暗証番号を自然に覚えますが、あまり活用する機会がないと暗証番号を忘れることが多いです。
暗証番号を忘れてしまうと、カード会社に電話連絡したりと面倒なことが多いので、忘れないようにしましょう。生年月日を除いた覚えやすい暗証番号を設定しておくと便利です。

③必ず口座にお金を入れておくこと

これはデビットカードの基本となることですが、三菱UFJデビットカードを使う場合は必ず口座にお金を入れておく必要があります。口座に利用代金を引き落とせるだけの残高がない場合、デビットカードで支払いを完了することができません。クレジットカードなら利用枠の上限の範囲で、口座の残高とは関係なく自由にカード払いができますが、デビットカードにはその機能がありません。口座にお金が入っていることが絶対条件となるため、大きな買い物をする場合などは事前に口座の預金残高を確認しておくようにしましょう。給料日前は特に注意をしておきたいところです。

まとめ

三菱UFJデビットカードはキャッシュバックを受けられたり、高い補償額の保険が付帯されているなど、魅力たっぷりなデビットカードです。年会費は初年度&23歳以下は無料、それ以外は1080円必要となりますが、これに関しては条件次第で翌年度以降も一定の条件をクリアすることで年会費を無料にできるため、それほど気にする必要もありません。
国際ブランドが「VISA」になっていることからも、日頃の生活で使いやすいことが特徴でもあります。セブンイレブンなどのコンビニから、大型デパートやショッピングモールなど、様々なお店で三菱UFJデビットカードを使うことができます。
キャッシュバックを意識しながらお得にキャッシュレスのショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード